国内映画一覧

「ずんだホライずん」のネタバレあらすじ結末

ずんだホライずんの紹介:2017年日本映画。若手アニメーター育成プロジェクト「あにめたまご2017」にて公開された、ずんだ餅をモチーフにした少女のキャラクター「東北ずん子」を主人公にした劇場アニメーション。「ずんだアロー」で矢を放ち、どんな餅でもおいしいずんだ餅にすることができる東北ずん子は、仲間達とすんだ餅を食べながら幸せに暮らしていました。しかし、そんなずん子が気に入らない「納豆ファクトリー」の総帥「大江戸ちゃんこ」は、ずん子に戦いを挑みますが、その時謎の第3勢力が介入し、事態は明後日の方向に向かっていきます。
監督:竹内浩志 声優:東北ずん子(佐藤聡美)、東北イタコ(木戸衣吹)、東北きりたん(茜屋日海夏)、大江戸ちゃんこ(指出毬亜)、沖縄あわも(古賀葵)、北海道めろん(清水彩香)、中国うさぎ(桃河りか)、四国めたん(田中 小雪)、九州そら(西田望見)、中部つるぎ(濱口綾乃)、関西しのび(今村彩夏)、ずんだもん(伊藤ゆいな)、暗黒大将軍(豊口めぐみ)、餅神様(折笠富美子)、ほか

「ビジネスマン必勝講座 ヤクザに学ぶ交渉術」のネタバレあらすじ結末

ビジネスマン必勝講座 ヤクザに学ぶ交渉術の紹介:2007年日本映画。小沢仁志をナビゲーターに、いざという時にヤクザ達が、覚悟を決め度胸だけで修羅場を切り抜ける方法を、4つの話で紹介するオムニバス作品です。山平重樹著の「ヤクザに学ぶ交渉術」の実写映画化です。
監督:佃謙介 出演者:長門裕之(A組長)、遠藤憲一(若頭補佐Y)、斎藤洋介(R組長)、温水洋一(詐欺師F)、成瀬正孝(G組長)、小沢仁志(ナビゲーター)ほか

「復讐 THE REVENGE 運命の訪問者」のネタバレあらすじ結末

復讐 THE REVENGE 運命の訪問者の紹介:1997年日本映画。少年時代、借金取り二人組に両親と姉を殺され、自分だけ見逃してくれた安城は、今は刑事をやっていました。シャブ中で追い込んだ男が自殺し、遺体を引き取りに来た保護士の宮地を見た瞬間、安城はあの日に自分を見逃した男だと分かりました。やがて安城は、家族を殺した男たちの素性を知り、退職届を出し復讐の為立ち上がりました…という哀川翔主演の、ハードボイルド作品です。
監督:黒沢清 出演者:哀川翔(安城伍郎)、大沢逸美(安城冴子)、小日向文世(平沢)、清水大敬(宮地茂治)、由良よしこ(宮地ときえ)、六平直政(安城知治)、鈴木ヒロミツ(大石組長)ほか

「モンスター」のネタバレあらすじ結末

モンスターの紹介:2013年日本映画。高校時代、醜い顔からブルドックとかモンスターと呼ばれていた少女が、短大、就職し、同様にいじめられ馬鹿にされたことから、金を出せば整形で美人になれることを知り、風俗を掛け持ちで働き絶世の美女に変身し、故郷に戻り復讐をしていくという内容のラブストーリー風のリベンジムービーです。醜い女と美女を演じる高岡早紀の妖艶さが光ります。
監督:大九明子 出演者:高岡早紀(田淵和子/鈴原美帆)、加藤雅也(高木英介)、村上淳(崎村)、大杉漣(横山)ほか

「沈黙のパレード」のネタバレあらすじ結末

沈黙のパレードの紹介:2022年日本映画。テレビドラマで人気を博した「ガリレオ」の9年ぶりとなる劇場版最新作です。天才物理学者のガリレオこと湯川がバディとなる内海刑事と共に難題に挑む姿を描いています。豪華キャストの共演も話題を呼びました。
監督:西谷弘 出演:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、飯尾和樹(並木祐太郎)、戸田菜穂(並木真智子)、田口浩正(戸島修作)、酒向芳(増村栄治)、岡山天音(高垣智也)、川床明日香(並木佐織)、出口夏希(並木夏美)、村上淳(蓮沼寛一)、吉田羊(宮沢麻耶)、檀れい(新倉留美)、椎名桔平(新倉直紀)、ほか

「グッバイ・クルエル・ワールド」のネタバレあらすじ結末

グッバイ・クルエル・ワールドの紹介:2022年日本映画。何の繋がりもなく集まった5人の男女、そこから始まる現金襲撃計画。曲者たちの素性が彼らを追う汚職刑事の追走により徐々に明かされていきます。そして彼らを待つ悲劇的な結末へと突き進んでいくのでした。
監督:大森立嗣 出演:西島秀俊(安西)、斎藤工(萩原)、宮沢氷魚(矢野)、玉城ティナ(美流)、宮川大輔(武藤)、大森南朋(蜂谷)、三浦友和(浜田)、ほか

「ヘルドッグス」のネタバレあらすじ結末

ヘルドッグスの紹介:2022年日本映画。深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」を映画化した作品。裏社会で生きてきた主人公が警察に見初められて潜入捜査官となり、極道の世界に入り暗躍を続け、その立場を上げ続けます。主人公を含めた悪人だらけの抗争が見どころです。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(兼高昭吾=出月梧郎)、坂口健太郎(室岡秀喜)、松岡茉優(吉佐恵美裏)、MIYAVI(十朱義孝)、北村一輝(土岐勉)、大竹しのぶ(衣笠典子)、金田哲(三神國也)、木竜麻生(杏南)、中島亜梨沙(ルカ)、杏子(恭子)、大場泰正(大前田忠治)、吉原光夫(熊沢伸雄)、尾上右近[2代目](サロンの常連客)、田中美央(俵谷一房)、村上淳(番犬)、酒向芳(阿内将)、吉田壮辰(お歯黒)、小柳アヤカ(ミス・チャオ)、赤間麻里子(佐代子)、ほか

「川っぺりムコリッタ」のネタバレあらすじ結末

川っぺりムコリッタの紹介:2021年日本映画。フィンランドのヘルシンキを舞台にした映画『かもめ食堂』で知られる荻上直子監督。彼女のオリジナル脚本(小説化もされている)による新しい「つながり」の映画がこの『川っぺりムコリッタ』だ。脚本にほれこんだという松山ケンイチが孤独な青年・山田を演じ、ちょっと迷惑な隣人にムロツヨシ、アパートの大家に満島ひかり、他にも吉岡秀隆や緒形直人、柄本佑、江口のりこらが脇を固める。また、薬師丸ひろ子が声だけの出演をしているのも話題だ。
監督・脚本:荻上直子 出演:松山ケンイチ(山田たけし)、ムロツヨシ(島田幸三)、満島ひかり(南詩織)、吉岡秀隆(溝口健一)、江口のりこ(中島)、柄本佑(堤下靖男)、田中美佐子(大橋)、緒形直人(沢田)ほか

「夏へのトンネル、さよならの出口」のネタバレあらすじ結末

夏へのトンネル、さよならの出口の紹介:2022年日本映画。第13回小学館ライトノベル大賞で「ガガガ賞」と「審査員特別賞」をW受賞した八目迷の小説が原作の本作。監督・脚本は、『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』やテレビアニメ「アクダマドライブ」で知られる田口智久、『映画大好きポンポさん』のCLAPが制作をつとめた。主演は、塔野カオル役に声優初挑戦の俳優・鈴鹿央士、花城あんず役にはモデルで女優、声優としても活躍する飯豊まりえが起用され、心に傷をもつ地味な男子と都会から来た意志の強い女子を好演している。
監督:田口智久 原作:八目迷(小学館「ガガガ文庫」) 声優:鈴鹿央士(塔野カオル)、飯豊まりえ(花城あんず)、畠中祐(加賀翔平)、小宮有紗(川崎小春)、照井春佳(浜本先生)、小山力也(カオルの父)、小林星蘭(塔野カレン)ほか

「この子は邪悪」のネタバレあらすじ結末

この子は邪悪の紹介:2022年日本映画。事故に遭った後おかしくなった心理療法医の家族と、彼らを興味本位で調べようと近づいた高校生が巻き込まれる恐怖を描いた作品。「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017」で準グランプリを獲得した作品を映画化したものです。
監督:片岡翔 出演:南沙良(窪花)、大西流星(四井純)、桜井ユキ(窪繭子)、渡辺さくら(窪月)、桜木梨奈(窪繭子)、二ノ宮隆太郎(鮎川祐一)、玉木宏(窪司朗)、ほか

「サバカン SABAKAN」のネタバレあらすじ結末

サバカン SABAKANの紹介:2022年日本映画。大ヒットドラマ「半沢直樹」を手掛けた金沢知樹の映画初監督となる作品。金沢知樹監督の故郷長崎を舞台に、二人の少年が育む友情物語がテーマとなります。楽しいだけじゃない一夏の思い出が少年たちを大きくさせる、そんなお話です。
監督:金沢知樹 出演:番家一路(久田孝明/子供時代)、原田琥之佑(竹本健次)、尾野真千子(久田良子)、竹原ピストル(久田広重)、貫地谷しほり(竹本雅代)、草なぎ剛(久田孝明)、岩松了(内田のじじい)、村川絵梨(弥生)、福地桃子(亜子)、ゴリけん(大内田健夫)、八村倫太郎(金山)、茅島みずき(由香)、篠原篤(宮田学)、泉澤祐希(市川)、ほか

「TANG タング」のネタバレあらすじ結末

TANG タングの紹介:2022年日本映画。イギリスの小説家デボラ・インストールの「ロボットインザガーデン」を、舞台を日本に変えてアレンジし映像化しました。ある事件で自信をなくし無気力になってしまった主人公の健を二宮和也が好演しています。
監督:三木孝浩 出演:二宮和也(健)、満島ひかり(絵美)、小手伸也(加藤)、京本大我(林原)、武田鉄矢(馬場)、奈緒(大槻)、ほか

「ぜんぶ、ボクのせい」のネタバレあらすじ結末

ぜんぶ、ボクのせいの紹介:2022年日本映画。現代社会で孤立した人々を描いたこの作品、監督・脚本は、秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにした『Noise ノイズ』が話題となった新鋭、松本優作だ。
主演の白鳥晴都はオーディションで選ばれた15歳。『とんび』でデビュー後、2作目で主役に抜擢された。彼と交流する女子高生に『ある船頭の話』で評価の高い川島鈴遥。そしてオダギリジョーがふたりを支え、息のあった家族のような雰囲気を醸し出す。
重要な部分で使われるのが大滝詠一の名曲「夢で逢えたら」。内容にリンクした歌詞と美しいメロディが切ない。
監督・脚本:松本優作 出演:白鳥晴都(松下優太)、川島鈴遥(杉村詩織)、松本まりか(松下梨花)、若葉竜也(山﨑重之)、仲野大賀(片岡)、片岡礼子(中川千里)、木竜麻生(宮本由美香)、駿河太郎(白石凌)、オダギリジョー(坂本健二)ほか

「キングダム2 遥かなる大地へ」のネタバレあらすじ結末

キングダム2 遥かなる大地への紹介:2022年日本映画。原泰久原作のコミック「キングダム」の実写映画第2弾。成キョウの反乱における功で下僕の身分を脱した信は、侵攻してきた魏軍を撃つべく蛇甘平原に向かう討伐軍に入ります。秦は兵力不足と総大将ヒョウ公の無茶な突撃命令で苦戦し、信も活躍するものの敗走を余儀なくされます。その際に同じ伍の仲間となった剣の達人羌カイが実は女性で、姉の敵を討つために旅をしていることを知ります。なんとか生き延びた信達でしたが、信の直属の上官である千人将縛虎申から、魏軍副将宮元がいる陣への突撃命令を受けます。不利な戦況を覆すには、宮元がいる丘の占領が不可欠で、信は秦の勝利のために縛虎申と共に突撃します。
監督:佐藤信介 原作:原泰久 出演:山﨑賢人(信)、吉沢亮(エイ政/漂)、橋本環奈(河了貂)、清野菜名(羌カイ)、満島真之介(壁)、岡山天音(尾平)、三浦貴大(尾到)、濱津隆之(澤圭)、真壁刀義(沛浪)、山本千尋(羌象)、豊川悦司(ヒョウ公)、高嶋政宏(昌文君)、要潤(騰)、加藤雅也(肆氏)、高橋努(宮元)、渋川清彦(縛虎申)、平山祐介(蒙武)、玉木宏(昌平君)、小澤征悦(呉慶)、佐藤浩市(呂不韋)、大沢たかお(王騎)、ほか

「さかなのこ」のネタバレあらすじ結末

さかなのこの紹介:2022年日本映画。魚学者、タレントとして小さい子供から大人まで誰もが知るさかなクンの半生を映画化した作品。幼少期から魚が大好きなミー坊、自分のやりたいことを好きに生きるミー坊を家族や友人たちが暖かく見守っていく。
監督:沖田修一 原作:さかなクン 出演:のん(ミー坊)、柳楽優弥(ヒヨ)、夏帆(モモコ)、磯村勇斗(総長)、岡山天音(籾山)、西村瑞季(ミー坊(幼少期))、宇野祥平(海人の店長)、前原滉(田村)、鈴木拓(鈴木先生)、島崎遥香(谷崎ゆりえ)、賀屋壮也(飼育員の酒井)、朝倉あき(浜野庄子)、長谷川忍(木戸まさし)、豊原功補(歯医者)、さかなクン(ギョギョおじさん)、三宅弘城(ジロウ)、井川遥(ミチコ)、ほか

1 2 3 4 5 6 259

キーワードから探す

TOP↑