ドラマ映画のあらすじ

「オール・アバウト・マイ・マザー」のネタバレあらすじ結末

オール・アバウト・マイ・マザーの紹介:1998年スペイン映画。息子を事故で失った母親が、息子の死を別れた夫に伝えるため旅立った先で様々な人に出会い、やがて希望を取り戻していく様子を描いた作品です。アカデミー賞やゴールデングローブ賞などで数々の賞を受賞しています。
監督:ペドロ・アルモドバル 出演者:セシリア・ロス(マヌエラ)、マリサ・パレデス(ウマ・ロッホ)、ペネロペ・クルス(シスター・ロサ)、アントニア・サン・フアン(アグラード)、カンデラ・ペニャ(ニナ)ほか

「キング・オブ・コメディ」のネタバレあらすじ結末

キング・オブ・コメディの紹介:1983年アメリカ映画。妄想と現実の区別がつかないルパート。最後のシーンは観た人の感じ方で物語のラストが変わると思います。ストーカーが起こす強烈な出来事ひとつひとつがインパクトを与える衝撃的な作品です。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ルパート・パプキン)、ジェリー・ルイス(ジェリー・ラングフォード)、ダイアン・アボット(リタ)、サンドラ・バーンハード(マーシャ)、マーティン・スコセッシ(TVディレクター)

「ラブ & ピース」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ピースの紹介:2015年日本映画。かつてはロックミュージシャンという夢を抱いていたが現在は落ちぶれた会社員の鈴木良一が、1匹の小さなミドリガメ、ピカドンと出会ったことから奇想天外な物語が始まる。
監督:園子温 出演:長谷川博己(鈴木良一)、麻生久美子(寺島裕子)、渋川清彦(稲川さとる)、奥野瑛太(Revolution Qメンバー)、マキタスポーツ(良一の会社の課長)、星野源(PC-300)、西田敏行(謎の老人)、ほか

「リトル ミス サンシャイン」のネタバレあらすじ結末

リトル・ミス・サンシャインの紹介:2006年アメリカ映画。アメリカの地方に住んでいるフーヴァー一家は風変りな家族。父親は負け組否定の自己啓発プログラムを売り込もうとしており、母親はそんな夫に冷め切っている。子供たちはというと、兄は夢を実現させるまで無言の誓いをたて一言もしゃべらず、妹は小太りの眼鏡っ子だが美少女コンテストの優勝を夢見ている。そして祖父は薬物常用者という、崩壊寸前の一家。そこにさらに、母親の弟であるゲイの叔父が加わることに。ある日、美少女コンテストの地方予選でオリーヴが優勝し、カリフォルニアの本選に勧めることに。交通費削減のため、1台の車で行くことにしたフーヴァー家のドタバタ珍道中。
監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演者:グレッグ・キニア(リチャード・フーヴァー)、トニ・コレット(シェリル・フーヴァー)、スティーヴ・カレル(フランク)、アラン・アーキン(グランパ)、ポール・ダノ(ドウェーン・フーヴァー)、アビゲイル・ブレスリン(オリーヴ・フーヴァー)

「マジェスティック」のネタバレあらすじ結末

マジェスティックの紹介:2001年アメリカ映画。国内にいる共産党員や支持者を政府が積極的に追放しようとする「赤狩り」が行われていた時代を背景に、記憶をなくした新進気鋭の脚本家が、とある町で別の人物として生きていくことで、自分の意志を持って戦うことの大切さを説いたヒューマン・ストーリー。ルークの生前の声はマット・デイモンが務めている。
監督:フランク・ダラボン 出演者:ジム・キャリー(ピーター・アプルトン/ルーク・トリンブル)、マーティン・ランドー(ハリー・トリンブル)、ローリー・ホールデン(アデル・スタントン)、ジェームズ・ホイットモア(スタン・ケラー)、デヴィッド・オグデン・ステアーズ(スタントン医師) ほか

「戦艦バウンティ号の叛乱」のネタバレあらすじ結末

戦艦バウンティ号の叛乱(はんらん)の紹介:1935年アメリカ映画。1789年にイギリスの戦艦バウンディ号の乗組員が叛乱を起こした実話を基に映画化された作品です。艦長の冷酷非情ぶりに怒りを爆発させた乗組員たちは、人望のある航海士をリーダーに担ぎ上げて血みどろの叛乱に突入していきます。
監督:フランク・ロイド 出演者:クラーク・ゲーブル(フレッチャー・クリスチャン)、チャールズ・ロートン(ウィリアム・ブライ)、フランチョット・トーン(ロジャー・バイアム)、ハーバート・ムンディン(スミス)、エディ・クィラン(エリソン)ほか

「日本で一番悪い奴ら」のネタバレあらすじ結末

日本で一番悪い奴らの紹介:2016年日本映画。日本の警察における不祥事である稲葉事件をもとにした作品。道警に就職が決まった諸星要一は先輩の村井定夫に手柄が欲しいならヤクザと手を組めと教えられた。自ら名前を売り情報を集め拳銃を押収した。そしてヤクザの黒岩勝典と出会う。ヤクザと警察で手を組むことになった。元運び屋山辺太郎と盗難車を売る外国人アクラム・ラシードも仲間になり違法行為をし拳銃を押収していった。諸星はどんどん手柄を上げていく。
監督:白石和彌 出演:綾野剛(諸星要一)、YOUNG DAIS(山辺太郎)、植野行雄(アクラム・ラシード)、中村獅童(黒岩勝典)ほか

「20センチュリー・ウーマン」のネタバレあらすじ結末

20センチュリー・ウーマンの紹介:2016年アメリカ映画。1979年の南カリフォルニア。ドロシアの息子のジェイミーが思春期を迎える。女一人の子育てに不安をもった彼女は二人の若い女性に助けを求める。進歩的で、自由に生きてきたドロシアも若者との考え方の違いやフェミニズムの台頭にとまどう。ドロシアは監督のマイク・ミルズの母親を基に作られたキャラクター。
監督:マイク・ミルズ 出演者:アネット・ベニング(ドロシア)、エル・ファニング(ジュリー)、グレタ・ガーウィグ(アビー)、ルーカス・ジェイド・ズマン(ジェイミー)、ビリー・クラダップ(ウィリアム)

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくん ザ・ファイナルの紹介:2016年日本映画。ある日中学の頃の同級生、竹本優希が丑嶋の元に金を借りに来た。お金が無い竹本は男の上手い話に乗り宿付きで働くことになる。だがそこは暴力に物を言わせ逃げられない貧困労働だった。そこを仕切っているのが鰐戸三兄弟だった。この三兄弟は中学校時代の丑嶋に負けた因縁の相手だった。優しい竹本はみんなを助けようとする。弱みを握られる竹本。鰐戸は竹本を使い因縁の丑嶋に復讐すると誓うのであった。
監督:山口雅俊 出演:山田孝之(丑嶋馨)、綾野剛(戌亥)、永山絢斗(竹本優希)、真飛聖(今井万里子)、間宮祥太朗(鰐戸三蔵)、安藤政信(鰐戸一)、ほか

「闇金ウシジマくん Part3」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくん Part3の紹介:2016年日本映画。アルバイトを頑張る青年、沢村真司はネットビジネスのカリスマ天生塾を訪れた。ノウハウを手に入れるためには多額のお金が必要だった。母から金を借り、丑嶋から金を借り、父親の通帳にも手を出し始めた。自分なりに成果を上げ先生と崇める天生に近づいていく。良いところに住み良い車をなれるようになった。一方不倫にハマる加茂はキャバクラの花蓮にもハマり丑嶋から金を借りる。どんどんエスカレート借金が膨らんでいくのであった。
監督:山口雅俊 出演:山田孝之(丑嶋馨)、綾野剛(戌亥)、本郷奏多(沢村真司)、白石麻衣(麻生りな)、筧美和子(花蓮(花織))、ほか

「闇金ウシジマくん Part2」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくん Part2の紹介:2014年日本映画。ある日マサル達は暴走族総長愛沢のバイクを盗み壊してしまう。ボコボコにされ闇金丑嶋の会社へと連れて来られる。慰謝料、治療費として200万マサルに貸せと言う。命乞いをしマサルは丑嶋の元で働くことになった。ギャンブルやホストにハマる女が丑嶋の元を訪れる。藤枝彩香もその一人だった。ホスト麗をナンバーワンにするためにお金が必要だった。借金を背負わされるマサル、闇金犀原にすぐにでも借金を返済しないとまずい愛沢。次第に二人は手を組み金を手に入れるため事件を起こす。
監督:山口雅俊 出演:山田孝之(丑嶋馨)、綾野剛(戌亥)、菅田将暉(加賀マサル)、木南晴夏(愛沢の妻・明美)、門脇麦(藤枝彩香)、中尾明慶(愛沢浩司)、窪田正孝(神咲麗(レイ))、本仮屋ユイカ(ユキミ)、柳楽優弥(蝦沼(エビヌマ))、ほか

「闇金ウシジマくん」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくんの紹介:2012年日本映画。イケメン5人でイベントサークルを運営する小川純はいろいろな所から金を借り、イベントを開いた会場代を踏み倒していた。返済に困り丑嶋にお金を借りる。鈴木未來は進学、就職をしないでフリーターをしていた。母親は売りをしていて丑嶋にも借金があった。その借金を未來が払わなければいけなくなり出会い系カフェで働くようになる。純は丑嶋を訴え借金を踏み倒そうとするのであった。
監督:山口雅俊 出演:山田孝之(丑嶋馨)、大島優子(鈴木未來)、林遣都(小川純)、崎本大海(高田)、市原隼人(アキト)、ほか

「追憶」のネタバレあらすじ結末

追憶の紹介:2017年日本映画。監督・降旗康男、撮影・木村大作という日本映画界の巨匠が9年ぶりにタッグを組んで製作したヒューマン・サスペンス映画です。北陸を舞台に、過去に傷を持つ三人の男が、ある殺人事件に刑事・容疑者・被害者として相まみえる姿を、周囲の人間模様も絡めて描き上げています。
監督:降旗康男 出演者:岡田准一(四方篤)、小栗旬(田所啓太)、柄本佑(川端悟)、長澤まさみ(四方美那子)、木村文乃(田所真理)、安藤サクラ(仁科涼子)、吉岡秀隆(山形光男)ほか

「淵に立つ」のネタバレあらすじ結末

淵に立つの紹介:2016年日本,フランス映画。平凡で穏やかな暮らしを送っていたごく普通の家庭が、ある前科者の男の出現を機に崩壊に向かっていく姿を二部構成で描いた衝撃のサスペンス映画です。
監督:深田晃司 出演者:浅野忠信(八坂草太郎)、筒井真理子(鈴岡章江)、古舘寛治(鈴岡利雄)、太賀(山上孝司)、三浦貴大(設楽篤)ほか

「パレードへようこそ」のネタバレあらすじ結末

パレードへようこその紹介:2014年イギリス映画。1984年不況に揺れるイギリス。サッチャー首相が20箇所の炭鉱を閉鎖する案に、反対のストライキが続いている。炭鉱労働者を支援するため立ち上がったロンドンの若者たちはLGSM(ゲイ&レズビアンの活動家)と名乗り、炭鉱労働者との交流をつづる感動作。
監督:マシュー・ウォーチャス 出演:ビル・ナイ(クリフ)、イメルダ・スタウントン(ヘフィーナ)、ドミニク・ウェスト(ジョナサン)、パディ・コンシダイン(ダイ)、ジョージ・マッケイ(ジョー)、ほか

1 2 3 4 5 6 55
TOP↑