ドラマ映画のネタバレ

「ツリー・オブ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

ツリー・オブ・ライフの紹介:2011年アメリカ映画。テレンス・マリック監督による、ある家族の40年を描いた人間ドラマ。撮影に使用された巨木は、映画のために移植されたというエピソードもあります。聖書の『ヨブ記』の一節から始まる本作は、登場人物のセリフは少なく、作品の途中で大自然のカットが挿入される特徴的な手法で、評価は賛否両論に分かれました。
監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット(オブライエン)、ショーン・ペン(ジャック)、ジェシカ・チャステイン(オブライエン夫人)、フィオナ・ショウ(祖母)、ほか

「ビリディアナ」のネタバレあらすじ結末

ビリディアナの紹介:1960年スペイン映画。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したものの、製作国スペインでは長く上映禁止となったいわく付きの作品。ブニュエルらしい反教会反ブルジョア的な描写に満ち、その代表作のひとつとなった。「最後の晩餐」のパロディシーンが有名。
監督:ルイス・ブニュエル・出演:シルヴィア・ピナル(ビリディアナ)、フェルナンド・レイ(ハイメ)、フランシスコ・ラバル、マルガリータ・ロサーノ、ほか

「シュトロツェクの不思議な旅」のネタバレあらすじ結末

シュトロツェクの不思議な旅の紹介:1977年西ドイツ映画。「カスパー・ハウザーの謎」に続き、ブルーノ・Sを起用して作られたヘルツォーク7作目の劇映画。ロック・バンド、ジョイ・ディヴィジョンのボーカリストであるイアン・カーティスが自殺直前に見た映画としても知られている。
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク 出演:ブルーノ・S(シュトロツェク)、エヴァ・マッテス(エーファ)

「我等の生涯の最良の年」のネタバレあらすじ結末

我等の生涯の最良の年の紹介:1946年アメリカ映画。復員兵の戦後の苦難を正面から描いた大作で、批評的にも興行的にも大成功した。アカデミー賞でも作品、監督、主演男優、脚色、助演男優などの計9部門で大量受賞。これは当時の記録となった。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演:フレデリック・マーチ(アル・スティーブンソン)、ダナ・アンドリュース(フレッド・デリー)、マーナ・ロイ、テレサ・ライト、ほか

「普通の人々」のネタバレあらすじ結末

普通の人々の紹介:1980年アメリカ映画。郊外の中流家庭が崩壊してゆく様をドラマチックに描いたロバート・レッドフォードの監督処女作。批評家からの絶賛を浴び、アカデミー賞では作品、監督、助演男優、脚色の4部門で受賞した。
監督:ロバート・レッドフォード 出演:ドナルド・サザーランド(カルビン)、メアリー・タイラー・ムーア(ベス)、ティモシー・ハットン(コンラッド)、ジャド・ハーシュ(バーガー医師)、ほか

「夫たち、妻たち」のネタバレあらすじ結末

夫たち、妻たちの紹介:1992年アメリカ映画。2組の夫婦の関係を皮肉な目で描いたコメディ・ドラマ。この映画の公開間際にアレンの浮気が発覚、おかげで1982年の「サマー・ナイト」以来続いてきたミア・ファローとのコンビ関係はこれで終わりとなった。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(ゲイブ)、ミア・ファロー(ジュディ)、ジュディ・デイヴィス、ジュリエット・ルイス、リーアム・ニーソン、ほか

「ウディ・アレンの 重罪と軽罪」のネタバレあらすじ結末

ウディ・アレンの 重罪と軽罪の紹介:1989年アメリカ映画。のちのアレン作品「マッチ・ポイント」を思わせるシリアスなドラマ。「ハンナとその姉妹」同様、2つの物語が平行して語られる。それまでテレビで活動していたマーティン・ランドーが初めてアカデミー賞にノミネートされ、のちに「エド・ウッド」で受賞するきっかけとなった。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(クリフ・スターン)、マーティン・ランドー(ジュダー・ローゼンタール)、ミア・ファロー、アラン・アルダ、キャロライン・アーロン、ほか

「スミス都へ行く」のネタバレあらすじ結末

スミス都へ行くの紹介:1939年アメリカ映画。アカデミー賞では原案賞のみの受賞に終わったが、キャプラ監督の代表作のひとつとして有名な作品。最後の24時間を越える演説シーンは名場面で、いわゆる牛タン戦術の代表的な描写として知られる。
監督:フランク・キャプラ 出演:ジェームズ・スチュワート(スミス)、ジーン・アーサー(サンダース)、クロード・レインズ(ペイン上院議員)、エドワード・アーノルド(ジム・テイラー)、ガイ・キビー(ホッパー州知事)、ほか

「デッドマン・ウォーキング」のネタバレあらすじ結末

デッドマン・ウォーキングの紹介:1995年アメリカ映画。アカデミー賞俳優ティム・ロビンスが監督・脚本を担当。当時彼の私生活でのパートナーだったスーザン・サランドンが主演し、アカデミー主演女優賞を受賞した。ショーン・ペンにとっても代表作のひとつ。
監督:ティム・ロビンス・出演:スーザン・サランドン(シスター・ヘレン・プレイジョーン)、ショーン・ペン(マシュー・ポンスレット)、ロバート・プロスキー(ヒルトン・バーバー)、レイモンド・J・バリー(アール・デラクロア)、ほか

「迷宮カフェ」のネタバレあらすじ結末

迷宮カフェの紹介:2014年日本映画。訪れた客が次々と行方不明になるという謎のカフェを舞台に、ミステリアスな女店主と常連客が、人生に悩みながらも生きる力を見出していく姿を温かく描いた感動の物語。骨髄移植をテーマとしており、命の大切や人と人との絆に胸を打たれる作品となっています。
監督:帆根川廣 出演:関めぐみ(マリコ)、市川由衣(明香)、角田信朗(松浦)、藤原薫(スグル)、榎木田(大迫一平)ほか

「イヴの総て」のネタバレあらすじ結末

イヴの総ての紹介:1950年アメリカ映画。ジョセフ・L・マンキーウィッツ監督が演劇界の裏側を暴露した名作。監督自身が手がけた脚本は「映画史上最も優れたシナリオ」と呼ばれることも多い。アカデミー賞では、作品、監督、脚本、助演男優、衣裳デザイン賞(白黒)、録音の各部門を制覇した。
監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:ベティ・デイヴィス(マーゴ・チャニング)、アン・バクスター(イヴ・ハリントン)、ジョージ・サンダース、ゲイリー・メリル、マリリン・モンロー、ほか

「マンハッタン」のネタバレあらすじ結末

マンハッタンの紹介:1979年アメリカ映画。批評家から1970年代のアメリカ映画の代表作のひとつに挙げられる名作。ゴードン・ウィリスによるモノクロの撮影が美しい。ウディ・アレンとしては珍しく、画面のサイズにワイドスクリーンを使っている。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(アイザック)、ダイアン・キートン(メリー)、マリエル・ヘミングウェイ(トレイシー)、メリル・ストリープ(ジル)、ほか

「嘆きの天使」のネタバレあらすじ結末

嘆きの天使の紹介:1930年ドイツ映画。アメリカで名声を得たウィーン生まれのスタンバーグ監督がヨーロッパに里帰りして作り上げた傑作。当時無名だったマレーネ・ディートリヒが一躍スターダムにのし上がり、スタンバーグとは公私共にコンビとなる。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演:エミール・ヤニングス(イマヌエル・ラート)、マレーネ・ディートリッヒ(ローラ)、クルト・ゲロン、ハンス・アルベルス、ほか

「招かれざる客」のネタバレあらすじ結末

招かれざる客の紹介:1967年アメリカ映画。人種差別の問題をディスカッション・ドラマの形で描いた異色作。アカデミー署の主演女優賞、脚本賞を受賞。シドニー・ポワチエとスタンリー・クレイマー監督のコンビ作としては「手錠のまゝの脱獄」以来となる。
監督:スタンリー・クレイマー 出演:スペンサー・トレイシー(マット・ドレイトン)、シドニー・ポワチエ(ジョン・プレンティス)、キャサリン・ヘプバーン、キャサリン・ホートン、ほか

「劔岳 点の記」のネタバレあらすじ結末

劔岳 点の記(つるぎだけ てんのき)の紹介:2008年日本映画。この作品は、明治時代末期に日本地図を完成させるために、陸軍陸地測量部(現在の国土地理院)により実際に北アルプスの立山連峰で行われた山岳測量計画を、信念と勇気をもち多難な山岳測量に挑んだ男たちを描いた新田次郎の同名小説を原作とした感動のヒューマンドラマ映画です。第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞、第52回ブルーリボン賞作品賞など多数の賞を受賞した作品でもあります。
監督:木村大作 出演:浅野忠信(柴崎芳太郎(陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、香川照之(宇治長次郎(測量隊案内人))、松田龍平(生田信(陸軍参謀本部 陸地測量部測夫))、宮崎あおい(柴崎葉津よ(柴崎芳太郎の妻))、小澤征悦(玉井要人(日本陸軍大尉))、石橋蓮司(岡田佐吉(立山温泉の宿の主人))、國村隼(矢口誠一郎(日本陸軍中佐))、役所広司(古田盛作(元陸軍参謀本部 陸地測量部測量手))、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 34
TOP↑