ドラマ映画のネタバレ

「学校」のネタバレあらすじ結末

学校の紹介:1993年日本映画。山田洋次監督の映画シリーズ一作目。東京の下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇、試練、そして、学校で学ぶとは?を問いかける、生徒と先生の交流を描いたドラマ。
監督:山田洋次 出演:黒井先生(西田敏行)、イノさん(田中邦衛)、カズ(萩原聖人)、えり子(中江有里)、田島先生(竹下景子)ほか

「ハドソン川の奇跡」のネタバレあらすじ結末

ハドソン川の奇跡の紹介:2016年アメリカ映画。英名タイトルは「SULLY」で、これは機長の愛称です。本名をチェスリー・サレンバーガーなので、「サリー」と呼ばれているようです。2009年1月15日、両エンジンの故障によるアクシデントで155人を不時着水によって救った機長と副操縦士が一転して、被告人として描かれる、いわば法廷劇のような映画です。果たして、彼は英雄かペテン師なのか?
監督:クリント・イーストウッド 出演:トム・ハンクス(チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー)、アーロン・エッカート(ジェフ・スカイルズ)、ローラ・リニー(ローリー・サレンバーガー)、ほか

「レボリューショナリー・ロード」のネタバレあらすじ結末

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでの紹介:2008年アメリカ,イギリス映画。フランクは妻エイプリルと二人の子どもに囲まれ平凡だが幸せな毎日を送っていました。しかし仕事を辞めてパリへ移住しようと決めた時から、その歯車は狂い始めていたのです。
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ(フランク・ウィーラー)、ケイト・ウィンスレット(エイプリル・ウィーラー)、キャシー・ベイツ(ヘレン・ギヴィングス夫人)、マイケル・シャノン(ジョン・ギヴィングス)、キャスリン・ハーン(ミリー・キャンベル)、デヴィッド・ハーバー(シェップ・キャンベル)、ほか

「エレニの帰郷」のネタバレあらすじ結末

エレニの帰郷の紹介:2008年ギリシャ,ドイツ,カナダ,ロシア映画。とある映画監督が作る母の物語の映画、やがて母の過去の記憶と現在がオーバーラップし、物語は終焉へ向かう。テオ・アンゲロプロス監督の「20世紀3部作」の2作目で遺作となりました。監督は3作目の撮影中に事故で亡くなっています。
監督:テオ・アンゲロプロス 出演:ウィレム・デフォー(A)、ブルーノ・ガンツ(ヤコブ)、イレーヌ・ジャコブ(エレニ)、ミシェル・ピッコリ(スピロス)、クリスティアーネ・パウル(ヘルガ)、ほか

「エレニの旅」のネタバレあらすじ結末

エレニの旅の紹介:2004年フランス,ギリシャ,イタリア映画。物心ついたときから難民のエレニは愛する者と土地を転々としていた。やがて否応ない時代の奔流に飲まれた彼女に訪れた結末とは。テオ・アンゲロプロス監督の「20世紀三部作」の一作目。
監督:テオ・アンゲロプロス 出演:アレクサンドラ・アイディニ(エレニ)、ニコス・プルサディニス(アレクシス)、ヴァシリス・コロヴォス(スピロス)、ヨルゴス・アルメニス(ニコス)、エヴァ・コタマニドゥ(カッサンドラ)、ほか

「奇跡のリンゴ」のネタバレあらすじ結末

奇跡のリンゴの紹介:2013年日本映画。絶対不可能と言われたリンゴの無農薬栽培に成功した青森のリンゴ農家・木村秋則の実話を映画化した作品です。2013年5月25日、イタリア・フィレンツェで開催されたフィレンツェ映画祭で、同映画祭唯一の観客賞を受賞しました。全国305スクリーンで公開され、2013年6月8、9日の初日2日間で、観客動員数ランキングで初登場第3位となった映画です。
監督:中村義洋 出演:阿部サダヲ(木村秋則)、菅野美穂(木村美栄子)、池内博之(もっちゃん)、笹野高史(深津)、伊武雅刀(三上幸造)、畠山紬(雛子)、山崎努(木村征治)、ほか

「ボクたちの交換日記」のネタバレあらすじ結末

ボクたちの交換日記の紹介:2013年日本映画。放送作家・鈴木おさむのベストセラー小説『芸人交換日記 ~イエローハーツの物語~』を元にして制作された映画。キャッチコピーは「夢は叶うと、信じてた」で、売れないお笑いコンビが、一発逆転・一躍人気を得ようと交換日記を始める二人の若者の青春を描いた作品です。たくさんの若手芸人たちがエキストラとして出演したことでも話題になりました。
監督:内村光良 出演:伊藤淳史(田中)、小出恵介(甲本)、長澤まさみ(久美)、木村文乃(麻衣子)、川口春奈(サクラ)、佐々木蔵之介(川野)、ほか

「くちづけ」のネタバレあらすじ結末

くちづけの紹介:2013年日本映画。2010年に初演された宅間孝行の脚本による舞台劇を映画化したものです。舞台劇では「舞台史上一番泣ける」という話題を呼びました。この物語のモチーフは宅間が実際に見つけた新聞の小さな記事で、映画のキャッチコピーは「神さま、もう少しだけ、一緒にいさせてー」です。マコを演じた貫地谷しほりは、この作品で第56回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しました。そして、この作品はイタリア・ウディネ・ファーイースト映画祭で、2013年4月20日に”ANGELHOME”という英題で上映されました。
監督:堤幸彦 出演:貫地谷しほり(阿波野マコ)、竹中直人(愛情いっぽん/阿波野幸助)、宅間孝行(うーやん)、田畑智子(宇都宮智子)、橋本愛(国村はるか)、ほか

「Laundry ランドリー」のネタバレあらすじ結末

Laundry ランドリーの紹介:2001年日本映画。「サンダンス・NHK国際映像作家賞」支援作品として制作された作品です。主演は窪塚洋介、ヒロイン役を小雪という演技派の若手俳優が共演する心温まるロードムービーです。心に傷を負った女性と頭に障害のある純真無垢な青年の心の交流を、映像とセリフ表現で淡々と繊細に描いています。監督・脚本は森淳一で、この作品が初の劇場映画作品です。
監督:森淳一 出演:窪塚洋介(テル)、小雪(水絵)、内藤剛志(サリー)ほか

「アントキノイノチ」のネタバレあらすじ結末

アントキノイノチの紹介:2011年日本映画。複雑な過去により心を閉ざしてしまった若者たちが、遺品整理という仕事を通して再生していく姿を描く。原作となったのはさだまさしの小説。キャッチコピーは「それでも、遺されたのは未来」。題名からアントニオ猪木を連想するが、この作品とは一切関係なく、出演もしていないが、作品を最後まで観ると題名の意味がわかります。
監督:瀬々敬久 出演:岡田将生(永島杏平)、榮倉奈々(久保田ゆき)、松坂桃李(松井新太郎)、鶴見辰吾(古田)、宮崎美子(美智子)、原田泰造(佐相)、ほか

「ぼくたちの家族」のネタバレあらすじ結末

ぼくたちの家族の紹介:2013年日本映画。母の余命1週間という突然の病気で試される本当の家族愛。母を救うために兄弟が奮闘します。バラバラだった家族に隠された、さまざまな問題が噴出し、そして関係を見つめなおす。家族の再生していくさまを描く。
監督:石井裕也 出演:妻夫木聡(若菜浩介)、原田美枝子(若菜玲子)、池松壮亮(若菜俊平)、長塚京三(若菜克明)、ほか

「ミスター・グッドバーを探して」のネタバレあらすじ結末

ミスター・グッドバーを探しての紹介:1977年アメリカ映画。聾学校の教師として熱心に働く女性が、幼い頃に罹患した病の再発への不安から愛のないセックスとドラックに溺れ、破滅への道をたどる衝撃作。
監督:リチャード・ブルックス 出演:ダイアン・キートン(テレサ)、リチャード・ギア(トニー)、ウィリアム・アザートン(ジェームズ)、チューズデイ・ウェルド(キャサリン)、リチャード・カイリー(ダン)、トム・ベレンジャー(ゲイリー)、ほか

「ニュー・シネマ・パラダイス」のネタバレあらすじ結末

ニュー・シネマ・パラダイスの紹介:1989年イタリア,フランス映画。ローマに住むサルヴァトーレの元に一本の電話が入る。それは長年離れていた故郷の母親からだった。知らされたのはサルヴァトーレの幼い頃からの友であり恩師でもあるアルフレードの死。彼は若い頃の記憶を思い出していた。まだトトと呼ばれていた小さな頃、彼は運命的な出会いをする。小さな村の映画館で出会った少年と映写技師の友情を描く。
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:フィリップ・ノワレ(アルフレード)、ジャック・ペラン(サルヴァトーレ)、サルヴァトーレ・カシオ(トト(サルヴァトーレ・少年時代))、マルコ・レオナルディ(サルヴァトーレ(青年時代))、アニェーゼ・ナーノ(エレナ)、プペラ・マッジオ(サルヴァトーレの母)、レオポルド・トリエステ(司祭)、エンツォ・カナヴァレ(パラダイス座支配人)、レオ・グロッタ(劇場の案内人)ほか

「少年は残酷な弓を射る」のネタバレあらすじ結末

少年は残酷な弓を射るの紹介:2011年イギリス映画。凶行におよんだ息子とその母親との関係を描いたヒューマンドラマ。英国オレンジ賞を受賞したライオネル・シュライバーの同名ベストセラー小説を映画化。
監督:リン・ラムジー 出演:ティルダ・スウィントン(エヴァ)、ジョン・C・ライリー(フランクリン)、エズラ・ミラー(ケヴィン)、ジャスパー・ニューウェル(少年時代のケヴィン)、ほか

「ロマンス」のネタバレあらすじ結末

ロマンスの紹介:2015年日本映画。ロマンスカーの販売員として働く主人公が、ひょんなことから出会った男と一緒に箱根を巡る中で、過去に抱えた心の傷を癒していく姿を描いた作品。自分ではどうしようもない日常を、ふっと忘れさせてくれるような、温かい作品となっています。
監督:タナダユキ 出演者:大島優子(北條鉢子)、大倉孝二(桜庭洋一)、野嵜好美(久保美千代)、窪田正孝(直樹)、西牟田恵(北條頼子)、中村靖日(鉢子の上司)、ほか

1 69 70 71 72 73 74 75 76 77 95
TOP↑