カーアクション映画一覧

「TAXi5 ダイヤモンドミッション」のネタバレあらすじ結末

TAXi ダイヤモンド・ミッションの紹介:2018年フランス映画。検挙率No.1で最高のドライビングの腕を持ちながら、スピード狂で派手な厄介ごとを起こしたシルヴァン・マロ。パリ警察から特殊部隊へ異動する夢も散り、ある日地方都市マルセイユと左遷されてしまう。風変わりな同僚に囲まれながら、高級車で宝石を盗むイタリアの強盗団と対峙する。1作目の『TAXi』から20年。第5作目となる本作はキャストを刷新し、タクシーもチューンアップ。フェラーリやランボルギーニなどの高級車との手に汗握るカーチェイスも見どころのひとつ。
監督:フランク・ガスタンビド 出演:フランク・ガスタンビド(シルヴァン・マロ)、マリク・ベンタルハ(エディ・マクルー)、ベルナール・ファルシー(ジベール市長)、サブリナ・ウアザニ(サミア)、エドゥアルド・モントート(アラン)ほか

「ワイルド・ストーム」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・ストームの紹介:2018年アメリカ映画。アメリカ各地を毎年襲撃するハリケンーンは大きな被害をもたらします。そのハリケーンの混乱の中で大金を盗み取る犯罪グループがいます。幼い頃ハリケーンで父を失った兄弟は、アメリカ財務省の女性職員とともに犯罪グループに立ち向かいます。『ワイルドストーム』は大規模な銃撃アクション、カーチェイス、大爆発などアメリカアクション映画の醍醐味を楽しめる映画、ハリケーンの巻き起こす大暴風雨による迫力ある映像も見どころです。
監督:ロブ・コーエン 出演:トビー・ケベル(ウィル)、マギー・グレイス(ケーシー)、ライアン・クワンテン(ブリーズ)、ラルフ・アイネソン(コーナー)、メリッサ・ボローナ、ジェームズ・カトラー、ベン・クロス、ほか

「プラスティック」のネタバレあらすじ結末

プラスティックの紹介:2014年イギリス映画。サムをはじめとする大学生4人はカード詐欺で大金を稼いでいる。ある日、ギャングのデータに手を出したことで脅され、途方もない金額を要求される。窮地を脱する為に更に大きな詐欺を計画するが、グループ内でも不和が広がっていき・・。果たして彼らは一世一代の賭けに勝つことができるのか!?ウィル・ポールターら注目の俳優が揃った実話を基にしたイギリス発クライムムービー。
監督:ジュリアン・ギルビー 出演:エド・スペリーアス(サム)、アルフィー・アレン(イェイツ)、ウィル・ポールター(フォーディー)、セバスチャン・デ・ソウザ(ラファ)、エマ・リグビー(フランキー)、トーマス・クレッチマン(マルセル)、ほか

「マル走改造自動車教習所」のネタバレあらすじ結末

マル走改造自動車教習所の紹介:1996年日本映画。教習車は全て改造車、教官は全員元不良というマルソウ自動車教習所に、不良やオタク、リストラサラリーマン、色仕掛け女などが入学し、教習所内で繰り広げるドタバタ劇を描いた青春映画です。
監督:高原秀和 出演者:宮崎光倫(石神)、三橋貴志(ケイ)、植田あつき(社長の娘)、新井康弘(リストラサラリーマン)、千葉千恵己(マミ)ほか

「ザ・ドライバー」のネタバレあらすじ結末

ザ・ドライバーの紹介:1978年アメリカ映画。強盗団の逃亡役のドライバーを専門にする若い男と、そのドライバーを逮捕してやろうとする刑事の物語で、ド派手なカーアクションが売りのクライムサスペンスです。配役に名前が無いのが特徴で、さらに若きイザベル・アジャーニが見事な引き立て役を演じています。
監督:ウォルター・ヒル 出演者:ライアン・オニール(ドライバー/カウボーイ)、ブルース・ダーン(刑事)、イザベル・アジャーニ(カジノの女)、ロニー・ブレイクリー(仲介者)ほか

「TAXI NY」のネタバレあらすじ結末

TAXI NYの紹介:2004年アメリカ,フランス映画。リュック・ベッソン製作・脚本で大ヒットした『TAXi』シリーズのハリウッド版リメイク作です。キャッチコピーは「この女、ブレーキ知らず!」で、ニューヨークを舞台に凄腕女性タクシードライバーが、ひょんなことからドジな落ちこぼれ刑事と、神出鬼没の女銀行強盗団とド派手で息詰まる追走劇を描いたカー・アクション・コメディ映画です。
監督:ティム・ストーリー 出演:クイーン・ラティファ(ベル・ウィリアムス)、ジミー・ファロン(アンディ・ウォッシュバーン)、ジゼル・ブンチェン(ヴァネッサ)、ジェニファー・エスポジート(マータ・ロビンス警部補)、アン=マーグレット(ウォッシュバーンの母)、ヘンリー・シモンズ(ジェシー)、ほか

「ブレーキ・ダウン」のネタバレあらすじ結末

ブレーキ・ダウンの紹介:1997年アメリカ映画。極悪非道の犯罪グループに攫われた妻を救うため、孤立無援の戦いに挑む男の姿を描いたサスペンス・スリラー。サンティエゴまで旅をしていたジェフとエイミーは、砂漠で車が故障し立ち往生してしまう。偶然通りかかったトラック運転手レッドの提案で、エイミーは彼の車に乗せて貰い少し先にあるレストランに向かった。ところが全てはレッドが仕組んだ罠で、エイミーはそのまま拉致されてしまう。果たしてジェフは無事エイミーを見つけ出すことが出来るのか。
監督:ジョナサン・モストウ 出演者:カート・ラッセル(ジェフリー・テイラー)、J・T・ウォルシュ(ウォーレン・バー)、キャスリーン・クインラン(エイミー・テイラー)、M・C・ゲイニー(アール)、ジャック・ノーズワージー(ビリー)ほか

「レッドライン7000」のネタバレあらすじ結末

レッドライン7000の紹介:1965年アメリカ映画。続けざまにジョン・ウェイン主演の傑作を世に送り出していたハワード・ホークスがその合間に若い俳優たちを使って作った作品。レッド・ライン(危険速度)ぎりぎりでマシンを駆るカーレーサーたちと、彼らと恋に落ちる女たち。カークラッシュは実際のレースで撮影された。一般的に失敗作とみなされているが、クエンティン・タランティーノ等、この作品の支持者も多い。テリー・ガーや『スタートレック』のジョージ・タケイも出演しています。
監督:ハワード・ホークス 出演者:ジェームズ・カーン(マイク・マーシュ)、マリアンナ・ヒル(ガブリエル・クノー)、ジェームズ・ウォード(ダン・マッコール)、ゲイル・ハイアー(ホリー・マクレガー)、ジョン・ロバート・クロフォード(ネッド・アープ)、ローラ・デヴォン(ジュリー・カザリアン)

「クラッシュ・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

クラッシュ・ゾーンの紹介:2016年ノルウェー映画。世界各国の名車たちが2,000キロ以上にもわたる公道で違法レースを繰り広げる様を描き、本国ノルウェーで大ヒットした痛快カーアクション「キャノンレース」(2014年)の続編です。前作のスタッフとキャストが再結集、前作で違法レースから足を洗った主人公は娘が恋人と共にレースに参戦すると聞きつけ、再び無謀で過酷な公道レースに舞い戻る姿をド迫力のカーバトルと共に描きます。
監督:ハルヴァルド・ブレイン 出演者:アンドレス・バースモ・クリスティアンセン(ロイ・グンダーセン)、ジョナス・ホフ・オフテブロ(チャーリー)、オットー・イェスパーセン(ニーバッケン)、ヴェガール・ホール(カイザー)、イーダ・ヒューソイ(ニーナ)ほか

「ゴッド・スピード・ユー!」のネタバレあらすじ結末

ゴッド・スピード・ユー!の紹介:2016年イタリア映画。イタリアGTのレーサーである17歳のジュリアは監督である父とレースを戦っていた。父がレース中に急死し、元天才レーサーだった音信不通の兄が現れ、衝突しながらもレースに挑んでいく。
監督 マッテオ・ロヴェーレ 出演:ステファノ・アコルシ(ロリス)、マティルダ・デ・アンジェリス(ジュリア)、パオロ・グラツィオージ(トニーノ)、ロベルタ・マッテイ(アンナレッラ)、ロレンツォ・ジョイエッリ(ミノッティ)、ほか

「逃走車」のネタバレあらすじ結末

逃走車の紹介:2013年アメリカ,南アフリカ映画。巨大な陰謀に巻き込まれた男の逃走劇を描くアクション作品。別れた妻を追ってヨハネスブルグへやって来たマイケル。手配したものとは違うレンタカーに戸惑うが、時間も無いのでそのまま使用することにした。ところがその車には、警察上層部の汚職を知るレイチェル検事が拉致監禁されていたのだった。真実を知ってしまったマイケルはレイチェルと共に命を狙われる羽目になる。全編車載カメラでの撮影になっており、臨場感も抜群の作品となっている。
監督:ムクンダ・マイケル・デュウィル 出演者:ポール・ウォーカー(マイケル)、ナイマ・マクリーン(レイチェル)、ジス・ドゥ・ビリエ(スミス刑事)、ツェポ・マセコ(警察官)、レイラ・エイドリアン(アンジェリカ)ほか

「ベイビー・ドライバー」のネタバレあらすじ結末

ベイビー・ドライバーの紹介:2017年アメリカ映画。ベイビーは天才的なドライブテクニックで犯罪者の逃亡を助ける「逃がし屋」です。交通事故の後遺症により耳鳴りがするベイビーにとって、音楽はなくてはならない相棒。ベイビーのカーチェイス・シーンに合わせて流れる音楽は、ロック・ソウル・ダンスと多彩なジャンル。幅広い世代から選ばれた音楽が鳴り響きます。音楽と映像がシンクロした新感覚映画。
監督:エドガー・ライト 出演者:アンセル・エルゴート(ベイビー)、リリー・ジェームズ(デボラ)、ケビン・スペイシー(ドク)、ジェイミー・フォックス(バッツ)、ジョン・ハム(バディ)、エイザ・ゴンザレス(ダーリン)ほか

「ユーズド・カー」のネタバレあらすじ結末

ユーズド・カーの紹介:1980年アメリカ映画。車を愛するルークと上院議員を目指すルディとその仲間達のおもしろくもちょっと危険な行動と、愛犬トビーのしっかりした仕事ぶりに目を離せない映画であり、カーアクションも楽しめて車好きには別の意味でも楽しめる映画です。
監督:ロバート・ゼメキス 出演:カート・ラッセル(ルディ・ラソー)、ジャック・ウォーデン(ロイ / ルーク・フュークス の二役)、ゲリット・グレアム(ジェフ)、フランク・マクレー(ジム)、デボラ・ハーモン(バーバラ)、ほか

「爆走トラック’76」のネタバレあらすじ結末

爆走トラック’76の紹介:1975年アメリカ映画。長距離トラック運転手が運送会社の支配下にあった1970年代のアメリカ・アリゾナを舞台に、運送会社の背後につく巨大勢力の理不尽な要求や妨害にも屈せず己の正義を貫く一人のトラック運転手の闘いを描いたカーアクション作品です。
監督:ジョナサン・カプラン 出演者:ジャン=マイケル・ヴィンセント(キャロル・ジョー・ハマー)、ケイ・レンツ(ジェリー・ケイン・ハマー)、スリム・ピケンズ(ドゥエイン・ヘラー)、L・Q・ジョーンズ(バック)、ドン・ポーター(カトラー)ほか

「バニシングIN60”」のネタバレあらすじ結末

バニシングIN60”の紹介:1974年アメリカ映画。“カー・クラッシュ・キング”との異名を持つ伝説のカースタント、H・B・ハリッキーが監督・脚本・主演・スタントを手掛けた、作中の約半分がカーチェイスシーンで構成されたカーアクション映画です。高級車ばかりを狙い、60秒以内に盗み出す窃盗団の窃盗計画を描いています。
監督:H・B・ハリッキー 出演者:H・B・ハリッキー(メインドリアン・ペイス)、マリオン・ブシア(パンプキン・チェイス)、ジェリー・ドーギルダ(ユージーン・チェイス)、ジェームズ・マッキンタイア(スタンリー・チェイス)、ジョージ・コール(アトリー・ジャクソン)ほか

1 2 3 4 5 6

キーワードから探す

TOP↑