ミステリー映画のあらすじ

「怪物」のネタバレあらすじ結末

怪物の紹介:2023年日本映画。監督は『万引き家族』などの是枝裕和、脚本は『花束みたいな恋をした』などの坂元裕二、音楽を本作が遺作となった坂本龍一が手掛けたミステリー・サスペンスです。大きな湖のある郊外の町を舞台に、どこにでも起きうるような子供たちのトラブルが親や学校を巻き込んだ大騒動になっていく様を社会問題などの描写を盛り込みながら描かれます。
監督:是枝裕和 出演者:安藤サクラ(麦野早織)、永山瑛太(保利道敏)、黒川想矢(麦野湊)、柊木陽太(星川依里)、高畑充希(鈴村広奈)、角田晃広(正田文昭)、中村獅童(星川清高)、田中裕子(伏見真木子)ほか

「マッチメーカー」のネタバレあらすじ結末

マッチメーカーの紹介:2023年サウジアラビア映画。家で妻と娘に虐げられるタレクは、自分の働くIT企業のオフィスで理想の女性に出会います。サルマという女性の事が気になり監視するようになったタレクでしたが、サルマが突然辞めてしまいます。サルマのタブレットにあった、理想の女性と結婚できる砂漠の中の男の理想郷というマッチングサービスの動画を見たタレクは、そのサービスに登録して砂漠のホテルに向かったのでした。理想の女性うサルマを探して砂漠のホテルに行った男が、自分が殺される運命だと知り右往左往する様子を描いたサウジアラビアの不思議な映画です。
監督:アブドゥルモーセン・アルダバーン 出演:ハッサム・アル・ハーシー(タレク)、リーム・アルハビブ(主催者の女)、ヌール・アル・ハドラー(サルマ)、ラハフ・イブラヒム(リーマ)ほか

「女子高生に殺されたい」のネタバレあらすじ結末

女子高生に殺されたいの紹介:2022年日本映画。「帝一の國」「ドラゴン桜」などで知られる漫画家、古谷兎丸の同名作品の映画化です。原作にはないオリジナルストーリーにオリジナルキャラクターが登場することも本作の見どころとなっています。女子高生に殺されたい主人公・春人の顛末を描いています。
監督:城定秀夫 出演:田中圭(東山春人)、南沙良(佐々木真帆)、河合優実(小杉あおい)、莉子(君島京子)、茅島みずき(沢木愛佳)、細田佳央太(川原雪生)、大島優子(深川五月)、ほか

「ロストケア」のネタバレあらすじ結末

ロストケアの紹介:2023年日本映画。2013年に刊行され第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した葉真中顕の小説『ロスト・ケア』。老人介護の現場を舞台にしたこの犯罪小説を映画化したのは『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『そして、バトンは渡された』の前田哲監督だ。主演は初共演となる松山ケンイチと長澤まさみ。殺人犯と検事として対峙するシーンが見どころの社会派エンターテインメントとなっている。共演は鈴鹿央士、坂井真紀、戸田菜穂、藤田弓子、柄本明など。
監督・脚本:前田哲 脚本:龍居由佳里 原作:葉真中顕 出演:松山ケンイチ(斯波宗典)、長澤まさみ(大友秀美)、鈴鹿央士(椎名幸太)、坂井真紀(羽村洋子)、戸田菜穂(梅田美絵)、峯村リエ(猪口真理子)、加藤菜津(足立由紀)、やす<ずん>(春山登)、岩谷健司(柊誠一郎)、井上肇(団元晴)、綾戸智恵(川内タエ)、梶原善(沢登保志)、藤田弓子(大友加代)、柄本明(斯波正作)ほか

「神が描くは曲線で」のネタバレあらすじ結末

神が描くは曲線での紹介:2022年スペイン映画。探偵のアリス・グールドは潜入捜査のため、精神科病院に患者のフリをして入院をすることに。かつてその病院では、入院していた良家の息子が亡くなるという事件が発生。その真相を探るべく推理を進めていきたいアリスでしたが、思わぬ障壁が彼女を襲います。オリオル・パウロ監督が手掛けた、先の見えないストーリー展開が繰り広げられるスペイン映画です。
監督: オリオル・パウロ 出演: バルバラー・レニー(アリス・グールド)、エドゥアルド・フェルナンデス(アルバ院長)、ロレート・モーレオン(モンセ)、ハビエル・ベルトラン(セザル)、パブロ・デルキ(イグナシオ)、フェデリコ・アグアド(ルイペレス)、ほか

「スターフィッシュ」のネタバレあらすじ結末

スターフィッシュの紹介:2018年イギリス, アメリカ映画。親友の死に喪失感を隠せない主人公のオーブリーが、亡くなった親友が残したメッセージを頼りに世界の滅亡を救うため、現実とも夢とも言える謎だらけの世界を冒険します。全てが虚構に見えて現実的な姿に見える、新しいタイプのファンタジー作品です。
監督:A・T・ホワイト 出演:ヴァージニア・ガードナー(オーブリー)、クリスティーナ・マスターソン(グレイス)、エリック・ビークロフト(エドワード)、ナタリー・ミッチェル(アリス)、石田淡朗(オカミ)、ほか

「母性」のネタバレあらすじ結末

母性の紹介:2022年日本映画。湊かなえの同名小説を実写化したのが本作です。母と娘における恐ろしいまでの関係性を、戸田恵梨香と永野芽郁の主演で浮き彫りにしていきます。母性を持てず娘を愛せない母と、母を愛したい娘が衝撃的な結末に行き着きます。
監督:廣木隆一 原作:湊かなえ 出演:戸田恵梨香(田所ルミ子)、永野芽郁(清佳)、三浦誠己(ルミ子の夫・田所哲史)、中村ゆり(ルミ子の親友)、山下リオ(ルミ子の義妹・田所律子)、吹越満(神父)、高橋侃(中谷亨)、落井実結子(清佳(幼少時))、高畑淳子(ルミ子の義母)、大地真央(ルミ子の実母・露木華恵)、ほか

「ある男」のネタバレあらすじ結末

ある男の紹介:2021年日本映画。芥川賞作家、平野啓一郎の長編小説「ある男」。亡くなった夫が別人だった、というこのヒューマンミステリーを映画化したのは『蜜蜂と遠雷』の石川慶監督だ。主演は『愚行録』以来5年ぶりに石川監督とタッグを組む妻夫木聡。在日韓国三世の人権弁護士として謎に迫っていく男を演じる。“ある男”は窪田正孝。前半と後半でちがった演技を見せ、運命に翻弄された悲しき男とその彼がつかんだ幸せを見事に体現した。そしてその妻役、安藤サクラも繊細な演技を披露している。
監督:石川慶 出演:妻夫木聡(城戸章良)、安藤サクラ(谷口里枝)、窪田正孝(「谷口大祐」〈ある男X〉)、清野菜名(後藤美涼)、眞島秀和(谷口恭一)、小籔千豊(中北)、坂元愛登(悠人)、山口美也子(武本初江)、仲野太賀(谷口大祐〈本物〉)、真木よう子(城戸香織)、柄本明(小見浦憲男)、きたろう(伊東)、河合優実(茜)、カトウシンスケ(柳沢)、でんでん(小菅)ほか

「ザリガニの鳴くところ」のネタバレあらすじ結末

ザリガニの鳴くところの紹介:2021年アメリカ映画。1969年、ノースカロライナ州の湿地帯で、地元の裕福な家庭に育ち将来を期待されていた青年チェイスの死体が発見される。容疑をかけられたのは、湿地帯にたったひとりで暮らす少女カイアだった。町の人々から“湿地の少女”と呼ばれた彼女は、自然から生きる術を学びながらひとりで生き抜いてきた。そんな彼女の前に、同じく自然を愛するテイトという心優しい少年が現れる。彼女の静かで穏やかな生活は、テイトとの出会いをきっかけに大きく変わっていく…。原作は全世界で1500万部を突破する大ベストセラーミステリー。著者ディーリア・オーエンズは優れたノンフィクションの書き手として知られた動物学者。70歳にして初のフィクション作品として書いた本作は、殺人事件の謎と疑惑が描かれたミステリーであるが、同時に家族や大切な人との別れをいくつも経験しながら自然を生きる少女の成長物語でもある。
監督:オリヴィア・ニューマン 出演:デイジー・エドガー=ジョーンズ(カイア)、テイラー・ジョン・スミス(テイト)、ハリス・ディキンソン(チェイス)、マイケル・ハイアット(メイベル)、スターリング・メイサー・Jr.(ジャンピン)、デヴィッド・ストラザーン(トミ・ミルトン)ほか

「ドント・ウォーリー・ダーリン」のネタバレあらすじ結末

ドント・ウォーリー・ダーリンの紹介:2022年アメリカ映画。理想の街<ビクトリー>。この街では愛する人との幸せな生活が保証される。そこでアリスは愛する夫ジャックと平穏な日々を送っていた。ところがある日、アリスは隣人マーガレットが赤い服の男たちに連れ去られるのを目撃し、次々と不気味な出来事が起きるようになる。次第に精神が乱れ、周囲から心配されるアリスだったが、ある出来事をきっかけにこの街に疑問を持ち始める…。
監督:オリビア・ワイルド 出演:フローレンス・ピュー(アリス)、ハリー・スタイルズ(ジャック)、オリビア・ワイルド(バニー)、ジェンマ・チャン(シェリー)、キキ・レイン(マーガレット)、ニック・クロール(ディーン)、クリス・パイン(フランク)ほか

「シックス・ミニッツ・トゥ・ミッドナイト」のネタバレあらすじ結末

シックス・ミニッツ・トゥ・ミッドナイトの紹介:2020年イギリス映画。第2次世界大戦前のイギリスに、ドイツのナチス党員の子女を教育する学校が存在しました。しかし、学校はイギリスの諜報機関の監視下に置かれています。イギリスとドイツの戦争が迫る中、ドイツ政府は、生徒のドイツへの脱出を決めます。しかし、学校の校長とイギリス諜報員は、脱出は危険と、生徒を守る決意を固めます。本作は第2次世界大戦前の緊迫した国際情勢を舞台にしたサスペンス映画です。
監督:アンディ・ゴダード 出演:エディ・イザード(トーマス・ミラー)、カーラ・ジュリ(イルゼ・ケラー)、ジェームズ・ダーシー(ドレイ)、ジュディ・デンチ(ロコール校長)、デヴィッド・ショフィールド(スミス)、ほか

「PIG/ピッグ」のネタバレあらすじ結末

PIG/ピッグの紹介:2020年アメリカ映画。かって一流の料理長だったロブも、今は山奥に暮らし世捨て人の生活をしています。そんな彼の収入源はトリュフを豚とともに採集し、アミールという若者に売ることです。しかし、ロブは何者かに襲われ豚も盗まれます。彼はアミールと豚探しの旅に出るのですが…。『ピッグ/Pig』は、ニコラス・ケイジ主演のリベンジスリラー映画。批評家から絶賛されています。
監督:マイケル・サルノスキ 出演:ニコラス・ケイジ(ロブ)、アレックス・ウルフ(アミール)、アダム・アーキン(ダリウス)、ほか

「LAMB/ラム」のネタバレあらすじ結末

LAMB/ラムの紹介:2021年アイスランド, スウェーデン, ポーランド映画。アイスランド、山々に囲まれた広大な自然に住む羊飼いのイングヴァルとマリア夫婦。ある日、2人が羊の出産に立ち会うと、産まれてきたのは羊ではない何か。子供を亡くしていた2人はその存在に“アダ”と名付け育てることにする。アダとの家族生活は大きな幸せをもたらせるが、やがて彼らを破滅へと導いていく。話題作を次々と世に送り出す気鋭の製作・配給会社「A24」が送る話題作。衝撃的な設定の中にもリアリティを持った世界観を構築したことで世界から賞賛を浴び、カンヌ国際映画祭のある視点部門で≪Prize of Originality≫を受賞、アカデミー賞国際長編部門アイスランド代表作品にも選出され批評家からも高い評価を受けた。
監督:ヴァルディミール・ヨハンソン 出演:ノオミ・ラパス(マリア)、ヒルミル・スナイル・グズナソン(イングヴァル)、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン(ペートゥル)、イングヴァール・E・シーグルソン(テレビに登場する男)ほか

「渇きと偽り」のネタバレあらすじ結末

渇きと偽りの紹介:2020年オーストラリア映画。故郷の幼馴染ルークが妻と子供を殺し、自らも自殺したという話を聞いたアーロン。彼は故郷へ帰り、ルークの殺人と自殺には謎が多いことがわかります。彼は事件の真相を追いかけます。『渇きと偽り』は、故郷での殺人事件の謎を追う警察官の活躍を描いたオーストラリア作品です。
監督:ロバート・コノリー 出演:エリック・バナ(アーロン)、ジュネーヴィーヴ・オーライリー(グレッチェン)、キーア・オドネル(レイコー)、ジョン・ポルソン(ホイットラム)、ほか

「沈黙のパレード」のネタバレあらすじ結末

沈黙のパレードの紹介:2022年日本映画。テレビドラマで人気を博した「ガリレオ」の9年ぶりとなる劇場版最新作です。天才物理学者のガリレオこと湯川がバディとなる内海刑事と共に難題に挑む姿を描いています。豪華キャストの共演も話題を呼びました。
監督:西谷弘 出演:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、飯尾和樹(並木祐太郎)、戸田菜穂(並木真智子)、田口浩正(戸島修作)、酒向芳(増村栄治)、岡山天音(高垣智也)、川床明日香(並木佐織)、出口夏希(並木夏美)、村上淳(蓮沼寛一)、吉田羊(宮沢麻耶)、檀れい(新倉留美)、椎名桔平(新倉直紀)、ほか

1 2 3 4 5 6 13

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑