国内映画一覧

映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめ映画から、最新映画まで様々なジャンルの映画を紹介しています。

「インストール」のネタバレあらすじ結末

インストールの紹介:2004年日本映画。受験戦争に嫌気がさし、不登校になった朝子。ある日、マンションのごみ捨て場で少年と出会う。その少年と仲良くなった朝子は、少年からインターネットで売春婦のアルバイトをやるように誘われる。インターネットで男たちとチャットをしながら、お金を稼いでいく2人だった。「生き甲斐」について、若者たちの視点から切り込んだ、綿矢りさ原作の映画。
監督:片岡K 出演者:上戸彩(野沢朝子)、神木隆之介(青木かずよし)、中村七之助(コウイチ)、菊川怜(モモコ先生)、田中好子(野沢毬恵)ほか

「ギャング対ギャング」のネタバレあらすじ結末

ギャング対ギャングの紹介:1962年日本映画。自分を裏切った組織への貸しを取り返すことを誓った男が新しい仲間と麻薬横取り作戦を展開する。カルト映画の帝王となる以前の石井輝男監督が主役に鶴田浩二を、敵役に石井監督晩年の作品にも出演を続けた丹波哲郎を迎えて送り出した白黒アクション映画。『吸血鬼ゴケミドロ』等の映画出演で知られるシャンソン歌手高英男も冷酷なヤクザを怪演。
監督:石井輝男 出演者:鶴田浩二(水原)、三田佳子(百合)、松尾和子(みよ子)、梅宮辰夫(金谷)、成瀬昌彦(男谷)、高英男(塚原)、三井弘次(柳沢)、西村晃(ハルヤマ)、丹波哲郎(波川)ほか

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボール超 スーパーヒーローの紹介:2022年日本映画。『ドラゴンボール』シリーズの劇場版作品誰21作、『ドラゴンボール超(スーパー)』の劇場版としては2作目となるアクション巨編です。本作も原作者の鳥山明自ら脚本とキャラクターデザインを務め、孫悟空の長男・悟飯とその師匠であるピッコロをメインに据え、復活を果たしたかつての悟空の敵・レッドリボン軍と死闘を繰り広げます。
監督:児玉徹郎 原作・脚本:鳥山明 声優:野沢雅子(孫悟空/孫悟飯/孫悟天)、古川登志夫(ピッコロ)、皆口裕子(パン/ビーデル)、堀川りょう(ベジータ)、久川綾(ブルマ)、草尾毅(トランクス)、田中真弓(クリリン/ヤジロベー)、伊藤美紀(人造人間18号)、山寺宏一(ビルス)、森田成一(ウイス)、平野綾(デンデ)、魚建(カリン)、大友龍三郎(神龍)、島田敏(ブロリー)、杉田智和(レモ)、入野自由(Dr.ヘド)、ボルケーノ太田(マゼンタ)、竹内良太(カーマイン)、神谷浩史(ガンマ1号)、宮野真守(ガンマ2号)、若本規夫(セルマックス)ほか

「神は見返りを求める」のネタバレあらすじ結末

神は見返りを求めるの紹介:2021年日本映画。売れないYouTuberのゆりちゃんを、献身的に支えるイベント会社の会社員である田母神。ゆりちゃんはやがてチャンスを掴み、田母神のもとを離れます。過去の恩に見返りを求め始める田母神、そんな恩をものともせず、仇で返そうとするゆりちゃん。そんな二人の関係の行方はどうなるのでしょうか?
監督:吉田恵輔 出演:ムロツヨシ(田母神尚樹)、岸井ゆきの(川合優里)、若葉竜也(梅川葉)、吉村界人(チョレイ)、淡梨(カビゴン)、柳俊太郎(村上アレン)、田村健太郎、中山求一郎、廣瀬祐樹、下川恭平、前原滉、ほか

「恋は光」のネタバレあらすじ結末

恋は光の紹介:2022年日本映画。ウルトラジャンプで連載された、秋★枝(あきえだ)が描く原作コミックが映画化された本作。恋愛している女性が光って見えるという主人公の西条。恋愛に臆病だった彼が一目惚れした同じ大学生の東雲。本当の恋とは?を問いかける彼らの恋の行方に注目です。
監督:小林 啓一 出演:神尾楓珠(西条)、西野七瀬(北代)、平祐奈(東雲)、馬場ふみか(宿木)、伊東蒼、宮下咲、花岡咲、森日菜美、山田愛奈、田中壮太郎、ほか

「PLAN75」のネタバレあらすじ結末

PLAN75の紹介:2022年日本, フランス, フィリピン, カタール映画。少子高齢化がさらに進んだ近未来の日本。75歳以上の高齢者が死を選択できるという、プラン75という制度を政府は施行します。制度に苦しむ高齢者のミチを倍賞千恵子が熱演し、決して他人事ではない超高齢化社会問題を定義しています。
監督:早川千絵 出演:倍賞千恵子(角谷ミチ)、磯村勇斗(岡部ヒロム)、たかお鷹(岡部幸夫)、河合優実(成宮瑶子)、ステファニー・アリアン(マリア)、大方斐紗子(牧稲子)、串田和美(藤丸釜足)、ほか

「ALIVEHOON アライブフーン」のネタバレあらすじ結末

ALIVEHOON アライブフーンの紹介:2022年日本映画。元レーシングドライバーの土屋圭市が監修したレーシング映画。カーレースゲームの屈指の腕前を持つ主人公・紘一が、実際のレーサーとなり厳しい環境に打ち勝ち、勝ち進んでいく姿を描いています。CGを使わずカースタントのみで撮影した迫力ある映像が見どころです。
監督:下山天 出演:野村周平(大羽紘一)、吉川愛(武藤夏実)、青柳翔(小林総一郎)、福山翔大(柴崎快)、本田博太郎(葛西隆司)、モロ師岡(檜山三郎)、土屋アンナ(チームスクリュー・オーナー)、きづき(田村孝)、土屋圭市(土屋圭市)、陣内孝則(武藤亮介)、ほか

「峠 最後のサムライ」のネタバレあらすじ結末

峠 最後のサムライの紹介:2019年日本映画。慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は旧幕府軍の東軍と、明治新政府軍の西軍に二分していた。慶応4年、鳥羽伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発。越後の小藩、長岡藩の長老・河井継之助は東軍西軍いずれにも属さず、近代兵器を備えてスイスのような武装中立を目指した。しかし、平和への願いもむなしく談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と戦う決断を下した。原作は累計発行部数398万部超の大ベストセラーとして今なお読まれ続けている司馬遼太郎の名著『峠』。動乱の幕末に生きた最後のサムライ、河井継之助の最後の1年を描いた歴史超大作。
監督:小泉堯史 出演:役所広司(河井継之助)、松たか子(おすが)、香川京子(お貞)、田中泯(河井代右衛門)、永山絢斗(松蔵)、芳根京子(むつ)、坂東龍汰(小山正太郎)、榎木孝明(川島億次郎)、渡辺大(花輪求馬)、AKIRA(山本帯刀)、東出昌大(徳川慶喜)、佐々木蔵之介(小山良運)、井川比佐志(月泉和尚)、山本學(老人)、吉岡秀隆(岩村精一郎)、仲代達矢(牧野雪堂)ほか

「メタモルフォーゼの縁側」のネタバレあらすじ結末

メタモルフォーゼの縁側の紹介:2022年日本映画。「このマンガがすごい!2019オンナ編第1位」を受賞した鶴谷香央理の「メタモルフォーゼの縁側」。一見地味だが心温まるこの物語を映画化したのは『青くて痛くて脆い』の狩山俊輔監督。そして5巻分の話を2時間にまとめ上げたのは人気脚本家・岡田惠和だ。2011年公開の岡田脚本作品『阪急電車 片道15分の奇跡』に祖母と孫役で出演していた宮本信子と芦田愛菜が、年の差58歳のBL好き友だちとしてW主演し、ふたりで主題歌も歌っている。
監督:狩山俊輔 脚本:岡田惠和 原作:鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」(KADOKAWA) キャスト:芦田愛菜(佐山うらら)、宮本信子(市野井雪)、高橋恭平<なにわ男子>(河村紡)、古川琴音(コメダ優)、生田智子(花江)、光石研(沼田)、汐谷友希(橋本英莉)、伊東妙子<T字路s>(佐山美香)ほか

「からかい上手の高木さん」のネタバレあらすじ結末

劇場版 からかい上手の高木さんの紹介:2022年日本映画。シリーズ累計発行部数1000万部を誇る山本崇一朗の同名青春ラブコメ漫画で、3シーズンに渡ってテレビアニメ化された作品の初の劇場版作品です。主人公・高木さん役の高橋李依や相手役の梶裕貴などテレビ版のキャスト・スタッフが集結し、中学生活最後の夏を迎えた主人公たちのひと時の思い出が描かれます。
監督:赤城博昭 声優:高橋李依(高木さん)、梶裕貴(西片)、小原好美(日々野ミナ)、M・A・O(天川ユカリ)、小倉唯(月本サナエ)、落合福嗣(木村)、岡本信彦(高尾)、内山昂輝(浜口)、悠木碧(北条さん)、内田雄馬(中井くん)、小岩井ことり(真野ちゃん)、田所陽向(田辺先生)、水瀬いのり(ハナ)、戸松遥(太田さん)、福島潤(カツオ)、宮本侑芽(ちー)ほか

「静かな雨」のネタバレあらすじ結末

静かな雨の紹介:2019年日本映画。直木賞作家の宮下奈緒のデビュー作品を映画化した作品。事故による後遺症で記憶を一日しか維持できなくなったこよみと、彼女を愛する主人公の行助がおだやかに過ごすも、少しずつ疲弊し、ぶつかる二人の行方を描いています。
監督:中川龍太郎 出演:仲野太賀(行助)、衛藤美彩(こよみ)、三浦透子(斉藤真理)、坂東龍汰(男子高校生 木村)、古舘寛治(医者)、川瀬陽太(パチンコ屋の店長)、河瀬直美(こよみの母)、萩原聖人(牧原貴志)、村上淳(酔っ払いの親父)、でんでん(教授)、ほか

「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカーの紹介:2022年日本映画。荒川弘原作の大人気コミックを実写化。シリーズ完結編二部作の第一作目にあたります。原作でも人気の高いキャラとなっている謎の男スカーとの戦いを中心に話が繰り広げられます。原作の世界観を見事に再現している様子が見どころです。
監督:曽利文彦 出演:山田涼介(エドワード・エルリック)、本田翼(ウィンリィ・ロックベル)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング)、蓮佛美沙子(リザ・ホークアイ)、本郷奏多
(エンヴィー)、黒島結菜(ランファン)、渡邊圭祐(リン・ヤオ)、寺田心(セリム・ブラッドレイ)、内山信二(グラトニー)、大貫勇輔(スカーの兄)、ロン・モンロウ(メイ・チャン)、水石亜飛夢(アルフォンス・エルリック)、山田裕貴(ゾルフ・J・キンブリー)、堀内敬子(ブラッドレイ夫人)、麿赤兒(スカーの師父)、舘ひろし(キング・ブラッドレイ)、藤木直人(ユーリ・ロックベル)、奥貫薫(サラ・ロックベル)、高橋努(バルド)、山本耕史(アレックス・ルイ・アームストロング)、筧利夫(フー)、杉本哲太(ノックス)、風吹ジュン(ピナコ・ロックベル)、佐藤隆太(マース・ヒューズ)、新田真剣佑(スカー)、内野聖陽(ヴァン・ホーエンハイム/お父様)、ほか

「ハケンアニメ!」のネタバレあらすじ結末

ハケンアニメ!の紹介:2022年日本映画。直木賞作家・辻村深月による人気“お仕事小説”「ハケンアニメ!」初の実写映画化作品。アニメ制作会社を舞台に、新人監督・斎藤瞳と彼女が憧れる天才監督・王子千晴が繰り広げる覇権アニメをめぐる闘いが描かれる。監督は「君の名は」にCGアーティストとして携わった吉野耕平。斎藤瞳を吉岡里帆、王子千晴を中村倫也が演じるほか、それぞれのプロデューサーを柄本佑、尾野真千子がつとめる。人気声優たちが顔出しで出演していることでも話題を呼んでいる。
監督:吉野耕平 原作:辻村深月 出演:吉岡里帆(斎藤瞳)、中村倫也(王子千晴)、柄本佑(行城理)、尾野真千子(有科香屋子)、前野朋哉(制作デスク・根岸)、古舘寛治(宣伝・越谷)、徳井優(脚本家・前山田)、六角精児(作画スタジオ「ファインガーデン」社長・関)、小野花梨(作画スタジオ「ファインガーデン」アニメーター・並澤和奈)、工藤阿須加(秩父市役所観光課職員・宗森周平)、高野麻里佳(声優・群野葵)ほか

「犬王」のネタバレあらすじ結末

犬王の紹介:2021年日本映画。「平家物語」を伝える謎に包まれた実在の人物“犬王”と相棒の琵琶法師。このふたりの物語を大胆な能楽ミュージカルに仕上げたのは日本アニメ界の鬼才・湯浅政明監督だ。ドラマ「アンナチュラル」や映画『罪の声』などで評価の高い野木亜紀子の脚本によって、古川日出男の原作「平家物語 犬王の巻」にさらに現代的なテーマが込められている。主役のふたりは映画『モテキ』以来の共演となるアヴちゃん(バンド・女王蜂のボーカル)と森山未來。
監督:湯浅政明 脚本:野木亜紀子 原作:古川日出男「平家物語 犬王の巻」 声優:アヴちゃん(女王蜂)(犬王)、森山未來(友魚)、柄本佑(足利義満)、津田健次郎(犬王の父)、松重豊(友魚の父)ほか

「シン・ウルトラマン」のネタバレあらすじ結末

シン・ウルトラマンの紹介:2022年日本映画。誰もが知っているスーパーヒーロー「ウルトラマン」を、「シン・ゴジラ」を手掛けた庵野秀明と樋口真嗣のタッグで製作。カイジュウを倒すために颯爽と現れた銀色の巨人ウルトラマンと、カイジュウ対策本部である禍特対の奮闘を描いています。
監督:庵野秀明 出演:斎藤工(神永新二)、長澤まさみ(浅見弘子)、有岡大貴(滝明久)、早見あかり(船縁由美)、田中哲司(宗像龍彦)、西島秀俊(田村君男)、山本耕史(メフィラス星人)、津田健次郎(ザラブ星人)、高橋一生(ウルトラマン)、山寺宏一(ゾーフィの声)ほか

1 2 3 4 5 257

キーワードから探す

TOP↑