ドラマ映画のネタバレ

「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾の紹介:1985年日本映画。シリーズ第35作目。寅さんこと車寅次郎は、唯一の身よりだった祖母を亡くし天涯孤独となった女性と知り合います。女性と同じアパートに住む青年が女性に想いを抱いていると知った寅さんは、何とかして二人をくっつけようと奮闘するのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、平田満(酒田民夫)、樋口可南子(江上若菜)ほか

「男はつらいよ 寅次郎真実一路」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎真実一路の紹介:1984年日本映画。シリーズ第34作目。寅さんこと車寅次郎は、大手企業の中間管理職の妻と知り合い、人妻ながらも一目惚れしてしまいます。そんな中、仕事のノイローゼに悩む夫が失踪してしまい、寅さんは女性とともに男を探す旅に出ます。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、米倉斉加年(富永健吉)、大原麗子(富永ふじ子)ほか

「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎の紹介:1984年日本映画。シリーズ第33作目。北海道を旅する寅さんこと車寅次郎は、釧路で定職にありつけない一人の若い女性に出会います。実は根の優しい女性のために、寅さんは彼女への想いを胸に秘めながらも幸せな人生を歩んでほしいと願いますが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、渡瀬恒彦(トニー)、中原理恵(木暮風子)ほか

「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎の紹介:1983年日本映画。シリーズ第32作目。義弟・博の父の墓参りのため備中を訪れた寅さんこと車寅次郎はお世話になった和尚の娘と知り合ったのをきっかけに、心を入れ替えて僧侶になろうとするのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、竹下景子(石橋朋子)、中井貴一(石橋一道)、杉田かおる(ひろみ)ほか

「男はつらいよ 旅と女と寅次郎」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 旅と女と寅次郎の紹介:1983年日本映画。シリーズ第31作目はマドンナ役に都はるみを迎え、寅さんこと車寅次郎は旅先で、多忙なスケジュールに嫌気が差して失踪していた人気女性演歌歌手と偶然に出会い、一緒に旅をする様子を描いています。旅を続けるうちに寅さんは彼女に想いを抱くようになっていくのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、藤岡琢也(北村社長)、都はるみ(京はるみ)ほか

「マッドバウンド 哀しき友情」のネタバレあらすじ結末

マッドバウンド 哀しき友情の紹介:2017年アメリカ映画。アメリカの激動の時代、世界大恐慌から第二次世界大戦(1930年代-1940年代)、人種差別の激しいミシシッピー州での白人と黒人一家の葛藤、アメリカの黒人とドイツの白人の恋愛を描いた映画です。マッド(泥)だらけのミシシッピー、人種差別ゆえに歓迎されない白人と黒人の悲しい友情と素晴らしい愛情を描いた映画です。原作はヒラリー・ジョーダン『Mudbound』。
監督:ディー・リース 出演:キャリー・マリガン (ローラ・マッカラン)、ギャレット・ヘドランド -(ジェイミー・マッカラン)、ジェイソン・クラー (ヘンリー・マッカラン)、ジェイソン・ミッチェル ( ロンゼル・ジャクソン)、メアリー・J・ブライジ (フローレンス・ジャクソン)、ほか

「ぐるりのこと。」のネタバレあらすじ結末

ぐるりのこと。の紹介:2008年日本映画。出版社に勤めしっかり者の翔子と女好きでマイペースのカナオ。翔子はカナオとの夜の営みは週3回と決め積極的だった。一方カナオはその気が起きないといつも言い訳をし説得されるのであった。そんな翔子のお腹には二人の赤ん坊がいた。日々成長していくお腹の子に二人は幸せをかみしめていた。カナオは先輩の進めで法廷画家の仕事を始めた。絵画教室もやっていた。だがある日子供が亡くなってしまう。翔子は次第に心を病んでいく。
監督:橋口亮輔 出演:木村多江(佐藤翔子)、リリー・フランキー(佐藤カナオ)、倍賞美津子(吉田波子)、寺島進(吉田勝利)、安藤玉恵(吉田雅子)、ほか

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」のネタバレあらすじ結末

腑抜けども、悲しみの愛を見せろの紹介:2007年日本映画。「桐島、部活やめるってよ」で脚光を浴びた吉田大八監督の劇映画デビュー作。女優志望の傲慢な姉とマンガ家志望の内向的な妹、およびその家族をめぐる愛憎入り混じる人間ドラマ。
監督:吉田大八 出演者:佐藤江梨子(和合澄伽)、佐津川愛美(和合清深)、永瀬正敏(和合宍道)、永作博美(和合待子)、土佐信道(小森哲生)ほか

「エリザベスタウン」のネタバレあらすじ結末

エリザベスタウンの紹介:2005年アメリカ映画。若くして仕事も恋愛も順調だったドリューが、仕事での大失敗を経験し、人生のドン底まで突き落とされます。全てを失った青年が、田舎町での人々と触れ合ううちに、少しずつ希望を見出していくヒューマンドラマです。監督は、「あの頃ペニー・レインと」や「幸せへのキセキ」などで知られるキャメロン・クロウ。心温まるヒューマンドラマの演出には定評があります。出演者の中で一際光っているのは、主人公ドリューの母親役を演じたスーザン・サランドン。愛する夫を亡くし、結婚を反対した夫の故郷で親戚一同が見守る中、堂々としたスピーチで皆の心を鷲掴みにするシーンは、さすが名女優と唸らされます。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:オーランド・ブルーム(ドリュー)、キルスティン・ダンスト(クレア)、スーザン・サランドン(ホリー)

「92歳のパリジェンヌ」のネタバレあらすじ結末

92歳のパリジェンヌの紹介:2015年フランス映画。92歳の誕生日を迎えたマドレーヌ。親族が開いた誕生パーティの席で、2ヵ月後に自ら命を絶つと宣言する。マドレーヌの言葉に驚いた娘のディアーヌは、なんとかして思いとどまらせようと必死になるが…。元フランス首相リオネル・ジョスパンの母親、ミレイユ・ジョスパンの実話を小説化した「最期の教え」が原作。尊厳死を切望する母親と、悩み苦しみながらも母親に寄り添おうとする娘をマルト・ヴィラロンガとサンドリーヌ・ボネールが熱演している。
監督:パスカル・プザドゥー 出演者:マルト・ヴィラロンガ(マドレーヌ)、サンドリーヌ・ボネール(ディアーヌ)、ザビーネ・パコラ(ヴィクトリア)、アントワーヌ・デュレリ(ピエール)、グレゴアール・モンタナ(マックス)、ギルス・コーエン(クロヴィス)、ジョナス・ディナール(ディディッド)ほか

「gifted/ギフテッド」のネタバレあらすじ結末

gifted/ギフテッドの紹介:2017年アメリカ映画。ギフテッドの紹介:フロリダに暮らす2人と1匹の生活。生意気盛りな7歳のメアリーと、彼女の叔父でシングルのフランク、そして片目の猫フレッドだ。毎日が記念日のように楽しく過ごしていたが、メアリーが学校へ行くことになり揺らぎ始める。彼女には産まれながらにして数学の天才的な才能(ギフテッド)があった。メアリーの母であり、フランクの亡き姉でもあるダイアンから「メアリーを普通に育てたい」と遺志を受けたフランクは、メアリーの学校に勧められた英才教育を頑なに拒む。そこへ縁を切ったはずのフランクの母親イブリンが現れ、メアリーを奪おうとする。歴史を変える才能の開花か、愛する者と生きる人生か、大人たちの争いで板挟みになるメアリー。家族を作るということを考えさせてくれる作品。
監督:マーク・ウェブ 出演:クリス・エヴァンス(フランク・アドラー)、マッケナ・グレイス(メアリー・アドラー)、リンゼイ・ダンカン(イブリン・アドラー)、ジェニー・スレイト(ボニー・スティーヴンソン)、オクタヴィア・スペンサー(ロバータ・タイラー)ほか

「パーフェクトワールド」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト ワールドの紹介:1993年アメリカ映画。1963年のテキサスを舞台に、脱獄犯と人質の幼い少年との心の交流、そして彼らを追う警察署長の姿を描いた切ないクライム・ヒューマンドラマです。
監督:クリント・イーストウッド 出演:ケヴィン・コスナー(ブッチ・ヘインズ)、クリント・イーストウッド(レッド・ガーネット)、T・J・ローサー(フィリップ・ペリー)、ローラ・ダーン(サリー・ガーバー)、ほか

「クリスマス・ツリー」のネタバレあらすじ結末

クリスマス・ツリーの紹介:1968年フランス映画。狼が好きな少年が不治の病にかかり、父親や友人らと共に余命を楽しく過ごそうとする親子愛を描いた物語。少年の父を名俳優のウィリアム・ホールデンが演じている。ミシェル・バタイユの書いたベストセラー小説を映画化したものである。
監督:テレンス・ヤング 出演者:ブルック・フラー(パスカル)、ウィリアム・ホールデン(ローラン)、ビルナ・リージ(カトリーヌ)、アンドレ・ブールビル(ベルダン)、マデレイン・ダミエン(マリネット) ほか

「長い散歩」のネタバレあらすじ結末

長い散歩の紹介:2006年日本映画。家庭不和を抱えて妻を亡くし、娘とも絶縁状態の元校長の松太郎は、母親とその恋人から虐待の被害に遭っている5歳の少女、幸と出逢った。家庭を顧みなかった自分と向き合う為に、松太郎は居場所のない幸を連れて「長い散歩」に出掛ける。
監督:奥田瑛ニ 出演者:緒形拳(安田松太郎)、高岡早紀(横山真由美)、杉浦花菜(横山幸(サチ))、松田翔太(ワタル)、大橋智和(水口浩司)、津川雅彦(医師)、奥田瑛二(刑事)、ほか

「愛と哀しみのボレロ」のネタバレあらすじ結末

愛と哀しみのボレロの紹介:1981年フランス映画。モスクワ、パリ、ベルリン、ニューヨークで、それぞれの家族が歴史に翻弄されながらも懸命に生きようとする姿を描いたこの作品は、バレエダンサーであるジョルジュ・ドンによる「ボレロ」のパフォーマンスが強烈な印象を残し、彼の名が広く知れ渡るきっかけとなった。劇中の音楽は、フランスを代表する作曲家であるフランシス・レイとミシェル・ルグランが共同で担当している。
監督:クロード・ルルーシュ 出演者:リタ・ポールブールド(タチアナ)、ジョルジュ・ドン(ボリス/セルゲイ)、ニコール・ガルシア(アンヌ)、ダニエル・オルブリフスキ(カール)、ジェームズ・カーン(ジャック・グレン) ほか

1 2 3 4 5 6 7 74
TOP↑