ドラマ映画のネタバレ

「日本侠客伝 血斗神田祭り」のネタバレあらすじ結末

日本侠客伝 血斗神田祭りの紹介:1966年日本映画。高倉健主演の任侠ドラマ「日本侠客伝」シリーズの第4作です。大正時代末期の東京・神田を舞台に、火消しの男が元恋人や友人たちのために悪行の限りを尽くす
監督:マキノ雅弘 出演者:高倉健(新三)、鶴田浩二(長次)、藤純子(花恵)、長門裕之(おぼろ安)、野際陽子(おその)ほか

「ペコロスの母に会いに行く」のネタバレあらすじ結末

ペコロスの母に会いに行くの紹介:2013年日本映画。認知症の母と介護に奮闘する息子の日常を描いたコメディ&ヒューマン・ドラマ。母の症状は少しずつ悪化するが、家族は「ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん」と前向きに認知症と向き合っていく。監督は「男はつらいよ フーテンの寅(1970年)」等で知られる森﨑東。岩松了とダブル主演を務めた赤木春恵が世界最高齢の映画初主演女優としてギネス世界記録に認定された。原作は岡野雄一の同名コミックエッセイ。
監督:森﨑東 出演者:岩松了(岡野ゆういち)、赤木春恵(岡野みつえ)、原田貴和子(若き日のみつえ)、加瀬亮(岡野さとる)、竹中直人(本田)ほか

「フライド・グリーン・トマト」のネタバレあらすじ結末

フライド・グリーン・トマトの紹介:1991年アメリカ映画。ファニー・フラッグの小説「フライド・グリーン・トマト・アット・ザ・ホイッスル・ストップ・カフェ」の映画化。違う時代にそれぞれ生きる女性達の人生を交差させながら、ドラマチックに描く感動ストーリー。中年の危機と人生の虚しさに襲われ、毎日を味気なく過ごす40代の主婦エヴリンが、80才を過ぎても快活でポジティヴな老女ニニーと出会い、生きる意味を取り戻していく。ニニー役のジェシカ・タンディは、アカデミー助演女優賞にノミネートされている。
監督:ジョン・アヴネット 出演:キャシー・ベイツ(エヴリン・カウチ)、ジェシカ・タンディ(ニニー・スレッドグッド)、メアリー・スチュアート・マスターソン(イジ―・スレッドウッド)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ルース・ジェイミソン)、クリス・オドネル(バディ・スレッドグッド)、シシリー・タイソン(ジプシー)ほか

「母の残像」のネタバレあらすじ結末

母の残像の紹介:2015年ノルウェー,フランス,デンマーク,アメリカ映画。戦争写真家だった母の死から3年、回顧展のために父と高校生の弟の暮らす実家に戻ってきた若き大学教授。彼らが母の知られざる一面に向き合っていく姿を描いた人間ドラマです。
監督:ヨアキム・トリアー 出演者:ガブリエル・バーン(ジーン)、ジェシー・アイゼンバーグ(ジョナ)、イザベル・ユペール(イザベル)、デヴィン・ドルイド(コンラッド)、デヴィッド・ストラザーン(リチャード)ほか

「光をくれた人」のネタバレあらすじ結末

光をくれた人の紹介:2016年アメリカ,オーストラリア,ニュージーランド映画。M・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」の映画化作品で、第一次世界大戦後のオーストラリアの孤島を舞台に、島に流れ着いた赤ん坊を拾った灯台守とその妻、赤ん坊の実の母の葛藤を描いた人間ドラマです。
監督:デレク・シアンフランス 出演者:マイケル・ファスベンダー(トム・シェアボーン)、アリシア・ヴィカンダー(イザベル)、レイチェル・ワイズ(ハナ)、ブライアン・ブラウン(セプティマス・ポッツ)、ジャック・トンプソン(ラルフ・アディコット)、ほか

「バベットの晩餐会」のネタバレあらすじ結末

バベットの晩餐会の紹介:1987年デンマーク映画。北欧ユトランド地方の住む、牧師であった父の遺志を継ぎ村の人々へ善行を施し続ける老姉妹と、2人に仕えるフランス人の召使いバベット。彼女たちを結ぶ不思議な縁と、強く美しい絆の物語です。
監督:ガブリエル・アクセル 出演:ステファーヌ・オードラン、ビルギッテ・フェダースピール、ボディル・キュア、ビビ・アンデショーン、ほか

「酔いどれ詩人になるまえに」のネタバレあらすじ結末

酔いどれ詩人になるまえにの紹介:2005年アメリカ,ノルウェー映画。作家とは名ばかりのチナスキーは、解雇を繰り返し、昼から酒に浸る。そんな彼が唯一続けている事、それは週に数本の短編を新聞社に送る事だった。
監督:ベント・ハーメル 出演:マット・ディロン(ヘンリー・チナスキー)、リリ・テイラー(ジャン)、マリサ・トメイ(ローラ)、フィッシャー・スティーヴンス、ディディエ・フラマン、エイドリアン・シェリー、カレン・ヤング、ほか

「おとうと (2009年)」のネタバレあらすじ結末

おとうとの紹介:2009年日本映画。巨匠・山田洋次監督が、市川崑監督の同名作品(1960年公開)へのオマージュとして製作したものです。小さな薬局を営む姉と、やんちゃな風来坊の弟との交流が姉の一人娘の視点から描かれます。
監督:山田洋次 出演者:吉永小百合(高野吟子)、笑福亭鶴瓶(丹野鉄郎)、蒼井優(高野小春)、加藤治子(高野絹代)、小林稔侍(丹野庄平)ほか

「おとうと (1960年)」のネタバレあらすじ結末

おとうとの紹介:1960年日本映画。幸田文の原作を巨匠・市川崑監督が映画化したものです。不良の弟を抱えながらも、常に愛情を持って接した姉の姿を描いています。1976年に浅茅陽子と郷ひろみのW主演でリメイクされています。
監督:市川崑 出演者:岸恵子(げん)、川口浩(碧郎)、森雅之(げんと碧郎の父)、田中絹代(げんと碧郎の継母)、仲谷昇(署の男)ほか

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のネタバレあらすじ結末

セブン・イヤーズ・イン・チベットの紹介:1997年アメリカ映画。アイガーを制した男、オーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーの自伝を映画化したものです。第二次世界大戦の最中、チベットに辿り着いたハラーは若き日のダライ・ラマ14世と出会い、家庭教師として7年間を共に過ごすのですが…。
監督:ジャン=ジャック・アノー 出演者:ブラッド・ピット(ハインリヒ・ハラー)、ジャムヤン・ジャムツォ・ワンチュク(ダライ・ラマ14世)、デヴィッド・シューリス(ペーター・アウフシュナイター)、B・D・ウォン(ンガプー・ンガワン・ジクメ)、マコ(クンゴ・ツァロン)ほか

「ピアノ・レッスン」のネタバレあらすじ結末

ピアノ・レッスンの紹介:1993年オーストラリア映画。19世紀中頃のニュージーランドを舞台に、言葉の代わりにピアノの音色で会話する女性と、地元で原住民と共に暮らす男との激しく切ない愛を描いたラブストーリーです。アカデミー賞で脚本賞・主演女優賞・助演女優賞の3部門を制覇、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞しています。
監督:ジェーン・カンビオン 出演者:ホリー・ハンター(エイダ・マクグラス)、ハーヴェイ・カイテル(ジョージ・ベインズ)、サム・ニール(アリスディア・スチュアート)、アンナ・パキン(フローラ・マクグラス)、ケリー・ウォーカー(モラグ)ほか

「あずみ2 Death or Love」のネタバレあらすじ結末

あずみ2 Death or Loveの紹介:2004年日本映画。浅井長政、加藤清正を討ち取ったあずみでしたが、残る標的である真田昌幸を討つために生き残った仲間のながらと伊賀忍者のこずえと一緒に旅を続けていました。しかしその途中で初恋の相手なちにそっくりな銀角と出会いますが、彼は敵側の人間だとわかります。2003年に公開された「あずみ」の続編で主演は上戸彩さんで銀角役に小栗旬さんが演じています。
監督:金子修介 出演:上戸彩(あずみ)、石垣佑磨(ながら)、栗山千明(こずえ)、小栗旬(銀角/なち)、北村一輝(井上勘兵衛)、遠藤憲一(金角)、ほか

「コンカッション」のネタバレあらすじ結末

コンカッションの紹介:2015年アメリカ映画。全米に大論争を巻き起こしたNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の隠ぺい問題に立ち向かう実在の医師をウィル・スミスが演じる。ナイジェリア出身の医師オマルは、心臓発作で亡くなったという元NFLスター選手の遺体を見て疑問を抱く。彼の死は心臓発作ではなく、フットボールのプレイ中に受ける激しい脳への衝撃が原因ではないのか――。この恐ろしい事実を世間に公表しようとするオマルに、次々と障害が襲いかかる。ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞ノミネート作品。
監督:ピーター・ランデスマン
出演者:ウィル・スミス(ベネット・オマル)、アレック・ボールドウィン(ジュリアン・バイレス)、デヴィッド・モース(マイク・ウェブスター)、アルバート・ブルックス(シリル・ウチェット)、ググ・バサ=ロー(プレマ・ムティソ)、ほか

「ヒステリア」のネタバレあらすじ結末

ヒステリアの紹介:2011年イギリス,フランス,ドイツ,ルクセンブルク映画。19世紀のロンドンを舞台に、今や「大人のおもちゃ」として知られる電動バイブレーターの誕生秘話をベースに、ひとりの青年医師の発明にかける思いや姉妹との恋愛などを描いたロマンティックコメディです。
監督:ターニャ・ウェクスラー 出演:マギー・ギレンホール(シャーロット・ダリンプル)、ヒュー・ダンシー(モーティマー・グランヴィル)、ジョナサン・プライス(ロバート・ダリンプル)、フェリシティ・ジョーンズ(エミリー・ダリンプル)、ルパート・エヴェレット(エドモント・セント・ジョンスミス)ほか

「陰日向に咲く」のネタバレあらすじ結末

陰日向に咲く(かげひなたにさく)の紹介:2008年日本映画。パチンコ依存症で借金取りに追われるシンヤはストリップ劇場に入れられそうになっている寿子という女性を助けます。彼女は母の足跡を追っていました。一方アイドルオタクのゆうすけはみゃーこというアイドルを追いかけていますが、彼女のテレビでの扱いは良いものではありませんでした。また社会に疲れたサラリーマン・リュウタロウは自由なホームレス・モーゼに憧れます。この6人のそれぞれの話が交錯するオムニバス形式の映画で、原作は劇団ひとり。
監督:平川雄一朗 出演:岡田准一(シンヤ)、宮崎あおい(鳴子・寿子)、伊藤淳史(雷太)、平山あや(みゃーこ)、緒川たまき(ジュピター)、西田敏行(モーゼ)、塚本高史(ゆうすけ)、三浦友和(リュウタロウ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 58
TOP↑