戦争映画のネタバレ

「エネミー・ライン」のネタバレあらすじ結末

エネミー・ラインの紹介:2001年アメリカ映画。敵の本拠地へ誤って落ちた兵士が、安全地帯に行こうとする話をアクション満載で描く映画で、その主人公をコメディアンであるオーウェンウィルソンが演じています。 
監督 :ジョン・ムーア 出演:オーウェン・ウィルソン(クリス・バーネット大尉)、ジーン・ハックマン(レスリー・レイガート司令官)、ガブリエル・マクト(スタックハウス)、チャールズ・マリック・ホイットフィールド(ロッドウェイ軍曹)、ヨアキム・デ・アルメイダ(ピケット)、デヴィッド・キース(オマリー特務曹長)、オレク・クルパ(ローカー)、ウラジミール・マシコフ(サシャ/追跡者)ほか

「パトリオット」のネタバレあらすじ結末

パトリオットの紹介:2000年アメリカ映画。アメリカ独立戦争を戦う農家の家族がゲリラ戦でイギリス軍を負かしていくというストーリーが展開する一大戦争スペクタクル映画です。
監督 :ローランド・エメリッヒ 出演:メル・ギブソン(ベンジャミン)、ヒース・レジャー(ガブリエル)、ジョエリー・リチャードソン(シャーロット)、ジェイソン・アイザックス(ウィリアム・ダビントン大佐)、クリス・クーパー(バーウェル大佐)ほか

「U-571」のネタバレあらすじ結末

U-571の紹介:2000年アメリカ映画。第二次世界大戦で実際に起こったアメリカ軍とドイツ軍の手に汗にぎる攻防を迫力ある映像とともにジョナサンモストウ監督が描いたアクション巨編です。
監督:ジョナサン・モストウ 出演:マシュー・マコノヒー(アンドリュー・タイラー大尉)、ビル・パクストン(マイク・ダールグレン少佐)、ハーヴェイ・カイテル(ヘンリー・クロウ曹長)、ジョン・ボン・ジョヴィ(ピート・エメット大尉)ほか

「マイウェイ 12,000キロの真実」のネタバレあらすじ結末

マイウェイ 12,000キロの真実の紹介:2011年韓国映画。彼らが諦められなかったのは命よりは希望と夢であった。子供のときのライバルが国を代表するライバルとして成長。敵として出会い、お互いの希望になった二人の国籍を超えた物語。
監督:カン・ジェギュ 出演者: オダギリジョー(長谷川辰雄)、チャン・ドンゴン(キム・ジュンシク)、ファン・ビンビン(シュエライ)、キム・イングォン(イ・ジョンデ)、 夏八木勲(辰雄の祖父)、 鶴見辰吾(高倉)、山本太郎(野田)、 イ・ヨニ(キム・ウンス)、ト・ジハン(キム・ジュンシク)ほか

「ブラックホーク・ダウン」のネタバレあらすじ結末

ブラックホーク・ダウンの紹介:2001年アメリカ映画。1993年10月3日、ソマリアの首都・モガディシュで実際に行われた作戦(作戦名:アイリーン)を描いた戦争映画。実際に戦闘に参加した元隊員達が多く出演した作品でもある。参加した隊員の中にはイラク戦争で命を落とした人物もいる。本作は、ソマリア内戦を描いたノンフィクション小説「ブラックホーク・ダウンアメリカ最強特殊部隊の戦闘記録(マーク・ボウデン著)」を元にして製作されている。
監督:リドリー・スコット 出演者:ジョシュ・ハートネット(エヴァースマン)、ユアン・マクレガー(グライムス)、トム・サイズモア(マクナイト)、サム・シェパード(ギャリソン)、エリック・バナ(フート)、ジェイソン・アイザックス(スティール)、ヒュー・ダンシー(シュミット)、 オーランド・ブルーム(ブラックバーン)ほか

「地獄の黙示録」のネタバレあらすじ結末

地獄の黙示録の紹介:1979年アメリカ映画。フランシスフォードコッポラ監督が私財を投じて完成させた一大戦争巨編であり、アメリカ政府を暗に批判していることなどが内容に含まれており、映像や音響などにおいてアカデミー賞を受賞しています。
監督 :フランシス・フォード・コッポラ 出演:マーロン・ブランド(カーツ大佐)、マーティン・シーン(ウィラード大尉)、デニス・ホッパー(フォト・ジャーナリスト)、ロバート・デュヴァル(キルゴア中佐)、フレデリック・フォレスト(シェフ)ほか

「男たちの大和 YAMATO」のネタバレあらすじ結末

男たちの大和 YAMATOの紹介:2005年日本の戦争映画で、終戦60周年を記念して制作されました。辺見じゅんよる『決定版 男たちの大和』を原作にとしています。太平洋戦争末期において、連合国軍による沖縄諸島侵攻を食い止めるための菊水作戦における戦艦大和の乗組員の生き様が描かれた作品です。
監督:佐藤純彌 出演: 反町隆史( 森脇庄八)、中村獅童(内田守)、松山ケンイチ(神尾克己)、内野謙太(西哲也)、渡哲也(伊藤整一)、余貴美子(サヨ)、鈴木京香(内田真貴子)、仲代達矢(現代:神尾克己)ほか

「硫黄島からの手紙」のネタバレあらすじ結末

硫黄島からの手紙の紹介:2006年アメリカ映画。第二次世界大戦での硫黄島の戦いを日本側からの視点で描いた作品です。アメリカ側の視点で描いた作品に「父親たちの星条旗」という映画があります。監督やスタッフはそのときのメンバーのままで制作されています。硫黄島で死闘を繰り広げた日本軍将兵たちと、祖国に残された家族らの想いが描かれています。ストーリーは彼らが家族へと向けた手紙を基に展開されています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙(栗林忠道)、二宮和也(西郷昇)、加瀬亮(清水洋一)、中村獅童(伊東海軍大尉)、谷田陸軍大尉(坂東工)ほか

「パールハーバー」のネタバレあらすじ結末

映画パールハーバーの紹介:2001年アメリカ映画。1941年の日本海軍によるハワイ・オアフ島の真珠湾奇襲(パールハーバー)を背景に、アメリカ陸軍航空隊に所属するふたりのパイロットと看護婦との愛と友情の物語。
監督:マイケル・ベイ 出演者:ベン・アフレック(レイフ)、ジョシュ・ハートネット(ダニー)、ケイト・ベッキンセール(イヴリン)ほか

「スリーキングス」のネタバレあらすじ結末

スリーキングスの紹介:1999年アメリカ映画。アメリカが行った湾岸戦争をユーモアとドラマ、社会的な考察を入れて映画化し、金を盗もうとした兵士たちがイラクの実情とアメリカ軍の内情を知っていくというストーリーが展開されます。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演者:ジョージ・クルーニー、マーク・ウォルバーグ、アイス・キューブ、スパイク・ジョーンズほか

「U・ボート」のネタバレあらすじ結末

U・ボートの紹介:1981年西ドイツ映画。第二次世界大戦下の1941年、ナチスドイツ軍の潜水艦Uボート(U96)が、占領下にあったフランスのラ・ロシェル軍港から出航しようとしていました。任務は大西洋を航行中の連合国側護送船団に対する攻撃・・・待ち受ける過酷な現実を、彼らは生き延びることができるのか。監督は『ネバーエンディングストーリー』『トロイ』などで有名なウォルフガング・ペーターゼン。本作が出世作となり、以後、ハリウッドに進出します。出演者はドイツ映画界を代表する先駆け的存在と言われる艦長役のユルゲン・プロホノフ。ヴェルナー少尉役はヘルベルト・グレーネマイヤーというドイツで人気の高い歌手。原作者はロータル=ギュンター・ブーフハイム。実際にUボートに搭乗しての、自身の取材体験に基づくものです。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:ユルゲン・プロフノウ、ヘルバート・グリューネマイヤー、クラウス・ヴェンネマン、ベルント・タウバー、マルチン・ゼメルロッゲほか

「ローン・サバイバー」のネタバレあらすじ結末

ローン・サバイバーの紹介:2013年アメリカ映画。アメリカの特殊部隊、ネイビーシールズに所属していた元隊員のマーカス・ラトレル氏の手記、アフガン、たった一人の生還をもとに映画化した本作は、徹底した考証のもと俳優がトレーニングを積み、撮影されました。
監督:ピーター・バーグ 出演:マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスターほか

「グリーン・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

グリーン・ゾーンの紹介:2010年アメリカ映画。イラクの安全地区であるグリーンゾーンを舞台に、大量破壊兵器を追う兵士を描いた社会派映画で、臨場感ある映像でイラク戦争が虚偽であったことを分からせてくれる内容となっています。
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアンほか

「プライベート・ライアン」のネタバレあらすじ結末

プライベートライアンの紹介:1998年アメリカ映画。ノルマンディ上陸作戦を非常に臨場感ある描き方で映画にしており、戦争映画の1級品とも言える作品です。プライベートライアンは世界中で大ヒットを記録しました。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:マット・デイモン(ジェームズ・フランシス・ライアン二等兵)、トム・ハンクス(ジョン・H・ミラー大尉)、トム・サイズモア(マイケル・ホーヴァス軍曹)、エドワード・バーンズ(リチャード・ライベン二等兵)、バリー・ペッパー(ダニエル・ジャクソン二等兵)、ヴィン・ディーゼル(エイドリアン・カパーゾ二等兵)ほか

「ゼロ・ダーク・サーティ」のネタバレあらすじ結末

ゼロ・ダーク・サーティの紹介:2012年アメリカ映画。911全米同時多発テロの首謀者でテロ組織アルカイダの指導者のビンラディン殺害計画が題材のサスペンス映画。実際のビンラディン暗殺作戦を映画化した本作は、拷問シーンがCIAが拷問を行ったことが大衆に知れ渡るとして政治的問題となるなど、話題を呼んだ作品です。
監督:キャサリン・ビグロー 出演:ジェシカ・チャスティン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、マーク・ストロングほか

1 2 3
TOP↑