アニメ映画のあらすじ

アニメ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アニメ映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「Kubo and the Two Strings」のネタバレあらすじ結末

Kubo and the Two Stringsの紹介:年アメリカ映画。タイトルの意味は「クーボと2本の弦」。主人公クーボの眼を狙っているムーンキングと戦うために出会った仲間と共に3つの武器を探す旅に出る冒険アニメーション。2016年にアメリカで公開されたライカ社によるストップモーションアニメの最新作。
監督:トラヴィス・ナイト 声の出演:アート・パーキンソン(クーボ)シャーリーズ・セロン(クーボの母サリアツ、猿)ラルフ・ファインズ(ムーンキング)ルーニー・マーラ(カリアツ(サリアツの姉))メーリック・マーフィー(ワシ(サリアツの姉))ジョージ・タケイ(ホサト)マシュー・マコノヒー(ハンゾウ、ビートル)

「The Boxtrolls」のネタバレあらすじ結末

The Boxtrolls(ボックストロール)の紹介:2014年アメリカ映画。街の地下で生活をし、ガラクタを集めることが大好きな妖怪ボックストロール、そんなボックストロール達に育てられ成長した人間の少年エッグが、捕獲された仲間達(ボックストロール達)を助けるため、ボックストロールの捕獲駆除を行なっている悪党達相手に街の住人を巻き込んで理不尽さと戦うファンタジーアニメ。
監督:グラハム・アナベル 声の出演:アイザック・ヘンプステッド・ライト(エッグ)、エル・ファニング(ウィニー)、ベン・キングスレー(スナッチャー)、ニック・フロスト(スナッチャーの仲間:太った方)、トレーシー・モーガン(スナッチャーの仲間)、ジャレッド・ハニス(リンド卿:ウィニーの父親)他

「デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」」のネタバレあらすじ結末

デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」の紹介:2015年日本映画。いつもの朝、少し寝坊しながらも太一は荷物と一緒にデジヴァイスを持って学校に向かう。かつての冒険が嘘のような平和な日々、進路希望をまだ出していないと教師に言われるもそこへ頭が向かなかった。そんなある日、街では突如電波障害が起きる。携帯も通じない街の中、その正体はデジモンの出現だった。1999年に放送されたデジモンアドベンチャーの続編となる劇場版。全6章で構成される第1章となる。
監督:元永慶太郎 声の出演:花江夏樹(八神太一)、三森すずこ(武之内空)、細谷佳正(石田ヤマト)、田村睦心(泉光子郎)、吉田仁美(太刀川ミミ)、ほか

「SING/シング」のネタバレあらすじ結末

SING/シングの紹介:2016年アメリカ映画。動物たちの歌唱コンテストに奮闘する様子を数々のお馴染みのヒットソングに乗せて描くミュージカルCGアニメ映画。経営困難に追い込まれていた劇場のオーナー、コアラのムーンは愛する劇場を守るため歌のコンテストを開催することにする。様々な困難がムーンに立ちはだかるが、彼は劇場を守り抜くことが出来るのだろうか。
監督:ガース・ジェニングス 声の出演:マシュー・マコノヒー(バスター・ムーン)、トリー・ケリー(ミーナ)、リース・ウィザースプーン(ロジータ)、スカーレット・ヨハンソン(アッシュ)ほか

「Avalon アヴァロン」のネタバレあらすじ結末

Avalon アヴァロンの紹介:2000年日本映画。アヴァロンと呼ばれる仮想空間での戦闘ゲームを題材にした哲学的映画。ヘッドギアを装着して意識領域までゲームの世界へ入り込む設定。ポーランドで撮影されポーランド語での進行。
監督:押井守 声の出演:マウゴジャータ・フォレムニャック(アッシュ)、バルトウォミエイ・シフィデルスキ(スタンナ)、イェジ・グデイコ(マーフィー)、ダリウシュ・ビスクプスキ(司教)、ヴァディスワフ・コヴァルスキ(ゲームマスター)ほか

「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険の紹介:2017年日本映画。映画ドラえもんシリーズの劇場版37作目の作品。南極を舞台に氷の下に眠る謎の古代都市をめぐるのび太たちの冒険を描く。予告編では南極の氷で楽しそうに踊るドラえもん達や元フィギュアスケーター達の映像が流れていたため、楽しい雰囲気の内容に見えますが、実際は小さい子供には少し怖いかもしれません。元フィギュアスケーターの浅田舞と織田信成が声優として参加。2年ぶりのオリジナル作品で、シリーズの中でも個性的な画風と、ストーリー展開が印象的です。「時を超えた友情」をテーマにしています。
監督:高橋敦史 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、しずか(かかずゆみ)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、カーラ(釘宮理恵)ほか

「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん 新・のび太の日本誕生の紹介:2016年日本映画。映画ドラえもんシリーズの劇場版第36作目の作品。1989年に公開された「ドラえもんのび太の日本誕生」のリメイク作品で、シリーズ歴代一位の観客動員数を誇り、この作品をオマージュして制作されました。音楽もオーケストラを使ったり、前作になかったのび太の心情を丁寧に表現されています。敵役のギガゾンビはかなり手強く苦戦しますが、最後は1対1のドラえもんとの対決になります。家出をしたものの寂しい子供の気持ち、我が子を想う親の気持ちが丁寧に描かれている作品でもあります。
監督:八鍬新之介 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、しずか(かかずゆみ)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、ククル(白石涼子)ほか

「ドラミちゃん ミニドラSOS!!!」のネタバレあらすじ結末

ドラミちゃん ミニドラSOS!!!の紹介:1989年日本映画。勝手にのび太が注文した「ミニドラ」がのび太の汚い字のせいで2011年の未来の野比家に届けられたました。ドラミがミニドラを取り戻しに2011年に向かいますが、のび太としずかの息子・のびスケがミニドラをもう手に入れた後でした。やんちゃののびスケはミニドラとスネ樹、ジャイチビを連れて冒険に出ようとします。
監督:森脇真琴(原作:藤子・F・不二雄) 声の出演:よこざわけい子(ドラミ)・北川智絵(ミニドラ)・小原乃梨子(野比のびスケ)・肝付兼太(骨川スネ樹)・たてかべ和也(ジャイチビ)ほか

「ヒックとドラゴン2」のネタバレあらすじ結末

ヒックとドラゴン2の紹介:2014年アメリカ映画。前作では、敵と見なして対峙していたドラゴンと、平和に共生していく道を選んだバーク島のバイキング一族。本作品では、亡くなったと思われたヒックの母親との劇的な再会、洗脳したドラゴンを軍隊として率いる非道な悪者ドラゴとの戦いを物語の軸に、人間がドラゴンといかに共生するかという前作からのテーマが、シビアで重厚に描かれています。ゴールデングローブ賞アニメ映画賞をはじめ、多数の賞を受賞した、ドリームワークスの傑作です。
監督:ディーン・デュボア 声の出演:ジェイ・バルチェル(ヒック)、ジェラルド・バトラー(ストイック)、ケイト・ブランシェット(ヴァルカ)

「ヒックとドラゴン」のネタバレあらすじ結末

ヒックとドラゴンの紹介:2010年アメリカ映画。ドラゴンの襲撃にさらされる島で、一人前のバイキングになることを夢見るひ弱な少年ヒック。彼が捕まえたドラゴン、トゥースとの出会いは、ヒックだけでなく、島の住民のドラゴンに対する意識を変えていきます。敵として対峙したヒックとトゥースが、警戒しながらも徐々に歩み寄り、強い絆を結ぶ過程が、丁寧に描かれた作品です。アカデミー賞作曲賞にもノミネートされた秀逸な音楽が、物語の世界観をより一層魅力的にしています。
監督:ディーン・デュボア、クリス・サンダース 声の出演:ジェイ・バルチェル(ヒック)、ジェラルド・バトラー(ストイック)、アメリカ・フェレーラ(アスティ)

「ひるね姫 知らないワタシの物語」のネタバレあらすじ結末

ひるね姫 知らないワタシの物語の紹介:2017年日本映画。母親の墓参りに行った父がそのまま姿を消してしまった。何が起きたのか分からないココネの元にやってきたのは気味の悪いヒゲの男。彼はタブレットを狙っていた。ココネに託されたそのタブレットには秘密があった。ココネはタブレットと相棒ジョイと共に父親を救う旅に出る。その鍵を握るのはココネの特技「ひるね」だった。夢と現実が混ざり合うときココネに奇跡が起きる。「攻殻機動隊」シリーズや「東のエデン」などで活躍した神山監督最新作。主演のココネ役に連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で人気を博した高畑充希。
監督:神山健治 声の出演:森川ココネ(高畑充希)、モリオ(満島真之介)、渡辺一郎(古田新太)、ジョイ(釘宮理恵)、森川モモタロー(江口洋介)、志島一心(高橋英樹)、森川イクミ(清水理沙)ほか

「トランスフォーマー ザ・ムービー」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー ザ・ムービーの紹介:1985年アメリカ,日本映画。2017年に実写版最新作「最後の騎士王」公開を控える「トランスフォーマー」シリーズの初の映画作品(アニメーション)で、テレビ版第1作「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」と第2作「トランスフォーマー2010」の間に起こった出来事を描きます。銀河の彼方に住む、あらゆる機械や乗り物などに擬態する能力を持つ金属生命体トランスフォーマーが、正義の軍団サイバトロンと悪の軍団デストロンに分れて大戦を繰り広げる最中、銀河の災いである超巨大トランスフォーマー・ユニクロンが参戦し、戦いはさらに混迷を深めていきます。
監督:ネルソン・シン 声の出演:石丸博也(ホットロディマス/ロディマスコンボイ)、玄田哲章(コンボイ)、加藤精三(メガトロン/ガルバトロン)、鈴置洋孝(スタースクリーム)、鈴木瑞穂(ユニクロン)ほか

「ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさの紹介:1981年日本映画。自分の街の過去を調べるという夏休みの宿題に苦戦しているのび太はドラえもんの力を借りて過去の出来事をタイムテレビで見ていると桃太郎を発見しました。近所の空き地で言葉がわからず困っていた外国人が持っていた小さな写真にも同じく桃太郎らしい人物が写っています。桃太郎は本当にいたのかもしれないとのび太たちは過去に向かいます。
監督:神田武幸 出演者(声優):ドラえもん(大山のぶ代)・のび太(小原乃梨子)・しずか(野村道子)・ジャイアン(たてかべ和也)・スネ夫(肝付兼太)・オランダ人(桑原たけし)・オニ(大宮悌二水谷優子)

「ぼくの生まれた日」のネタバレあらすじ結末

ぼくの生まれた日の紹介:2002年日本映画。8月7日はのび太の誕生日。どんなプレゼントがもらえるのかうきうきで夏休みのプールから帰ってきたのび太でしたが、いつものずぼらな行動をママとパパに怒られてしまいます。自分は生まれてこない方がよかったんだと家出を決意するのび太ですが、のび太の生まれた日に行ってみようというドラえもんの言葉で10年前の8月7日へ向かうことになります。
監督:渡辺歩 声の出演:ドラえもん(大山のぶ代)・のび太(小原乃梨子)・しずか(野村道子)・ジャイアン(たてかべ和也)・スネ夫(肝付兼太)のび太のママ(千々松幸子)・のび太のパパ(中庸助)ほか

「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太のパラレル西遊記の紹介:1988年日本映画。学校の劇で「西遊記」をすることになったのび太たちのクラス。孫悟空が実在するサルだと思っていたのび太はクラスで大恥をかきます。孫悟空の存在を確かめるためにタイムマシーンで三蔵法師のいる時代へと向かうと自分にそっくりな孫悟空を目撃し、知らない少年から孫悟空と間違われます。そこでジャイアン達を連れて同じ時代へ向かい自分と孫悟空がそっくりなことを証明しようとしますが、ドラえもんの出した道具から妖怪たちが現れて現実の世界を乗っ取ってしまうのでした。
監督:芝山努 出演者(声優):ドラえもん(大山のぶ代)・のび太(小原乃梨子)・しずか(野村道子)・ジャイアン(たてかべ和也)・スネ夫(肝付兼太)・三蔵法師(池田勝)・リンレイ(水谷優子)

1 2 3 4 5 19
TOP↑