アニメ映画のネタバレ

「バンビ」のネタバレあらすじ結末

バンビの紹介:1942年アメリカ映画。森の王様の雄鹿を父に持つ小鹿のバンビが、優しい母親や友だちと様々な経験をしながら成長していく物語。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作した長編作品のうち5番目にあたる。途方もない時間と苦労をかけてリアルに再現された動物たちの動きや自然の描写は、今もなお観る人を驚かせる技術であり、当時のアニメーターたちの熱意がうかがえる作品となっている。
監督:デイヴィッド・ハンド 声の出演:ドニー・ドゥナガン(少年のバンビ)、ジョン・サザーランド(大人のバンビ)、ピーター・ベーン(とんすけ)、スタン・アレクサンダー(フラワー)、ポーラ・ウィンスロー(バンビの母親) ほか

「おしゃれキャット」のネタバレあらすじ結末

おしゃれキャットの紹介:1970年アメリカ映画。パリに住む貴婦人に育てられた猫たちが意地悪な執事に捨てられてしまい、野良猫と共に家に帰ろうとする冒険物語。ウォルト・ディズニー・プロダクションが制作するテレビ番組で放送する物語として出来たストーリーだったが、その出来の良さから長編アニメーションとして製作されることになった。特に白い子猫のマリーはその愛くるしいルックスから人気のキャラクターとして知られている。
監督:ウォルフガング・ライザーマン 声の出演:エヴァ・ガボール(ダッチェス)、フィル・ハリス(オマリー)、リズ・イングリッシュ(マリー)、ロディ・モード=ロクスビー(エドガー)、ハーマイオニー・バデリー(ボンファミーユ夫人) ほか

「おもひでぽろぽろ」のネタバレあらすじ結末

おもひでぽろぽろの紹介:1991年日本映画。スタジオジブリ作品。田舎暮らしに憧れる東京育ちの女性が、田舎の農家にホームステイをする中で、自分の幼い頃の記憶を回想し、未来への一歩を踏み出そうとする物語。原作の漫画をスタジオジブリがアニメーション作品として製作。2016年には北米にて英語吹替版が公開され、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で知られるデイジー・リドリーが主役を演じた。
監督:高畑勲 声の出演:今井美樹(タエ子)、柳葉敏郎(トシオ)、本名陽子(小学5年生のタエ子) ほか

「ゲド戦記」のネタバレあらすじ結末

ゲド戦記の紹介:2006年日本映画。スタジオジブリ作品。一国の王子であるアレンが、魔法使いのハイタカ(ゲド)と出会い旅をする。その道中、ある少女と出会うことで、闇に覆われていたアレンの心が救われていく物語。V6の岡田准一や、新人の手嶌葵らをキャストに迎え、アニメーション作家の宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎監督の記念すべき処女作である。
監督・脚本:宮崎吾郎 声の出演:岡田准一(アレン)、手嶌葵(テルー)、菅原文太(ハイタカ)、香川照之(ウサギ)、風吹ジュン(テナー)、田中裕子(クモ) ほか

「カンフー・パンダ3」のネタバレあらすじ結末

カンフー・パンダ3の紹介:2016年アメリカ映画。大ヒットシリーズ「カンフー・パンダ」の第3弾。カンフーマスターとして成長したパンダのポー。仲間と平和に暮らしていましたが、遥か昔に消えたはずの悪党カイが蘇り、カンフーマスターを次々と倒していきます。ポーは、生き別れた実の父親との再会を喜ぶ間も無く、生まれ故郷のパンダ村に戻り、カイを待ち受けます。ポーの師匠でもあるシーフー老師までも倒したカイは、パンダ村に辿り着きます。手に汗握る緊迫の戦いと、パンダ達の愛くるしさがコントラストを成す、前作2作を上回る作品です。
監督:ジェニファー・ユー・ネルソン、アレッサンドロ・カルローニ 声の出演: ジャック・ブラック(ポー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、アンジェリーナ・ジョリー(タイガー)、J・K・シモンズ(カイ) ほか

「カールじいさんの空飛ぶ家」のネタバレあらすじ結末

カールじいさんの空飛ぶ家の紹介:2009年アメリカ映画。偏屈で名の通った老人カールが、亡き妻との夢を実現するため、風船で家ごと移動する壮大な冒険に挑みます。ひょんな事から乗り合わせた心優しい少年ラッセルとの交流は、頑なだったカールの心を溶かしていきます。子供の素直さが心に染みる、大人向けの作品です。
監督:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 声の出演:エドワード・アズナー(カール・フレドリクセン)、ジョーダン・ナガイ(ラッセル)、ボブ・ピーターソン(ダグ/アルファ)、クリストファー・プラマー(チャールズ・マンツ)、ほか

「劇場版 艦これ」のネタバレあらすじ結末

劇場版 艦これの紹介:2016年日本映画。実在する艦艇を擬人化した艦娘(かんむす)を育成強化する人気ゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」の劇場版アニメ映画。艦娘(かんむす)たちは、深海棲艦という存在と戦っています。両者には何らかの関係があると言われていましたが、劇場版ではアニメなりの結論を出します。
監督:草川啓造 声の出演:上坂すみれ、藤田咲、井口裕香、佐倉綾音、ほか

「蛍火の杜へ」のネタバレあらすじ結末

蛍火の杜へ(ほたるびのもりへ)の紹介:2011年日本映画。『夏目友人帳』の原作緑川ゆきの初期短編、映像化。山深い日本の原風景の中で展開される人と人ならざる者の交流。そしてお互いに惹かれあっていく。
監督:大森貴弘 出演:内山昂輝(ギン)、佐倉綾音(竹川 蛍)

「ブルー 初めての空へ」のネタバレあらすじ結末

ブルー 初めての空への紹介:2011年アメリカ映画。アメリカで育てられた飛べないインコ、ブルーが、ブラジルに渡り、新しい仲間との出会いや、スリリングな逃亡劇を通じて、鳥として覚醒していく物語。
監督:カルロス・サルダーニャ 声の出演:ジェシー・アイゼンバーグ(ブルー)、アン・ハサウェイ(ジュエル)、ジェマイン・クレメント(ナイジェル)、レスリー・マン(リンダ)、ウィル・アイ・アム(ペドロ)、ジェイミー・フォックス(ニコ)、ほか

「コララインとボタンの魔女」のネタバレあらすじ結末

コララインとボタンの魔女の紹介:2009年アメリカ映画。両親の都合であるアパートへと越してきたコラライン。仕事ばかりで構ってくれず近所に住む人間もおかしな者たちばかり。そんなある日コララインは自分の部屋の壁に小さな扉があるのを発見する。その扉をくぐった先には優しい母親と父親の姿。そうそこはコララインの理想の家だった。しかしよく見ると二人の目には真っ黒なボタンが。この家にはある秘密が隠されていた。児童文学作品をストップモーション・アニメで映画化。
監督:ヘンリー・セリック 声の出演:ダコタ・ファニング(コラライン)、テリー・ハッチャー(ママ)、ジョン・ホッジマン(パパ)、イアン・マクシェーン(ボビンスキー)、ほか

「この世界の片隅に」のネタバレあらすじ結末

この世界の片隅にの紹介:2016年日本映画。広島出身こうの史代のコミック「この世界の片隅に」を映画化したドラマアニメ。舞台は戦時中の広島。のんびりとした性格の主人公のすずは、呉に嫁ぎ、ささやかな幸せを感じながら生活していた。ところが、時代と共にどんどん戦争は激化していき、すずのささやかな幸せが崩れていってしまう。すずはどのように生きていくのか、家族愛とはなんなのか、戦争の中で見つけていく希望の物語。
監督:片渕須直 声の出演:のん(北條(浦野)すず)、細谷佳正(北條周作)、稲葉菜月(黒村晴美)、尾身美詞(黒村径子)、小野大輔(水原哲)、ほか

「名探偵コナン 異次元の狙撃手」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)の紹介:2014年日本映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第18作目にあたります。今作はコナンシリーズで謎の人物であった沖矢昴の正体が明かされるかもしれないと話題であたため、公開前からファンの期待は高まっていました。ファンの中で人気のキャラクターもたくさん登場して、はらはらさせる展開を繰り広げるストーリー展開は評価の高い作品となっています。若手人気俳優である福士蒼汰や元プロ野球選手の赤星憲広が声優として参加していることも、公開前から話題となりました。
監督:静野孔文 声の出演:高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、山口勝平(工藤新一)、松井菜桜子(鈴木園子)、緒方賢一(阿笠博士)、林原めぐみ(灰原哀)、茶風林(目暮十三)、池田秀一(赤井 秀一)、日高のり子(世良真純)ほか

「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」のネタバレあらすじ結末

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅の紹介:1981年日本映画。人気テレビアニメ「銀河鉄道999」の劇場版作品の2作目です。前作では描き切れなかった機械帝国の問題に決着をつけ、主人公の自立を描いています。どうして機械人間は限りある命を選択した、またはお金がなく選択するしかなかった人々の命を狙うのかその謎が明かされます。また「銀河鉄道999」を見てきた人にとって、抱いてきた数ある謎が解明されています。このアニメが好きだった人には外せない作品と言えます。お互いを思いやり、愛しているのに違う道を進まざるおえなかった悲しみが描かれています。
監督:りんたろう 声の出演:野沢雅子(星野鉄郎)、池田昌子(メーテル)、肝付兼太(車掌)、来宮良子(プロメシューム)、井上真樹夫(キャプテン・ハーロック)、田島令子(クイーン・エメラルダス)、黒騎士(江守徹)、ほか

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の紹介:2001年日本映画。映画クレヨンしんちゃんシリーズ9作目の作品で、最も感動し考えさせられる作品だと言われています。春日部に誕生した「20世紀博」は70年代の日本の懐かしいテレビ番組やアニメや物事に浸れるテーマパークでした。大人たちは自分たちの子供時代を思い出し、童心に帰り我を忘れて楽しんでしまいます。その結果巻き起こる事件を描いています。野原家は事件に巻き込まれる中、途中家族の気持ちがバラバラになってしまいます。自分たちのエゴが優ってしまい、家族の大切さを忘れてしまいますが、本当に大切なものに気づきます。その家族の絆を取り戻す野原一家の過程が描かれます。
監督:原恵一 出演:矢野晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、こおろぎさとみ(野原ひまわり)、シロ(真柴摩利)、納谷六朗(園長先生)、津嘉山正種(ケン(イエスタディ・ワンスモア)、小林愛(チャコ)ほか

「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡の紹介:1997年日本映画。ひまわり初登場作品!闇の帝王ジャークの復活を食い止めるふたつのタマ。ひょんなことからひまわりがそのタマを飲み込んでしまい…!?最強超能力者とホステス軍団vs最強オカマ三人組の戦いに巻き込まれる野原一家。はたして世界を救うことができるのか!?記念すべき、野原ひまわり映画初登場作品。
監督:原恵一 声の出演:矢島晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、こおろぎさとみ(野原ひまわり)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 19
TOP↑