成瀬巳喜男監督映画一覧

成瀬巳喜男監督映画のネタバレあらすじ一覧です。木下恵介監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、木下恵介監督作品の一覧です。

「流れる」のネタバレあらすじ結末

流れるの紹介:1956年日本映画。成瀬監督の秀作のひとつで、幸田文の名作を映像化。田中絹代、山田五十鈴、杉村春子、高峰秀子といった邦画史上の大女優たちが演技を競うのが何といっても見どころ。また往年の大スターだった栗島すみ子も特別出演し、貫禄のある演技を見せている。
監督:成瀬巳喜男 出演:田中絹代(梨花)、山田五十鈴(つた奴)、杉村春子(染香)、高峰秀子(勝代)、賀原夏子(おとよ)、中北千枝子(米子)、岡田茉莉子(なな子)、栗島すみ子(お浜)、宮口精二(なみ江の伯父)、ほか

「稲妻(1952年)」のネタバレあらすじ結末

稲妻の紹介:1952年日本映画。東宝所属だった成瀬巳喜男が大映に呼ばれて作った名作。「めし」で戦後のスランプを脱した監督が再び林芙美子作品を取り上げ、その後の作風を決定づけることになった。キネ旬ベストテンでは第2位。
監督:成瀬巳喜男 出演:高峰秀子(清子)、三浦光子(光子)、村田知英子(縫子)、丸山修(嘉助)、浦辺粂子(おせい)、小沢栄(綱吉)

「友だちのパパが好き」のネタバレあらすじ結末

友だちのパパが好きの紹介:2015年日本映画。大学生の妙子の家に遊びに来ていたマヤが突然、妙子のお父さんの恭介が好きだと言いました。冗談半分だと思っていた妙子と母でしたが、やがてマヤが恭介に執拗に迫り、浮気癖のある恭介はマヤと関係を持ってしまいました。やがて妻のミドリ、娘の妙子、愛人のハヅキを巻き込み大騒動となっていきました・・・というふしだらな父親と家族のエロスが交錯した人間ドラマです。
監督:成瀬巳喜男 出演者:吹越満(箱崎恭介)、岸井ゆきの(箱崎妙子)、安藤輪子(吉川マヤ)、石橋けい(箱崎ミドリ)、平岩紙(生島ハヅキ)、宮崎吐夢(川端惣一)、 金子岳憲(田所陸夫)ほか

「妻よ薔薇のやうに」のネタバレあらすじ結末

妻よ薔薇のやうにの紹介:1935年日本映画。中野実の戯曲「二人妻」を監督自身が脚色したもので、戦前の成瀬巳喜男の代表作。優柔不断で頼りない男性を描いた点で、戦後の「浮雲」に似た内容となっている。キネ旬ベストテンで第1位に輝いた。
監督:成瀬巳喜男 出演:千葉早智子(山本君子)、丸山定夫(山本俊作)、英百合子(お雪)、伊藤智子(山本悦子)、藤原釜足(新吾)、ヘンリー大川(精二)、ほか

「山の音」のネタバレあらすじ結末

山の音(やまのおと)の紹介:1954年日本映画。夫の浮気に悩む女性と、彼女を細やかに労わる舅の姿を描いたヒューマン・ドラマ。老齢に差し掛かった尾形信吾は、嫁菊子に亡き憧れの女性の面影を重ね、いつも優しく接していた。菊子も信吾の優しさを頼りにしていたが、行き過ぎた気遣いはやがて望まぬ結果を招いてしまう。原作は川端康成の同名小説だが、結末は異なる。
監督:成瀬巳喜男 出演者:原節子(尾形菊子)、上原謙(夫・修一)、山村聡(尾形信吾)、長岡輝子(妻・保子)、杉葉子(谷崎英子)ほか

「あらくれ(1957年)」のネタバレあらすじ結末

あらくれの紹介:1957年日本映画。德田秋聲の同名小説を水木洋子が脚色。勝ち気で、がさつで、男を立てようなんて考えはない、でも自立心に富んだ主人公・お島を高峰秀子が演じる。成瀬巳喜男監督『浮雲』以来の森雅之との共演。
監督:成瀬巳喜男 出演者:高峰秀子(お島)、上原謙(鶴さん)、森雅之(浜屋)、加東大介(小野田)、東野英治郎(お島の父)、仲代達矢(木村)その他

「女の歴史」のネタバレあらすじ結末

女の歴史の紹介:1963年日本映画。昭和初期から戦後にいたるまで、一人の女性が歩んだ苦難の半生を淡々と描いた作品。成瀬巳喜男監督と高峰秀子のゴールデンコンビによる佳作で、脚本は笠原良三のオリジナル。ラストシーンは成瀬巳喜男監督のかつての名作「稲妻」を思わせる。
監督:成瀬巳喜男 出演:高峰秀子(清水信子)、宝田明(清水幸一)、賀原夏子(清水君子)、清水元(清水正次郎)、山崎努(清水功平)、仲代達矢(秋本隆)、ほか

「女優と詩人」のネタバレあらすじ結末

女優と詩人の紹介:1935年日本映画。この時代には珍しい、妻が稼ぎ頭の二ツ木夫婦。夫の月風は妻の尻に敷かれながらも、童謡をかきながら、料理に洗濯に毎日頑張っています。二人の辿り着く夫婦増とは一体どんなものなのでしょうか。
監督:成瀬巳喜男 出演者:二ツ木月風(宇留木浩)、二ツ木千絵子(千葉早智子)、能勢(藤原釜足)、お浜(戸田春子)、お浜の亭主(三遊亭金馬)ほか

「驟雨」のネタバレあらすじ結末

驟雨の紹介:1956年日本映画。岸田國士のいくつかの戯曲を元に水木洋子が脚本を執筆。佐野周二と原節子が演じる結婚後四年の夫婦。些細な不平不満を言い合いながら平凡な日常を過ごしてきた二人に危機がおとずれる。
監督:成瀬巳喜男 出演者:佐野周二(並木亮太郎)、原節子(並木文子)、香川京子(山本あや子)、小林桂樹(今里念吉)、根岸明美(今里雛子)、加東大介(川上)ほか

「めし」のネタバレあらすじ結末

めしの紹介:1951年日本映画。平凡な毎日の連続に、結婚当初の希望や輝きを失いつつあると感じている三千代。そんな夫婦の元へ、夫の姪・里子が転がり込んでくる事で、除々に三千代の中に何かが蓄積されていきます。ついに実家へ帰った三千代は、自分の幸福とは、女の幸福とは何かをもう一度考え直すのでした。
監督:成瀬巳喜男 出演者:三千代(原節子)、初之輔(上原謙)、里子(島崎雪子)、信三(小林桂樹)、まつ(杉村春子)ほか

キーワードから探す

TOP↑