映画のあらすじ

「ドラゴン危機一発」のネタバレあらすじ結末

ドラゴン危機一発の紹介:1971年香港映画。伝説のアクションスター、ブルース・リーがアメリカから香港に凱旋して製作された主演第1作目です。タイに出稼ぎにやってきた主人公が、働き先の製氷工場が麻薬の密輸組織の隠れ蓑であることを知り、殺された仲間や親戚の復讐に立ち上がります。
監督:ロー・ウェイ 出演者:ブルース・リー(チェン・チャオアン)、ジェームズ・ティエン(シュウ・シェン)、マリア・イー(チャオ・メイ)、ハン・インチェ(マイ)、トニー・リュウ(マイの息子)ほか

「ちょんまげぷりん」のネタバレあらすじ結末

ちょんまげぷりんの紹介:2010年日本映画。荒木源の小説を映画化したもので、錦戸亮(関ジャニ∞)扮する江戸時代の侍が現代にタイムスリップし、シングルマザーとの出会いを経てお菓子作りに目覚めていく様を描く人情コメディーです。
監督:中村義洋 出演者:錦戸亮(木島安兵衛)、ともさかりえ(遊佐ひろ子)、鈴木福(遊佐友也)、今野浩喜(田中くん)、堀部圭亮(城崎)ほか

「魔女の宅急便(実写版)」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便(実写版)の紹介:2014年日本映画。魔女として生きることを決めたキキは13歳の満月の夜、両親の元を離れ故郷を旅立った。辿り着いたある港街は自然も美しくたくさんの人で賑わっている。キキは相棒の黒猫ジジと共にこの街での生活を決めることにした。そこで出会った一人の女性おソノに住む場所を紹介してもらいキキは空飛ぶ「宅急便」を始めることにする。しかし上手くは事は運ばなかった。角野栄子原作「魔女の宅急便」を実写映画化。監督はホラー映画「呪怨」などを製作した清水崇。
監督:清水崇 出演:キキ(小芝風花) とんぼ(広田亮平) ジジ(寿美菜子)  おソノ(尾野真千子) フクオ(山本浩司) すみれ(吉田羊) ナヅル(新井浩文) タカミ・カラ(YURI) ラジオDJ(LiLiCo) イシ先生(浅野忠信) オキノ(筒井道隆) コキリ(宮沢りえ) 

「キング・アーサー」のネタバレあらすじ結末

キング・アーサーの紹介:2017年イギリス,オーストラリア,アメリカ映画。アーサー王の伝説をもとにした作品。叔父ヴォーティガンによって王である父親を殺されたアーサーは一人生き延び、スラムで逞しく育つ。そんな彼が伝説の聖剣であるエクスカリバーを岩から抜くと彼は自分の宿命を思い出し、ヴォーディガンへの復讐を誓う。
監督:ガイ・リッチー 出演:チャーリー・ハナム(アーサー)、ジュード・ロウ(ヴォーティガン)、エリック・バナ(ユーサー王)、ジャイモン・フンスー(ベディヴィア)、アストリッジ・ベルジェ・フリスペ(メイジ)ほか

「サイレント・ワールド2011」のネタバレあらすじ結末

サイレント・ワールド2011 地球氷結の紹介:2010年カナダ,オーストラリア映画。異常気象による世界の終末を描くパニックホラー。環境破壊により弱っていたオゾン層に、ついに亀裂が生じてしまった。亀裂が原因で殺人的な寒冷前線が発生し、世界は氷に覆われる。気象学者ジャックは世界を救うため、触れるもの全てを凍らせるマイナス70℃の氷霧に立ち向かっていくのだった。
監督:ブライアン・トレンチャード=スミス 出演者:マイケル・シャンクス(ジャック・テイト)、アレクサンドラ・デイヴィーズ(エマ・テイト)、ブルース・デイヴィソン(ウォルター・ウィンスロー)、インディアナ・エヴァンズ(ナオミ・テイト)、サスキア・ハンプル(ゾーイ)ほか

「あずみ2 Death or Love」のネタバレあらすじ結末

あずみ2 Death or Loveの紹介:2004年日本映画。浅井長政、加藤清正を討ち取ったあずみでしたが、残る標的である真田昌幸を討つために生き残った仲間のながらと伊賀忍者のこずえと一緒に旅を続けていました。しかしその途中で初恋の相手なちにそっくりな銀角と出会いますが、彼は敵側の人間だとわかります。2003年に公開された「あずみ」の続編で主演は上戸彩さんで銀角役に小栗旬さんが演じています。
監督:金子修介 出演:上戸彩(あずみ)、石垣佑磨(ながら)、栗山千明(こずえ)、小栗旬(銀角/なち)、北村一輝(井上勘兵衛)、遠藤憲一(金角)、ほか

「コンカッション」のネタバレあらすじ結末

コンカッションの紹介:2015年アメリカ映画。全米に大論争を巻き起こしたNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の隠ぺい問題に立ち向かう実在の医師をウィル・スミスが演じる。ナイジェリア出身の医師オマルは、心臓発作で亡くなったという元NFLスター選手の遺体を見て疑問を抱く。彼の死は心臓発作ではなく、フットボールのプレイ中に受ける激しい脳への衝撃が原因ではないのか――。この恐ろしい事実を世間に公表しようとするオマルに、次々と障害が襲いかかる。ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞ノミネート作品。
監督:ピーター・ランデスマン
出演者:ウィル・スミス(ベネット・オマル)、アレック・ボールドウィン(ジュリアン・バイレス)、デヴィッド・モース(マイク・ウェブスター)、アルバート・ブルックス(シリル・ウチェット)、ググ・バサ=ロー(プレマ・ムティソ)、ほか

「ハドソン・ホーク」のネタバレあらすじ結末

ハドソン・ホークの紹介:1990年アメリカ映画。ブルース・ウィリスが長年温めていた構想を映画化したアクション・コメディ・アドベンチャー作品です。ダ・ビンチが発明した純金製造マシーンを巡り、怪盗ハドソン・ホークとマシーンを狙う夫婦、CIAやマフィアなど多くの人々の思惑が交差していきます。
監督:マイケル・レーマン 出演者:ブルース・ウィリス(エディ・”ハドソン・ホーク”・ホーキンス)、ダニー・アイエロ(トミー・ファイブ=トーン)、アンディ・マクドウェル(アンナ・バラグリー)、リチャード・E・グラント(ダーウィン・メイフラワー)、サンドラ・バーンハード(ミネルバ・メイフラワー)、ドナルド・バートン(アルフレッド)、ジェームズ・コバーン(ジョージ・キャプラン)ほか

「ヒステリア」のネタバレあらすじ結末

ヒステリアの紹介:2011年イギリス,フランス,ドイツ,ルクセンブルク映画。19世紀のロンドンを舞台に、今や「大人のおもちゃ」として知られる電動バイブレーターの誕生秘話をベースに、ひとりの青年医師の発明にかける思いや姉妹との恋愛などを描いたロマンティックコメディです。
監督:ターニャ・ウェクスラー 出演:マギー・ギレンホール(シャーロット・ダリンプル)、ヒュー・ダンシー(モーティマー・グランヴィル)、ジョナサン・プライス(ロバート・ダリンプル)、フェリシティ・ジョーンズ(エミリー・ダリンプル)、ルパート・エヴェレット(エドモント・セント・ジョンスミス)ほか

「シンドバッド虎の目大冒険」のネタバレあらすじ結末

シンドバッド虎の目大冒険の紹介:1977年イギリス,アメリカ映画。伝説の船乗りシンドバッドの活躍を描いた冒険活劇シリーズ三部作の完結編です。シンドバッドは呪いをかけられてしまった旧友の王子を助けるため、お家騒動を引き起こした邪悪な魔女に闘いを挑んでいきます。
監督:サム・ワナメイカー 出演者:パトリック・ウェイン(シンドバッド)、タリン・パワー(ディオーネ)、ダミアン・トーマス(カシム王子)、カート・クリスチャン(ラフィ)、マーガレット・ホワイティング(ゼノビア)ほか

「シンドバッド黄金の航海」のネタバレあらすじ結末

シンドバッド黄金の航海の紹介:1973年イギリス映画。伝説の船乗りシンドバッドの活躍を描いた三部作の第2作です。3つ集めると不思議な力が得られる黄金の刻印を巡って、シンドバッドと悪の魔術師が争奪戦を繰り広げます。
監督:ゴードン・ハッセル 出演者:ジョン・フィリップ・ロー(シンドバッド)、キャロライン・マンロー(マルギアナ)、トム・ベイカー(魔術師クーラ)、ダグラス・ウィルマー(宰相ビジエル)、ロバート・ショウ(精霊の声)ほか

「シンバッド七回目の航海」のネタバレあらすじ結末

シンバッド七回目の航海の紹介:1958年アメリカ映画。伝説の船乗りシンドバッドを主人公とする三部作の第1作です。バクダッドの王子シンドバッドが、黒魔術によって小人に変えられた婚約者を救うべく、謎の島で邪悪な黒魔術師と闘いを繰り広げる冒険活劇です。
監督:ネイザン・ジュラン 出演者:カーウィン・マシューズ(シンドバッド)、キャスリン・グラント(パリサ姫)、トリン・サッチャー(黒魔術師ソクラ)、アレック・マンゴー(カリフ)、リチャード・アイアー(ランプの精バラニ)ほか

「ハクソー・リッジ」のネタバレあらすじ結末

ハクソー・リッジの紹介:2016年オーストラリア,アメリカ映画。第二次大戦中、沖縄の前田高地(ハクソーリッジ)で銃を持たずに衛生兵として働き、多くの兵士を救った実在の二等兵の半生を描く。メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンを取り、アカデミー賞では6部門でノミネート。編集賞と録音賞の2つのオスカーを獲得した。
監督:メル・ギブソン 出演:アンドリュー・ガーフィールド(デズモンド・ドス)、サム・ワーシントン(グローヴァー大尉)、テリーサ・パーマー(ドロシー・シュッテ)、ヴィンス・ヴォーン(ハウエル軍曹)、ヒューゴ・ウィーヴィング(トム・ドス)、ほか

「こどもつかい」のネタバレあらすじ結末

こどもつかいの紹介:2016年日本映画。こどもつかいの紹介:行方不明になり帰ってきた子供と接触すると3日後に死ぬという噂が広がる。呪いをかけられてしまった尚美と恋人の駿也は呪いを解くために奮闘する。「呪怨」を手がけた清水崇監督の2017年公開のホラー作品。こどもつかいを演じる滝沢秀明の17年ぶりの映画出演も話題。
監督:清水崇 出演:滝沢秀明(こどもつかい)、有岡大貴(新聞記者・江崎駿也)、門脇麦(保育士・原田尚美)、尾上寛之(近藤創)、中野遥斗(笠原蓮)、西田尚美(小松洋子)、ほか

「軍用列車」のネタバレあらすじ結末

軍用列車の紹介:1975年アメリカ映画。アリステア・マクリーンの小説をマクリーン自ら脚本を手掛けて映画化したアクション・サスペンスです。西部開拓時代のアメリカを舞台に、伝染病流行の救援に向かった軍用列車を巡る陰謀に立ち向かう秘密捜査官らの姿を描いています。
監督:トム・グライス 出演者:チャールズ・ブロンソン(ジョン・ディーキン)、ベン・ジョンソン(ネイサン・ピアース)、ジル・アイアランド(マリカ)、エド・ローター(クレアモント少佐)、リチャード・クレンナ(フェアチャイルド知事)ほか

1 2 3 4 5 6 257
TOP↑