アニメ映画のあらすじ

アニメ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アニメ映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ホーホケキョ となりの山田くん」のネタバレあらすじ結末

ホーホケキョ となりの山田くんの紹介:1999年日本映画。スタジオジブリの長編アニメ。日本のありふれた平和で庶民的な風景の山田一家。その山田家の人々が繰り広げるほのぼのとおかしくなる温かいエピソードがオムニバス的な構成で描かれる。
監督:高畑勲 声の出演:朝丘雪路(山田まつ子)、益岡徹(山田たかし)、荒木雅子(山野しげ)、五十畑迅人(山田のぼる)、宇野なおみ(山田のの子)、矢野顕子(藤原ひとみ)、ミヤコ蝶々(キクチババ )、中村玉緒(しげの友人)、ほか

「聖☆おにいさん」のネタバレあらすじ結末

聖☆おにいさん(セイントおにいさん)の紹介:2013年日本映画。誰もが知っている目覚めた人ブッダと、髪の子イエスの日本で楽しむほのぼのとしたバカンスが見る者の心も温めてくれます。周りの人を巻き込みつつも、結局は笑顔になれる二人の力がさすがです。
監督:高雄統子 声の出演:森山未來(イエス)、星野源(ブッダ)、鈴木れい子(松田幸代)、立木文彦(竜二)、ほか

「LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門」のネタバレあらすじ結末

LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門(ルパンザサード ちけむりのいしかわごえもん)の紹介:2017年日本映画。ヤクザの用心棒として一人の侍が抜擢された。その日大きなカジノ船で用心棒として待機していた石川五ェ門に早速出番が訪れた。突然の来訪者、五ェ門はその腕を持ってしても敵わなかった。同時に彼の前に因縁深いルパン三世が姿を現す。これはまだ石川五ェ門がルパン三世と共に歩むことになる前の話。「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」に続くルパン三世の仲間に焦点を当てたスピンオフシリーズの続編アニメ映画。
監督:小池健 原作:モンキー・パンチ 声の出演:栗田貫一(ルパン三世)、小林清志(次元大介)、浪川大輔(石川五エ門)、沢城みゆき(峰不二子)、山寺宏一(銭形警部)、ほか

「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」のネタバレあらすじ結末

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌの紹介:2012年フランス映画。くまのアーネストおじさんとセレスティーヌの作品紹介:ずんぐり太ったくまのアーネストとかわいいねずみの女の子セレスティーヌが出会い、彼らは次第にあたたかく、恋人のような親子のような友情を芽生えさせる。そんな二人の出会いがきっかけで、くまとねずみの世界は大騒ぎに…。
原作:ガブリエル・ヴァンサン 声の出演:アーネスト(玉野井直樹)、セレスティーヌ(宇山玲加)

「I LOVE スヌーピー」のネタバレあらすじ結末

I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE (アイラブスヌーピー)の紹介:2015年アメリカ映画。学校が大雪のため休校になった日、チャーリーは大好きな凧揚げをいつものように始めいつものように失敗した。そんなチャーリーを横目に飼い犬にして大親友のスヌーピーは皆で楽しくスケートを楽しんでいた。そんなチャーリーにある出会いが訪れる。向かいの家に越してきた赤毛の女の子。チャーリーはすぐに一目惚れ、しかしなかなか彼女にその想いを伝えることが出来ないでいた。原作はチャールズ・M・シュルツのマンガ「ピーナッツ」。お馴染みのスヌーピーを始めチャーリー・ブラウンなど人気キャラクターが3DCGとなって登場。
監督:スティーヴ・マルティノ 声の出演:ノア・シュナップ(チャーリー・ブラウン)、ビル・メレンデス(スヌーピー/ウッドストック)、ハドリー・ベル・ミラー(ルーシー)、マリエル・シーツ(サリー)、フランチェスカ・カパルディ(赤毛の女の子)、ほか

「百日紅~Miss HOKUSAI~」のネタバレあらすじ結末

百日紅~Miss HOKUSAI~の紹介:2015年日本映画。葛飾北斎の娘で絵師でもあるお栄が、葛飾応為として才能を開花させていくまでを、芸術家ならではの映像美で描き出す。杉浦日向子の代表作の一つ「百日紅」をアニメ映画化した群像劇。
監督:原恵一 出演:杏(お栄)、松重豊(葛飾北斎)、濱田岳(池田善次郎)、高良健吾(歌川国直)、美保純(こと)、ほか

「宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)」のネタバレあらすじ結末

宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)の紹介:2014年日本アニメ映画。舞台は第一話の四年前。日々人が直面した大切な人との別れ。六太に訪れた大きな試練。兄弟が同時に迎えた苦しみ、挫折。しかし二人はもう一度前を向いて立ち向かいます。宇宙という目標に向かって。
監督:渡辺歩 声の出演:平田広明(南波六太)、KENN(南波日々人)、沢城みゆき(少年六太)、三瓶由布子(少年日々人)、チョー(南波・父)、ほか

「モンスター・ホテル」のネタバレあらすじ結末

モンスター・ホテルの紹介:2012年アメリカ映画。3DCGアニメーション映画。子供から大人まで楽しめるストーリー展開で人気を博し、2016年には「モンスターホテル2」が公開されている。モンスターが休暇を楽しむというホテルに迷い込んだドラキュラの娘と人間が恋に落ちたことで大騒ぎとなる様子が描かれる。
監督:ゲンディ・タルタコフスキー 出演:アダム・サンドラー(ドラキュラ)、アンディ・サムバーグ(ジョニー・人間)、セレーナ・ゴメス(メイヴィス・ドラキュラの娘)、ケヴィン・ジェームズ(フランケンシュタイン)、ほか

「崖の上のポニョ」のネタバレあらすじ結末

崖の上のポニョの紹介:2008年日本映画。スタジオジブリの長編アニメーション。元気な魚の女の子であるポニョと明るく優しい男の子の宗介が繰り広げる物語。家族も友達もみんな大事だからみんなを守っていく。子どもはもちろん大人も見て心が温まる一作。
監督:宮崎駿 出演:山口智子(リサ)、長嶋一茂(耕一)、天海祐希(グランマンマーレ)、所ジョージ(フジモト)、土井洋輝(宗介)、奈良柚莉愛(ポニョ)、矢野顕子(ポニョのいもうと達)、ほか

「PERFECT BLUE パーフェクトブルー」のネタバレあらすじ結末

PERFECT BLUE パーフェクトブルーの紹介:1998年日本映画。アイドルとして芽の出ない活躍を続ける未麻。彼女はある日のライブを最後にアイドルを辞め女優の道へと進むことをファンに告げた。そして訪れたドラマの撮影。お世辞にも大役とは言い難かったが頑張る未麻だがそんな彼女の身に不思議な事が起こり始める。飼っていた熱帯所の死、謎の手紙、そして未麻の知らない自身のホームページ。誰かが監視している、そんな気を起こさせる不気味な日常が始まる。日本を代表するアニメ映画監督、今敏の1997年の作品。
監督:今敏 声の出演:岩男潤子(霧越未麻)、松本梨香(ルミ)、辻親八(田所)、大倉正章(内田守)、秋元洋介(手嶋)、ほか

「進撃の巨人 前編~紅蓮の弓矢~」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 前編~紅蓮の弓矢~の紹介:2014年日本映画。偽りの平和、エレンはその日も街をぐるりと囲む巨大な壁の中で暮らしていた。その街を囲む巨大な壁の外にはエレン達人間より遥かに大きな”巨人”が生息していた。しかしここ100年は彼らの被害は受けていない。しかしそんな平和な日常がある日を境に音を立てて崩れていく。50mはある巨大な壁から覗くように一体の超大型巨人が突然現れた。そして壁の一部を破壊してしまう。人気コミック「進撃の巨人」のアニメの再編集劇場版。
監督:荒木哲郎 声の出演:エレン・イェーガー(梶裕貴)、ミカサ・アッカーマン(石川由依)、アルミン・アルレルト(井上麻里奈)、ジャン・キルシュタイン(谷山紀章)、サシャ・ブラウス(小林ゆう)、コニー・スプリンガー(下野紘)、アニ・レオンハート(嶋村侑)、クリスタ・レンズ(三上枝織)、リヴァイ(神谷浩史)、エルヴィン・スミス(小野大輔)、ハンジ・ゾエ(朴ろ美)、ハンネス(藤原啓治)

「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」のネタバレあらすじ結末

劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-の紹介:2010年日本映画。テレビ番組として2期、通算1年間に渡り放映された「機動戦士ガンダム00」の完結編とも言える作品。テレビアニメの中で「来るべき対話」というセリフが何度も出るのですが、その具体的内容はテレビ版最終回を迎えても描かれませんでした。本作品では宇宙からの脅威に地球が危機を迎え、これを打開する為に「来るべき対話」を行う必要に迫られます。ガンダム00の世界において、なぜガンダムという兵器が現れたのか、来るべき対話とは何なのか、すべての謎が解き明かされるストーリーとなっています。
監督:水島精二 声の出演:宮野真守(刹那・F・セイエイ)、三木眞一郎(ロックオン・ストラトス)、吉野裕行(アレルヤ・ハプティズム)、神谷浩史(ティエリア・アーデ)、恒松あゆみ(マリナ・イスマイール)、磯部勉(イオリア・シュヘンベルグ)、古谷徹(E・A・レイ)ほか

「傷物語Ⅲ 冷血篇」のネタバレあらすじ結末

傷物語Ⅲ 冷血篇の紹介:2016年日本映画。物語シリーズ「傷物語」3部作の最終章。前々作の「Ⅰ鉄血篇」が64分。前作の「Ⅱ熱血篇」が69分に対し、今作は83分のボリューム。不死の吸血鬼同士の戦いなので、鮮血というレベルでなく、肉片が飛び散り、瞬時再生が行なわれる凄惨な物であり、精神的な描写ですが、ヒロインが全裸で疾走するシーンがあるので、色んな意味で見るのに困るかも。原作は、2017年1月に「結物語」が発売され、傷物語から5年経った阿良々木暦の物語が語られる。
監督:尾石達也 声の出演:神谷浩史(阿良々木暦)、坂本真綾(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード)、堀江由衣(羽川翼)、櫻井孝宏(忍野メメ)、ほか

「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のネタバレあらすじ結末

9<ナイン> 9番目の奇妙な人形の紹介:2009年アメリカ映画。9が目を覚ました世界は既に人間の滅びた荒廃した世界だった。街は荒れ果て所々で息絶えた人の姿が見える。そんな誰もいないと思われていたこの世界で9はある出会いをする。それは自分と同じ、まるで誰かに作られたかのような人形の姿をした仲間達だった。その出会いに喜ぶ9、しかしそれはすぐに絶望へと変わっていく。シェーン・アッカー監督の短編アニメーション「9<ナイン>」をティム・バートン製作シェーン・アッカー監督で長編アニメーション映画化。短編版「9<ナイン>」はアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート。
監督:シェーン・アッカー 出演:9(イライジャ・ウッド) 8(フレッド・タタショア) 7(ジェニファー・コネリー) 6(クリスピン・グローヴァー) 5(ジョン・C・ライリー) 2(マーティン・ランドー) 1(クリストファー・プラマー)

「リトルプリンス 星の王子さまと私」のネタバレあらすじ結末

リトルプリンス 星の王子さまと私の紹介:2015年フランス映画。少女は完璧な人生を送るためある街へと越してきた。そして母親による一分一秒も無駄にしない人生設計がスタートする。しかし越してきた矢先邪魔が入る。隣に住む変わり者の老人だった。近隣住民に邪見に扱われる変わり者の男性。しかしそんな存在が少女の人生を大きく変える。それは彼が過去に出会ったある”王子”との話。有名児童文学「星の王子さま」、その話の後日談を少女を中心に3DCGとモーションストップで描いた作品。
監督:マーク・オズボーン 声の出演:ジェフ・ブリッジス(飛行士)、レイチェル・マクアダムス(お母さん)、ポール・ラッド(王子)、マリオン・コティヤール(バラ)、ライリー・オズボーン(星の王子)、ほか

1 2 3 4 5 17
TOP↑