ドラマ映画のネタバレ

「庭園」のネタバレあらすじ結末

庭園の紹介:1968年チェコスロバキア映画。フランティシェクは20年ぶりに再会した友人ヨゼフの自宅へ案内される。しかし家の前には奇妙な光景が広がっていた。大勢の人間が手を繋いで「生け垣」になっていたのだ。アートアニメーションの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエル監督にとって初となる完全実写作品。
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 出演者:イジー・ハーレク(フランティシェク)、ルジェク・コプシヴァ(ヨゼフ)、ミーラー・ミスリーコヴァー(マルシュカ)、ヴァーツラフ・ボロヴィチカ、フランティシェク・フサークほか

「アラビアのロレンス」のネタバレあらすじ結末

アラビアのロレンスの紹介:1962年イギリス映画。巨匠デヴィッド・リーンがアラブ独立闘争とその裏で活躍したイギリス軍将校T・E・ロレンスを描いた歴史映画。新人ピーター・オトゥールはこの映画によってスターとなった。アカデミー作品賞受賞。
監督:デヴィッド・リーン 出演:ピーター・オトゥール(ロレンス)、アレック・ギネス(ファイサル王子)、オマー・シャリフ(アリ酋長)、アンソニー・クイン(アウダ・アブ・タイ)、ほか

「サンセット大通り」のネタバレあらすじ結末

サンセット大通りの紹介:1950年アメリカ映画。名匠ビリー・ワイルダーによるハリウッドの内幕もの。かつてのスター時代を忘れられないサイレント映画の女優が徐々に精神を病んでゆく様子を、無慈悲なまでのタッチで描いている。
監督:ビリー・ワイルダー・出演:グロリア・スワンソン(ノーマ・デズモンド)、ウィリアム・ホールデン(ジョー・ギリス)、エリッヒ・フォン・シュトロハイム(マックス)、ナンシー・オルソン(ベティ・シェーファー)、ほか

「マネーボール」のネタバレあらすじ結末

マネーボールの紹介:2011年アメリカ映画。弱小野球チームのゼネラルマネージャーに就任したブラッド・ピットが、統計から選手を評価するシステムを導入して、他球団では評価されていない選手を集めて、ワールド・チャンピオンを目指す。
監督:ベネット・ミラー 出演者:ブラッド・ピット(ビリー・ビーン)、ジョナ・ヒル(ピーター・ブランド)、フィリップ・シーモア・ホフマン(アート・ハウ)、ロビン・ライト(シャロン)ほか

「バースデーカード」のネタバレあらすじ結末

バースデーカードの紹介:2016年日本映画。亡くなった母が生前に書いたバースデーカードが毎年娘に届く。バースデーカードを通して母娘の深い絆を描く人間ドラマ。普通の女の子が1人の女性として成長し幸せを掴むまでの過程描いています。
監督:吉田康弘 出演:橋本愛(鈴木紀子(17-25歳))、ユースケ・サンタマリア(鈴木宗一郎)、須賀健太(鈴木正男)、中村蒼(立石純)、木村多江(石井沙織)、谷原章介(谷原章介)、洞口依子(美津代)、宮崎あおい(鈴木芳恵)、ほか

「グラン・トリノ」のネタバレあらすじ結末

グラン・トリノの紹介:2008年アメリカ映画。白人のほとんどがいなくなってしまったその町は代わりにどこからともなくアジア人が大勢住むようになった。そんな町に住む数少ない白人ウォルトは長年連れ添った妻を亡くしてしまう。子供も巣立ち共に暮らすのは老いぼれた犬だけ。そんなある夜ウォルトの家のガレージに泥棒が入る。犯人は隣に住むアジア人青年。狙われたのはウォルトの大事にしていた車、グラン・トリノだった。主演のクリント・イーストウッドが監督・製作も務める。
監督・クリント・イーストウッド 出演・ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)、タオ・ロー(ビー・ヴァン)、スー・ロー(アーニー・ハー)、ヤノヴィッチ神父(クリストファー・カーリー)、ミッチ・コワルスキー(ブライアン・ヘイリー)、スティーブ・コワルスキー(ブライアン・ホウ)ほか

「砂漠でサーモンフィッシング」のネタバレあらすじ結末

砂漠でサーモンフィッシングの紹介:2011年イギリス映画。水産学者であるフレッドの元に一通のメールが入る。相手は投資会社のコンサルタントハリエット。彼女はフレッドに前代未聞の依頼をする。それは砂の大地である砂漠で鮭を放流するという鮭釣りプロジェクト。水も鮭も環境もない場所での無謀な挑戦にフレッドは嫌々参加することになるがそれは次第に大規模なものになっていく。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:アルフレッド・”フレッド”・ジョーンズ(ユアン・マクレガー) ハリエット・チェトウォド=タルボット(エミリー・ブラント) パトリシア・マクスウェル(クリスティン・スコット・トーマス) シャイフ・ムハンマド(アムール・ワケド)ほか

「ア・フュー・グッドメン」のネタバレあらすじ結末

ア・フュー・グッドメンの紹介:1992年アメリカ映画。当時隣国にして敵国であったキューバ、グアンタナモ米軍基地にて一等兵が死亡する。調査の結果、米軍で禁じられていたコードRと呼ばれる兵士間懲罰が実行された気配があり、軍部上層部はその被告兵士の弁護士に、司法取引専門のキャフィを選ぶ。しかし被告は命令に服しただけだと無罪を主張、裁判となり、初めての法廷弁護でキャフィは、兵士の義務と前線勤務兵の倫理に挑む事になる。同名の舞台劇を、若手有望俳優人とベテラン俳優で映画化した軍事法廷映画。
監督:ロブ・ライナー 出演者:ダニエル・キャフィ(トム・クルーズ)、ネイサン・R・ジェセップ(ジャック・ニコルソン)、ジョアン・ギャロウェイ(デミ・ムーア)、サム・ワインバーグ(ケヴィン・ポラック)、ジョナサン・ケンドリック(キーファー・サザーランド)、ジャック・ロス(ケヴィン・ベーコン)ほか

「アンコール!!」のネタバレあらすじ結末

アンコール!!の紹介:2012年イギリス映画。偏屈で気難しい老人が愛する妻を失ったことをきっかけに、一風変わった合唱団に加わったことで再び人生を楽しむ勇気を取り戻すまでを描くハートウォーミングストーリー。
監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ 出演:テレンス・スタンプ(アーサー)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(マリオン)、ジェマ・アータートン(エリザベス)、クリストファー・エクルストン(ジェームズ)、ほか

「幸せをつかむ歌」のネタバレあらすじ結末

幸せをつかむ歌の紹介:2015年アメリカ映画。家族を捨て夢を追い求めた母親が、過去の自分と向き合い今を見つめることで、子供たちとの絆と自信を取り戻す。メリル・ストリープが実娘メイミー・ガマーと母娘役で共演。
監督:ジョナサン・デミ 出演:メリル・ストリープ(リッキー)、ケヴィン・クライン(ピート)、メイミー・ガマー(ジュリー)、オードラ・マクドナルド(モーリーン)、セバスチャン・スタン(ジョシュ)、リック・スプリングフィールド(グレッグ)、ほか

「くじけないで」のネタバレあらすじ結末

くじけないでの紹介:2013年日本映画。柴田トヨのベストセラー詩集「くじけないで」を原作とする映画です。深川栄洋監督が「百歳」を基につづる感動の物語に仕上げています。冒頭から胸がギュッとなるようなせつなく悲しい気持ちになりますが、その後の展開は美しく感動にあふれるストーリーとなります。最初はとにかく、どうしようもないドラ息子に頭にきますが、なぜこの息子が母に愛され、妻に愛されるのかなんとなく分かるようになります。90歳を迎えて以降に詩を書くようになった主人公を女優の八千草薫さんが見事に演じています。彼女は、山あり谷ありの人生を生き抜いてきた老婆を見事に好演しています。詩によって過去を演じる俳優さんたちも見事です。
監督:深川栄洋 出演:八千草薫(柴田トヨ)、武田鉄矢(柴田健一)、伊藤蘭(柴田静子)、檀れい(柴田トヨ(若い頃))、芦田愛菜(柴田トヨ(幼少時))、上地雄輔(上条医師)、ピエール瀧(藤巻)、ほか

「星守る犬」のネタバレあらすじ結末

星守る犬の紹介:2011年日本映画。この作品は『漫画アクション』(双葉社)の村上たかしの連載漫画を原作にした映画です。平成20年度第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品で、キャッチコピーは、「望みつづけるその先に、きっと希望があると思う。」です。タイトルの「星守る犬」とは、決して手に入らない星をずっと見続けている犬のことで、「高望みをする人」を例えていう言葉です。監督は『犯人に告ぐ』(2007年)などを手がけた瀧本智行、脚本は『守護天使』(2009年)などを手がけた橋本裕志です。
監督:瀧本智行 出演:西田敏行(おとうさん)、玉山鉄二(奥津京介)、川島海荷(川村有希)、余貴美子(旅館の女将)、温水洋一(「リサイクルショップ河童」店長・富田)、濱田マリ(富田の女房)、ほか

「インビクタス 負けざる者たち」のネタバレあらすじ結末

インビクタス 負けざる者たちの紹介:2009年アメリカ映画。アパルトヘイト撤廃、そしてマンデラ大統領が就任して間もなくの事、南アフリカ共和国にて初のラグビーワールドカップが開催される。マンデラは白人の象徴であったチームが黒人達を交えた応援で優勝する事で、民族融和、虹の国家を作り出す第一歩にしたいと考えていた。モーガン・フリーマン自らがクリント・イーストウッドに脚本を持ち込み製作された、実話を基にしたヒューマンドラマ映画の傑作。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)、フランソワ・ピナール(マット・デイモン)、ブレンダ・マジブコ(アッジョア・アンドー)、ジェイソン・シャバララ(トニー・キゴロギ)、エチエンヌ・フェデー(ジュリアン・ルイス・ジョーン)ほか

「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」のネタバレあらすじ結末

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声の紹介:2014年アメリカ映画。歌の才能を見抜かれたステットは、母親の死をきっかけに合唱団へ入ることに。戸惑いながらも歌い始める少年の心を豊かに描き出す。
監督:フランソワ・ジラール 出演:ギャレット・ウェアリング(ステット)、ダスティン・ホフマン(カーヴェル)、キャシー・ベイツ(校長)、エディ・イザード(ドレイク)、ケヴィン・マクヘイル(ウーリー)、ほか

「ノルウェイの森」のネタバレあらすじ結末

ノルウェイの森の紹介:2010年日本映画。直子はかつての親友の死を乗り越えられずにいた。そんな直子をワタナベは支えたいと寄り添う。1987年発刊のベストセラーで村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を映画化。亡くなった親友の恋人との関係を通して主人公の青年の愛と性、生と死を描く。
監督:トラン・アン・ユン 原作:村上春樹 出演:松山ケンイチ(ワタナベ)、菊地凛子(直子)、水原希子(緑)、高良健吾(キズキ)、霧島れいか(レイコ)、初音映莉子(ハツミ)、ほか

1 67 68 69 70 71 72 73 74 75 95
TOP↑