サスペンス映画のあらすじ

「テロ,ライブ」のネタバレあらすじ結末

テロ,ライブの紹介:2013年韓国映画。正体不明のリスナーから、ソウル市内の漢江にかかる麻浦大橋を爆破するという脅迫電話を受ける。いたずらだと思い電話を切ると、予告通りに麻浦大橋で爆発事件が発生する。
監督:キム・ビョンウ  出演者:ハ・ジョンウ(ユン・ヨンファ)、イ・ギョンヨン(チャ報道局長)、チョン・ヘジン(パク・ジョンミン主任)、キム・ホンファ(ジュ長官)、キム・ソジン(イ・ジス / 元妻)、イ・デヴィッド(パク・シヌ)、ほか

「母なる証明」のネタバレあらすじ結末

母なる証明の紹介:2009年韓国映画。2009年に韓国で上映されて大ヒットした作品です。知的障害者の息子がかけられた殺人容疑を晴らすため奔走する母親の姿を描いたサスペンスです。監督は国際的に知名度の高いポン・ジュノ。兵役から復帰の第一作目となったウォンビンが好演を見せてくれています。
監督:ポン・ジュノ 出演者:キム・ヘジャ(母親)、ウォンビン(息子・トジュン)、チン・グ(ジンテ)、ユン・ジェムン(ジェムン刑事)、チョン・ミソン(ミソン)、ムン・ヒラ(アジョン)、ほか

「クリムゾン・リバー」のネタバレあらすじ結末

クリムゾン・リバーの紹介:2000年フランス映画。フランス、アルプスの麓で、近くにあるゲルノンの大学図書館司書が変死体で発見される。捜査を横目に関係者が次々と殺され、それにはこの周辺で行われていた忌まわしい因習が深く関わってきていた。その頃遠く離れたのザルザックでは少女の墓が荒される。捜査を進めるとその先にはゲルノンで起きた忌まわしい何かが関わっている事が判り、担当する刑事はゲルノンに向かう。二つの事件、二人の刑事が合流するとき、事件の全容が解明される。ジャン・レノ主演のサスペンス・ミステリー映画。
監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ジャン・レノ(ピエール・ニーマンス警視)、ヴァンサン・カッセル(マックス・ケルケリアン警部補)、ナディア・ファレス(フェニー・フェレイラ)、ドミニク・サンダ(アンドレ)ほか

「インサイド・マン」のネタバレあらすじ結末

インサイド・マンの紹介:2006年アメリカ映画。白昼起こった銀行強盗は、立て篭もり事件へと発展する。数十人の人質を取り、警察を翻弄する緻密に計画された犯行の裏には、この銀行が持つ大きな秘密が絡んでいた。事件中銀行内に居た人物全てが容疑者となった為、時系列を前後させ取調べ風景を挟み込みながら犯人を推測させつつ、謎多き強盗犯、横領疑惑のある刑事、そして暗躍する銀行会長とその弁護士の駆け引きを描いたクライムサスペンス。
監督:スパイク・リー 出演者:ダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)、キース・フレイジャー(デンゼル・ワシントン)、マデリーン・ホワイト(ジョディ・フォスター)、アーサー・ケイス(クリストファー・プラマー)、ビル・ミッチェル(キウェテル・イジョフォー)ほか

「マーシュランド」のネタバレあらすじ結末

マーシュランドの紹介:2014年スペイン映画。スペインの映画賞である「ゴヤ賞」で、最多の10部門で受賞した数々の映画賞を受賞した注目作。フランコ独裁体制がまだ残る1980年を舞台に、とある姉妹の失踪・惨殺事件の真相に2人の刑事が迫っていくミステリー作。
監督: アルベルト・ロドリゲスパスカル 出演: ラウール・アレバロ(刑事ペドロ)、ハビエル・グティエレス(刑事フアン)、アントニオ・デ・ラ・トーレ(被害者の父ロドリゴ)、ネレア・バロス(被害者の母ロシオ)、ヘスス・カストロ(キニ)、ヘスス・カロサ(ミゲル)、アルベルト・ゴンサレス(コラレス)、アナ・トメノ(マリーナ)ほか

「64 (ロクヨン)後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。わずか七日間で幕を閉じた昭和64年。そこで起きた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年が過ぎ、時効まであと1年。当時、刑事として捜査に加わっていた三上は、現在、県警広報官として別の職務に就いていた。しかし「ロクヨン」事件の遺族である雨宮の元を訪れたことをきっかけに、独自に「ロクヨン」事件の調査を始める。「ロクヨン」事件の裏に警察の組織ぐるみの隠蔽が隠されていることを突き止めた三上。さらに匿名報道を巡り、県警記者クラブのリーダー・秋川らと広報室は対立。三上は窮地に立たされていた。事態の収拾に奔走する三上。そんな矢先、「ロクヨン」を模倣した誘拐事件が発生。14年前「ロクヨン」に関わった者たちが封印できなかったある秘密。二つの事件の衝撃の真相とは?「ロクヨン」事件に隠された最大の謎が今明らかに。日本映画界最高峰の超豪華オールスターキャストが集結!横山秀夫の究極のミステリーが感動の人間ドラマとして、ついに完結。

「ドメスティック・フィアー」のネタバレあらすじ結末

ドメスティック・フィアーの紹介:2001年アメリカ映画。家庭問題である父母の不倫、そして新たな父による環境の違いなどをある少年の視点からみたストーリーが展開され、ジョントラボルタが優しい父親を熱演しています。
監督 :ハロルド・ベッカー 出演:ジョン・トラヴォルタ(フランク・モリソン)、ヴィンス・ヴォーン(リック・バーンズ)、テリー・ポロ(スーザン)、マット・オリアリー(ダニー)、スティーヴ・ブシェミ(レイ・コールマン)ほか

「獄門島(1977年)」のネタバレあらすじ結末

獄門島の紹介:1977年日本映画。市川崑監督・石坂浩二主演による金田一耕助シリーズ第3作目。原作は横溝正史の同名小説だが、原作とは異なるラストも見どころのひとつ。戦後間もない日本。閉鎖的な孤島を舞台に、陰惨な連続殺人が幕を開ける。事件の解明に乗り出す探偵・金田一耕助は、次第に事件を動かす大きな力の存在を知る。
監督:市川崑 出演者:石坂浩二(金田一耕助)、司葉子(勝野)、大原麗子(早苗)、草笛光子(お小夜)、武田洋和(鬼頭千万太)、浅野ゆう子(鬼頭月代)ほか

「ヴェロニカ・ゲリン」のネタバレあらすじ結末

ヴェロニカ・ゲリンの紹介:2003年アメリカ映画。麻薬の横行する90年代アイルランド。記者ヴェロニカ・ゲリンは犯罪組織との繋がりを暴こうと奮闘する。彼女は真実に辿りつくのか? 脅迫に屈せず取材を続けた彼女が殉職するまでを描く感動の実話。
監督:ジョエル・シューマカー 出演:ケイト・ブランシェット(ヴェロニカ・ゲリン)、ジェラルド・マクソーリー(ジョン・ギリガン)、シアラン・ハインズ(ジョン・トレイナー)、ブレンダ・フリッカー(バーニー・ゲリン)、バリー・バーンズ(グレアム・ターレイ)ほか

「超能力者」のネタバレあらすじ結末

超能力者の紹介:2010年韓国映画。超能力を使って人間を操り、強盗を働くチョインは、自分の超能力が効かない男ギョナムに遭遇しました。ギョナムは自分を大事にしてくれた会社の社長がチョインに殺されたこともあって、友人たちとチョインを倒すべく行動を始めました…という内容の韓国映画です。
監督:キム・ミンソク 出演者:カン・ドンウォン(チョイン)、コ・ス(イム・ギョナム)、チョン・ウンチェ(ヨンスク)、ヤン・ギョンモ(チョイン:子役)、アブダビ(ポバ)、エネスカヤ(アル)ほか

「グラスホッパー」のネタバレあらすじ結末

グラスホッパーの紹介:2015年日本映画。伊坂幸太郎の「最強」と名高い小説、グラスホッパーの映画化作品。ハロウィンの夜、渋谷のスクランブル交差点の事故で恋人を失った元教師の鈴木は、真犯人への復讐のためにある組織に潜入した。組織を取り巻く殺し屋たちと事件に巻き込まれていく。
監督:瀧本智行  出演者:生田斗真(鈴木)、浅野忠信(鯨)、山田涼介(蝉)、麻生久美子(すみれ)、波瑠(百合子)、菜々緒(比与子)、村上淳(岩西)、吉岡秀隆(押し屋)、石橋蓮司(寺原)、佐津川愛美(元教え子)ほか

「アンフェア the end」のネタバレあらすじ結末

アンフェア the end(アンフェアジエンド)の紹介:2015年日本映画。秦建日子の小説を基にした劇場版アンフェアの3作目でシリーズ完結作。国家の陰で暗躍する謎の権力組織に関するデータを手にした警視庁捜査一課の雪平夏美(篠原涼子)が、激闘に身を投じていく様子を描く。検挙率ナンバーワン&バツイチ&子持ち&無駄に美人の個性的刑事・雪平夏美の物語は、常に陰謀と裏切りの先読み不能な展開で支持を得ていた作品。アンフェアは2006年にテレビドラマとしてスタートし、その後スペシャルドラマ、劇場版2作が公開され、今作の「アンフェア the end」でついに完結する。
監督:佐藤嗣麻子 出演者:篠原涼子(雪平夏見)、永山絢斗(津島直紀)、阿部サダヲ(小久保佑一)、加藤雅也(三上薫)、AKIRA / EXILE(武部将臣)、寺島進(山路哲夫)、佐藤浩市(一条道孝)、吉田鋼太郎(特捜部長)、向井地美音(雪平美央)、ほか

「コラテラル」のネタバレあらすじ結末

コラテラルの紹介:2004年アメリカ映画。不運にも、殺し屋を客にしてしまったタクシードライバーの運命は。キャラクターに反して殺し屋を演じるトム・クルーズが話題になったサスペンス映画。
監督:マイケル・マン 出演:トム・クルーズ(ヴィンセント)、ジェイミー・フォックス(マックス・ドゥローシャー)、ジェイダ・ピンケット=スミス(アニー・ファレル)、マーク・ラファロ(レイ・ファニング)、ブルース・マッギル(フランク・ペドローサ)、ハビエル・バルデム(フェリックス・レイエス=トレナ)ほか

「ユナイテッド93」のネタバレあらすじ結末

ユナイテッド93の紹介:2006年アメリカ映画。2001年9月11日、アメリカを襲った同時多発テロ事件。犯行グループによりハイジャックされた4機の旅客機のうち唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便の内部で起こっていたエピソードを管制センターや米軍などの動きを交えて描いた実録ドラマです。監督・脚本は『ジェイソン・ボーン』シリーズなどを手掛けたポール・グリーングラスです。
監督:ポール・グリーングラス 出演:ハリド・アブダラ(ジアド・ジャラー)、ポリー・アダムス(デボラ・ウェルシュ)、オパル・アラディン(シーシー・ライルズ)、ルサーメッド・アルサマリ(サイード・アル=ガムディー)、デヴィッド・アラン・ブッシェ(トッド・ビーマー)、リチャード・ベキンス(ウィリアム・ジョゼフ・キャッシュマン)、スターラ・ベンフォード(ワンダ・アニタ・グリーン)、オマー・バーデゥニ(アフメド・アル=ハズナーウィー)、スーザン・ブロンマート(ジェーン・フォルガー)、レイ・チャールソン(ジョゼフ・デルカ)、クリスチャン・クレメンソン(トーマス・E・バーネットJr.)ほか

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」のネタバレあらすじ結末

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士の紹介:2009年スウェーデン,デンマーク,ドイツ映画。スウェーデンの大ヒット小説、ミレニアムシリーズの第三弾を映画化した本作は、リスベットに訪れる最大の危機を描き、これまでの戦いに終止符が打たれるストーリーが展開されます。
監督 :ダニエル・アルフレッドソン 出演:ミカエル・ニクヴィスト(ミカエル・ブルムクヴィスト)、ノオミ・ラパス(リスベット・サランデル)、アニカ・ハリン(アニカ・ジャンニーニ)、レナ・エンドレ(エリカ・ベルジェ)ほか

1 89 90 91 92 93 94 95 96 97 101

キーワードから探す

TOP↑