ハロウィン映画一覧

「何かが道をやってくる」のネタバレあらすじ結末

何かが道をやってくるの紹介:1983年アメリカ映画。SF作家レイ・ブラッドベリの同名幻想小説をディズニー制作で実写映画化したSFダークファンタジーです。アメリカの田舎町に突如現れたカーニバル団。町に住む二人の少年が偶然にもカーニバル団の正体を見てしまったことから彼らは追われる羽目に…。
監督:ジャック・クレイトン 出演者:ジェイソン・ロバーズ(チャールズ・ハロウェイ)、ジョナサン・プライス(ミスター・ダーク)、ヴィダル・ピーターソン(ウィル・ハロウェイ)、ショーン・カーソン(ジム・ナイトシェイド)、ダイアン・ラッド(ナイトシェイド夫人)ほか

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のネタバレあらすじ結末

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。の紹介:2017年アメリカ映画。ホラーの帝王、スティーヴン・キング原作による1986年のベストセラー小説「IT –イット-」。1990年にTVドラマシリーズ化されて人気を博し、今回が二度目の映像化で、初の劇場版となる。監督は、ギレルモ・デル・トロにその才能を見出され、「MAMA」(2013)で長編映画デビューを飾ったアンディ・ムスキエティ。もともとスティーヴン・キングの小説の大ファンだというムスキエティは、90年版よりさらにホラー度をアップさせながらも、原作のイメージを損なうことなく、よりスタイリッシュな“IT”像を作り上げた。アメリカの小さな田舎町で、子供ばかりが失踪する謎の事件が多発。弟が行方不明になっている少年ビルは、仲良しの友人達と共に事件の真相を突きとめようとする。ストーリーの鍵を握るITを演じるのは、スウェーデン出身の若手俳優ビル・スカルスガルド。90年版では「ロッキー・ホラー・ショー」(1975)のティム・カリーが不気味なITを演じているが、見比べてみるのも面白い。
監督:アンディ・ムスキエティ 出演者:ジェイデン・リーバハー(ビル)、ビル・スカルスガルド(ペニーワイズ)、ジャクソン・ロバート・スコット(ジョージー)、ソフィア・リリス(ベバリー)、ジェレミー・レイ・テイラー(ベン)、フィン・ウォルフハード(リッチー)、ジャック・ディラン・グレイザー(エディ)、ワイヤット・オレフ(スタンリー)、チョーズン・ジェイコブス(マイク)、ニコラス・ハミルトン(ヘンリー)ほか

「IT/イット」のネタバレあらすじ結末

IT/イットの紹介:1990年アメリカ映画。スティーヴン・キング,原作によるTV映画。実在した児童連続殺人犯ジョン・ゲイシーをモデルにした映画で、子どもの弱点につけ込み襲い掛かる殺人ピエロ“IT”と子ども時代に遭遇し、時を経てピエロと対決する大人達の、トラウマとの決別の物語。この作品は2017年に「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」として劇場版としてリメイクされています。
監督:トミー・リー・ウォーレス 出演:ティム・カリー(ペニー・ワイズ)、リチャード・トーマス(ビル・デンブロウ)、ジョン・リッター(ベン・ハンスコム)、アネット・オトゥール(ベバリー・マシュー)、リチャード・メイサー(スタンリー・ユリス)ほか

「ハロウィン(2007年)」のネタバレあらすじ結末

ハロウィンの紹介:2007年アメリカ映画。少年時代動物虐殺、殺人、そしてハロウィンの夜に家族惨殺を行ったマイケルが警察の精神病院入れられ更生させられていましたが、17年後マイケルは脱走し、ハロウィンの夜惨殺を繰り返すという、ジョン・カーペンターの名作『ハロウィン』をロブ・ゾンビ監督がリメイクした作品です。BGMにオリジナルの曲が使われています。
監督:ロブ・ゾンビ 出演者:マルコム・マクダウェル(ルーミス医師)、スカウト・テイラー=コンプトン(ローリー・ストロード)、タイラー・メイン(マイケル・マイヤーズ/ブギーマ)、ダエグ・フェアーク(マイケル・マイヤーズ(少年))、シェリ・ムーン・ゾンビ(デボラ・マイヤーズ)ほか

「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のネタバレあらすじ結末

リトル・ショップ・オブ・ホラーズの紹介:1960年アメリカ映画。人間の血肉を糧とする珍しい植物を、店の名物にしようとした花屋がありました。ところが、この植物の食欲は異常で、犠牲者がどんどん増えていきます。この植物の暴走を止める事はできるのでしょうか。
監督:ロジャー・コーマン 出演者:シーモア(ジョナサン・ヘイズ)、オードリー(ジャッキー・ジョセフ)、マシュニク(メル・ウェルズ)、最初の犠牲者(ディック・ミラー)、ほか

「ペット・セメタリー2」のネタバレあらすじ結末

ペット・セメタリー2の紹介:1992年アメリカ映画。スティーヴン・キングの原作小説を映画化したホラー映画「ペット・セメタリー」(1989年)の続編です。死体が再び甦えるという伝説を持つインディアンの墓「ペット・セメタリー」から甦った死者が主人公らに襲い掛かります。「ターミネーター2」に出演で話題となった美少年エドワード・ファーロングが主演したホラー映画。
監督:メアリー・ランバート 出演者:エドワード・ファーロング(ジェフ)、アンソニー・エドワーズ(チェイス)、クランシー・ブラウン(ガス)、ジャレッド・ラシュトン(クライド)、ルネ(ダーレーン・フリューゲル)ほか

「メアリと魔女の花」のネタバレあらすじ結末

メアリと魔女の花の紹介:2017年日本映画。スタジオジブリで活躍した米林宏昌監督のスタジオポノック移籍後作品第一弾。大叔母シャーロットの住む土地へと越して来たメアリはある晩森の中で不思議な出会いを果たす。それは青く光る美しい花「夜間飛行」。それは不思議な力を持つ花でメアリに一晩だけ魔法の力を授けるものだった。同時に目覚めた魔法の箒と共に大空へと飛び立ったメアリは魔法大学へと辿り着く。しかしその大学の校長には裏の顔があった。主題歌はSEKAI NO OWARI 「RAIN」。
監督:米林宏昌 声優: 杉咲花(メアリ)、神木隆之介(ピーター)、天海祐希(マダム・マンブルチューク)、小日向文世(ドクター・デイ)、満島ひかり(赤毛の魔女)、佐藤二朗(フラナガン)、遠藤憲一(ゼベディ)、渡辺えり(バンクス)、大竹しのぶ(シャーロット)、ほか

「魔女の宅急便(実写版)」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便(実写版)の紹介:2014年日本映画。魔女として生きることを決めたキキは13歳の満月の夜、両親の元を離れ故郷を旅立った。辿り着いたある港街は自然も美しくたくさんの人で賑わっている。キキは相棒の黒猫ジジと共にこの街での生活を決めることにした。そこで出会った一人の女性おソノに住む場所を紹介してもらいキキは空飛ぶ「宅急便」を始めることにする。しかし上手くは事は運ばなかった。角野栄子原作「魔女の宅急便」を実写映画化。監督はホラー映画「呪怨」などを製作した清水崇。
監督:清水崇 出演:キキ(小芝風花) とんぼ(広田亮平) ジジ(寿美菜子)  おソノ(尾野真千子) フクオ(山本浩司) すみれ(吉田羊) ナヅル(新井浩文) タカミ・カラ(YURI) ラジオDJ(LiLiCo) イシ先生(浅野忠信) オキノ(筒井道隆) コキリ(宮沢りえ) 

「ゴーストバスターズ2」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ2の紹介:1989年アメリカ映画。大人気コメディSF作品ゴーストバスターズの第二弾。第一弾でヒーローになったものとばかり思っていたゴーストバスターズがまさかの解散を強いられていたという衝撃の事実から物語が始まる。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:ビル・マーレイ(ピーター・ヴェンクマン博士)、ダン・エイクロイド(レイモンド・スタンツ博士)、ハロルド・ライミス(エゴン・スペングラー博士)、シガーニー・ウィーヴァー(ダナ・バレット)、アーニー・ハドソン(ウィンストン・ゼドモア)、ほか

「トイ・ストーリー・オブ・テラー」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー・オブ・テラーの紹介:2013年アメリカ映画。ピクサーの名作「トイ・ストーリー」の、ハロウィン用スピンオフ作品です。設定は「トイストーリー3」の後、ウディやバズ達が少女ボニーに引き取られてからのエピソードで、元はアンディのおもちゃだったウディ達が、ボニーに愛されている様子が見られ、非常に微笑ましいです。ハロウィン用ということもあって、ホラーの名作「サイコ」の名場面のパロディなど、良く知られる「怖い場面」が上手に使われています。
監督:アンガス・マクレーン 声の出演:トム・ハンクス(ウディ)、ティム・アレン(バズ)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ほか

「ぼくのエリ 200歳の少女」のネタバレあらすじ結末

ぼくのエリ 200歳の少女の紹介:2008年スウェーデン映画。父親らしき男性と暮らしている、12歳の少女の姿のまま200年生きているヴァンパイアの少女がある街に引っ越してきて、隣に住むいじめられっ子の男の子と仲良くなっていきます。
監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:カーレ・ヘーデブラント(オスカー)、リーナ・レアンデション(エリ)、ペール・ラグナル(ホーカン)、ペーテル・カールベリ(ラッケ)、イーカ・ノード(ヴィルギニア)、ほか

「モンスター・ホテル2」のネタバレあらすじ結末

モンスター・ホテル2の紹介:2015年アメリカ映画。前作で恋を実らせたドラキュラの娘メイヴィスと、人間のジョナサン。2人の間には、男の子デニスが産まれます。人間の子供として育てたいメイヴィスと、ヴァンパイアの子供として育てたいドラキュラは、ぶつかってばかり。その対立に漬け込むように、人間嫌いなドラキュラの父親ヴラッドがモンスター・ホテルにやって来て大騒動に発展します。前作よりもパワーアップした、ドタバタ喜劇のアニメーション作品です。
監督:ゲンディ・タルタコフスキー 声の出演:アダム・サンドラー(ドラキュラ)、セレーナ・ゴメス(メイヴィス)、アンディ・サムバーグ(ジョナサン)、ほか

「ペット・セメタリー」のネタバレあらすじ結末

ペット・セメタリーの紹介:1989年アメリカ映画。ある日、田舎の一軒家に引っ越してきたクリード一家。家の近くのペット霊園に亡くなった愛猫を埋葬したことから起こる怪現象を描いたホラー映画。スティーヴン・キングが自らの体験を基に1983年に発表した長編小説の映画化作品。続編となるペット・セメタリー2には、ターミネーター2でジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロングが主演して話題となった。2019年には設定を新しくしてリメイク、再映画化された。日本公開は2020年1月。
監督: メアリー・ランバート 出演:デイル・ミッドキフ(ルイス)、フレッド・グウィン(ジャド)、デニーズ・クロスビー(レイチェル)、 ブレーズ・バーダール(エリー)、マイコ・ヒューズ(ゲイジ)ほか

「キャスパー」のネタバレあらすじ結末

キャスパーの紹介:1995年アメリカ映画。友達のいないお化けの少年「キャスパー」。はお化け屋敷と呼ばれる屋敷に3人のおじさんたちと一緒に住み着いています。ある日、母を亡くしてから、父に連れられて転校ばかりしているせいで友達のいない少女「キャット」がキャスパーの住むお屋敷にやってきます。お屋敷を相続したキャリガンや3人のおじさんたちに邪魔をされながらも、キャスパーはキャットと友達になりたいと奮闘しますが、なかなかうまくいかなくてキャスパーは生き返るための方法を考え始めます。
監督:ブラッド・シルバーリング 出演者:キャット(クリスティーナ・リッチ)・キャスパーの声(マラキ・ピアソン)・ハーヴェイ博士(ビル・プルマン)・キャリガン(キャシー・モリアーティ)・ディッブス(エリック・アイドル)ほか

「ラビリンス/魔王の迷宮」のネタバレあらすじ結末

ラビリンス/魔王の迷宮の紹介:1986年アメリカ映画。全編ジム・ヘンソンによるマペットとデヴィッド・ボウイの曲で繰り広げられるファンタジー。物語好きの少女が弟を連れ去った魔王ジャレスの元へ、弟を取り戻す冒険に出る。
監督ジム・ヘンソン、ピーター・マクドナルド、ジミー・デイヴィス 出演:デヴィッド・ボウイ(ジャレス)、ジェニファー・コネリー(サラ)、シェリー・トンプソン(継母)、ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑