ファンタジー映画のあらすじ

ファンタジー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までファンタジー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」のネタバレあらすじ結末

ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタの紹介:2010年イギリス,フランス,アメリカ映画。ナニー・マクフィーシリーズの2作目。エマ・トンプソンが脚本のこの作品はとてもあたたかい愛情が詰まった作品です。キャストも豪華で見ごたえのあるコミカルなファンタジー映画です。
監督:スザンナ・ホワイト  出演者:エマ・トンプソン(ナニー・マクフィー)、マギー・ギレンホール(イザベル)、リス・エヴァンス(フィル)、マギー・スミス(ドカディー夫人)エイサ・バターフィールド(ノーマン)、ユアン・マクレガー(ノーマンの父)

「ホドロフスキーの虹泥棒」のネタバレあらすじ結末

ホドロフスキーの虹泥棒の紹介:1990年イギリス映画。「アラビアのロレンス」で知られるピーター・オトゥールとオマー・シャリフがW主演を務める、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の6作目の長編作品にして初のメジャー映画である。変人扱いされている公爵にひょんなことからこき使われる羽目になったホームレスとの間に友情は生まれるのか…。
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演者:オマー・シャリフ(ディマ)、ピーター・オトゥール(メレアーグラ・フォン・タナー)、クリストファー・リー(ルドルフ・フォン・タナー)、ベルタ・ドミンゲス・D(タイガー・リリー)、ジョアンナ・ディケンズ(アンブローシア) ほか

「クロウ 飛翔伝説」のネタバレあらすじ結末

クロウ/飛翔伝説の紹介:1994年アメリカ映画。この撮影中に実弾の入ったピストルで命を落としたブランドン・リーの遺作。父であるブルース・リーと同じく撮影中に命を落とすことになってしまいます。謎の死をめぐり様々な憶測なども当時は飛び交っていました。90年代らしいグランジ感のあるかっこいいブランドンのPVのような作品です。
監督:アレックス・プロヤス 出演者:ブランドン・リー(エリック)、アーニー・ハドソン(アルブレヒト)アンナ・トムソン(ダーラ)、マイケル・マッシー(ファンボーイ)、マイケル・ウィンコット(トップ・ダラー)

「椿山課長の七日間」のネタバレあらすじ結末

椿山課長の七日間の紹介:2006年日本映画。この作品は、浅田次郎の同名小説を原作にした映画で、2003年に舞台化、2006年に映画化、2009年にTVドラマ化され、2016年には韓国でもTVドラマ化された作品です。キャッチフレーズは「ひとめあなたに、会いに生きたい」で、突然死したある中年男が絶世の美女となって蘇り、同じく突然死して姿を変えて蘇った仲間と共に、現世での家族や仲間たちの隠された事情を知っていくという、死後の世界と霊を題材とした物語を、ユーモラスに描いた心温まるファンタジードラマ映画です。

「ロスト・チルドレン」のネタバレあらすじ結末

ロスト・チルドレンの紹介:1995年フランス映画。どこかの寂れた港町。一つ目族と名乗る怪しげな集団が、子供を誘拐してはどこかへ横流ししています。一体何が目的なのでしょうか。一つ目族に弟を誘拐されたワンと、泥棒少女のミエットがその真相を探ります。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ 出演者:ワン(ロン・パールマン)、ミエット(ジュディット・ヴィッテ)、博士、6人のクローン(ドミニク・ピノン)、クランク(ダニエル・エミルフォンク)、マルチェロ(ジャン=クロード・ドレフュス)ほか

「遠くの空に消えた」のネタバレあらすじ結末

遠くの空に消えたの紹介:2007年日本映画。空港建設問題に揺れる田舎の村を舞台に、都会から来た転校生の少年が少女の夢を叶えるため、同級生と共に奮闘する姿を描いた青春ドラマです。
監督:行定勲 出演者:神木隆之介(楠木亮介)、ささの友間(土田公平)、大後寿々花(柏手ヒハル)、三浦友和(楠木雄一郎)、長塚圭史(赤星)ほか

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの紹介:2013年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。何世紀もの時を経て現代に生き、人を襲わずスタイリッシュに暮らしていたヴァンパイアのカップルがたどる愛と葛藤の異色ラブストーリー。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ティルダ・スウィントン(イヴ)、トム・ヒドルストン(アダム)、ミア・ワシコウスカ(エヴァ)、アントン・イェルチン(イアン)、ジョン・ハート(マーロウ)、ほか

「黒ひげ大旋風」のネタバレあらすじ結末

黒ひげ大旋風の紹介:1967年アメリカ映画。陸上競技のコーチとして赴任してきたスティーブは、その途中で「海賊黒ひげ旅館」の借金返済バザーに立ち寄った。そこで湯たんぽを買い、中に入っていた呪文が書かれた紙をなにげなく声を出して読んだ。その途端、海賊船長黒ひげが現れ、何か良い行いをしないと成仏出来ない呪いをかけられていると話した。スティーブは自分しか見えない黒ひげの幽霊をなんとか成仏させる為に、黒ひげ旅館の再建を手助けすることになったが・・
監督:ロバート・スティーヴンソン 出演:黒ひげ(ピーター・ユスティノフ),スティーブ(ディーン・ジョーンズ),アン(スザンヌ・プレシェット),シルキー(J・ベイカー,エルザ・ランチェスター)他

「ある日どこかで」のネタバレあらすじ結末

ある日どこかでの紹介:1980年アメリカ映画。時を超えて出会う男女の運命的な愛を描いたファンタジーロマンス。劇作家志望のリチャードは、見知らぬ老婦人から金時計を手渡され「戻ってきて」と告げられる。言葉の意味が分からないまま8年が経過し、リチャードは偶然入ったホテルの展示室で女優エリーズの写真に心を奪われた。そして謎の老婦人の正体がエリーズだったと知った時、彼は自分自身に強い催眠をかけ、約70年の時を遡りエリーズに会いに行くのだった。
監督:ジュノー・シュウォーク 出演者:クリストファー・リーヴ(リチャード・コリアー)、ジェーン・シーモア(エリーズ・マッケナ)、クリストファー・プラマー(ウィリアム・F・ロビンソン)、テレサ・ライト(ローラ・ロバーツ)、スーザン・フレンチ(晩年のエリーズ)ほか

「エンジェルウォーズ」のネタバレあらすじ結末

エンジェル ウォーズの紹介:2011年アメリカ,カナダ映画。1960年代、亡き母の遺産を狙う義父の手によって、妹を殺した罪を濡れ衣着せられ精神病院へ収容された少女。人生の全てを失い、社会的にもか弱き少女が更に自分の自我を失うまで過ごし、抵抗した、彼女なりの過酷な数日間が壮絶な戦いで表現され繰り広げられる美少女アクションファンタジー映画。
監督:ザック・スナイダー 出演者:ベイビードール(エミリー・ブラウニング)、スイートピー(アビー・コーニッシュ)、ロケット(ジェナ・マローン)、ブロンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)、アンバー(ジェイミー・チャン)、ベラ・ゴルスキー(カーラ・グギノ)、ブルー・ジョーンズ(オスカー・アイザック)、ほか

「天の茶助」のネタバレあらすじ結末

天の茶助の紹介:2014年日本映画。SABU監督が書き下ろした自身の小説を映画化。天界という想像を膨らませたユニークな設定の映画です。天界では、地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家たちがいました。そんな彼らにお茶を振る舞う、お茶くみ係である茶助がこの物語の主人公です。彼は地上のユリという女性に魅了されていましたが、自分が不用意に脚本家に発した言葉により、天界のシナリオが書き換えられ、人間界で生きるユリが交通事故で死ぬ運命であることを知ってしまいます。ユリを助けるために茶助は人間界に降りたつことになります。ユリの暮らす沖縄に向かうこととなります。主演の茶助役には、監督の作品である「うさぎドロップ」以来2度目の主演となる松山ケンイチが演じています。独特何とか世界観があり、その中で松山ケンイチが泥臭い一面を見せていきます。
監督:SABU 出演者:松山ケンイチ(茶助)、大野いと(新城ユリ)、大杉漣(種田潤一)、伊勢谷友介(彦村ジョー)、田口浩正(チャーリー・ポン)、ほか

「ピーター・パン」のネタバレあらすじ結末

ピーター・パンの紹介:2003年アメリカ映画。ウェンディ、ジョン、マイケルが寝ていると窓から一人の少年と妖精が入ってきた。少年の名はピーター・パン。ネバーランドに行こうと言った。妖精ティンカーベルとピーター、そして子供達は空を飛びネバーランドに向かった。ネバーランドには宿敵フック船長がいる。フック船長は自分の手を食べたワニに怯えていた。仕返しをしようとピーターを狙い続けるのであった。
監督:P・J・ホーガン 出演:ジェレミー・サンプター(ピーター・パン)、ジェイソン・アイザックス(フック船長/ダーリング氏)、レイチェル・ハード=ウッド(ウェンディー・ダーリング)、リュディヴィーヌ・サニエ(ティンカー・ベル)、オリヴィア・ウィリアムズ(ダーリング夫人)、ほか

「シルク・ドゥ・ソレイユ3D」のネタバレあらすじ結末

シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語の紹介:2012年アメリカ映画。世界各地で圧倒的なパフォーマンスを魅せ続けているエンターテイメント集団、シルクドゥソレイユの舞台がまさかの映画化。数多くのタイトルを余すところなく移したファンにはたまらない一作。
監督:アンドリュー・アダムソン 出演:エリカ・リンツ(ミア)、イゴール・ザリポフ(エアリアリスト)、ルッツ・ハルフブナー(リングマスター)、ジョン・クラーク(ピエロ曲芸師)、シルク・ドゥ・ソレイユ、ほか

「世にも不幸せな物語」のネタバレあらすじ結末

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の紹介:2004年アメリカ映画。豪華なキャスティングで見ごたえありです。2004年のアカデミー賞の最優秀メイクアップ賞を受賞しています。ジム・キャリーのイケてない役者オラフ伯爵が最低で最高です。
監督:ブラッド・シルバーリング 出演者:ジム・キャリー(オラフ伯爵)、エミリー・ブラウニング(ヴァイオレット・ボードレール)、リアム・エイケン(クラウス・ボードレール)、メリル・ストリープ(ジョセフィーンおばさん)、ダスティン・ホフマン(映画評論家)ほか

「シャーロットのおくりもの(2006年)」のネタバレあらすじ結末

シャーロットのおくりものの紹介:2006年アメリカ映画。1匹の子ブタをめぐって人間の少女と賢くて心優しいクモが奇跡を起こすファンタジー。アニメにもなったロングセラー児童書を実写版で映画化。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演: ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ジュリア・ロバーツ(クモのシャーロット)、スティーヴ・ブシェミ(ネズミのテンプルトン)、ケヴィン・アンダーソン(Mr.エラブル)、エシー・デイヴィス(Mrs.エラブル)、キャシー・ベイツ(牛のビッツィー)、ロバート・レッドフォード(馬のアイク)、ほか

1 2 3 4 5 7
TOP↑