映画のあらすじ

「ロシア52人虐殺犯 チカチーロ」のネタバレあらすじ結末

ロシア52人虐殺犯 チカチーロの紹介:1995年アメリカ映画。8年間で52人もの犠牲者を出した史上最悪の殺人鬼アンドレイ・チカチーロを追う刑事の姿を描く。保守的な社会体制の元、偏った上層部の思想と権力に阻まれながらも、熱意と執念で前進を続けた男達はついにチカチーロにたどり着く。原作はロバート・カレンのノンフィクション作品『子供たちは森に消えた』。
監督:クリス・ジェロルモ 出演者:スティーヴン・レイ(ヴィクトル・ブラコフ)、ドナルド・サザーランド(ミハイル・フェチソフ)、ジェフリー・デマン(アンドレイ・チカチーロ)、マックス・フォン・シドー(アレクサンドル・ブハノフスキー)、ジョス・アクランド(ボンダルチュク)ほか

「ファンタスティック・プラネット」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・プラネットの紹介:1973年フランス,チェコ映画。圧倒的な独創性で世界中にファンを持つSFファンタジー作品。巨人ドラーグ族に支配されてきた人間達は、知識を得て彼らに反逆し始める。二つの異なる種族が選ぶのは共存か戦いの道か。アニメーション作品として初めてカンヌ国際映画祭で特別賞を受賞した。
監督:ルネ・ラルー 出演者:ジェニファー・ドレイク(ティバ)、エリック・ボージャン(テール)、ジャン・ヴァルモン(テール)、ジャン・トパール(シン)ほか

「カーネギー・ホール」のネタバレあらすじ結末

カーネギー・ホールの紹介:1947年アメリカ映画。カーネギー・ホールの掃除婦として働く女性の物語を軸に数々のクラシック音楽が演奏されるこの作品は、指揮者のブルーノ・ワルター、ピアニストのアルトゥール・ルービンシュタイン、ヴァイオリン奏者のヤッシャ・ハイフェッツなどの著名な音楽家による演奏が堪能できるため、今日では「伝説の作品」とも言われる映画である。クラシック音楽の抜粋が多く演奏されるため、本編は136分と少し長い。
監督:エドガー・G・ウルマー 出演者:マーシャ・ハント(ノラ・ライアン)、ハンス・ジャレイ(トニー・サレルノ[父])、ウィリアム・プリンス(トニー・サレルノ[子])、フランク・マキュー(ジョン・ドノバン)、マーサ・オドリスコール(ルース・ヘインズ) ほか

「ランダム・ハーツ」のネタバレあらすじ結末

ランダム・ハーツの紹介:1999年アメリカ映画。飛行機事故で死亡した一組の不倫カップル。それぞれの夫と妻が、失った哀しみと裏切られた苦しみの中で真実を知ろうとするうちに惹かれあう姿を描く。
監督:シドニー・ポラック 出演:ハリソン・フォード(ダッチ)、クリスティン・スコット・トーマス(ケイ)、チャールズ・S・ダットン(アルシー)、ボニー・ハント(ウェンディ)、ほか

「ディア・ドクター」のネタバレあらすじ結末

ディア・ドクターの紹介:2009年日本映画。山奥の村で、村人から信頼され、慕われている医師。彼は村人の家を訪問し、親身なって診察する一方で、ある秘密を抱えています。その医師と村人、村にやってきた若い研修医との織りなす人間ドラマです。
監督:西川美和 出演:笑福亭鶴瓶(伊野治)、瑛太(相馬啓介)、余貴美子(大竹朱美)、香川照之(斎門正芳)、八千草薫(鳥飼かづ子)、ほか

「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」のネタバレあらすじ結末

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴの紹介:2010年アメリカ映画。あまりの過激さから、公開時は発情アニマルとして公開された1978年の映画をリメイクした作品で、ある作家が地元の青年たちにレイプされ、それに対して復讐するというストーリーが展開されます。
監督:スティーヴン・R・モンロー 出演:セーラ・バトラー(ジェニファー・ヒルズ)、ジェフ・ブランソン(ジョニー・ミラー)、ダニエル・フランゼーゼ(スタンリー)、ロドニー・イーストマン(アンディ)、ほか

「パーフェクト・ゲッタウェイ」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ゲッタウェイの紹介:2009年アメリカ映画。シドニーとクリフは結婚式を挙げたばかりの新婚夫婦。ハネムーンのためにハワイのカウアイ島にやって来ますが、ホノルルで新婚夫婦が殺される事件が起き、犯人はカウアイ島へ渡ったと知り・・・。美しい大自然の中で展開していくサスペンス。
監督:デヴィッド・トゥーヒー 出演者:ミラ・ジョヴォヴィッチ(シドニー)、スティーヴ・ザーン(クリフ)、キエレ・サンチェス(ジーナ)、ティモシー・オリファント(ニック)ほか

「悦楽共犯者」のネタバレあらすじ結末

悦楽共犯者の紹介:1996年チェコ,イギリス,スイス映画。それぞれ特殊な性癖を持つ男女6人の群像劇。彼らが悦楽を求め創意工夫に励む姿を大真面目に描いた怪作である。台詞は無いものの、実写とストップモーション・アニメーションを組み合わせた映像が飽きを感じさせない。
監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 出演者:ペトル・メイセル(ピヴォイネ)、ガブリエラ・ヴィルヘルモヴァー(ロウバロヴァ)、バルボラ・フルザノヴァー(マールコヴァ)、アナ・ヴェトリンスカー(アンナ・ウェントリスカ)、イジー・ラーブス(クラ)、パヴェル・ノヴィー(ヴェトリンスキー)ほか

「グレン・ミラー物語」のネタバレあらすじ結末

グレン・ミラー物語の紹介:1954年アメリカ映画。アメリカでジャズミュージシャンとして活躍し、スウィングジャズの大家として知られるグレン・ミラーの伝記物語。上映された年のアカデミー賞に数多くの部門でノミネートされ、ルイ・アームストロングやベン・ポラック、ジーン・クルーパなどの著名なジャズミュージシャンが本人役として出演したのも話題を呼んだ。
監督:アンソニー・マン 出演者:ジェームズ・スチュアート(グレン・ミラー)、ジューン・アリソン(ヘレン・バーガー)、ハリー・モーガン(チャミー・マグレガー)、チャールズ・ドレイク(ドン・ヘインズ)、バートン・マクレーン(ヘンリー・アーノルド将軍) ほか

「グレート・ワルツ」のネタバレあらすじ結末

グレート・ワルツの紹介:1938年アメリカ映画。後にワルツ王と呼ばれ、大勢の国民に親しまれた作曲家ヨハン・シュトラウス二世の半生を描いた物語。2人の女性関係を軸に展開され、公開された年のアカデミー賞では撮影賞を受賞。その他の部門にも多数ノミネートされた。「ウィーンの森の物語」や「美しく青きドナウ」などの名曲がどのようにして生まれたのか、作り手が想像力を駆使してロマンチックに描いている。
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ 出演者:フェルナン・グラヴェ(ヨハン・シュトラウス二世)、ルイゼ・ライナー(ポルディ)、ミリッツァ・コリウス(カーラ・ドナー)、ヒュー・ハーバート(ホフバウアー)、ライオネル・アトウィル(ホーエンフリード卿) ほか

「ABC・オブ・デス2」のネタバレあらすじ結末

ABC・オブ・デス2の紹介:2014年アメリカ映画。26人の監督が26文字それぞれのアルファベットで始まる言葉をテーマにして’死’を描く。5分間で1作品を制作したオムニバスホラーの第二弾で、恐怖と笑いが混在した独特の映画となっています。日本からは大畑創、梅沢壮一が監督として参加。

「ABC・オブ・デス」のネタバレあらすじ結末

ABC・オブ・デスの紹介:2012年アメリカ映画。アルファベット26文字ずつ、全26作品を26人の監督が1作品5分といった時間でストーリーを展開するという実験的なオムニバス・ホラー映画です。日本からは、井口昇監督、西村喜廣監督、山口雄大監督が参加している。

「ウィッチマウンテン 地図から消された山」のネタバレあらすじ結末

ウィッチマウンテン 地図から消された山の紹介:2009年アメリカ映画。タクシー運転手のジャックは突如現れた子ども二人を乗せることになる。彼らは超能力を持った宇宙人だった。彼らを星に返すために宇宙船を奪還に向かう。
監督:アンディ・フィックマン 出演:ドウェイン・ジョンソン(ジャック・ブルーノ)、アナソフィア・ロブ(サラ)、アレクサンダー・ルドウィグ(セス)、カーラ・グギーノ(アレックス・フリードマン博士)、キアラン・ハインズ(ヘンリー・パーク)、ほか

「宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)」のネタバレあらすじ結末

宇宙兄弟#0(ナンバー・ゼロ)の紹介:2014年日本アニメ映画。舞台は第一話の四年前。日々人が直面した大切な人との別れ。六太に訪れた大きな試練。兄弟が同時に迎えた苦しみ、挫折。しかし二人はもう一度前を向いて立ち向かいます。宇宙という目標に向かって。
監督:渡辺歩 声の出演:平田広明(南波六太)、KENN(南波日々人)、沢城みゆき(少年六太)、三瓶由布子(少年日々人)、チョー(南波・父)、ほか

「わたし出すわ」のネタバレあらすじ結末

わたし出すわの紹介:2009年日本映画。監督・脚本は森田芳光で、彼にとって『わたし出すわ』は『(ハル)』(1996年)以来13年ぶりのオリジナル作品となる映画です。キャッチコピーは「独りじゃないから、きっと」で、“お金”の使い方を巡り、5人の高校時代の同級生の夢を叶えるために躊躇なく大金を出す主人公・摩耶を中心に、大金を手にした人間の本質を描いたヒューマン・ドラマ映画です。
監督:森田芳光 出演:小雪(山吹摩耶)、黒谷友香(魚住サキ)、井坂俊哉(道上保)、山中崇(川上孝)、小澤征悦(保利満)、ほか

1 2 3 4 5 6 173
TOP↑