ドラマ映画のネタバレ

「新・座頭市物語」のネタバレあらすじ結末

新・座頭市物語の紹介:1963年日本映画。座頭市シリーズの第3作目で、初めてのカラー作品。一旦結婚を決めたものの、運命のいたずらで再び放浪の旅に出る座頭市の姿が印象的。デビュー間もない坪内ミキ子が美しい。
監督:田中徳三 出演:勝新太郎(座頭市)、河津清三郎(伴野弥十郎)、坪内ミキ子(弥生)、須賀不二男(安彦の島吉)、中村豊(馬蔵)

「続・座頭市物語」のネタバレあらすじ結末

続・座頭市物語の紹介:1962年日本映画。座頭市シリーズの第2作目で、数少ない勝新太郎と若山富三郎兄弟の共演作。前作よりもはるかに殺陣が派手になり、特に決闘シーンは見せ場となっている。モノクロによるロケーション撮影の美しさも見どころのひとつ。
監督:森一生 出演:勝新太郎(座頭市)、城健三朗(渚の与四郎)、水谷良重(お節)、万里昌代(おたね)、中村豊(鏡の三蔵)

「座頭市物語」のネタバレあらすじ結末

座頭市物語の紹介:1962年日本映画。人気シリーズの記念すべき第1作目。それまで不遇だった勝新太郎が映画スターとしての地位を確立。生涯を通じての代表作となった。子母沢寛の短編をもとに脚本家の犬塚稔がキャラクターをふくらませ、ほとんどオリジナルのような脚本を書き上げている。
監督:三隅研次 出演:勝新太郎(座頭市)、天知茂(平手造酒)、万里昌代(おたね)、柳永二郎(飯岡助五郎)、島田竜三(笹川繁造)

「裸のキッス」のネタバレあらすじ結末

裸のキッスの紹介:1964年アメリカ映画。新たな土地で更生を決意し看護師助手として働き始めた元娼婦。土地の有力者に見初められた彼女だったがその裏に隠された恐るべき真実を知り窮地に追い込まれていく。
監督:サミュエル・フラー 出演:コンスタンス・タワーズ、マイケル・ダンテ、アンソニー・アイズリー、ヴァージニア・グレイ、パッツィ・ケリー、ほか

「祈りの幕が下りる時」のネタバレあらすじ結末

祈りの幕が下りる時の紹介:2017年日本映画。東野圭吾作原作の「祈りの幕が下りる時」が映画化されたものです。TBSテレビドラマ「新参者」の最終完結シリーズで、すっと閉ざされてきた、阿部寛演じる加賀恭一郎が日本橋署で新参者になった意味が明かされる作品。
監督:福澤克雄 出演:阿部寛(加賀恭一郎)、松嶋菜々子(浅居博美)、溝端淳平(松宮脩平)、田中麗奈(金森登紀子)、キムラ緑子(浅居厚子)、烏丸せつこ(宮本康代)、春風亭昇太(大林)、伊藤蘭(田島百合子)、小日向文世(浅居忠雄)、ほか

「蒲田行進曲」のネタバレあらすじ結末

蒲田行進曲の紹介:1982年日本映画。つかこうへい原作の戯曲をつか自身の脚本と深作欣二監督の手により映画化した不朽の名作で、時代劇映画に情熱を燃やすスター俳優と大部屋俳優、そして二人の間で揺れ動く女優の姿を描いた作品です。
監督:深作欣二 出演者:松坂慶子(小夏)、風間杜夫(倉岡銀四郎(銀ちゃん))、平田満(ヤス)、高見知佳(朋子)、蟹江敬三(監督)ほか

「塀の中のジュリアス・シーザー」のネタバレあらすじ結末

塀の中のジュリアス・シーザーの紹介:2012年イタリア映画。イタリア・ローマ郊外のレビッツァ刑務所を舞台に、演劇実習としてシェークスピアの戯曲「ジュリアス・シーザー」の稽古に取り組む服役囚たちの姿をドキュメンタリータッチで描いた異色作です。
監督:パオロ・タヴィアーニ、ヴィットリオ・タヴィアーニ 出演者:コジーモ・レーガ(キャシアス役の囚人)、サルヴァトーレ・ストリアノ(ブルータス役の囚人)、ジョヴァンニ・アルクーリ(ジュリアス・シーザー役の囚人)、アントニオ・フラスカ(アントニー役の囚人)、フアン・ダリオ・ボネッティ(ディシアス役の囚人)ほか

「グラン・ブルー」のネタバレあらすじ結末

グラン・ブルー/オリジナル・バージョンの紹介:1988年フランス・イタリア映画。海に魅せられた男達の友情と葛藤、そんな男性を愛した女性の姿を描くドラマ作品。フリーダイビングの世界チャンピオンであるエンゾは、ライバルにして幼馴染のジャックを大会に誘う。エンゾにとってジャックと戦うこと、そして彼に勝つことは長年の夢だった。しかし2人の対決は思わぬ悲劇を呼んでしまう。リュック・ベッソンとジャン・レノの出世作。いくつかのバージョンが存在するが、本作はフランスでの初公開時と同様の内容となっている。
監督:リュック・ベッソン 出演者:ロザンナ・アークエット(ジョアンナ・ベイカー)、ジャン=マルク・バール(ジャック・マイヨール)、ジャン・レノ(エンゾ・モリナーリ)、ポール・シェナー(ローレンス博士)、セルジオ・カステリット(ノヴェリ)ほか

「嘆きのピエタ」のネタバレあらすじ結末

嘆きのピエタの紹介:2012年韓国映画。韓国映画史上初めてヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を獲得したバイオレンスな人間ドラマです。血も涙もない消費者金融の取り立て屋が、自分の母を名乗る人物に出会ったことから始まる奇妙な関係と衝撃の事実を描いています。
監督:キム・ギドク 出演者:イ・ジョンジン(イ・ガンド)、チョ・ミンス(ミソン)、ウ・ギホン(フンチョル)、カン・ウンジン(ミョンジャ)、クォン・セイン(ギターの男)ほか

「いつか眠りにつく前に」のネタバレあらすじ結末

いつか眠りにつく前にの紹介:2007年アメリカ,ドイツ映画。病によって人生の最期をむかえ、秘めた過去を思い起こす老いた母と、それぞれ悩みをかかえながらも母に寄り添い、自分の人生を見つめ直す娘たちの姿を描く。
監督:ラホス・コルタイ 出演:クレア・デインズ(アン・グラント)、トニ・コレット(ニナ)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(アン・ロード)、パトリック・ウィルソン(ハリス・アーデン)、ヒュー・ダンシー(バディ・ウィッテンボーン)、ナターシャ・リチャードソン(コンスタンス)、メリル・ストリープ(ライラ)、ほか

「溺れる魚」のネタバレあらすじ結末

溺れる魚の紹介:2000年日本映画。戸梶圭太の同名小説を映画化したサスペンス・スリラーです。不正を犯した二人の刑事が汚職警部を追ううちに、裏社会そして意外な黒幕が絡んだ陰謀に巻き込まれていきます。
監督:堤幸彦 出演者:椎名桔平(白州勝彦)、窪塚洋介(秋吉宗貴)、仲間由紀恵(相川真紀)、IZAM(岡部哲晃)、渡辺謙(御代田警視正)ほか

「リトル・ランボーズ」のネタバレあらすじ結末

リトル・ランボーズの紹介:2007年イギリス,フランス映画。映画を作ることの虜になった少年たちの友情と絆をユーモラスに描くハートフルコメディドラマ。インディペンデント映画を対象としたアメリカの映画祭、サンダンス映画祭でプレミア上映されました。監督は、「SING」などのガース・ジェニングが努め、少年たちの心温まる作品となっている。
監督:ガース・ジェニングス 出演:ビル・ミルナー(ウィル・プラウドフット)、ウィル・ポールター(リー・カーター)、ジェシカ・スティーヴンソン(メアリー・プラウドフット)、ニール・ダッジェオン(ジョシュア)、ジュール・シトリュク(ディディエ・ルボル)、エド・ウェストウィック(ローレンス)、ほか

「ピンク・フロイド/ザ・ウォール」のネタバレあらすじ結末

ピンク・フロイド/ザ・ウォールの紹介:1982年イギリス映画。ピンク・フロイドの大ヒットアルバム「ザ・ウォール」のコンセプトをそのままストーリー化した作品。ブームタウン・ラッツのヴォーカリスト、ボブ・ゲルドフが主演を務め話題を呼びました。
監督:アラン・パーカー 出演:ボブ・ゲルドフ(ピンク)、クリスティン・ハーグリーブス(ピンクの母)、ジェームス・ローレンソン(ピンクの父)、ジョアンヌ・ウォーリー(グルーピー)、ジェニー・ライト(グルーピー)ほか

「薄桜記」のネタバレあらすじ結末

薄桜記の紹介:1959年日本映画。五味康祐による連載小説の最初の映像化作品(1969年に映画としてリメイク。さらに1991年、2012年にはテレビドラマ化)。脚色を名匠・伊藤大輔が担当し、見事な構成にまとめ上げている。
監督:森一生 出演:市川雷蔵(丹下典膳)、勝新太郎(中山安兵衛)、真城千都世(千春)、三田登喜子(浪乃)、大和七海路(三重)、北原義郎(長尾竜之進)

「息子の青春」のネタバレあらすじ結末

息子の青春の紹介:1952年日本映画。巨匠・小林正樹監督のデビュー作。林房雄の同名小説を映画化したもので、いかにも松竹映画らしいホームドラマになっている。撮影を担当しているのは「渡り鳥シリーズ」などの日活作品で有名な高村倉太郎。
監督:小林正樹 出演:北龍二(越智英夫)、三宅邦子(千代子)、石浜朗(春彦)、藤原元二(秋彦)、笠智衆(植村泰造)、小園蓉子(森川たみ子)

1 2 3 4 5 6 7 8 84
TOP↑