ハロウィン映画一覧

「アダムス・ファミリー2」のネタバレあらすじ結末

アダムス・ファミリー2の紹介:1993年アメリカ映画。1991年に大ヒットを博した「アダムス・ファミリー」の続編。新しい家族、ピューパートを加え更にパワーアップしたアダムス家が、家で、サマーキャンプで大暴れする。
監督:バリー・ソネンフェルド 出演:ラウル・ジュリア、(ゴメズ・アダムス)、アンジェリカ・ヒューストン、(モーティシア・アダムス)、クリスティーナ・リッチ(ウェンズデー・アダムス)、ジミー・ワークマン(パグズリー・アダムス)、ほか

「アダムス・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

アダムス・ファミリーの紹介:1991年アメリカ映画。「アダムスのお化け一家@」というTVシリーズで、リチャード・アダムスの怪奇漫画を映画化した作品。公開から20年以上経った現在でも根強い人気を誇るホラーコメディ映画のトップに君臨するとも言える一作。その人気から、第2作にあたる「アダムス・ファミリー2」も製作されている。
監督:バリー・ソネンフェルド 出演:ラウル・ジュリア、(ゴメズ・アダムス)、アンジェリカ・ヒューストン、(モーティシア・アダムス)、クリスティーナ・リッチ(ウェンズデー・アダムス)、ジミー・ワークマン(パグズリー・アダムス)、クリストファー・ロイド/ゴードン・グレイヴ(クリストファー・ロイド)ほか

「ゾンビスクール!」のネタバレあらすじ結末

ゾンビスクール!の紹介:2014年アメリカ映画。汚染物質の混ざったチキンナゲットを食べた小学生と大人達との戦いを描いたコミカルホラー。人気シリーズ「ロードオブザリング」のイライジャ・ウッドが製作総指揮と小説家志望の臨時教師を演じています。
監督:ジョナサン・マイロット、キャリー・マーニオン 出演:イライジャ・ウッド(クリント)、レイン・ウィルソン(ウェイド)、アリソン・ピル(ルーシー)、ジャック・マクブレイヤー(トレイシー)、ほか

「モンスター・ホテル」のネタバレあらすじ結末

モンスター・ホテルの紹介:2012年アメリカ映画。3DCGアニメーション映画。子供から大人まで楽しめるストーリー展開で人気を博し、2016年には「モンスターホテル2」が公開されている。モンスターが休暇を楽しむというホテルに迷い込んだドラキュラの娘と人間が恋に落ちたことで大騒ぎとなる様子が描かれる。
監督:ゲンディ・タルタコフスキー 出演:アダム・サンドラー(ドラキュラ)、アンディ・サムバーグ(ジョニー・人間)、セレーナ・ゴメス(メイヴィス・ドラキュラの娘)、ケヴィン・ジェームズ(フランケンシュタイン)、ほか

「コープスブライド」のネタバレあらすじ結末

ティム・バートンのコープスブライドの紹介:2005年イギリス映画。結婚式の予行演習で大失態をしでかしたヴィクター。失意の底で森の中をさ迷いながら誓いの言葉を練習していた。そして木の枝を結婚相手ヴィクトリアとみたて指輪をはめ誓いの言葉を発する。すると彼の言葉と指環に反応した花嫁の死体が地面から飛び出してきた。彼はその花嫁エミリーに連れられ地下にある死者の世界へと連れて行かれる。ティム・バートン製作モーションストップアニメーション。アカデミー賞長編アニメーションノミネート。
監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン 声の出演:ジョニー・デップ(ビクター)、ヘレナ・ボナム=カーター(コープス・ブライド)、エミリー・ワトソン(ビクトリア)、ほか

「ハロウィン(1978年)」のネタバレあらすじ結末

ハロウィンの紹介:1978年アメリカ映画。カーペンター監督がそのホラーの名手としての地位を確立した傑作。独立プロ製作の映画として、当時としては記録的な興行記録を樹立した。監督自身が手掛けた音楽も古典となっている。続編となる「ハロウィン」は2019年に日本公開された。
監督:ジョン・カーペンター 出演:ドナルド・プレザンス(サム・ルーミス医師)、ジェイミー・リー・カーティス(ローリー・ストロード)、ナンシー・キーズ(アニー・ブラケット)、チャールズ・サイファーズ(リー・ブラケット保安官)、トニー・モラン(マイケル・マイヤーズ)、ほか

「コララインとボタンの魔女」のネタバレあらすじ結末

コララインとボタンの魔女の紹介:2009年アメリカ映画。両親の都合であるアパートへと越してきたコラライン。仕事ばかりで構ってくれず近所に住む人間もおかしな者たちばかり。そんなある日コララインは自分の部屋の壁に小さな扉があるのを発見する。その扉をくぐった先には優しい母親と父親の姿。そうそこはコララインの理想の家だった。しかしよく見ると二人の目には真っ黒なボタンが。この家にはある秘密が隠されていた。児童文学作品をストップモーション・アニメで映画化。
監督:ヘンリー・セリック 声の出演:ダコタ・ファニング(コラライン)、テリー・ハッチャー(ママ)、ジョン・ホッジマン(パパ)、イアン・マクシェーン(ボビンスキー)、ほか

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」のネタバレあらすじ結末

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄の紹介:2016年カナダ製作映画。ハロウィンの夜、マイクは息子のチャーリーを近所の祭りへ連れ出した。仕事の昇進も決まり有頂天だった彼は妻クリステンを説得し既に夜遅かったがチャーリーとハロウィンの夜を楽しもうとしていた。しかし少し目を離した隙にチャーリーは忽然と姿を消す。それはただの失踪ではなく謎の存在が絡んだ不可思議な事件だった。ニコラス・ケイジ主演のハロウィンを舞台にしたホラー。
監督:ウーリー・エデル 出演:ニコラス・ケイジ(マイク・ローフォード)、サラ・ウェイン・キャリーズ(クリスティン)、ヴェロニカ・フェレ(ハンナ)、ジャック・フルトン(チャーリー)、ほか

「ロッキー・ホラー・ショー」のネタバレあらすじ結末

ロッキー・ホラー・ショーの紹介:1975年イギリス映画。リチャードオブライエン原作のホラーミュージカル舞台劇、ロッキーホラーショーを映画化した作品で、ホラー、SF、コメディなど様々な要素が入ったストーリーが展開されます。
監督:ジム・シャーマン 出演:ティム・カリー(フランクン・フルター博士)、バリー・ボストウィック(ブラッド・メイジャース)、スーザン・サランドン(ジャネット・ワイズ)、リチャード・オブライエン(リフ・ラフ)、ほか

「エルム街の悪夢」のネタバレあらすじ結末

エルム街の悪夢の紹介:1984年アメリカ映画。アメリカ映画を代表するホラー映画、エルム街の悪夢の第一弾で、夢から攻撃をされるというストーリーは当時の若者にショックを与えるなど、大きな話題を呼びました。人の夢に巣食う鉄の爪の殺人鬼フレディと少女の死闘を描く名作ホラー。
監督:ウェス・クレイヴン 出演:ヘザー・ランゲンカンプ(ナンシー・トンプソン)、ジョン・サクソン(トンプソン警部補)、ロニー・ブレイクリー(マージ・トンプソン)、ロバート・イングランド(フレディ・クルーガー)、アマンダ・ワイス(ティナ・グレイ)、ニック・コッリ(ロッド・レイン)、ジョニー・デップ(グレン・ランツ)、チャールズ・フライシャー(ドクター・キング)、ほか

「ゴーストバスターズ」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ の紹介:1984年アメリカ映画。超常現象や幽霊・霊体の研究を行っていたピーター率いる三人の冴えない科学者が幽霊退治に賭けるホラーコメディ作品。続編も作られ、2016年8月には新作『ゴーストバスターズ』が公開。
監督・アイヴァン・ライトマン 出演:ピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ)、レイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド)、イゴン・スペングラー博士(ハロルド・ライミス)、ディナ・バレット(シガニー・ウィーバー)ほか

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの紹介:1994年アメリカ映画。アン・ライスの小説『夜明けのヴァンパイア』の映画化。時は現代。ルイはヴァンパイアとして、数奇な人生をジャーナリストに語り始めます。今から200年ほど前、妻子を失ったルイは、死を願い自暴自棄な日々を送っています。そんな彼の前にヴァンパイアが現れます。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:トム・クルーズ(レスタト・デ・リオンコート)、ブラッド・ピット(ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック)、クリスチャン・スレーター(ダニエル・マロイ)、キルスティン・ダンスト(クローディア)、アントニオ・バンデラス(アーマンド)ほか

「ゾンビランド」のネタバレあらすじ結末

ゾンビランドの紹介:2009年アメリカ映画。ある強力なウィルスが世界に蔓延、人類がゾンビと化した世界で青年コロンバスは一人生きていた。ある日コロンバスは一人の男と出会う。彼はタラハシー。方向が同じということで彼の車に乗せてもらうことになる。あるスーパーへ辿り着いた二人はそこで二人の姉妹に会う。しかし言葉巧みに騙された二人は姉妹に車を取られてしまった。主演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ。ホラー・コメディ映画。
監督:ルーベン・フライシャー 出演:コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)、ビル・マーレイ(ビル・マーレイ)ほか

「ゴーストバスターズ (2016年)」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ (2016)の紹介:2016年アメリカ映画。物理学の教授をしていたエリンは過去に幽霊に関する書物を出版していたこともありある幽霊屋敷の調査を依頼される。そして古くからの友人であるアビーと彼女の同僚ホルツマンの3人でその屋敷へと足を運んだ。そしてそこで見たものはとても美しい本物の幽霊の姿だった。本物を初めて見たことで興奮する3人だったが裏ではある人物による計画が始まっていた。1984年に公開され社会現象にもなった「ゴーストバスターズ」のリブート作品。
監督:ポール・フェイグ 出演:エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ/友近)、アビー・イェーツ(メリッサ・マッカーシー/渡辺直美)、ジリアン・ホルツマン(ケイト・マッキノン)、パティ・トラン(レスリー・ジョーンズ)、ケヴィン(クリス・ヘムズワース)ほか

「13日の金曜日」のネタバレあらすじ結末

13日の金曜日の紹介:1980年アメリカ映画。アメリカを代表するホラー映画の一つで、1980年代から始まったシリーズは、2000年代まで続く大人気コンテンツとなり、ホラー映画の代名詞ともなりました。
監督 :ショーン・S・カニンガム 出演:ベッツィ・パルマー(ヴォーヒーズ夫人)、エイドリアン・キング(アリス)、ハリー・クロスビー(ビル)、ローリー・バートラム(ブレンダ)、マーク・ネルソン(ネッド)、ケヴィン・ベーコン(ジャック)、ジャニーヌ・テイラー(マーシー)、アリ・レーマン(ジェイソン)ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑