クリスチャン・スレイター映画一覧

クリスチャン・スレイターが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶」のネタバレあらすじ結末

サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶の紹介:2015年アメリカ映画。父親から虐待を受けてきたとして体験談を発表した作家が些細なことから信用を失い、ある事件に関わるうちに自分の隠されてきた過去の真実に辿り着く過程を描いたヒューマンドラマです。
監督:パメラ・ロマノスキー 出演者:ジェームズ・フランコ(スティーヴン・エリオット)、アンバー・ハード(ラナ・エドモンド)、エド・ハリス(ニール・エリオット)、クリスチャン・スレイター(ハンス・ライザー)、ジム・パラック(ロジャー)ほか

「クライム&ダイヤモンド」のネタバレあらすじ結末

クライム&ダイヤモンドの紹介:2001年アメリカ映画。映画好きの殺し屋に人違いから囚われてしまった元詐欺師が、一縷の望みをかけて身の上を語る。随所に名作映画の引用が登場するし、犯罪あり、ロマンスありのコメディサスペンス。
監督:クリス・ヴァー・ヴェル 出演:クリスチャン・スレイター(トレバー・フィンチ)、ティム・アレン(毒舌ジム)、リチャード・ドレイファス(マイコー)、ポーシャ・デ・ロッシ(テス)、ビリー・コノリー(サビアン)、ほか

「ロビン・フッド (1991年)」のネタバレあらすじ結末

ロビン・フッドの紹介:1991年アメリカ映画。幾度となく映画化されてきた中世英国の国民的英雄ロビン・フッドの半生を描いた作品です。12世紀イギリス。十字軍の遠征から帰ったロビンは変わり果てた故郷の姿を見る。圧政を強いる代官に立ち向かうためロビンは仲間と共に戦いを始める。
監督:ケヴィン・レイノルズ 出演者:ケビン・コスナー(ロビン・フッド)、モーガン・フリーマン(アジーム)、クリスチャン・スレータ(ウィル・スカーレット)、メアリー・エリザベス・マストラントニオ(レディ・マリアン)、アラン・リックマン(ジョージ) ほか

「マインドハンター」のネタバレあらすじ結末

マインドハンターの紹介:2004年アメリカ映画。FBIの犯罪捜査分析官の要請試験のため、犯罪都市に見立てた無人島に7人のメンバーが送り込まれます。しかし本当に殺人事件が起こり、メンバー同士の腹の探り合いが始まると言うサスペンス映画です。最後まで誰が犯人かわからない面白さがあります。
監督:レニー・ハーリン 出演者:LL・クール・J(ゲイブ・ヤンセン)、ジョニー・リー・ミラー(ルーカス・ハーパー)、キャスリン・モリス(サラ・ムーア)、ヴァル・キルマー(ジェイク・ハリス)、クリスチャン・スレーター(J・D・レストン)、パトリシア・ヴェラスケス(ニコール・ウィリス)、クリフトン・コリンズ・Jr(ヴィンス・シャーマン)ほか

「告発」のネタバレあらすじ結末

告発の紹介:1995年アメリカ映画。実話を元に製作された作品で、かつて史上最悪の刑務所として恐れられたアルカトラズ連邦刑務所で行われていた凄惨な虐待と、それを告発に動いた一人の囚人の物語です。
監督:マーク・ロッコ 出演者:ケヴィン・ベーコン(ヘンリー・ヤング)、クリスチャン・スレイター(ジェームズ・スタンフィル)、ゲイリー・オールドマン(ミルトン・グレン)、エンベス・デイヴィッツ(メアリー)、ウィリアム・H・メイシー(ウィリアム・マクニール)ほか

「ソルジャーズ・アイランド」のネタバレあらすじ結末

ソルジャーズ・アイランドの紹介:2012年アメリカ,ロシア映画。「安全な戦争体験ができる」との触れ込みで孤島を訪れた富豪たちと警護を務める元米軍特殊部隊の男が、何者からの攻撃を受け本当の戦闘に巻き込まれていく姿を描いたミリタリーアクション映画です。
監督:マキシム・コロスティシェフキー 出演者:クリスチャン・スレイター(クレイグ)、ショーン・ビーン(ジョン)、ヴィング・レイムス(グリモー)、ドミニク・モナハン(シン)、ジェームズ・クロムウェル(ハウスマン)ほか

「忘れられない人」のネタバレあらすじ結末

忘れられない人の紹介:1993年アメリカ映画。心臓の病を抱え、孤独に耐えて生きてきた孤児のアダムは、成長してキャロラインと出会い、恋心を抱きます。ある事件をきっかけに彼女と親しくなったアダムは、人生の最期に至福の時を過ごすのでした。
監督:トニー・ビル 出演:クリスチャン・スレイター(アダム)、マリサ・トメイ(キャロライン)、ロージー・ペレス(シンディ)、ほか

「スター・トレックVI/未知の世界」のネタバレあらすじ結末

スター・トレックVI/未知の世界の紹介:1991年アメリカ映画。スタートレックシリーズ6作目で完結編。今回はカーンの逆襲のニコラス・メイヤーが監督。ちょい役でクリスチャン・スレーターが出演していたり、イマンの美しさなどもこの作品の魅力の一つだと思います。だんだんと歳をとってゆくエンタープライズ号のクルーたちも素敵です。
監督:ニコラス・メイヤー 出演者:ウィリアム・シャトナー(カーク提督)、レナード・ニモイ(スポック)イマン・アブドゥルマジド(マルティア)、ウォーター・ケーニッヒ(チェコフ)、ディフォレスト・ケリー(Dr.マッコイ)ほか

「バレット」のネタバレあらすじ結末

バレットの紹介:2012年アメリカ映画。元海兵隊員という過去を持つ凄腕の殺し屋が、殺された相棒の復讐のために共通の目標を追う若い刑事と手を組み、警察やマフィアらとの壮絶な戦いに突入していくバイオレンスアクションです。
監督:ウォルター・ヒル 出演者:シルヴェスター・スタローン(ジミー・ボノモ)、サン・カン(テイラー・クォン)、ジョン・セダ(ルイス・ブランチャード)、サラ・シャヒ(リサ・ボノモ)、ジェイソン・モモア(キーガン)ほか

「キングコブラ」のネタバレあらすじ結末

キングコブラ(King Cobra)の紹介:2016年アメリカ映画。勉強のためと母親に嘘をついたブレントは夏の間ある男の家で過ごすことになる。彼の名前はスティーヴン。ブレントは彼の家でゲイポルノに出演するのだ。その仕事はブレントには天職と呼べるものだった。ネット上ではブレントの人気はうなぎ登り、しかしそれを妬む者もあらわれる。そして悲劇が起こってしまう。実在のポルノスターブレント・コリガンの話をベースにした映画。製作にはジョー役で出演するジェームズ・フランコも参加している。
監督:ジャスティン・ケリー 出演:ブレント・コリガン(ギャレット・クレイトン)、スティーヴン(クリスチャン・スレーター)、ジョー(ジェームズ・フランコ)、ハーロー(キーガン・アレン)ほか

「ニンフォマニアック Vol.1」のネタバレあらすじ結末

ニンフォマニアック Vol.1の紹介:2013年デンマーク,ドイツ,フランス,ベルギー,イギリス映画。夜中の路地裏で一人の女性が倒れているのを発見したセリグマン。傷だらけのその女性は警察も救急車もいらないと言う。家へ連れ帰り介抱するセリグマン、そんな彼にその女性は倒れたいきさつを話し始める。名はジョー。話は彼女の幼い頃の記憶を辿り始める。それは性の誘惑に流され続けた一人の女性の半生だった。大胆なシーンの多い「鬱三部作」の最終章、前編。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演:シャルロット・ゲンズブール(ジョー)、ステラン・スカルスガルド(セリグマン)、ステイシー・マーティン(若いジョー)、シャイア・ラブーフ(ジェローム)、クリスチャン・スレイター(ジョーの父)、ユマ・サーマン(H夫人)、ほか

「オースティン・パワーズ」のネタバレあらすじ結末

オースティン・パワーズの紹介:1997年アメリカ映画。60年代ファッションが魅力的で、オースティンやドクター・イーブルが冷凍保存されていたことで30年の時代の変化を面白く切なく感じることのできる作品です。キャリー・フィッシャーやクリスチャン・スレーター、ビート・バカラックなどカメオ出演も豪華です。
監督:ジェイ・ローチ 出演:マイク・マイヤーズ(オースティン・パワーズ/ドクター・イービル)、エリザベス・ハーレイ(バネッサ・ケンジントン)、ミミ・ロジャース(ミセス・ケンジントン)、ロバート・ワグナー(ナンバー・ツー)

「ヘザース/ベロニカの熱い日」のネタバレあらすじ結末

ヘザース/ベロニカの熱い日の紹介:1989年アメリカ映画。学園の権力を握るグループにこき使われ、貶められた主人公が、恋人とともに仕返しをするうちに恋人の行動がエスカレートし、やがて学園全体を揺るがす計画を知る。
監督:マイケル・レーマン 出演:ウィノナ・ライダー(ベロニカ)、クリスチャン・スレイター(JD)、シャナン・ドハティ(ヘザー・デューク)、リザンヌ・フォーク(ヘザー・マクナマラ)、ほか

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの紹介:1994年アメリカ映画。アン・ライスの小説『夜明けのヴァンパイア』の映画化。時は現代。ルイはヴァンパイアとして、数奇な人生をジャーナリストに語り始めます。今から200年ほど前、妻子を失ったルイは、死を願い自暴自棄な日々を送っています。そんな彼の前にヴァンパイアが現れます。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:トム・クルーズ(レスタト・デ・リオンコート)、ブラッド・ピット(ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック)、クリスチャン・スレーター(ダニエル・マロイ)、キルスティン・ダンスト(クローディア)、アントニオ・バンデラス(アーマンド)ほか

「ブロークン・アロー」のネタバレあらすじ結末

ブロークン・アローの紹介:1996年アメリカ映画。アメリカ空軍パイロットのヘイル大尉とディーキンス少佐が搭乗した戦闘機は、模擬演習のため核弾頭2基を搭載しユタへ向かいます。突如、反旗を翻したディーキンスにより核弾頭が強奪されます。監督は、アクション映画界の巨匠ジョン・ウーです。
監督::ジョン・ウー 出演者:クリスチャン・スレーター(ライリー・ヘイル大尉)、ジョン・トラヴォルタ(ヴィック・ディーキンス少佐)、サマンサ・マシス(テリー・カーマイケル)、デルロイ・リンドー(マックス・ウィルキンス大佐)、ボブ・ガントン(プリチェット)ほか

1 2
TOP↑