ドラマ映画のネタバレ

「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 翔んでる寅次郎の紹介:1979年日本映画。シリーズ第23作目。寅さんこと車寅次郎は、旅先で年頃の女性と知り合います。女性は結婚式が近いのですが気分が乗らず旅に出ていたのです。やがて女性の存在は「とらや」を揺るがす大騒動に発展、寅さんは未婚ながら何と女性の仲人を務めることに…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、布施明(邦夫)、桃井かおり(ひとみ)ほか

「男はつらいよ 噂の寅次郎」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 噂の寅次郎の紹介:1978年日本映画。シリーズ第22作目。柴又の「とらや」にてある女性が働き始めます。女性は好きでもない人と結婚しており、現在は別居中の身。寅さんこと車寅次郎は彼女に想いを抱くのですが、実はもう一人、密かに彼女のことを想う人がいたのです。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、室田日出男(添田)、大原麗子(早苗)ほか

「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆくの紹介:1978年日本映画。シリーズ第21作目となる今作。寅さんこと車寅次郎の妹さくらの同級生で、歌劇団のトップスターに上り詰めた女性が、自らの仕事と恋との間で揺れ動きます。寅さんはそんな彼女に次第に想いを募らせていきますが、彼女には10年もの間交際している恋人の存在があったのです。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、木の実ナナ(紅奈々子)、武田鉄矢(後藤留吉)、竜雷太(宮田隆)ほか

「関ヶ原」のネタバレあらすじ結末

関ケ原の紹介:2017年日本映画。豊臣秀吉の元へと引き取られた石田三成。誰よりも秀吉を想い、誰よりも国のことを想うあまり天下を狙う家康を酷く敵視していた。2人の因縁は次第に大きくなり、とうとう西軍、東軍に分かれての合戦が目の前へと迫ることになる。作家司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を映画化、日本最大の歴史的合戦が豪華キャストにより現代に蘇る。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(石田三成)、有村架純(初芽)、平岳大(島左近)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、滝藤賢一(豊臣秀吉)、松山ケンイチ(直江兼続)、役所広司(徳川家康)、ほか

「オリヴァ・ツイスト」のネタバレあらすじ結末

オリヴァ・ツイストの紹介:1947年イギリス映画。ディケンズの古典を巨匠デヴィッド・リーンが映画化。主人公オリヴァよりも悪役フェイギンに比重を置き、長大なストーリーをコンパクトにまとめている。製作を担当したのは、のちに「ポセイドン・アドベンチャー」を監督するロナルド・ニーム。
監督:デヴィッド・リーン 出演:アレック・ギネス(フェイギン)、ジョン・ハワード・デイヴィス(オリヴァ)、ロバート・ニュートン(ビル・サイクス)、ケイ・ウォルシュ(ナンシー)

「ジャイアンツ」のネタバレあらすじ結末

ジャイアンツの紹介:1956年アメリカ映画。エドナ・ファーバーの大河小説を名匠ジョージ・スティーヴンスが映画化。アカデミー監督賞を受賞した。アメリカ南部の牧場主一家の30年間を、時代の変遷に合わせて描く。ジェームズ・ディーンの3本しかない主演作のひとつ。
監督:ジョージ・スティーヴンス 出演:ロック・ハドソン(ジョーダン)、エリザベス・テイラー(レズリー)、ジェームズ・ディーン(ジェット・リンク)、マーセデス・マッケンブリッジ(ラズ・ベネディクト)

「旅立ちの時」のネタバレあらすじ結末

旅立ちの時の紹介:1988年アメリカ映画。夭折したリヴァー・フェニックスの演技面での代表作(アカデミー賞助演男優賞にノミネート)。身元を隠して生きざるを得ない家族の苦悩をヴィヴィッドに描き、シドニー・ルメット監督にとっても久々の秀作となった。
監督:シドニー・ルメット 出演:リヴァー・フェニックス(ダニー)、クリスティーン・ラーチ(アニー)、マーサ・プリンプトン(ローナ)、ジャド・ハーシュ(アーサー)、ジョナス・オブリー(ハリー)、ほか

「愛と哀しみの果て」のネタバレあらすじ結末

愛と哀しみの果ての紹介:1985年アメリカ映画。20世紀初頭、裕福なデンマークの令嬢が生きがいを求めてアフリカに渡り、現地での仕事や愛に生きた半生を描いた人生ドラマ。アカデミー作品賞を受賞。
監督:シドニー・ポラック 出演:メリル・ストリープ(カレン)、ロバート・レッドフォード(デニス)、クラウス・マリア・ブランダウアー(ブロア)、マイケル・キッチン(コール)、マリック・ボーウェンズ(ファラ)、ほか

「レスラー」のネタバレあらすじ結末

レスラーの紹介:2008年アメリカ映画。医師から引退を勧告された老レスラーが、疎遠だった一人娘との再会などを経て人生を見つめ直していく人間ドラマです。ヴェネツィア映画祭で金獅子賞、ゴールデングローブ賞で主演男優賞を受賞し、ミッキー・ロークが再ブレイクするきっかけとなった作品です。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演者:ミッキー・ローク(ランディ・ロビンソン/ザ・ラム)、マリサ・トメイ(キャシディ)、エヴァン・レイチェル・ウッド(ステファニー・ラムジンスキー)、マーク・マーゴリス(レニー)、トッド・バリー(ウェイン)ほか

「生きてこそ」のネタバレあらすじ結末

生きてこその紹介:1993年アメリカ映画。1972年10月にアンデス山脈で起きた飛行機墜落事故。乗員乗客45名のうち無事に生還したのはわずか16名。救助隊が生存者達を発見したのは事故発生から72日後だった。この実話をドキュメンタリータッチで描いた作品。極寒の雪山、救助隊を待ちわびながら1つまた1つと消えていく命の火。残された者達は、生き残るために決死の行動に出る。イーサン・ホーク、ヴィンセント・スパーノ、ジョシュ・ハミルトンなど、90年代の若手スターとして注目を浴びた人気俳優達が共演している。
監督:フランク・マーシャル 出演者:ジョン・マルコヴィッチ(カルロス・バエス)、イーサン・ホーク(ナンド・バラード)、ヴィンセント・スパーノ(アントニオ・バルビ)、ジョシュ・ハミルトン(ロベルト・カネッサ)、ジョン・ハイムス・ニュートン(アントニオ・“ティン・ティン”・ビシンティン)ほか

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のネタバレあらすじ結末

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの紹介:2016年アメリカ映画。カリフォルニア州の小さなハンバーガーショップを世界の誰もが知るファーストフードチェーンへと成長させ大リーグ、サンディエゴ・パドレスのオーナーになったレイ・クロック。彼が何を切り捨て、何を選び取ってマクドナルド・ハンバーガーの「創業者」となったかを描く、実話に基づく映画。
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演者:マイケル・キートン(レイ・クロック)、ニック・オファーマン(ディック・マクドナルド)、ジョン・キャロル・リンチ(マック・マクドナルド)、ローラ・ダーン(エセル・クロック)、リンダ・カーデリーニ(ジョアン・スミス)

「いそしぎ」のネタバレあらすじ結末

いそしぎの紹介:1965年アメリカ映画。美しい自然の中、画家のローラは息子と二人で自由に生きてきた。彼女を所有しようとしても愛そうとはしないであろう男たちを遠ざけて。彼女の前に初めて現れた彼女を愛する男は、しかし、妻子ある牧師で息子の学校の校長だった。私生活のカップル、エリザベス・テイラーとリチャード・バートンが共演したメロドラマ。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演者:エリザベス・テイラー(ローラ・レイノルズ)、リチャード・バートン(エドワード・ヒューイット)、エヴァ・マリー・セイント(クレア・ヒューイット)、チャールズ・ブロンソン(コス・エリクソン)、ロバート・ウェッバー(ウォード・ヘンドリックス)、モーガン・メイソン(ダニー・レイノルズ)ほか

「復讐するは我にあり」のネタバレあらすじ結末

復讐するは我にありの紹介:1979年日本映画。昭和38年殺人を犯した榎津巌は逮捕される昭和39年まで78日間逃亡しながら詐欺と殺人を繰り返しました。その78日間と逮捕され処刑されるまでを描いた問題作です。
監督:今村昌平 出演者:緒形拳(榎津巌)、三國連太郎(榎津鎮雄)、ミヤコ蝶々(榎津かよ)、倍賞美津子(榎津加津子)、小川真由美(浅野ハル)、清川虹子(浅野ひさ乃)ほか

「鬼龍院花子の生涯」のネタバレあらすじ結末

鬼龍院花子の生涯の紹介:1982年日本映画。宮尾登美子原作。大正、昭和の高知が舞台。12歳で侠客鬼龍院政五郎(通称・鬼政)の養女となった松恵と、鬼政、その娘の花子を中心とした物語です。「なめたらいかんぜよ!」のセリフが当時流行しました。
監督:五社英雄 出演:仲代達矢(鬼龍院政五郎)、夏目雅子(松恵)、仙道敦子(少女時代の松恵)、岩下志麻(歌)、高杉かほり(花子)、ほか

「1001グラム ハカリしれない愛のこと」のネタバレあらすじ結末

1001グラム ハカリしれない愛のことの紹介:2014年ノルウェー,ドイツ,フランス映画。ノルウェー国立計量研究所に勤めるマリエはあらゆる計測に通じていますが、私生活では夫と離婚協議中です。測量研究の大先輩でもあるマリエの父が病で倒れたため、彼女が代理でキログラム原器(キログラムの質量をもつ標準分銅)を携えてパリでの国際セミナーに出席します。 あまり馴染みの薄い“キログラム原器”という重さの基準をテーマに、理系女子マリエが悩み葛藤しながらも、自由な心を取り戻す姿を繊細にかつ丁寧に描いています。
監督:ベント・ハーメル 出演者:アーネ・ダール・トルプ(マリエ)、ロラン・ストッケル(パイ)、スタイン・ヴィンゲ(アーンスト・アーンスト)、ヒルデグン・リーセ(ヴェンケ)、ピーター・ハドソン(ウィンクラー)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 64
TOP↑