動物映画一覧

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のネタバレあらすじ結末

マイライフ・アズ・ア・ドッグの紹介:1985年スウェーデン映画。母と兄と暮らす泣き虫の少年、イングマル。母が病床に伏したのを機に彼は林間学校に預けられることに。田舎で出会ったサガ、緑色の髪のマンネや叔父たちと充実した日々を送るが、大好きな母と飼い犬シッカンが心配でたまらなかった。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:アントン・グランセリウス(イングマル)、メリンダ・キナマン(サガ)、マンフレド・セルネル、アンキ・リデン、ラルフ・カールソン、ほか

「旅猫リポート」のネタバレあらすじ結末

旅猫リポートの紹介:2018年日本映画。有川浩のベストセラー小説『旅猫リポート』を福士蒼汰主演で映画化。猫好きな青年・悟は交通事故に遭った野良猫のナナを助けて、仲良く楽しく一緒に暮らしていました。ところがある事情でナナを飼うことができなくなり、大切に飼ってくれる人を探す旅に出かけます。旅をしながら、これまで悟と出会ってきた人たちへの優しさや友情を感じる暖かくてほのぼのとする、そして切なくなるストーリーです。ナナ役演じる猫の種類はセルカークレックスです。
監督:三木康一郎 出演:福士蒼汰(宮脇悟)、トム(猫のナナ)、高畑充希(猫ナナの声)、広瀬アリス(杉千佳子)、大野拓朗(杉修介)、山本涼介(澤田幸介)、前野朋哉(吉峯大吾 / 虎丸の声)、田口翔大(小学生の宮脇悟)、二宮慶多(小学生の澤田幸介)、中村靖日(五十嵐)、橋本じゅん(宮脇健悟)、木村多江(宮脇和子)、田中壮太郎(幸介の父)、笛木優子(幸介の母)、竹内結子(香島法子)、ほか

「恋人たちのパレード」のネタバレあらすじ結末

恋人たちのパレードの紹介:2011年アメリカ映画。大恐慌時代に両親を亡くし、家も財産も失った青年が旅の途中で出会ったサーカス団で獣医として雇われるが、やがて花形スターで団長の妻と愛し合うようになる。サラ・グルーエンのベストセラー小説を映画化。
監督:フランシス・ローレンス 出演:リース・ウィザースプーン(マーリーナ)、ロバート・パティンソン(ジェイコブ)、クリストフ・ヴァルツ(オーガスト)、ポール・シュナイダー(チャーリー)、ハル・ホルブルック(老年のジェイコブ)、ほか

「ペンギン・ハイウェイ」のネタバレあらすじ結末

ペンギン・ハイウェイの紹介:2018年日本映画。第31回日本SF大賞を受賞した森見登美彦の小説を映画化した長編アニメーション・ファンタジー作品です。とある街に突如現れたペンギンの群れを巡る、小学4年生の少年と謎多き女性のひと夏の不思議な体験を描きます。主題歌を宇多田ヒカルが手掛けています。
監督:石田祐康 声優:北香那(アオヤマ君)、蒼井優(お姉さん)、釘宮理恵(ウチダ君)、潘めぐみ(ハマモトさん)、福井美樹(スズキ君)、能登麻美子(アオヤマ君の母)、久野美咲(アオヤマ君の妹)、西島秀俊(アオヤマ君の父)、竹中直人(ハマモトさんの父)ほか

「ネコナデ」のネタバレあらすじ結末

ネコナデの紹介:2008年日本映画。亀井亨の人気動物TVドラマ『ネコナデ』を再構成した作品で、会社人間の男が一匹の子猫との出会いから次第に変わっていく姿をコミカルに描いたハートフルドラマです。「こんな子ねこにであったら、人生がちょっとだけ変わるかも。」というキャッチコピーで、主演は「300の顔を持つ男」と呼ばれ2018年急逝した名脇役・大杉漣です。
監督:大森美香 出演:大杉漣(鬼塚太郎)、青山倫子(君島凛子)、黒川芽以(田中亜里沙)、入山法子(久我珠代)、立花彩野(長島道子)、桜井聖(鈴木一郎)、海東健(西条康文)、小林且弥(山下カズキ)、EMI(益田トモヨ)、六角精児(大野恵輔)、ほか

「プーと大人になった僕」のネタバレあらすじ結末

プーと大人になった僕の紹介:2018年アメリカ映画。ディズニー作品で長く愛されてきた「くまのプーさん」の実写作品。大人になったクリストファー・ロビンは仕事に追われ慌ただしい毎日を過ごしています。会社ではかばんの部署に配属されているが、戦後の不況で売れ行きが悪く、経費削減やリストラの人員整理を任されています。週末は妻と娘の三人で実家に帰って過ごす約束をしていたが、会議で行けなくなってしまいます。クリストファー・ロビンは家でひたすら仕事に専念して会議の資料を作っていたところ、突然、幼いころの大親友であるプーさんが、仲間がいなくなったので探して欲しいとロンドンにやって来るのですが…。奇跡的な再会を果たしたクリストファー・ロビンとプー。プーのマイペースな思考が、現代の大人たちにメッセージをなげかけます。
監督:マーク・フォースター 出演:ユアン・マクレガー(クリストファー・ロビン)、ヘイリー・アトウェル(イヴリン・ロビン)、ブロンテ・カーマイケル(マデリン・ロビン)、マーク・ゲイティス(ジャイルズ・ウィンズロウ)、ジム・カミングス(プー/ティガー)、ニック・モハメッド(ピグレット)、ブラッド・ギャレット(イーヨー)、ソフィー・オコネドー(カンガ)、ピーター・キャパルディ(ラビット)、トビー・ジョーンズ(オウル)、ほか

「南極物語(2006年)」のネタバレあらすじ結末

南極物語の紹介:2006年アメリカ映画。1983年公開の日本映画『南極物語』をディズニーがリメイクした作品です。実話をベースにしながらも登場人物や犬の種類、設定を変更、南極を舞台に過酷な試練に立ち向かう犬たちの闘いを描いています。
監督:フランク・マーシャル 出演者:ポール・ウォーカー(ジェリー・シェパード)、ブルース・グリーンウッド(デイビス・マクラーレン)、ムーン・ブラッドグッド(ケイティ)、ジェイソン・ビッグス(チャーリー・クーパー)、ジェラルド・プランケット(アンディ)ほか

「猫は抱くもの」のネタバレあらすじ結末

猫は抱くものの紹介:2018年日本映画。元アイドルで今はスーパーで働く女性と、自分を人間だと思い込む猫との絆を舞台調で描きます。人間と猫との絆を綴った大山淳子の同名連作短編小説を1本のストーリーにまとめて映画化した作品です。沢尻エリカを主演に、脇を『仮面ライダーフォーゼ』の吉沢亮、“銀杏BOYZ”の峯田和伸、“水曜日のカンパネラ”のコムアイらが固めています。
監督:犬童一心 出演者:沢尻エリカ(大石沙織)、吉沢亮(良男)、峯田和伸(後藤保(ゴッホ))、コムアイ(キイロ)、柿澤勇人(高橋良男/ササキ)ほか

「犬ヶ島」のネタバレあらすじ結末

犬ヶ島の紹介:2018年アメリカ映画。今から20年後の日本。ドッグ病という謎の病が流行るメガ崎市で、人への感染を恐れた小林市長が「全ての犬を犬ヶ島へ追放する」と発表。多くの犬がゴミ島へと送られることに。そこへある時、12歳の少年が小型飛行機を自ら操縦したった1人で島へ降り立った。彼は市長の養子で孤児のアタリ。愛犬であり親友のスポッツを救うためにやって来たのだった。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを引き連れて、スポッツの捜索をはじめたアタリは次第に島の謎と市長の思惑を知っていくこととなる。日本を深く愛するアンダーソン監督が、4年の歳月をかけ完成させ、ベルリン国際映画祭で監督部門銀熊賞を受賞。全米でも大ヒットを記録した。
監督:ウェス・アンダーソン 声優:ブライアン・クランストン(チーフ)、コーユー・ランキン(小林アタリ)、エドワード・ノートン(レックス)、リーブ・シュレイバー(スポッツ)、 ビル・マーレイ(ボス)、ほか

「ピーターラビット」のネタバレあらすじ結末

ピーターラビットの紹介:2018年アメリカ映画。世界中で愛されているピーターラビット。可愛いイラストで知られるあのうさぎたちが実はとってもしたたか!?意地悪なおじいさんにいたずらしたり、動物好きの女性にお世話してもらったりと、イギリス湖水地方でたくましく楽しく生きています。このお話は、原作者ビアトリクス・ポターを思わせるヒロイン・ビアと都会からやってきたちょっと変な男マグレガー、そしてうさぎたちが繰り広げる意外にも激しいアクションとダンスのエンターテイメント作品。ミュージカル要素も満載です♪
監督:ウィル・グラック キャスト: ローズ・バーン(ビア)、ドーナル・グリーソン(トーマス・マグレガー)、サム・ニール(マグレガーおじさん)、ジェームズ・コーデン(ピーターラビットの声/吹替版は千葉雄大)

「ランペイジ 巨獣大乱闘」のネタバレあらすじ結末

ランペイジ 巨獣大乱闘の紹介:2018年アメリカ映画。遺伝子実験の失敗により巨大化したゴリラ、オオカミ、ワニがシカゴを舞台に暴れ回る、パニックアクション超大作。主演は「ワイルド・スピード」シリーズ、「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」のドウェイン・ジョンソン。監督は「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
監督:ブラッド・ペイトン 出演:ドウェイン・ジョンソン(デイビス・オコイエ)、ナオミ・ハリス(ケイト・コールドウェル博士)、ジェフリー・ディーン・モーガン(ラッセル捜査官)、マリン・アッカーマン(クレア・ワイデン)、ジェイク・レイシー(ブレッド・ワイデン)、ジョー・マンガニエロ(バーク)ほか

「ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢」のネタバレあらすじ結末

ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢の紹介:2008年イギリス映画。イギリスでのテレビ放映では視聴率58%を獲得したというクレイアニメーション作品。パン屋を営む発明家ウォレスが連続殺人犯に狙われる。相棒・グルミットはそれを阻止することができるのか?!
監督:ニック・パーク 声優:ピーター・サリス(ウォレス)、サリー・リンジー(パイエラ)、ほか

「シャチの見える灯台」のネタバレあらすじ結末

シャチの見える灯台の紹介:2016年アルゼンチン、スペイン映画。シャチを観察している仕事をしている男の元に、自閉症の息子とその母がやってきてシャチによる息子の治療がはじまりました。その中で母と男が心を通わせていく様も必見です。シャチは実際の野生のシャチです。
マリベル・ベルドゥ(ローラ)、ホアキン・フリエル(ベト)、ホアキン・ラパリーニ(トリスタン)、アナ・セレンターノ(マルセラ)、シロ・ミロ(マノロ)、ほか

「ホワイト・プラネット」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・プラネットの紹介:2006年フランス,カナダ映画。北極圏の厳しい自然と、たくましく生きる動物達の姿を捉えたネイチャー・ドキュメンタリー。極寒の地北極には、多種多様な生き物が生息している。氷原を駆けるホッキョクグマ、地球最大規模の移動を続けるカリブー、大海を旅するクジラ。しかし地球温暖化によって北極の自然は蝕まれ、動物達にも絶滅の危機が迫っていた。大迫力の映像が、現代人に自然の尊さを訴える。
監督:ティエリー・ラコベール、ティエリー・ピアンタニーダ 出演者:ジャン=ルイ・エティエンヌ(ナレーション)、宮崎あおい(ナレーション(日本語吹替版))

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のネタバレあらすじ結末

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの紹介:2017年アメリカ映画。4人の高校生は学校で偶然発見した古いカセットゲームで遊ぶとゲームの世界に吸い込まれてしまう。それぞれが選んだキャラクターに変身してゲームの中の世界で生き残りをかけてステージクリアを目指す。
監督:ジェイク・カスダン 出演:ドウェイン・ジョンソン(スペンサー/スモルダー・ブレイブストーン博士)、ケビン・ハート(フリッジ/ムース・フィンバー)、ジャック・ブラック(ベサニー/シェリー・オベロン教授)、カレン・ギラン(マーサ/ルビー・ラウンドハウス)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 14

キーワードから探す

TOP↑