サスペンス映画のあらすじ

「アウェイク」のネタバレあらすじ結末

アウェイクの紹介:2007年アメリカ映画。スターウォーズでアナキン・スカイウォーカーの青年時を演じ注目を集めたヘイデン・クリステンセンを主演に、手術中の昏睡覚醒により隠された真実が明らかになるサスペンスストーリー。実際の医療現場でも稀に起こることのある術中覚醒(アネセシア・アウェアネス)による激しい痛みとの戦いの中で、主人公クレイトンが知った本当の痛みとは。
監督:ジョビー・ハロルド 出演: ヘイデン・クリステンセン、ジェシカ・アルバ、テレンス・ハワード、レナ・オリンほか

「真夜中のゆりかご」のネタバレあらすじ結末

真夜中のゆりかごの紹介:2014年/デンマーク映画。 独りの警官の暴走した正義感が引き起こす悲劇、孤立する母親の抱える静かな狂気、静かな湖畔に巻き起こるミステリー。
監督:スサンネ・ビア 出演:ニコライ・コスター=ワルドー、ウルリッヒ・トムセン、マリア・ボネヴィー、ニコライ・リー・コスほか

「パフューム ある人殺しの物語」のネタバレあらすじ結末

パフューム ある人殺しの物語の紹介:2006年ドイツ/フランス/スペイン映画。パトリック・ジュースキントのベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』をトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンスドラマ。第19回東京国際映画祭特別招待作品。東京国際シネシティ フェスティバル特別招待作品。
監督:トム・ティクヴァ キャスト:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)、レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)、アラン・リックマン(リシ)、ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)、ほか

「白い肌の異常な夜」のネタバレあらすじ結末

白い肌の異常な夜の紹介:1971年アメリカ映画。南北戦争で傷を負った北軍の兵士クリント・イーストウッドがとある森の中の男子禁制の女子寄宿舎に命からがら保護され手厚い看病を受けます。男を知らない或いはしばらく男と遠ざかっていた彼女たちは女のいやらしい性(さが)に目覚め平静を装いながらそれぞれの思惑で男に近づき、それをいいことに男もまた彼女たちにそれぞれの方法で誘惑し、ワルな男と怖い女のおどろおどろしい展開となります。ドン・シーゲル監督とイーストウッドのコンビ作のひとつで、アクションを手掛けてきた彼らにとっては異色作。一人の男をめぐる女性たちの異常心理を描く。ノコギリを使った手術場面が凄惨。
監督・製作:ドン・シーゲル キャスト:クリント・イーストウッド(ジョン・マクバニー伍長)、エリザベス・ハートマン(エドウィーナ・ダブニー)、ジョー・アン・ハリス(キャロル)、ダーリーン・カー(ドリス)、ジェラルディン・ペイジ(マーサ・ファーンズワース)、メエ・マーサー(ヘイリー)、ほか

「ルルドの泉で」のネタバレあらすじ結末

ルルドの泉で の紹介:2009年オーストリア,フランス,ドイツ映画。ヴェネチア国際映画祭5部門受賞。世界的に有名な聖地フランスのルルドを舞台に、奇跡を求めて各国からルルドに集まる人々が抱える悩みや孤独を鮮明にあぶり出す。
監督:ジェシカ・ハウスナー 出演:シルヴィー・テステュー(クリスティーヌ)、レア・セドゥ(マリア)、ブリュノ・トデスキーニ(クノ)、エリナ・レーヴェンソン(セシル)ほか

1 90 91 92 93 94

キーワードから探す

TOP↑