Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

動物映画一覧

動物が主役の映画ネタバレあらすじ一覧です。動物映画には感動系やコメディ系など幅広いジャンルがあります。動物が主人公のおすすめ映画、人気映画から、題材として扱われた作品まで、動物好き必見の動物映画のネタバレあらすじを紹介します。

「プラスチック・オーシャン」のネタバレあらすじ結末

プラスチック・オーシャンの紹介:2016年イギリス, 香港映画。このドキュメンタリーは、幼いころからシロナガスクジラに魅せられ、その後、ジャーナリスト、フィルム・メーカー、冒険家、となったクレイグ・リーソン氏のチームがシロナガスクジラの撮影をする中で、海に浮かぶ大量のプラスチックごみを目にしたことを発端に、制作されている。様々な海洋学者や海洋生物学者たちの研究や見解が紹介され、海がどれだけプラスチックで汚染されているか、海の生き物たちがどれだけ苦しんでいるかを教えてくれる。エグゼクティブ・プロデューサーはレオナルド・ディカプリオ。ユネスコが後援している作品。
監督: クレイグ・リーソン 出演:クレイグ・リーソン、タニヤ・ストリーター、リンジー・ポーター、ダグ・アラン、マイク・ディグリー、ジェニファー・レイバース、ほか

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のネタバレあらすじ結末

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたことの紹介:2008年アメリカ映画。200万部を越え大ヒットした原作本を元に映画化したのが本作です。様々な悪行をしでかすおバカな犬マーリーと悪戦苦闘させられる夫婦の物語。常に寄り添うことの大切さを教えてくれるハートウォーミングなコメディです。子育ての予行演習のつもりでラブラドール・レトリバーを飼い始めた新婚夫婦と、愛犬との絆を描きます。
監督:デヴィッド・フランケル 出演:オーウェン・ウィルソン(ジョン・グローガン)、ジェニファー・アニストン(ジェニー・グローガン)、エリック・デイン(セバスチャン・タンニー)、アラン・アーキン(アーニー・クライン)、キャスリーン・ターナー(ミス・コーンブラッド)、ほか

「迷子の黒猫とボク」のネタバレあらすじ結末

迷子の黒猫とボクの紹介:2017年アメリカ映画。妻コニーの愛猫レナードを逃がしてしまい、必ず見つけ出すよう命令されてしまった中年男ドミニク。レナードを探すため街へ飛び出したドミニクでしたが、様々な災難が彼に襲いかかります。ニューヨークの片隅で猫探しをする中年男の波乱に飛んだ一日をコメディタッチで描いた作品。「ベスト・キッド」の主演で一躍スターとなったラルフ・マッチオが冴えない中年男を熱演しています。
監督:アンソニー・ターシターノ 出演者:ラルフ・マッチオ(ドミニク)、デヴィッド・ザヤス(ポンス)、コニー(ジーナ・ガーション)、ADAM FERRARA(サル)、SEAN YOUNG(ロッキー)、TOM WOPAT(ジミー)、JEFF KOBER(スー)、ほか

「ねことじいちゃん」のネタバレあらすじ結末

ねことじいちゃんの紹介:2018年日本映画。イラストレーターのねこまき(ミューズワーク)原作による同名コミックを映画化したヒューマンドラマで、世界的な動物写真家・岩合光昭の監督デビュー作です。妻に先立たれ、愛猫と小さな島で暮らす老人と周囲の人々との日常を落語家・立川志の輔の主演で描きます。
監督:岩合光昭 出演:立川志の輔(春山大吉)、柴咲コウ(美智子)、柄本佑(若村健太郎)、銀粉蝶(サチ)、山中崇(春山剛)、葉山奨之(内村聡)、田根楽子(たみこ)、小林トシ江(トメ)、片山友希(あすみ)、立石ケン(幸生)、中村鴈治郎、田中裕子(春山よしえ)、小林薫(巌)、ベーコン(タマ)ほか

「キャットウォーク: 知られざるキャットショーの世界」のネタバレあらすじ結末

キャットウォーク: 知られざるキャットショーの世界の紹介:2018年カナダ映画。カナダのキャットショーで負けなしだったボビーの前に、ウララという猫が現れ、ボビーとの点差を縮めていく。キャットショーに出場する様々な愛猫家やブリーダーたち、そして審査員を取材。まさにその名の通り、キャットショーの裏側を見せてくれるドキュメンタリー映画。
監督:アーロン・ハンコックス、マイケル・マクナマラ 出演:ボビー(猫)、ウララ(猫)、キム(ボビーの飼い主)、シャーリー(ウララの飼い主)他。

「子ぎつねヘレン」のネタバレあらすじ結末

子ぎつねヘレンの紹介:2005年日本映画。写真家・エッセイストとして活躍する獣医・竹田津実のノンフィクション『子ぎつねヘレンがのこしたもの』を原作にした、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009ファンタランド大賞受賞作です。「忘れない―。あの春、かけがえのない友だちと出会ったことを。」というキャッチで、目と耳が不自由な子ぎつねヘレンと一人の少年の交流を描いた感動の物語です。
監督:河野圭太 出演者:大沢たかお(矢島幸次)、松雪泰子(大河原律子)、深澤嵐(大河原太一)、小林涼子(矢島美鈴)、田波涼子(山口先生)、阿部サダヲ(派出所の警官)、吉田日出子(森に住む謎の老婆)、藤村俊二(上原教授)、ほか

「ユダヤ人を救った動物園」のネタバレあらすじ結末

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の紹介:2016年チェコ,イギリス,アメリカ映画。アメリカの作家ダイアン・アッカーマンによるノンフィクション『ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語』を基に製作された歴史ドラマです。第二次世界大戦中のワルシャワ動物園を経営していたジャビンスキ夫妻がナチスに迫害されるユダヤ人を動物らと共に動物用の檻に匿った実話を描きます。
監督:ニキ・カーロ 出演者:ジェシカ・チャステイン(アントニーナ・ジャビンスカ)、ヨハン・ヘルデンベルグ(ヤン・ジャビンスキ)、ダニエル・ブリュール(ルーツ・ヘック)、マイケル・マケルハットン(イエジク)、イド・ゴールドバーグ(マウリツィ・フランケル)、エフラット・ドール(マグダ・グロス)、シーラ・ハース(ウルシュラ)、ティム・ラドフォード(リシャルト・“リシュ”・ジャビンスキ)、ヴァル・マロク(若年期のリシャルト・“リシュ”・ジャビンスキ)ほか

「ベル&セバスチャン 新たな旅立ち」のネタバレあらすじ結末

ベル&セバスチャン 新たな旅立ちの紹介:2015年フランス映画。セシル・オーブリー原作の児童文学を映画化した「ベル&セバスチャン」の続編となる作品。美しいアルプス山麓の村を舞台に孤児のセバスチャンと愛犬ベルの冒険を描きます。「ココ・シャネル」のクリスチャン・デュゲイ監督がメガホンを取りました。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:フェリックス・ボシュエ(セバスチャン)、チェッキー・カリョ(セザール)、マルゴ・シャトリエ(アンジェリーナ)、ティエリー・ヌーヴィック(ピエール)、ティラーヌ・ブロンドー(ガブリエラ)、ほか

「モーグリ:ジャングルの伝説」のネタバレあらすじ結末

モーグリ: ジャングルの伝説の伝説の紹介:2018年アメリカ映画。トラのシア・カーンに母親を殺された人間の赤ん坊が、オオカミの群れのなかで育てられる。彼の名はモーグリ。クロヒョウのバギーラやクマのバルーも彼の後ろ盾となり、オオカミとしての成長を手助けし、ジャングルの掟を教え込む。しかし、だんだんと人間としての身体とオオカミとしての心のギャップを無視できない事態になり、モーグリは愛する仲間からジャングルを追われ、人間の村に降りていく。そこでモーグリが見たものは。
監督:アンディー・サーキス 出演:ローハン・チャンド、マシュー・リス、ほか 声の出演:クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、ベネディクト・カンバーバッチ、ナオミ・ハリス他。

「ベートーベン4」のネタバレあらすじ結末

ベートーベン4の紹介:2001年アメリカ映画。お行儀の悪いセントバーナード“ベートーベン”。ニュートン家に預けられたものの、やはり周りを巻き込んでいつも大騒動に。一方事業家のセッジウィック家には“ミケランジェロ”という非常にお行儀の良いセントバーナードがいた。ひょんなことから2匹が入れ替わってしまい…。
監督:デヴィッド・M・エヴァンス 出演: ジャッジ・ラインホルド、ジュリア・スウィーニー、ジョー・ピックラー、ミカエラ・ギャロ、カリー・クリッシュ、マット・マッコイ、マーク・リンゼイ・チャップマン、アート・ラフルー、ほか

「ベートーベン5」のネタバレあらすじ結末

ベートーベン5の紹介:2003年アメリカ映画。夏休みの間、片田舎の街クイックシルバーに住む叔父フレディの元に預けられることになったサラと愛犬ベートーベン。彼が発見した1920年代製造のお札をきっかけに、街は住民を巻き込んで大騒動へと発展する…。
監督:マーク・グリフィス 出演:デイヴ・トーマス、ジョン・ラロクエット、フェイス・フォード、デイヴィー・チェイス、トム・ポストン、キャサリン・ヘルモンド、サミー・カーン、リチャード・リール、クリント・ハワード、ほか

「アース:アメイジング・デイ」のネタバレあらすじ結末

アース:アメイジング・デイの紹介:2017年イギリス,中国映画。私達が暮らす地球には多くの動物と植物が暮らしています。地球はオーロラなどの美しい自然現象を作り出し、植物は美しく動物は人間のような豊かな表情と家族愛を持ち空を飛ぶなど人間にはできない能力があります。『アース;アメイジング・デイ』はそのような地球に暮らす人間以外の動植物の日頃は目にすることができない活動が描かれています。世界中各地の地球の姿を朝から夜までカメラに収め、その素晴らしい動植物の活動と人間のような家族愛には笑い、驚き、泣いてしまうこともあります。アメリカの映画批評サイト”Rotten Tomato”では100%の支持率を受け、動物好きなら小さな子供でも楽しめる家族向けの映画です。
監督:リチャード・ディル 、ピーター・ウェバー、ファン・リーシン 出演動物:サーバル、ウミイグアナ、ジャイアントパンダ、サバンナシマウマ、イッカク、ピグミーミュビナナマケモノ、ヒグマ、カヤネズミ、キリン、ライオン、マッコウクジラ、ヒゲペンギン、ハクトウラングール、ラケットハチドリ、ネムリブカ、モンカゲロウ、他 ナレーション:佐々木蔵之介(日本語)、ロバート・レッドフォード(英語)、ジャッキー・チェン(中国語)

「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」のネタバレあらすじ結末

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争の紹介:2010年アメリカ映画。エージェント犬が再び世界を救う!キャッツ&ドッグスの第二弾。今度の敵は世界的“嫌犬”計画を目論むキティガロア。果たして落ちこぼれ警察犬ディッグスは計画を阻止できるのか!!
監督:ブラッド・ペイトン 声の出演:クリスティナ・アップルゲイト(キャサリン)、マイケル・クラーク・ダンカン(サム)、ニール・パトリック・ハリス(ルー)、ショーン・ヘイズ(ミスター・ティンクルズ)、ジェームズ・マースデン(ディッグス)、ベット・ミドラー(キティ・ガロア)、ニック・ノルティ(ブッチ)、ジョー・パントリアーノ(ピーク)、カット・ウィリアムズ(シェイマス)、クリス・オドネル(シェーン)、ほか

「キャッツ&ドッグス」のネタバレあらすじ結末

キャッツ&ドッグスの紹介:2001年アメリカ映画。古から続く犬と猫の攻防。世界征服を企む猫Mr,ティンクルズが狙うのは犬アレルギー治療薬を開発するブロディー教授。それを迎え撃つのはビーグルの“負け犬”ルー!?スーパーキャッツVSエージェントドッグスの戦いの行方は・・!!
監督:ローレンス・ガターマン 出演(声):ジェフ・ゴールドブラム(ブロディー教授)、エリザベス・パーキンス(ブロディー夫人)、ミリアム・マーゴリーズ(ソフィー)、アレクサンダー・ポロック(スコット・ブロディー)、トビー・マグワイア(ルー)、アレック・ボールドウィン(ブッチ)、ショーン・ヘイズ(ミスター・ティンクルズ)、スーザン・サランドン(アイビー)、ジョー・パントリアーノ(ピーク)、ほか

「鉄ワン・アンダードッグ」のネタバレあらすじ結末

鉄ワン・アンダードッグの紹介:2007年アメリカ映画。警察犬としてまさにアンダードッグだったビーグル犬が、ダンに拾われた事からシューシャインと名付けられて愛されます。ある日スーパーパワーを持ったシューシャインがみんなの平和のために“鉄ワン・アンダードッグ”として悪に立ち向かう姿をコミカルに描いた素敵な作品です。
監督:フレデリック・デュショー 出演:ジェイソン・リー / ビーグル犬 (アンダードッグ / シューシャイン)、アレックス・ニューバーガー(ジャック)、ジム・ベルーシ(ダン)、ピーター・ディンクレイジ(バーシニスター博士)、エイミー・アダムス(ポリー)、ほか

1 2 3 4 5 11
TOP↑