LGBT映画一覧

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)のセクシャルマイノリティをテーマにした映画、LGBT役の出演がある映画のネタバレあらすじ一覧です。コメディからシリアスドラマまで幅広い作品があり、ゲイなどの同性愛、LGBTについて映画を通して性の多様性を考える機会にもなります。

「恍惚(1992年)」のネタバレあらすじ結末

恍惚(別題:恍惚/ヴァレンティノより美しい)の紹介:1992年アメリカ映画。1924年に実際に起きた「レオポルドとローブ事件」を基に、聡明な美青年2人の罪について描く犯罪ドラマ。裕福な家庭に生まれ育ったユダヤ系青年のネイサンとリチャードは恋人同士。日頃から小さな犯罪を重ねていた2人は、ついに誘拐殺人事件を起こしてしまう。逮捕された彼らは互いに罪を擦り付け、何とか絞首刑を逃れようとするのだった。ベルリン国際映画祭でテディ賞とカリガリ映画賞を受賞するなど、数々の映画賞に輝いた傑作。
監督:トム・ケイリン 出演者:クレイグ・チェスター(ネイサン・レオポルドJr.)、ダニエル・シュラケット(リチャード・ローブ)、ロン・ヴォーター(弁護士)、マイケル・カービー(刑事)、マイケル・スタン(医師)ほか

「マイ・ビューティフル・ランドレット」のネタバレあらすじ結末

マイ・ビューティフル・ランドレットの紹介:1985年イギリス映画。差別や社会の混乱などに揺れる1980年代のロンドンを舞台に、赤字経営のコインランドリーを一緒に経営する幼馴染みのパキスタン人とイギリス人青年の交流を描いたヒューマンドラマです。当初はテレビドラマとして製作されましたがエディンバラ国際映画祭での反響を受けて劇場公開され、第59回アカデミー賞は脚本賞にノミネートされています。
監督:スティーヴン・フリアーズ 出演者:ゴードン・ウォーネック(オマール・アリ)、ダニエル・デイ=ルイス(ジョニー)、サイード・ジャーフリー(ナセル・アリ)、ロシャン・セス(フセイン・アリ)、シャーリー・アン・フィールド(レイチェル)、リタ・ウルフ(タニア・N・アリ)、デリック・ブランシュ(サリム・N・アリ)ほか

「彼の見つめる先に」のネタバレあらすじ結末

彼の見つめる先にの紹介:2014年ブラジル映画。視覚障害のある高校生レオナルドは、転校生のガブリエルと出会ったことでこれまでにない気持ちを抱くようになる。2人の少年と1人の少女を中心に巻き起こる青春ストーリーをとても爽やかに描いています。ダニエル・ヒベイロ監督が過去に製作し人気を博した短編映画を、当時と同じキャストで長編作品にしたものとなっています。
監督:ダニエル・ヒベイロ 出演:ジュレルメ・ロボ(レオナルド)、ファビオ・アウディ(ガブリエル)、テス・アモリン(ジョヴァンナ)、ルシア・ホマノ、セウマ・エグレイ、ほか

「クライング・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

クライング・ゲームの紹介:1992年イギリス映画。誘拐犯と人質の友情を軸に、危険な恋と戦いを描くサスペンス・ドラマ。IRA(アイルランド共和国軍)に所属するファーガスは、誘拐した英国軍の黒人兵士ジョディを見張るうちに彼と束の間の友情を育んだ。しかし隙を突いて逃走したジョディは、追いかけたファーガスの目の前でトラックに轢かれて死亡してしまう。ジョディの遺志に報いるため、ロンドンに住む彼の恋人ディルに接触したファーガス。不思議な魅力を持つディルに強く惹かれていくが、彼女には大きな秘密が隠されていた。第65回アカデミー賞で脚本賞を受賞。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:スティーヴン・レイ(ファーガス)、ミランダ・リチャードソン(ジュード)、フォレスト・ウィテカー(ジョディ)、エイドリアン・ダンバー(マグワイア)、ジェイ・デヴィッドソン(ディル)ほか

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」のネタバレあらすじ結末

ジョン・F・ドノヴァンの死と生の紹介:2018年カナダ,イギリス映画。成功したアメリカ俳優ジョン・F・ドノヴァン。彼は同性愛や母との葛藤という悩みを抱え、イギリスの11歳の子役ルパートと、その悩みや人生について書いた文通を始めます。やがて、謎の死をとげたドノヴァンについて、ルパートは本を書きメディアの取材に応じ、その謎の死について語ります。『ジョン・F・ドノヴァンの死と生 』は同性愛の俳優といじめに会う子役俳優との心の交友を描いた映画です。映画は成人したルパートと記者のインタビューシーン、ルパートの少年時代を振り返る回想シーン、そしてルパートがドノヴァンから受け取った手紙の内容を語る、3つのシーンで構成されます。
監督:グザヴィエ・ドラン 出演:キット・ハリントン(ジョン・F・ドノヴァン)、ナタリー・ポートマン(サム・ターナー)、ジェイコブ・トレンブレイ(ルパート・ターナー(子供時代))、スーザン・サランドン(グレース・ドノヴァン)、キャシー・ベイツ(バーバラ・ハガーメーカー)、タンディ・ニュートン(オードリー・ニューハウス)、ベン・シュネッツァー(ルパート・ターナー(青年期))、ほか

「ソン・ランの響き」のネタバレあらすじ結末

ソン・ランの響きの紹介:2018年ベトナム映画。80年代のサイゴン。借金の取り立てを生業としているユンは、集金で立ち寄ったベトナムの伝統歌舞劇<カイルオン>の劇場で花形役者リン・フンと運命的な出会いを果たす。反発し合っていた2人だったが、停電の夜にユンが自宅にリン・フンを泊めた日を境に心を通わせていく。対照的だが共に悲しい過去を持つふたりの男性が孤独を埋めていく運命の3日間。ユン役のリエン・ビン・ファットはデビュー作の本作で東京国際映画祭にて新人俳優賞に値するジェムストーン賞を受賞。リン・フン役のアイザックは元ベトナムのトップアイドルグループ365dabandのメンバーだった。監督のレオン・レは本作で長編監督デビューを果たし、既に国内外で37もの賞を受賞した。
監督:レオン・レ 出演:リエン・ビン・ファット(ユン)、アイザック(リン・フン)、ミン・フーン(金貸し屋の女店主)、トゥ・タイン(ユンの彼女)ほか

「影裏」のネタバレあらすじ結末

影裏の紹介:2020年日本映画。2017年、デビュー作が芥川賞受賞となった沼田真佑の短編小説「影裏」。作者自身が住む盛岡を舞台にしたこの作品は、主人公の青年が失踪した親友を探すうちにその本当の姿に近づき、やがてその喪失から立ち直っていく物語である。監督は「るろうに剣心」シリーズなどヒット作を多数手掛ける大友啓史。大友自身も盛岡出身であり、開局50周年記念作品を検討していたテレビ岩手のオファーを受け映画化が実現した。その大友が出演を熱望したという綾野剛と松田龍平が主演をつとめ、監督の期待にこたえている。
監督:大友啓史 出演:綾野剛(今野秋一)、松田龍平(日浅典博)、國村隼(日浅征吾)、筒井真理子(西山)、中村倫也(副島和哉)、永島暎子(鈴村早苗)、安田顕(日浅馨)、平埜生成(清人)

「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」のネタバレあらすじ結末

ロニートとエスティ 彼女たちの選択の紹介:2017年イギリス映画。厳格で超正統派のユダヤ・コミュニティで生まれ育ったロニートとエスティ。同性同士で惹かれ合っていた2人をコミュニティは決して赦さなかった。信仰のもとに街を出たロニートは父の死をきっかけに数年ぶりに帰ってきた。封印していた熱い想いと信仰心の間で葛藤する2人が選んだ道とは。本作はフェミニズム文学界、気鋭のイギリス人女性作家ナオミ・オルアーマンの自伝的デビュー作品に出合ったレイチェル・ワイズがプロデューサーとして企画から深く入り込んだ作品。
監督:セバスティアン・レリオ 出演:レイチェル・ワイズ(ロニート・クルシュカ)、レイチェル・マクアダムス(エスティ・クパーマン)、アレッサンドロ・ニヴォラ(ドヴィッド・クパーマン)ほか

「his」のネタバレあらすじ結末

hisの紹介:2020年日本映画。『愛がなんだ』などの今泉力哉監督によるヒューマンドラマ。男性同士のカップルの愛と葛藤を、周囲の人々の思いや社会問題も交えながら丁寧に描く。主演は本作が映画初主演の宮沢氷魚が務める。
監督:今泉力哉 出演:宮沢氷魚(井川迅)、藤原季節(日比野渚)、松本若菜(日比野玲奈)、松本穂香(吉村美里)、外村紗玖良(日比野空)、中村久美(野田文子)、鈴木慶一(緒方)、根岸季衣(吉村房子)、堀部圭亮(水野弁護士)、戸田恵子(桜井弁護士)

「BOYS/ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

BOYS/ボーイズの紹介:2014年オランダ映画。2020年日本公開。陸上部でリレーの選手として選ばれた高校生シーヘル。チャンピオンシップ大会の強化チームで同じく選手として選ばれた少年マークと出会う。チームのメンバーとして毎日接していくうちに、シーヘルの中にマークへの特別な感情が芽生えはじめる。思春期を迎えた少年たちの恋愛模様を描く。オランダでテレビ映画として製作され大反響を呼んだため急遽劇場公開された話題作。オランダ映画祭ではオランダ映画批評家賞と最優秀助演男優賞の2冠に輝いた作品。
監督:ミーシャ・キャンプ 出演:ヘイス・ブローム(シーヘル)、コ・サンドフリット(マーク)、トン・カス(シーヘルの父/テオ)、フェルディ・ストフミール(コーチ)、ジョナス・スムルデルス(シーヘルの兄/エディ)、ステイン・タヴェルネ(ステフ)ほか

「ミスエデュケーション」のネタバレあらすじ結末

ミスエデュケーションの紹介:2018年アメリカ映画。エミリー・M・ダンフォースの小説『The Miseducation of Cameron Post』をクロエ・グレース・モレッツ主演で映画化、サンダンス映画祭2018のドラマ部門でグランプリを受賞したLGBT作品です。女子高生の主人公は自分が同性愛者であることを理由にカトリック系の矯正施設へ入所させられるのですが…。
監督:デジレー・アカヴァン 出演者:クロエ・グレース・モレッツ(キャメロン・ポスト)、サシャ・レーン(ジェーン・フォンダ)、ジョン・ギャラガー・Jr(リック・マーシュ神父)、フォレスト・グッドラック(アダム・レッド・イーグル)、ジェニファー・イーリー(リディア・マーシュ医師)、クイン・シェパード(コーリー・テイラー)、エミリー・スケッグス(エリン)、ダルトン・ハロッド(ジェイミー)、ケリー・バトラー(ルース・ポスト)、オーウェン・キャンベル(マーク)ほか

「ヨコハマBJブルース」のネタバレあらすじ結末

ヨコハマBJブルースの紹介:1981年日本映画。元刑事で今はブルースシンガーの傍ら探偵をするBJが、元同僚で親友の刑事と会うも、目の前で射殺されてしまいました。この事件をきっかけに、ファミリーと警察の両方に命を狙われるはめになるBJは、自分で犯人さがしを始めました…という内容の、松田優作主演の作品です。松田優作が映画の中でブルースを歌うという珍しい1本です。
監督:工藤栄一 出演者:松田優作(BJ)、辺見マリ(椋民子)、蟹江敬三(蟻鉄雄)、クリフ・ラニング(近藤明)、山田辰夫(ヨシヲ)、山西道広(紅屋悟志)、財津一郎(牛宅麻)、安岡力也(安永)、宇崎竜童(除除)、内田裕也(椋圭介)ほか

「HIT&RUN」のネタバレあらすじ結末

HIT&RUNの紹介:2012年アメリカ映画。証言保護監察中のチャーリーの恋人アナが、カリフォルニア大学の教員の面接を受けることになり、ロスまで車で送ることになりました。しかし後ろからは保護観察執行官のランディ、アナの元カレのギル、その兄で警官のテリー、そして銀行強盗仲間のアレックスが追いかけていました…という内容のコメディアクション映画です。
監督:ダックス・シェパード、デビッド・パルマー 出演:ダックス・シェパード(チャーリー)、クリステン・ベル(アニー)、ブラッドリー・クーパー(アレックス)、トム・アーノルド(ランディ)、クリスティン・チェノウェス(デビー)ほか

「ナチュラルウーマン」のネタバレあらすじ結末

ナチュラルウーマンの紹介:2017年チリ,ドイツ,スペイン,アメリカ映画。男性として生まれながら女性の心を持つトランスジェンダーのヒロインが、恋人の急死によって理不尽な偏見・差別にさらされる。自身もトランスジェンダーであるチリの歌手D・ヴェガがヒロインを好演する。
監督:セバスティアン・レリオ 出演:ダニエラ・ベガ(マリーナ)、フランシスコ・レジェス(オルランド)、ルイス・ニェッコ(ガボ)、ほか

「青い棘」のネタバレあらすじ結末

青い棘(あおいとげ)の紹介:2004年ドイツ映画。1927年、ベルリンで実際に起きた「シュテークリッツ校の悲劇」を基に、繊細な青年達の愛と悲劇を描くロマンス&ドラマ作品。名門寄宿学校の生徒パウルとギュンターは、生まれも性格も正反対だったが不思議と良い友情を築いていた。とある週末、ギュンターから別荘に招待されたパウル。そこで以前から恋をしていたギュンターの妹ヒルデにますます夢中になってしまう。ヒルデには秘密の恋人ハンスがいたが、彼はかつてギュンターの恋人でもあった。愛に苦しむパウルとギュンターは、瑞々しくも危うい盟約を交わす。
監督:アヒム・フォン・ボリエス 出演者:ダニエル・ブリュール(パウル・クランツ)、アウグスト・ディール(ギュンター・シェラー)、アンナ・マリア・ミューエ(ヒルデ・シェラー)、トゥーレ・リントハート(ハンス)、ヤナ・パラスケ(エリ)ほか

1 2 3 4 5 10

キーワードから探す

TOP↑