映画のあらすじ

「100歳の少年と12通の手紙」のネタバレあらすじ結末

100歳の少年と12通の手紙の紹介:2009年フランス映画。余命わずかな10歳の少年が、愛を遠ざけて生きてきたピザ屋の女主人と心を通わせて、残された日々を懸命に生きる姿をファンタジックな映像を交えて描いたハートウォーミングストーリー。
監督:エリック・=エマニュエル・シュミット 出演:ミシェル・ラロック(ローズ)、アミール(オスカー)、マックス・フォン・シドー(デュッセルドルフ医師)、アミラ・カサール(ゴメット婦長)、ミレーヌ・ドモンジョ(ローズの母)、ほか

「八月の狂詩曲」のネタバレあらすじ結末

八月の狂詩曲(ラプソディー)の紹介:1991年日本映画。日本映画界の巨匠・黒澤明監督が村田喜代子の芥川賞受賞作品「鍋の中」を映画化したもので、長崎で原爆体験をした祖母と4人の孫たちのひと夏の交流を描いています。
監督: 黒澤明 出演者:村瀬幸子(鉦)、吉岡秀隆(縦男)、大寶智子(たみ)鈴木美恵(みな子)、伊崎充則(信次郎)、リチャード・ギア(クラーク)ほか

「空気人形」のネタバレあらすじ結末

空気人形の紹介:2009年日本映画。空気人形の紹介:業田良家の心を持った人形を描く漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形」を実写映画化。第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映されました。監督は「そして父になる」や「海街diary」の是枝裕和。
監督:是枝裕和 出演:ペ・ドゥナ(空気人形)、ARATA(レンタルビデオ屋の従業員・純一)、板尾創路(空気人形の持ち主、ファミレス従業員・秀雄)、高橋昌也(元高校国語教師・敬一)、余貴美子(受付嬢)、岩松了(レンタルビデオ屋の店長・鮫洲)、オダギリジョー(人形師)、富司純子(未亡人)、ほか

「ヒトラーの贋札」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーの贋札の紹介:2007年ドイツ,オーストリア映画。実話であるドイツの史上最大の贋札事件であるベルンハルト大作戦の裏側を描いた作品です。この贋作事件には当時迫害されていたユダヤ人が利用されていたのでした。
監督:ステファン・ルツォヴィツキー 出演:カール・マルコヴィクス(サロモン・ソロヴィッチ/サリー)、アウグスト・ディール(アドルフ・ブルガー)、デーヴィト・シュトリーゾフ(フリードリヒ・ヘルツォーク)、マリー・ボイマー(アグライア)、ドロレス・チャップリン(カジノの令嬢)、ほか

「ブック・オブ・ライフ マノロの数奇な冒険」のネタバレあらすじ結末

ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~の紹介:2014年アメリカ映画。メキシコの架空の町を舞台に、劇中劇の主役の3人、マノロ、ホアキン、マリアが、それぞれの立場で成長し、自分の求めるものを探す物語です。劇中劇が、木彫りの人形の姿で作り上げられ、画面いっぱいに広がる色鮮やかな世界観は観客を圧倒します。メキシコで盛大に祝われる祝日「死者の日」をモチーフに、生と死、それぞれの意味を持たせる重厚なストーリーも良く練られています。主人公以外のキャラクターも丁寧に描かれ、マノロが熱唱する曲として、レディオヘッドの『creep』が使われるなど、細微に渡り魅力満載のアニメーション作品です。
監督:ホルヘ・グティエレス 声優:ディエゴ・ルナ(マノロ)、ゾーイ・サルダナ(マリア)、チャニング・テイタム(ホアキン)ほか

「きょうのキラ君」のネタバレあらすじ結末

きょうのキラ君の紹介:2017年日本映画。みきもと凜の原作漫画「きょうのキラ君」を実写映画化。学校の女子にモテモテの吉良ゆいじに恋をしたヒロイン、岡村ニノンが、他人とうまく付き合うのが苦手にもかかわらず、ある秘密を持っているキラ君を笑顔にするため奔走する様子が描かれるラブストーリー。どうか2人の恋が終わらないで!と願わずにはいられない。
監督:川村恭祐 出演者:中川大志(吉良ゆいじ/キラ)、飯豊まりえ(岡村二ノン)、葉山奨之(矢部和弘)、平佑奈(矢作澪)、安田顕(二ノンの父)、三浦理恵子(二ノンの母)、岡田浩暉(キラの父)

「ピーチガール」のネタバレあらすじ結末

ピーチガールの紹介:2017年日本映画。「ピーチガール」は少女漫画を原作とした実写化映画。見た目がガングロギャルなため、そのように普段は振舞っていますが、実は内面は全く違う性格で、本当の自分をさらけ出せずに日々を過ごしてきた主人公が恋をしたり、友情を育んだりして本当の自分を取り戻す物語。
監督:神徳幸治 出演:山本美月(安達もも)、伊野尾慧(岡安浬(カイリ))、真剣佑(東寺ヶ森一矢(とーじ))、永野芽郁(柏木沙絵)、本仮屋ユイカ(安芸操)、ほか

「インソムニア」のネタバレあらすじ結末

インソムニアの紹介:2002年アメリカ映画。事件の応援で白夜のアラスカを訪れたロス市警のベテラン刑事が捜査中に誤って相棒を射殺したことから不眠症に陥り、事件の犯人からも追い詰められていくサスペンス。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:アル・パチーノ(ウィル・ドーマー)、ロビン・ウィリアムズ(ウォルター・フィンチ)、ヒラリー・スワンク(エリー・バー)、モーラ・ティアニー(レイチェル・クレメント)、マーティン・ドノヴァン(ハップ・エクハート)、ほか

「動乱」のネタバレあらすじ結末

動乱の紹介:1980年日本映画。五・一五事件から二・二六事件までの時代を背景に、二・二六事件を決行するまでのいきさつや、軍の中でのやり取り、決行した青年将校とその妻との愛などを描いた映画です。
監督:森谷司郎 出演:高倉健(宮城啓介)、吉永小百合(溝口薫)、米倉斉加年(島憲兵曹長)、桜田淳子(高見葉子)、田村高廣(神崎中佐)、ほか

「突入せよ!「あさま山荘」事件」のネタバレあらすじ結末

突入せよ!突入せよ!「あさま山荘」事件「あさま山荘」事件の紹介:2002年日本映画。1972年2月、警察に追われた連合赤軍のメンバーがあさま山荘に侵入し、人質を取って立てこもる事件が発生しました。マイナス10度を超える極寒の中、犯人に容易に近づくことができない状態が続きます。1970年代に実際に発生した「あさま山荘事件」を題材に映画化したもので、当時の警察内部の攻防を描いています。
監督:原田眞人 原作:佐々淳行 出演:役所広司(佐々淳行)、宇崎竜童(宇田川信一)、伊武雅刀(野間長野県警本部長)、串田和美(丸山参事官)、山路和弘(石川警視正)、矢島健一(大久保第九機動隊長)、椎名桔平(白竜組社長)、天海祐希(佐々幸子)、藤田まこと(後藤田正晴警察庁長官)、ほか

「スパイダーマン:ホームカミング」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ホームカミングの紹介:2017年アメリカ映画。スパイダーマンシリーズでは初のマーベルコミックのクロスオーバー作品。トニーから子ども扱いされていることに嫌気がさし、アベンジャーズの仲間入りを目指して強くなろうとするピーターがたくましく描かれる。シビル・ウォー後、トニー・スタークより贈られたスパイダーマンのハイテクスーツも見所。アベンジャーズとチタウリの戦いで破壊されたニューヨーク。解体工事を委託されていたエイドリアンの会社は当局より仕事を取り上げられる。腹を立てたエイドリアンはチタウリが残した兵器の残骸から密かに兵器を開発。一方、ピーターはトニー・スタークよりアベンジャーズへの再招集がかかる日を待ち、街のパトロールを続けていた。ある日、ATM強盗に遭遇したピーターは果敢に立ち向かうが、これまでに見たこともない強力な武器を目にする。トニーに認めてもらいたいピーターはこの兵器をめぐり1人で追跡を開始する。
監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド(ピーター・パーカー / スパイダーマン)、マイケル・キートン(エイドリアン・トゥームス / バルチャー)、ジョン・ファヴロー(ハッピー・ホーガン)、ゼンデイヤ(ミシェル・ジョーンズ)、ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク / アイアンマン)、マリサ・トメイ(メイ・パーカー)ほか

「サヨナラの代わりに」のネタバレあらすじ結末

サヨナラの代わりにの紹介:2014年アメリカ映画。愛情深い弁護士の夫と、裕福な生活。そんな誰もが羨む幸せな人生を歩んでいる女性ケイト。しかし、彼女の体はALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていました。車椅子の生活になり、新しい介護人の面接にやって来たのは大学生のベック。介護の経験がほとんどないうえに遅刻ばかりする彼女に、ケイトは不思議と親近感を覚えます。そしてある事件をきっかけに、彼らの間に介護人と患者を越えた友情が芽生えますが…。「ボーイズ・ドント・クライ」や「ミリオンダラー・ベイビー」のアカデミー賞女優ヒラリー・スワンクが製作・主演を務めた、2人の女性の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演者:ヒラリー・スワンク(ケイト)、エミー・ロッサム(ベック)、ジョシュ・デュアメル(エヴァン)、ロレッタ・デヴァイン(マリリン)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(エリザベス)、アリ・ターナー(キーリー)、ジェイソン・リッター(ウィル)、フランシス・フィッシャー(グウェン)、ほか

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇の紹介:2017年日本映画。謎のメッセージを受けた古代たちは、宇宙のどこかで誰かが救いを求めていると信じて、政府が反対する中、ヤマトを発進させる。アステロイドベルトを利用した防衛手段、地球艦隊旗艦・アンドロメダとの対決などオリジナルの『ヤマト』を彷彿させる一方で、第十一番惑星での電光石火の救出作戦という2202独自のエピソードも交えたシリーズ第2作。
監督:羽原信義 出演者:小野大輔(古代進)、桑島法子(森雪)、大塚芳忠(真田志郎)、鈴村健一(島大介)、神谷浩史(クラウス・キーマン)ほか

「ベガスの恋に勝つルール」のネタバレあらすじ結末

ベガスの恋に勝つルールの紹介:2008年アメリカ映画。婚約中の彼氏に、結婚目前で振られてしまったジョイ。失恋の腹いせとして、親友のティッパーとラスベガスに行くことに。カジノで泥酔したジョイは、ラスベガスで出会ったジャックと結婚してしまう。すぐに婚約解消をしなきゃと思う二人だが、最後に1回ジョイのあげた小銭でジャックが回したスロットが大当たりし、300万ドルを当てる。二人はお金を平等に分けるべく、偽装の結婚生活を送ることになる。
監督:トム・ヴォーン 出演:キャメロン・ディアス(ジョイ・マクナリー)、アシュトン・カッチャー(ジャック・フラー)、ロブ・コードリー(スティーヴ・“ヘイター”・ハーダー)、トリート・ウィリアムズ(ジャック・フラー・ジュニア)、デニス・ミラー(ワッパー判事)、ほか

「うつつ」のネタバレあらすじ結末

うつつの紹介:2001年日本映画。突然見知らぬ女性にあなたの奥さんは私の夫と不倫をしていると言われた隆一は、その女の魅力に魅かれどんどん罠にはまってゆくというサスペンス映画です。
監督:当摩寿史 出演:佐藤浩市(池島隆一)、大塚寧々(池島公美子)、小島聖(斉藤陽一郎)、宮沢りえ(小原幾子)、大杉漣(長田勤)、ほか

1 2 3 4 5 6 287
TOP↑