アニメ映画のあらすじ

アニメ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アニメ映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ワンピース エピソードオブチョッパー」のネタバレあらすじ結末

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜の紹介:2008年日本映画。伝説的ヒットを記録しているコミック「ONE PIECE」。シリーズの中でも人気の高い、トニー・トニー・チョッパーが麦わら海賊団の一味になるまでを描いた「冬島編」を劇場化。涙なしでは見られない感動作。
監督:志水淳児 声優:田中真弓(モンキー.D.ルフィ)、中井和哉(ロロノア・ゾロ)、山口勝平(ウソップ)、大谷育江(トニー・トニー・チョッパー)、岡村明美(ナミ)、平田広明(サンジ)、ほか

「パンダ・コパンダ 雨ふりサーカスの巻」のネタバレあらすじ結末

パンダ・コパンダ 雨ふりサーカスの巻の紹介:2008年公開。監督・高畑勲、脚本・宮崎駿の黄金コンビによる、少女と親子パンダの交流を描いた短編アニメーション作品(1972年公開)ならびにその続編(1973年公開)です。2008年に2作品同時上映されています。
監督:高畑勲 声の出演者:杉山佳寿子(ミミ子)、熊倉一雄(パパンダ)、太田淑子(パン(第1作)、トラ)、丸山裕子(パン(第2作))、瀬能礼子(おばあちゃん)、山田康雄(おまわりさん(第1作)、サーカス団員(第2作))ほか

「パンダ・コパンダ」のネタバレあらすじ結末

パンダ・コパンダの紹介:1972年日本映画。監督・高畑勲、脚本・宮崎駿の黄金コンビが贈る短編アニメーション作品です。天真爛漫な小学生の少女と、人間の言葉を話せるパンダの親子との心の交流を描いています。
監督:高畑勲 声の出演者:杉山佳寿子(ミミ子)、熊倉一雄(パパンダ)、太田淑子(パン)、瀬能礼子(おばあちゃん)、山田康雄(おまわりさん)ほか

「ポッピンQ」のネタバレあらすじ結末

ポッピンQの紹介:2016年日本映画。東京に引っ越すことになった小湊伊純は反対し卒業式前日喧嘩をしてしまう。当日学校と逆の電車に乗り知らない町に来た。そこで不思議な石を拾い、奇妙な境に来てしまう。そこはポッピン族がクラス時の谷だった。同じく欠片を拾った日岡蒼、友立小夏、大道あさひ、都久井沙紀と出会う。世界の時は歪み始めていた。境とポッピン族を救うため勇気のダンスを特訓するのであった。東映アニメーション60周年記念作品。
監督:宮原直樹 声の出演:瀬戸麻沙美(小湊伊純)井澤詩織(日岡蒼)種崎敦美(友立小夏)小澤亜李(大道あさひ)黒澤ともよ(都久井沙紀)

「名探偵コナン 天空の難破船」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)の紹介:2010年日本映画。東京微生物研究所でテロ集団「赤いシャム猫」は研究所から殺傷能力のあるバクテリアを盗み出し、研究所を爆破して逃走。警察内部に「殺人バクテリアを手に入れた、7日以内に行動を起こす」とネット上で犯行予告をしてきます。警察はマスコミ各社に混乱を招かないようバクテリアの件を伏せるよう伝えます。そしてこの同時期に怪盗キッドに挑戦状をたたきつけた鈴木財閥の鈴木次郎吉はコナン達とお目当ての宝石と一緒に飛行船に招待します。しかしこの飛行船には「赤いシャム猫」の仲間が乗っており、ハイジャックされてしまう…。名探偵コナンシリーズの第14弾です。
監督:山本泰一郎 声優:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、山口勝平(怪盗キッド/工藤新一)、ほか

「名探偵コナン 銀翼の奇術師」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)の紹介:2004年日本映画。「名探偵コナン銀翼の奇術師」はコナンシリーズの第8作目の劇場版作品です。コナンの宿敵であり、良きライバルである怪盗キッドが主に登場する作品です。怪盗キッドはコナンと並ぶ登場人物で、単行本もコナン程ではありませんが並行して出版されています。鮮やかで周囲をびっくりさせる身のこなしは、映画ならではとスケール感でいつもよりバージョンアップして、描かれています。登場人物が怪盗キッド側の人間が多数出てくるので、コナン側の登場人物が普段より少なめです。コナンの映画の中では清々しさを感じる作品です。
監督:山本泰一郎 声優:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、神谷明(毛利小五郎)、山口勝平(工藤 新一・怪盗キッド)、林原めぐみ(灰原哀)、戸田恵子(牧樹里)、石塚運昇(中森銀三) ほか

「鉄コン筋クリート」のネタバレあらすじ結末

鉄コン筋クリートの紹介:2006年日本映画。鉄コン筋クリートの紹介:松本大洋による漫画「鉄コン筋クリート」をアニメ映画化。義理と人情であふれる架空の街で自由に飛びまわるクロとシロの少年2人の冒険を描く。声優は女優の蒼井優と嵐の二宮和也が担当した。作品は第80回アカデミー賞の長編アニメーション映画部門にノミネートされた。
監督:マイケル・アリアス 声の出演:二宮和也(クロ)、蒼井優(シロ)、伊勢谷友介(木村)、宮藤官九郎(沢田)、大森南朋(チョコラ)、ほか

「銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」のネタバレあらすじ結末

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれの紹介:2013年日本映画。大人気アニメシリーズ「銀魂」の劇場2作目でシリーズ完結編として公開された作品。作者空知英秋先生がストーリーを手がけた完全新作映画です。また、週刊少年ジャンプ創刊45周年記念作品でもあります。
原作:空知英秋 声優:杉田智和(坂田銀時)、阪口大助(志村新八)、釘宮理恵(神楽)、千葉進歩(近藤勲)、中井和哉(土方十四郎)、ほか

「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 天国へのカウントダウンの紹介:2001年日本映画。「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」はコナンシリーズの第5作目の劇場版作品です。コナンの宿敵である「黒の組織」が初めて劇場版で登場した作品です。そのため緊張感漂うストーリーになっています。名探偵コナンシリーズが単なるアニメの映画化でなく、れっきとした大作映画であると世の中に知らしめた作品でもあります。名探偵コナンシリーズが好きな人にはたまらない登場人物がたくさん映画の中で登場し、ストーリーも良く出来ているので、人気のある作品です。
監督:こだま兼嗣 声優:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、神谷明(毛利小五郎)、山口勝平(工藤 新一)、林原めぐみ(灰原哀)、堀之紀(ジン)、立木文彦(ウォッカ) ほか

「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者の紹介:2000年日本映画。ある日警察関係者が次々の狙われる事件が発生します。コナンと毛利小五郎が捜査しようとすると白鳥警部より「Need not to know」(知る必要のないこと)という警察関係者のみが知る隠語を使われ、捜査を拒否されてしまいます。そんな中佐藤刑事が襲われ、その場にいた蘭が犯人の顔を目撃するもショックの大きさから記憶を失ってしまいます。「名探偵コナン」シリーズの映画第4弾です。
監督:こだま兼嗣 声優:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、神谷明(毛利小五郎)、茶風林(目暮警部)、緒方賢一(阿笠博士)、ほか

「進撃の巨人 後編~自由の翼~」のネタバレあらすじ結末

劇場版 「進撃の巨人」 後編~自由の翼~の紹介:2014年日本映画。諌山創原作の大ヒットアニメシリーズを再編集し映画化した作品の後編。未公開シーンを加え劇場公開されました。主題歌は前回に引き続きLinked Horizonが担当しています。
監督:荒木哲郎 声の出演:梶裕貴(エレン・イェーガー)、石川由依(ミカサ・アッカーマン)、井上麻里奈(アルミン・アルレルト)、神谷浩史(リヴァイ)、小野大輔(エルヴィン・スミス)、朴路美(ハンジ・ゾエ)、ほか

「クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝の紹介:1994年日本映画。「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズ第2段作品です。主人公の野原しんのすけとそっくりな外国の王子がいて、そのことで事件に巻き込まれる野原家の珍道中を描いています。純粋に「クレヨンしんちゃん」を楽しめる作品です。
監督: 本郷みつる 声優: 矢野晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、川田妙子(スンノケシ王子)、紗ゆり(ルル・ル・ルル)、富田耕生(アナコンダ)、中田浩二(ミスター・ハブ)、ほか

「きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」のネタバレあらすじ結末

きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたちの紹介:2016年イギリス映画。子供に大人気のCGアニメきかんしゃトーマスの長編シリーズ第12作目。今回は世界から集まった個性豊かな機関車達がグレートレイルウェイショーに出場する物語です。ゲスト声優に渡辺直美が登場しています。
監督:デヴィッド・ストーテン 声優:比嘉久美子(トーマス)、渡辺直美(アシマ)、三宅健太(ゴードン、フライング・スコッツマン)、江原正士(ジェームス)、金丸淳一(ヘンリー)、神代知衣(パーシー)、山崎依里奈(エミリー)、田中完(トップハムハット卿)ほか

「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」のネタバレあらすじ結末

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!の紹介:2013年日本映画。アイドルの卵としてトップアイドルを目指す少女たちを描いたアニメ、通称アイマス(IM@S)の映画版。2011年から放送を開始、原作をアーケードからスタートした本コンテンツは、劇場版が作成されテレビアニメの続きという形付けで製作された。アイドルとして成長する彼女たちに訪れるアリーナ公演という新しい舞台。アイドルとは、夢とは。苦悩し、それでも進むアイドルを描く新感覚アイドルアニメ。
声優:中村繪里子(天海春香)、長谷川明子(星井美希)、今井麻美(如月千早)、仁後真耶子(高槻やよい)、浅倉杏美(萩原雪歩)、平田宏美(菊地 真)、下田麻美(双海亜美・双海真美)、ほか

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のネタバレあらすじ結末

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアの紹介:1988年日本映画。1979年放映のテレビ第1作「機動戦士ガンダム」の世界から約14年後が舞台となる今作は、アムロとシャアという永遠のライバルの争いが遂に終止符を迎えます。旧態依然としたままの地球連邦に失望し、ネオ・ジオンを再建したシャアは小惑星を地球に落とし地球人類の粛清を決意、それを阻止すべくアムロは新型モビルスーツ「ν(ニュー)ガンダム」を駆り最後の戦いを挑みます。
監督:富野由悠季 声の出演者:古谷徹(アムロ・レイ)、池田秀一(シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、川村万梨阿(クェス・パラヤ)、佐々木望(ハサウェイ・ノア)ほか

1 2 3 4 5 22
TOP↑