戦争映画のネタバレ

戦争映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の戦争映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「鷲は舞いおりた」のネタバレあらすじ結末

鷲は舞いおりたの紹介:1976年イギリス,アメリカ映画。ジャック・ヒギンズの小説『鷲は舞い降りた』を映画化した歴史ドラマです。第二次世界大戦期、ヒトラーにより英国首相チャーチルの誘拐を命じられたナチスドイツ特殊部隊の戦いを描きます。
監督:ジョン・スタージェス 出演者:マイケル・ケイン(クルト・シュタイナー)、ドナルド・サザーランド(リーアム・デヴリン)、ロバート・デュヴァル(マックス・ラードル)、ジェニー・アガター(モリー・プリオール)、ドナルド・プレザンス(ハインリヒ・ヒムラー)ほか

「眼下の敵」のネタバレあらすじ結末

眼下の敵の紹介:1957年アメリカ映画。西大西洋を警戒中のアメリカ海軍所属の駆逐艦はUボート1隻を補足する。そのUボートは特別任務を帯びており、その為変えられぬ航路に縛られながら駆逐艦を相対する。海上と海中、2国2隻の戦闘艦、そして2人の艦長が知力の限りを尽くし、その死力を振り絞り対決する、第2次世界戦を舞台にした戦争映画。
監督:ディック・パウエル 出演者:マレル艦長(ロバート・ミッチャム)、軍医(ラッセル・コリンズ)、ウェア副長(デヴィット・ヘディスン)、シュトベルク艦長(クルト・ユルゲンス)、ハイニ先任士官(セオドア・ビケル)

「ある戦争」のネタバレあらすじ結末

ある戦争の紹介:2015年デンマーク映画。第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた注目作。アフガン紛争地域で市民を保護するデンマーク軍。タリバンとの戦いで神経をすり減らす中、故郷に妻子を残してきた部隊長クラウスはある決断を迫られる。部下のために行ったその行為は、やがて戦争犯罪として裁判にまで発展する。正義とは何か、家族とは何かを問いかけるシリアスな戦場ドラマ。
監督:トビアス・リンホルム 出演:ピルー・アスベック(クラウス・M・ペデルセン)、ツヴァ・ノヴォトニー(マリア・R・ペデルセン)、ダルフィ・アル・ジャブリ(ラッセン)、ダール・サリム(ナジブ・ビスマ)、ソーレン・マリン(オルセン弁護士)、シャーロット・マンク(ダニング検事)ほか

「テレマークの要塞」のネタバレあらすじ結末

テレマークの要塞の紹介:1965年イギリス,アメリカ映画。第二次世界大戦中実際にあった、ガナーサイド作戦を題材にした戦争アクション映画。ナチスドイツ占領下のノルウェーでは、原子力爆弾を製造するための重水が大量に作り出されていた。それを阻止すべく、レジスタンスは命懸けで製造工場の爆破作戦に身を投じるのだった。
監督:アンソニー・マン 出演者:カーク・ダグラス(ロルフ・ペデルセン教授)、リチャード・ハリス(クヌート・ストラウド)、ウーラ・ヤコブソン(アンナ)、マイケル・レッドグレーヴ(ヒュッテ)、デヴィッド・ウェストン(アーネ)ほか

「アパッチ(1990年)」のネタバレあらすじ結末

アパッチの紹介:1990年アメリカ映画。アメリカ陸軍の戦闘ヘリ、AH-64アパッチを操るパイロットが、鬼教官の指導や元恋人との再会を経て成長し、南米の麻薬シンジケート撲滅作戦に出撃する姿を描いた戦争映画です。
監督:デヴィッド・グリーン 出演者:ニコラス・ケイジ(ジェイク・プレストン)、ショーン・ヤング(ビリー・リー・ガスリー)、トミー・リー・ジョーンズ(ブラッド・リトル)、バート・ライン(エリック・ストーラー)、ブライアン・ケストナー(ブレイカー)ほか

「パシフィック・ウォー」のネタバレあらすじ結末

パシフィック・ウォーの紹介:2016年アメリカ映画。原爆を運ぶという重要な使命を果たしたアメリカ海軍巡洋艦インディアナポリス。しかし、日本軍に撃沈されます。海に飛び込む艦長と乗組員、サメの襲撃、死の恐怖とともに、太平洋をさまよいます。戦後、撃沈の責任を問われ裁判にかけられる艦長、そこでは意外な人物と対面するのでした。『パシフィック・ウォー』は、インディアナポリスの重要な使命と、艦長、乗組員の運命と愛、友情を描いた映画です。
監督:マリオ・ヴァン・ピーブルズ 出演:ニコラス・ケイジ(チャールズ・B・マクベイ) 竹内豊(橋本以行) マット・ランター(バマ) アダム・スコット・ミラー(ダントニオ) エミリー・テナント(クララ) ほか

「ミニヴァー夫人」のネタバレあらすじ結末

ミニヴァー夫人の紹介:1942年アメリカ映画。第二次世界大戦の影が忍び寄りつつあったイギリスの田舎町を舞台に、そこに住むミニヴァー家の人々の日常を、夫人の息子と上流階級の娘との恋や戦争の悲劇なども交えて描いた作品です。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演者:グリア・ガースン(ミニヴァー夫人)、ウォルター・ピジョン(クレム・ミニヴァー)、(ヴィンセント・“ヴィン”・ミニヴァー)、テレサ・ライト(キャロル・ベルドン)、デイム・メイ・ウィッティ(ベルドン夫人)ほか

「ビルマの竪琴(1956年)」のネタバレあらすじ結末

ビルマの竪琴の紹介:1956年日本映画。竹山道雄の同名児童文学を市川崑監督が映画化した珠玉のヒューマンドラマです。太平洋戦争終結後のビルマ(現・ミャンマー)を舞台に、死んでいった日本兵を弔うため現地で僧侶となった元日本兵を描きます。1985年にも同じく市川崑監督の手でリメイクされています。
監督:市川崑 出演者:安井昌二(水島上等兵)、三國連太郎(井上隊長)、浜村純(伊東軍曹)、内藤武敏(小林一等兵)、北林谷栄(物売りの老婆)ほか

「野火」のネタバレあらすじ結末

野火の紹介:2014年日本映画。大岡昇平の同名小説の1959年版(市川崑監督)に続く2度目の映画化作品です。太平洋戦争中のフィリピンを舞台に、極限まで追い詰められた日本軍兵士たちの狂気と悲劇を描いています。原作に惚れ込んだ塚本晋也が監督・脚本・製作・主演を兼任しています。
監督:塚本晋也 出演者:塚本晋也(田村一等兵)、リリー・フランキー(安田)、中村達也(伍長)、森優作(永松)、中村優子(田村の妻)ほか

「空軍大戦略」のネタバレあらすじ結末

空軍大戦略の紹介:1969年イギリス映画。第二次世界大戦前半の山場、イギリスとナチスドイツが制空権を争って繰り広げた激戦“バトル・オブ・ブリテン”を映画化した戦争映画です。あえて主人公やドラマを特定せず、歴史的背景を順に追った群像劇そして製作されています。
監督:ガイ・ハミルトン 出演者:ローレンス・オリヴィエ(ヒュー・ダウディング)、トレヴァー・ハワード(キース・パーク)、クルト・ユルゲンス(フォン・リヒター)、クリストファー・プラマー(コリン・ハーヴェイ)、スザンナ・ヨーク(マギー・ハーヴェイ)ほか

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」のネタバレあらすじ結末

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の紹介:2015年イギリス映画。戦場で使用されるドローンをテーマに、大勢の命と引き換えに、一人の少女の命を見過ごして、ドローンミサイルを発射できるかどうかを、操縦士、作戦指揮官、作戦会議室などさまざまな視点から見る新しい戦争サスペンス映画。
監督:ギャビン・フッド 出演:ヘレン・ミレンキャサリン(パウエル大佐)、アーロン・ポール(スティーヴ・ワッツ )、アラン・リックマン(フランク・ベンソン中将 )、バーカッド・アブディ(ジャマ・ファラ )、ジェレミー・ノーサム(ブライアン・ウッデール )、イアン・グレン(ジェームズ・ウィレット英外相)

「ヒトラーの忘れもの」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーの忘れものの紹介:2015年デンマーク,ドイツ映画。第二次世界大戦後のデンマーク。元ナチス・ドイツ軍の少年兵たちが、ドイツ軍の埋めた地雷の撤去作業に駆り出される。幼い子供たちに戦争の後片付けをさせることに葛藤する指揮官と、命がけで地雷の撤去をする少年兵たちの物語。
監督:マーチン・サントフリート 出演:ローランド・ムーラー(ラスムスン軍曹)、ミケル・ボー・フォルスゴー(エベ大尉)、ルイス・ホフマン(セバスチャン・シューマン)、ジョエル・バズマン(ヘルムート・モアバッハ)、レオン・サイデル(ヴィルヘルム・ハーン)、エミール・ベルトン(エルンスト・レスナー)、オスカー・ベルトン(ヴェルナー・レスナー)、ほか

「最前線」のネタバレあらすじ結末

最前線の紹介:1957年アメリカ映画。孤立したベンソン中尉の小隊の前に、反抗的で冷血漢だが経験豊かで直観の鋭い兵士モンタナが現れる。西部劇で名高いアンソニー・マンが描く、神出鬼没の敵の間をかいくぐって高地の攻略を目指す、朝鮮戦争の歩兵たちの一日の長い戦い。
監督:アンソニー・マン 出演者:ロバート・ライアン(ベンソン中尉)、アルド・レイ(モンタナ)、ロバート・キース(大佐)、フィリップ・パイン(リオダン)、ヴィク・モロー(ズウィックリー)、ジェームズ・エドワーズ(キリアン)

「シン・レッド・ライン」のネタバレあらすじ結末

シン・レッド・ラインの紹介:1998年アメリカ映画。ジェームズ・ジョーンズ原作の同名小説を映画化した戦争ドラマです。太平洋戦争の激戦地のひとつソロモン諸島ガダルカナル島を舞台に、若きアメリカ兵たちの戦いの日々と人間模様を豪華キャストの共演で描いています。
監督:テレンス・マリック 出演者:ショーン・ペン(エドワード・ウェルシュ)、ジム・カヴィーゼル(ロバート・ウィット)、エイドリアン・ブロディ(ジェフリー・ファイフ)、ジョン・キューザック(ジョン・ガフ)、ニック・ノルティ(ゴードン・トール)、ジョン・C・ライリー(ポール・ストーム)、ジョージ・クルーニー(チャールズ・ボッシュ)、ジョン・トラボルタ(デヴィッド・クインタード)ほか

「キリング・フィールド」のネタバレあらすじ結末

キリング・フィールドの紹介:1984年イギリス映画。1970年代のカンボジアで勃発した内戦と、その後に誕生したポル・ポト独裁政権による圧政と虐殺の暗黒時代を、アメリカ人ジャーナリストと現地の助手の視点から描いた戦争ドラマです。アカデミー賞で助演男優賞・編集賞・撮影賞の3冠を受賞しています。
監督:ローランド・ジョフェ 出演者:サム・ウォーターストン(シドニー・シャンバーグ)、ハイン・S・ニョール(ディス・プラン)、ジョン・マルコヴィッチ(アラン)、ジュリアン・サンズ(ジョン)、スポルディング・グレイ(キンケード)ほか

1 2 3 4 5 6
TOP↑