中谷美紀映画一覧

中谷美紀が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「らせん」のネタバレあらすじ結末

らせんの紹介:1998年日本映画。鈴木光司の小説を映画化した「リング」の続編にあたるホラー映画です。息子を失った男の周りの人間が、見た者を一週間後に呪い殺すという「呪いのビデオ」による謎の死を遂げていきます。やがて男はビデオの主「貞子」の目論む計画に巻き込まれていきます。
監督:飯田譲治 出演者:佐藤浩市(安藤満男)、中谷美紀(高野舞)、真田広之(高山竜司)、鶴見辰吾(宮下)、佐伯日菜子(山村貞子)ほか

「リング」のネタバレあらすじ結末

リングの紹介:1998年日本映画。巷で噂される呪いのビデオ、そのビデオ見た者は1週間以内に死んでしまうという。呪いのビデオは解く方法とは?ジャーナリストの浅川玲子と元夫の高山竜二は、ビデオを見てしまった息子を救うために、ビデオの呪いを解く方法を探す。
監督:中田秀夫 出演:松嶋菜々子(浅川玲子)、真田広之(高山竜司)、中谷美紀(高野舞)、沼田曜一(山村敬)、雅子(山村志津子)、竹内結子(大石智子)、ほか

「壬生義士伝」のネタバレあらすじ結末

壬生義士伝(みぶぎしでん)の紹介:2002年日本映画。第27回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。とある田舎侍が新撰組に入隊し、武士としての義理、家族への愛をつらぬき幕末の時代を駆け抜けた姿を描いた作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:中井貴一(吉村貫一郎)、三宅裕司(大野次郎右衛門)、夏川結衣(しづ)、中谷美紀(ぬい)、佐藤浩市(斎藤一)ほか

「シルク」のネタバレあらすじ結末

シルクの紹介:2007年カナダ,フランス,イタリア,イギリス,日本映画。19世紀のフランスから日本に蚕の卵の買い付けに旅にでたエルヴェは、異国の地である女性に出会います。カナダ、フランス、イタリア、イギリスの合作映画であり、小説「絹」を原作としています。
監督:フランソワ・ジラール 出演者:マイケル・ピット(エルヴェ)、キーラ・ナイトレイ(エレーヌ)、役所広司(原十兵衛)、中谷美紀(マダム・ブランシュ)ほか

「自虐の詩」のネタバレあらすじ結末

自虐の詩の紹介:2007年日本映画。「日本一泣ける4コマ漫画」と呼ばれた業田良家の代表的漫画を原作にした映画です。キャッチコピーは「伝説の4コマ漫画映画化!笑いあり、涙ありの怒涛のエンターテインメント!」で、舞台は原作の東京から大阪の下町になり、小さい頃から不幸の連続であった女性の半生を描いたヒューマン・ハートフル・コメディ映画です。主演の中谷美紀はこの作品で第31回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。
監督:堤幸彦 出演:中谷美紀(森田幸江)、阿部寛(葉山イサオ)、遠藤憲一(あさひ屋マスター)、カルーセル麻紀(福本小春)、ミスターちん(難波警部)、名取裕子(美和子)、西田敏行(森田家康)、ほか

「利休にたずねよ」のネタバレあらすじ結末

利休にたずねよの紹介:2013年日本映画。山本兼一の第140回直木三十五賞受賞の千利休の生涯を描いた歴史小説を原作とした時代劇映画。キャッチコピーは「この男、歴史を狂わす」で、十一代目・市川海老蔵が19歳から69歳までの主役・千利休を演じています。千利休の師匠・武野紹鴎役には、海老蔵の実父である十二代目・市川團十郎が特別出演していますが、團十郎が2013年2月に死去したため、最後の親子共演作となりました。
監督:田中光敏 出演:市川海老蔵(千利休)、中谷美紀(宗恩)、伊勢谷友介(織田信長)、大森南朋(豊臣秀吉)、市川團十郎(武野紹鴎)、ほか

「カオス」のネタバレあらすじ結末

カオスの紹介:2000年日本映画。萩原聖人演じる便利屋が美しい人妻(中谷美紀)に狂言誘拐を依頼され、予定通り実行にうつします。しかしその妻は殺されてしまいます。その後死んだはずの妻を目撃した便利屋は真相の解明に乗り出します。
監督:中田秀夫 出演:萩原聖人(便利屋・黒田五郎)、中谷美紀(津島さと美)、光石研(小宮山隆幸)、國村隼(浜口警部)、ほか

「スイートリトルライズ」のネタバレあらすじ結末

スイートリトルライズの紹介:2010年日本映画。江國香織のベストセラー小説『スイートリトルライズ』を映画化した美しくも切ない大人のラブストーリー。岩本瑠璃子と聡の夫婦は表面上は仲の良い夫婦だが、瑠璃子はどこが寂しさを感じていた。そしてある日浮気をしてしまう。
監督:矢崎仁司 出演:中谷美紀(岩本瑠璃子)、大森南朋(岩本聡)、池脇千鶴(三浦しほ)、小林十市(津川春夫)、大島優子(岩本文)、ほか

「しあわせのかおり」のネタバレあらすじ結末

しあわせのかおりの紹介:2008年日本映画。小さな中華料理店を舞台に、高齢の中華料理店のオーナーと、人生に迷うシングルマザーが織りなす温かな心の触れあいを描いた作品。人の温かい心と、美味しそうな数々の料理に、しあわせを感じる作品となっています。
監督:三原光尋 出演:中谷美紀(山下貴子)、藤竜也(王慶国)、田中圭(高橋明)、八千草薫(永田百合子)、ほか

「約三十の嘘」のネタバレあらすじ結末

約三十の嘘の紹介:2004年日本映画。トワイライトエクスプレスの車内で繰り広げられる詐欺チームの人間模様を描いた作品です。映画ですが、会話劇のような構成になっており、映画作品と思って身構えて見ると前半は退屈に感じるかもしれません。出演者は有名で芸達者な俳優さんたちが多く、会話劇と思って割り切って見るとおもしろさを感じます。音楽がどこか懐かしく劇中での使い方がおしゃれです。ほぼ主演である中谷美紀さんの美しさが際立っています。内容は友情と恋愛ドラマが中心で、トリックはあまりありません。しかも、結局仕事としてやっていることは詐欺なので、いろいろと納得できませんが、あまり考えずに俳優さんたちの会話を楽しむ映画として楽しむ作品と言えます。
監督:大谷健太郎 出演:椎名桔平(志方大介)、中谷美紀(宝田真智子)、妻夫木聡(佐々木健二)、田辺誠一(久津内守)、八嶋智人(横山宏紀)、伴杏里(今井優子)、ほか

「ひまわりと子犬の7日間」のネタバレあらすじ結末

ひまわりと子犬の7日間の紹介:2013年日本映画。保健所で働く職員と犬との絆を描いた、心温まる感動作。実話を元に制作されており、保健所の過酷な現状や、命の大切さについて深く考えさせられる作品となっています。
監督:平松恵美子 出演:堺雅人(神崎彰司)、中谷美紀(五十嵐美久)、でんでん(安岡)、若林正恭(佐々木一也)、近藤里沙(神崎里沙)、藤本哉汰(神崎冬樹)、ほか

「清須会議」のネタバレあらすじ結末

清須会議の紹介:2013年日本映画。三谷幸喜が執筆した小説を映画化したものです。歴史的に有名な清州会議を個性あふれるキャストがコミカルに演じています。登場人物の思惑を感じつつ、俳優達の演技に笑わせられます。重要で後に歴史的には大きな意味を持つ会議ですが、現在社会にもよく見られる人と人との駆け引きが上手く描かれています。
監督:三谷幸喜 出演:役所広司(柴田勝家)、大泉洋(羽柴秀吉)、小日向文世(丹羽長秀)、佐藤浩市(池田恒興)、妻夫木聡(織田信雄)、浅野忠信(前田利家)、鈴木京香(お市の方)、中谷美紀(寧々)、戸田恵子(なか)ほか

「阪急電車 片道15分の奇跡」のネタバレあらすじ結末

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年日本映画。兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅まで15分の短い間に往復する電車に、乗り降りする人々のそれぞれのエピソード、人間模様にスポットを当てた人情作品です。
監督:三宅喜重 出演:中谷美紀(高瀬翔子)、戸田恵梨香(森岡ミサ)、南果歩(伊藤康江)、谷村美月(権田原美帆)、宮本信子(萩原時江)、有村架純(門田悦子)、芦田愛菜(萩原亜美)、勝地涼、
玉山鉄二、鈴木亮平、大杉漣ほか

「FOUJITA フジタ」のネタバレあらすじ結末

FOUJITA フジタの紹介:2015年日本,フランス映画。乳白色の使い手としてパリの名をはせた日本人画家、藤田嗣治。戦時下の日本においては戦争画家となった。その波乱の人生をフランスと日本二つの視点で描く。
監督:小栗康平 出演:オダギリジョー(藤田嗣治)、中谷美紀(君代)、アナ・ジラルド(ユキ)、アンジェル・ユモー(キキ)、マリー・クレメール(フェルナンド)、加瀬亮(寛治郎)ほか

「電車男」のネタバレあらすじ結末

映画 電車男の紹介:2005年日本映画。この作品は、インターネット電子掲示板「2ちゃんねる」の書き込みから生まれた、ラブストーリーの映画化です。ネット発の感動物語として話題になりました。
監督:村上正典 出演:山田孝之(電車男)、中谷美紀(エルメス)、国仲涼子(りか)、瑛太(ひろふみ)、佐々木蔵之介(ひさし)ほか

1 2
TOP↑