ドラマ映画のネタバレ

「チンピラ」のネタバレあらすじ結末

チンピラの紹介:1996年日本映画。ヤクザの仕事をするヤクザでもないカタギでもないチンピラ二人の友情と生きざまを映画いたアウトロー映画です。1984年の映画『チ・ン・ピ・ラ』の再映画化です。東京の裏社会に鋭くメスを入れた作品です。
監督:青山真治 出演者:大沢たかお(藤川洋一)、ダンカン(梅沢道夫)、石橋凌(大谷)、青山知可子(美也)、片岡礼子(長崎裕子)、寺島進(松尾)ほか

「千年の恋 ひかる源氏物語」のネタバレあらすじ結末

千年の恋 ひかる源氏物語の紹介:2001年日本映画。東映創立50周年を記念して作られた作品。ひかる源氏の物語ですが、作者である紫式部を主人公とし、話しを進めていきます。紫式部は吉永さゆりが演じており、ひかる源氏を女性でありながら天海祐希が演じています。話しの節目に松田聖子が歌を歌いながら登場するのが変わった演出です。
監督:堀川とんこう 出演者:吉永小百合(紫式部)、天海祐希(光源氏)、常盤貴子(紫の上)、高島礼子(藤壺中宮/桐壺更衣)、かたせ梨乃(大后)、森光子(清少納言)、ほか

「幸せになるためのイタリア語講座」のネタバレあらすじ結末

幸せになるためのイタリア語講座の紹介:2000年デンマーク映画。とある町のイタリア語講座に集まる男女。彼らは仕事や家族そして恋に悩みを抱いていた。そこへ新任の牧師がやって来て関係が変わり始める。
監督:ロネ・シェルフィグ 出演:アンダース・W・ベアテルセン(アンドレアス)、ピーター・ガンツェラー(ヨーゲン・モーテンセン)、ラース・コールンド(ハル・フィン)、アン・エレオノーラ・ヨーゲンセン(カーレン)、アネッテ・ストゥーヴェルベック(オリンピア)、サラ・インドリオ・イェンセン(ジュリア)、ほか

「ディアーディアー」のネタバレあらすじ結末

ディアーディアーの紹介:2015年日本映画。幼少期に幻のシカを見たといったものの、誰にも信じてもらえず、これが原因で人生を大きく狂わされてしまった3兄妹の哀愁漂うコメディ映画。日本の名匠の元で助監督を務めた菊地健雄が、初監督として挑んだ作品です。
監督:菊地健雄 出演者:中村ゆり(顕子) 、斉藤陽一郎(義夫 )、桐生コウジ(冨士夫) 、染谷将太(タカシ) 、菊地凛子(見物客) 、山本剛史(西野) 、松本若菜(清美) 、柳憂怜(清一)、ほか

「好きにならずにいられない」のネタバレあらすじ結末

好きにならずにいられないの紹介:2015年アイスランド,デンマーク映画。母親と同居する43才の独身おたく、フーシ。シャイで真面目で繊細だが、世間はそんな彼にどこまでも冷たい。1人の女性との出会いが、新しい人生の扉を開くように見えたが…。主演のグンナル・ヨンソンは20年以上のキャリアを誇り、コメディもこなすベテラン俳優。監督のカウリは、最初から主役をヨンソンでイメージして脚本を書き上げたという。心優しい男の不器用で切ないラブ・ストーリー。
監督:ダークル・カウリ 出演者:グンナル・ヨンソン(フーシ)、リムル・クリスチャンスドッティル(シェヴン)、シガージョン・キャルタンソン(モルドゥル)、マーグレット・ヘルガ・ヨハンスドッティル(フィヨラ)、アルナル・ヨンソン(ロルフ)、フランチスカ・ウナ・ダグスドッティル(ヘラ)ほか

「四月物語」のネタバレあらすじ結末

四月物語の紹介:1998年日本映画。松たか子の初主演映画。「スワロウテイル」の岩井俊二監督が地方から上京してきた女子大生の何気ない日常と恋をみずみずしい映像で描いた中編作品です。
監督:岩井俊二 出演:松たか子(楡野卯月)、田辺誠一(山崎先輩)、佐野さえ子(留美)、北尾照子(藤井かほり)、光石研(サラリーマン風の男)、ほか

「婚約者の友人」のネタバレあらすじ結末

婚約者の友人の紹介:2016年フランス,ドイツ映画。戦死した婚約者の墓標の前で涙を流す青年、彼は婚約者の友人だと言う。しかし彼にはアンナと婚約者の両親には明かせない秘密があった。第1次世界大戦後のドイツが舞台となり、戦死した青年の友人と名乗る男と、遺族や残された婚約者の交流を描くドラマ。
監督:フランソワ・オゾン 出演:ピエール・ニネ(アドリアン)、パウラ・ベーア(アンナ)、エルンスト・シュトッツナー(ハンス)、マリー・グルーバー(マグダ)、ヨハン・フォン・ビューロー(クロイツ)、アントン・フォン・ルケ(フランツ)、ほか

「ハイジ」のネタバレあらすじ結末

ハイジの紹介:2005年イギリス映画。ヨハンナ・シュピリの児童文学『アルプスの少女ハイジ』を映画化。赤ん坊の頃両親を亡くした少女ハイジは、父方の祖父に預けられることになった。アルプスの雄大な自然に目を輝かせるハイジ。天真爛漫な彼女の魅力に、無愛想だったおじいさんも次第に心を開いていく。
監督:ポール・マーカス 出演者:エマ・ボルジャー(ハイジ)、マックス・フォン・シドー(おじいさん)、ジェラルディン・チャップリン(ロッテンマイヤー夫人)、ジェシカ・クラリッジ(クララ)、サム・フレンド(ペーター)ほか

「マイ・ベスト・フレンド」のネタバレあらすじ結末

マイ・ベスト・フレンドの紹介:2015年アメリカ映画。トニ・コレット&ドリュー・バリモアという二大女優による、幼なじみの女性の友情を描く感動ドラマ。どんなに状況が変わっても、つねに支え合い励まし合う2人のユーモア溢れる会話が素晴らしい。監督は、「トワイライト~初恋~」(2006)や「インサイド・ミー」(2013)のキャサリン・ハードウィック。
監督:キャサリン・ハードウィック 出演:トニ・コレット(ミリー)、ドリュー・バリモア(ジェス)、ドミニク・クーパー(キット)、バディ・コンシダイン(ジェイゴ)、ジャクリーン・ビセット(ミランダ)、タイソン・リッター(エース)ほか

「HERO(2015年)」のネタバレあらすじ結末

HEROの紹介:2015年日本映画。フジテレビ系列で放送された木村拓哉主演のTVドラマ『HERO』の映画版第2作です。キャッチコピーは「新たなる伝説が始まる」で、ある一人の若い女性の不審な交通死亡事故を発端に、常識にとらわれず自分の価値観で捜査をする検事・久利生公平と東京地検城西支部の個性的な仲間たちが、外交特権という高い壁に立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描いたサスペンス・ヒューマン映画です。この作品は、第33回ゴールデングロス賞(2015年)の日本映画部門・優秀銀賞を受賞し、出演した吉田羊は第40回報知映画賞助演女優賞しました。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生公平)、北川景子(麻木千佳)、杉本哲太(田村雅史)、濱田岳(宇野大介)、正名僕蔵(井戸秀二)、吉田羊(馬場礼子)、松たか子(雨宮舞子)、佐藤浩市(松葉圭介)、ほか

「猫なんかよんでもこない。」のネタバレあらすじ結末

猫なんかよんでもこない。の紹介:2015年日本映画。杉作の実話をもとにした、通称「猫よん」と呼ばれている人気同名漫画を原作とした実写映画です。「いつからかコイツらとオレは家族になった。」というキャッチコピーで、ひょんなことで2匹の捨て猫を飼うことになった猫嫌いの不器用なプロボクサーと、その2匹の猫たちとの日常をユーモラスな台詞回しとソフトなタッチで描いた、感動のアニマル映画です。主演はNHK連続テレビ小説『純と愛』(2012年)や『映画・鈴木先生』(2013年)などの演技派若手俳優の風間俊介で、原作者の杉作が食堂のおやじ役でカメオ出演しています。
監督:山本透 出演:風間俊介(杉田ミツオ)、つるの剛士(兄貴)、松岡茉優(ウメさん)、内田淳子(兄貴の奥さん)、矢柴俊博(医者)、市川実和子(大家さん)、

「妹の誘惑」のネタバレあらすじ結末

妹の誘惑の紹介:2011年イタリア映画。腹違いの妹に惹かれてしまう兄の姿を描いたロマンティック・コメディ。筆跡鑑定業を始めたばかりのメテは、ある日腹違いの妹ベリンダと同居することになってしまう。美しく無防備なベリンダに急速に惹かれるメテは、あらゆる悪足掻きで欲望を振り払おうと躍起になるのだった。現代イタリアを代表する作家サンドロ・ヴェロネージの小説を映画化した文芸エロス作品。
監督:マッテオ・ロヴェーレ 出演者:アンドレア・ボスカ(メテ)、ミリアム・ジョヴァネッリ(ベリンダ)、アーシア・アルジェント(ベアトリーチェ・プラーナ)、クラウディオ・サンタマリア(ブルーノ)、ミケーレ・リオンディーノ(ダミアーノ)ほか

「任侠野郎」のネタバレあらすじ結末

任侠野郎の紹介:2016年日本映画。親分の仇討ちで、対抗する親分を殺し服役していた源治が帰って来ると、自分のいた組は無くなり、かつての舎弟であった男が独立し幅を利かせていました。殺した親分の組は娘が跡目を継ぎ細々と生きていました。しかしかつての舎弟から親分殺しの真相を聞いた源治は、間違って殺した親分の娘の為に復讐を誓うのでした。蛭子能収を伝説のやくざに仕立てた、昭和時代を彷彿させる任侠映画です。
監督:徳永清孝 出演:蛭子能収(柴田源治)、柳楽優弥(三田村俊樹)、トリンドル玲奈(正岡時子)、安田顕(会長)、大谷亮介(間)、中尾明慶(三鷹)、佐藤二朗(榊組組長・榊辰巳)ほか

「キッズ・リターン 再会の時」のネタバレあらすじ結末

キッズ・リターン 再会の時の紹介:2013年日本映画。北野武監督の『Kids Return キッズ・リターン』の続編で10年後のマサルとシンジを描いた作品です。シンジはボクシングの道に進むも挫折し、マサルは刑務所から出所したばかりで上手く行きません。そんな中、再会しそれをきっかけに二人は昔の情熱を取り戻し再チャレンジしていきます。
監督:清水浩 出演:平岡祐太(シンジ)、三浦貴大(マサル)、倉科カナ(マナミ)、中尾明慶(ユウジ)、市川しんぺー(松本)、小倉久寛(小林)、池内博之(崎山)、杉本哲太(室沢)、ベンガル(沢田会長)、ほか

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のネタバレあらすじ結末

雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの紹介:2015年アメリカ映画。交通事故で妻を失ったデイヴィス。しかし悲しみを感じることも涙を流すこともできない自分に戸惑いながらも妻を愛していなかったのだという答え行きついてしまう。妻の父で上司である義父の言葉をきっかけに身の回りの「分解」を始める。
監督:ジャン=マルク・ヴァレ 出演者:ジェイク・ギレンホール(デイヴィス・ミッチェル)、ナオミ・ワッツ(カレン・モレノ)、クリス・クーパー(フィル・イーストマン)、ジュダ・ルイス(クリス・モレノ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 71
TOP↑