SF映画のネタバレ

「ラスト・ワールド」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ワールドの紹介:2013年アメリカ,インドネシア映画。ある哲学教師が考案した哲学の思考実験で、シェルターの中に入ることになった学生たちが体験する様々な出来事を描いたストーリーが展開する映画です。
監督:ジョン・ハドルズ 出演:ソフィー・ロウ、ジェームズ・ダーシー、リース・ウェイクフィールド、ダリル・サバラ、フレディ・ストローマ、ボニー・ライト、ほか

「パッセンジャー」のネタバレあらすじ結末

パッセンジャーの紹介:2016年アメリカ映画。120年かけて異星植民地に向かう宇宙船アヴァロン号。5000人の乗客・乗組員は全員冬眠ポッドで眠っていた。しかし決して壊れることのないはずのポッドが損傷し、エンジニアであるジムだけが90年も早く目覚めてしまう。再び冬眠することもできず、船の中で一生を終えることになったジムは自暴自棄になり、廃人と化してゆく。そんな彼はある日「眠れる美女」オーロラを見つけてしまう…。
監督:モルテン・ティルドゥム 出演:ジェニファー・ローレンス(オーロラ・レーン)、クリス・プラット(ジム・プレストン)、マイケル・シーン(アーサー)、ローレンス・フィッシュバーン(ガス)、アンディ・ガルシア(ノリス船長)、ほか

「月に囚われた男」のネタバレあらすじ結末

月に囚われた男の紹介:2009年イギリス映画。月でAIとの単独任務として3年間ヘリウム3を発掘し地球に送る契約をルナ産業と交わしたサムは、任期を終わりを間近に控えながらも事故にあってしまいます。このことから月面基地に隠されたルナ産業の秘密が明らかになっていきます。
監督:ダンカン・ジョーンズ 出演者:サム・ロックウェル(サム・ベル)、ケヴィン・スペイシー(ガーティー)、ドミニク・マゲリゴット(テス・ベル)、カヤ・スコデラリオ(イヴ・ベル)ほか

「プロメテウス」のネタバレあらすじ結末

プロメテウスの紹介:2012年アメリカ映画。近未来、宇宙を旅して人類の起源に関係しているとするエンジニアである宇宙人の存在を探りに科学者たちはある惑星を訪れます。エイリアンシリーズのエイリアンの起源が描かれる作品です。続編はエイリアン:コヴェナントとして2017年公開。
監督:リドリー・スコット 出演者:ノオミ・ラパス(エリザベス・ショウ)、シャーリーズ・セロン(メレディス・ヴィッカーズ)、マイケル・ファスベンダー(デイビッド)ほか

「ディープ・インパクト」のネタバレあらすじ結末

ディープ・インパクトの紹介:1998年アメリカ映画。地球を滅亡させる彗星を発見した少年、地球を守るべく立ち上がった宇宙船の老パイロット、国民を救う責任を担った合衆国大統領。人々は、最期の日を前に何を想い、何を守るのか。
監督:ミミ・レダー 出演:ロバート・デュヴァル(スパージョン・“フィッシュ”・タナー船長)、ティア・レオーニ(ジェニー・ラーナー)、イライジャ・ウッド(レオ・ビーダーマン)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ロビン・ラーナー)、ほか

「スピーシーズ/種の起源」のネタバレあらすじ結末

スピーシーズ/種の起源の紹介:1995年アメリカ映画。宇宙から電波にのって未知のDNA配列が送られてきた。そのDNA配列を組み込まれた少女は急成長し、あらゆる手段を使って繁殖への道を探る。エイリアンの繁殖と、それを止める人々の戦いを描いている。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:ベン・キングズレー(ザビエ・フィッチ)、マイケル・マドセン(プレス・レノックス)、アルフレッド・モリナ(スティーブン・アーデン)、フォレスト・ウィテカー(ダン・スミスソン)、マージ・ヘルゲンバーガー(ローラ・ベイカー)、ほか

「フィラデルフィア・エクスペリメント」のネタバレあらすじ結末

フィラデルフィア・エクスペリメントの紹介:1984年アメリカ映画。1943年、アメリカ海軍が艦影レーダーから消す極秘実験をフィラデルフィアで行う。実験は成功にしたかに見えたが、それは予想外の方向へ進み、地球崩壊の危機に陥る。それを救えるのは、未来にタイムスリップしたデヴィットだけだった。有名な都市伝説であるフィラデルフィア実験をモチーフにしたSF映画。
監督:スチュワート・ラフィル 出演:マイケル・パレ(デヴィッド・ハーデッグ)、ナンシー・アレン(アリソン・ヘイズ)、ボビー・ディ・シッコ(ジム・パーカー)、エリック・クリスマス(ジェームズ・ロングストリート博士)、ルイーズ・ラサム(パメラ)、ほか

「インデペンデンス・デイ」のネタバレあらすじ結末

インデペンデンス・デイの紹介:1996年アメリカ映画。7月2日。当たり前の日常を送っていた人類の頭上に、巨大な宇宙船がアメリカや世界の主要都市上空に出現します。アメリカ政府が宇宙船とコンタクトを試みたと同時に、世界各地で攻撃が開始されます。7月4日、アメリカ独立記念日。廃墟の中で人類は、エイリアンに反旗を翻します。数千人のエキストラを動員し、エイリアンの攻撃で都市が一瞬にして壊滅するシーンは迫力満点です。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演者:ウィル・スミス(スティーブン・ヒラー大尉)、ジェフ・ゴールドブラム(デイヴィッド・レヴィンソン)、ビル・プルマン(トーマス・ホイットモア大統領)、ランディ・クエイド(ラッセル・ケイス)、コンスタンス“コニー”・スパノ補佐官(マーガレット・コリン)ほか

「イーオン・フラックス」のネタバレあらすじ結末

イーオン・フラックスの紹介:2005年アメリカ映画。カルト的人気を持つ、アメリカの短編アニメ映画を元にしたSFアクション映画。2011年、人類の99%がウイルスで死滅後、科学者トレヴァー・グッドチャイルドが開発したワクチンで絶滅を回避した人類は、理想郷ブレーニャで不自由ない生活を営んでいます。2415年、グッドチャイルド一族に支配された政府に強い疑いを抱く、反政府組織モニカンの最強戦士イーオン・フラックスはトレヴァー8世の暗殺命令を受けます。二人の出会いが理想郷ブレーニャの根幹を揺るがすことになります。
監督:カリン・クサマ  出演者:シャーリーズ・セロン(イーオン・フラックス)、マートン・チョーカシュ(トレヴァー・グッドチャイルド8世)、ジョニー・リー・ミラー(オーレン・グッドチャイルド)、アメリア・ワーナー(ユナ・フラックス)、ソフィー・オコネドー(シサンドラ)ほか

「コンタクト」のネタバレあらすじ結末

コンタクトの紹介:1997年アメリカ映画。1996年に他界した宇宙科学者カール・セーガンの同名小説を映画化した作品で、SETIプロジェクト、科学と宗教、政治、地球外生命、人類の存在理由という哲学などをテーマとし、地球外知的生命体と接触した女性の姿を描いたSF映画です。キャッチコピーは「それは、宇宙の声から始まった」で、『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1994年)を手がけたロバート・ゼメキスが監督を務めました。
監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジョディ・フォスター(エリー・アロウェイ)、マシュー・マコノヒー(パーマー・ジョス)、ジョン・ハート(ハデン)、ジェームズ・ウッズ(マイケル・キッツ)、ほか

「ガメラ 大怪獣空中決戦」のネタバレあらすじ結末

ガメラ 大怪獣空中決戦の紹介:1995年日本映画。平成ガメラシリーズの第一作。まったく新しい怪獣映画としてリアリティを追求し、子供向けだった旧ガメラシリーズを一新し作成された。敵か味方か判断できないガメラとギャオスの対決を描いている。
監督:金子修介 出演:藤谷文子(草薙浅黄)、小野寺昭(草薙直哉/浅黄の父)、中山忍(長峰真弓/鳥類学者)、伊原剛志(米森良成/一等航海士)、本田博太郎(斎藤/環境庁審議官)、ほか

「スーパーマンII/冒険篇」のネタバレあらすじ結末

スーパーマンII/冒険篇の紹介:1981年アメリカ映画。大ヒットした「スーパーマン」の2作目。前作のリチャード・ドナーから監督がリチャード・レスターへと変わり、スラップスティック色が強まっている。脚本には「ゴッド・ファーザー」の原作者であるマリオ・プーゾも参加。
監督:リチャード・レスター 出演:クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)、マーゴット・キダー(ロイス・レーン)、ジーン・ハックマン(レックス・ルーサー)、テレンス・スタンプ(ゾッド将軍)

「スーパーマン」のネタバレあらすじ結末

スーパーマンの紹介:1978年アメリカ映画。アニメやテレビシリーズで知られた「スーパーマン」を復活された特撮大作。「スター・ウォーズ」のブームに便乗したSF映画として公開されたが、結果的に近年のアメコミヒーロー映画の先駆となり、再評価が著しい。
監督:リチャード・ドナー 出演:クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)、マーゴット・キダー(ロイス・レーン)、マーロン・ブランド(ジョー=エル)、ジーン・ハックマン(レックス・ルーサー)

「ゴジラ」のネタバレあらすじ結末

ゴジラの紹介:1954年日本映画。ゴジラの原点。今や世界にあまねく知れ渡ったゴジラシリーズの記念すべき第1作。戦時中の大空襲を連想させるゴジラの東京上陸シーンが話題となった。アメリカでは配給業者がオリジナルの場面を付け加え「Godzilla, King of the Monsters!」として公開。
監督:本多猪四郎・出演:宝田明(尾形秀人)、河内桃子(山根恵美子)、平田昭彦(芹沢大助)、志村喬(山根恭平博士)、堺左千夫(萩原)

「猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

猿の惑星の紹介:1968年アメリカ映画。ピエール・ブールの小説を映画化。TVシリーズ「ミステリー・ゾーン」のクリエイター・ロッド・サーリングと、赤狩りの被害者して知られるマイケル・ウィルソンが脚本を担当。猿のメーキャップとラストシーンが話題となり大ヒット。多くの続編が作られ、リメイクも繰り返されている。
監督:フランクリン・J・シャフナー 出演:チャールトン・ヘストン(テイラー)、ロディ・マクドウォール(コーネリアス)、キム・ハンター(ジーラ博士)、モーリス・エヴァンス(ザイアス博士)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 16
TOP↑