フランス映画一覧

「髪結いの亭主」のネタバレあらすじ結末

髪結いの亭主の紹介:1990年フランス映画。とある街角の床屋で、思い出にふける男。彼の胸に去来するのは初恋の床屋の夫人と妻マチルド。アントワーヌの切ない語りが始まる。
監督:パトリス・ルコント 出演者:ジャン・ロシュフォール(アントワーヌ)、アンナ・ガリエナ(マチルド)、ロラン・ベルタン(アントワーヌの父)、フィリップ・クレヴノ(モルヴォワシュー(常連客))、ジャック・マトゥー(妻にぶたれる男)ほか

「サイレントヒル」のネタバレあらすじ結末

サイレントヒルの紹介:2006年アメリカ,日本,カナダ,フランス映画。夢遊病で毎晩歩き回る少女、シャロン。彼女の養母ローズは彼女が「サイレントヒル」とつぶやきながら苦しむのを見て、実在の町サイレントヒルに2人だけで向かうことを決意する。サイレントヒルを間近に控えた真夜中の道中、突然飛び出してきた黒髪の少女を轢きそうになり、車は電柱に衝突。ローズが目を覚ますとそこは、白く灰の降る廃墟と化した町サイレントヒルだった。シャロンは車中から失踪、ローズはこの町の異形に襲われながらも懸命にシャロンを捜し、そして町でかつて起きた恐ろしい事件を知ることとなる…。
監督:クリストフ・ガンズ 出演者:ローズ・ダシルヴァ(ラダ・ミッチェル)、クリストファー・ダシルヴァ (ショーン・ビーン)、シャロン・ダシルヴァ アレッサ・ギレスピー (ジョデル・フェルランド)、シビル・ベネット(ローリー・ホールデン)ほか

「ロシアン・ドールズ」のネタバレあらすじ結末

ロシアン・ドールズの紹介:2005年フランス,イギリス映画。作家を志すグザヴィエは再びスペインで共同生活をしていた面々と、些細なきっかけでかかわり始め、再び運命の歯車が回り出す。『スパニッシュ・アパートメント』の続編。
監督 :セドリック・クラピッシュ 出演:ロマン・デュリス(グザヴィエ)、ケリー・ライリー(ウェンディ)、オドレイ・トトゥ(マルティーヌ)、セシル・ドゥ・フランス(イザベル)、ケヴィン・ビショップ(ウィリアム)、アイサ・マイガ(カッシア)ほか

「スパニッシュ・アパートメント」のネタバレあらすじ結末

スパニッシュ・アパートメントの紹介:2001年フランス・スペイン映画。バルセロナにある国籍の異なる若者がシェアするアパートメント、そこで起こる日常の様々な事件をクラピッシュ監督が切り取る群像劇。
監督:セドリック・クラピッシュ 出演:ロマン・デュリス(グザヴィエ)、ジュディット・ゴドレーシュ(アンヌ=ソフィ)、オドレイ・トトゥ(マルティーヌ)、セシル・ドゥ・フランス(イザベル)、ケリー・ライリー(ウェンディ)ほか

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブルーベリー・ナイツの紹介:2007年香港,中国,フランス映画。失恋から立ち直れず旅に出た女性が、様々な人の愛、人生に触れ立ち直り、新しい愛へ踏み出すまでのラブストーリー。ノラ・ジョーンズの映画デビュー作品。
監督 :ウォン・カーウァイ 出演:ノラ・ジョーンズ(エリザベス)、ジュード・ロウ(ジェレミー)、デヴィッド・ストラザーン(アーニー)、レイチェル・ワイズ(スー・リン)、ナタリー・ポートマン(レスリー)ほか

「列車に乗った男」のネタバレあらすじ結末

列車に乗った男の紹介:2002年フランス,ドイツ,イギリス,スイス映画。アウトローのミランは、フランスの小さな町にやって来た。教員を退職したマネスキエは、その町で退屈で平和な日常を送っていた。そして二人は出会った。互いの人生に惹かれ合う二人の男の運命が交差する。巨匠パトリス・ルコントが贈る、名優ジャン・ロシュフォールとロックスターのジョニー・アリディのために書かれたヒューマンドラマ。
監督:パトリス・ルコント 出演:ジャン・ロシュフォール(マネスキエ)、ジョニー・アリディ(ミラン)、ジャン=フランソワ・ステヴナン(ルイジ)、チャーリー・ネルソン(マックス)、パスカル・パルマンティエ(サドゥコ)、イザベル・プティ=ジャック(ヴィヴィアンヌ)、エディット・スコブ(マネスキエの姉)ほか

「金色の嘘」のネタバレあらすじ結末

金色の嘘の紹介:2000年イギリス,アメリカ,フランス映画。ヘンリージェームズの傑作小説、金色の盃を忠実に映画化した作品で、英国貴族社会での男女の恋の行方を描いたストーリーが展開されます。
監督 :ジェームズ・アイヴォリー 出演:ユマ・サーマン、ケイト・ベッキンセイル、ジェレミー・ノーサム、ニック・ノルティ、アンジェリカ・ヒューストン、ジェームズ・フォックス ほか

「インティマシー/親密」のネタバレあらすじ結末

インティマシー/親密の紹介:2000年フランス,イギリス,ドイツ,スペイン映画。2001年のベルリン国際映画祭グランプリを受賞した作品で、純粋な愛をひたすら求める男女の出会いと終わりを描いたストーリーが展開されます。
監督 :パトリス・シェロー 出演:マーク・ライランス(ジェイ)、ケリー・フォックス(クレア)、ティモシー・スポール(アンディ)、アラステア・ガルブレイス(ヴィクター)、フィリップ・カルヴァリオ(イアン)、マリアンヌ・フェイスフル(ベティ)、スザンナ・ハーカー(ジェイの妻)、レベッカ・バルマー(パム)ほか

「それぞれのシネマ」のネタバレあらすじ結末

それぞれのシネマ ~カンヌ国際映画祭60回記念製作映画~の紹介:2007年フランス映画。カンヌ映画祭のために特別に作成された映画で、36人の監督が参加、一人ずつ3分間の映画を作成しており、今作は参加監督の一人であるチャンイーモウ監督の作品になります。
監督:チャン・イーモウ 出演者ワン・リャン、リー・マン、ルー・イーライ

「黄色い星の子供たち」のネタバレあらすじ結末

黄色い星の子供たちの紹介:2010年フランス,ドイツ,ハンガリー映画。1942年、フランス・ヴィシー政権下で起きた最大規模のホロコースト、ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)の真実を描く。激しい戦争と迫害の中、懸命に生きたユダヤ人たちの物語。
監督:ローズ・ボッシュ 出演:メラニー・ロラン(アネット・モノ)、ジャン・レノ(ダヴィッド・シェインバウム医師)、ガド・エルマレ(シュメル・ヴァイスマン)、ラファエル・アゴゲ(スラ・ヴァイスマン)、ユゴ・ルヴェルデ(ジョー・ヴァイスマン)ほか

「シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ」のネタバレあらすじ結末

シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこその紹介:2012年フランス映画。昔気質の三ツ星レストランのシェフが星を維持するために若いシェフと共に奮闘するハートフルコメディ。主演の2人が日本人に変装して日本語を話す姿は必見。
監督 :ダニエル・コーエン 出演:ジャン・レノ、ミカエル・ユーン、ラファエル・アゴゲ、ジュリアン・ボワッスリエほか

「ニキータ」のネタバレあらすじ結末

ニキータの紹介:1990年フランス映画。警官殺しの不良娘ニキータは、政府の暗殺者として美しく変貌しています。ニキータは仮の身分を装い、恋人と幸せな生活を送りつつ、任務を完璧にこなしていきます。しかし、月日が経つにつれて、そんな二重生活に綻びが生じ始めます。リュック・ベッソンが一躍有名になった作品です。後に、ハリウッドで「アサシン 暗殺者」というタイトルでリメイクされました。
監督:リュック・ベッソン 出演者:アンヌ・パリロー(ニキータ)、ジャン=ユーグ・アングラード(マルコ)、チェッキー・カリョ(ボブ)、ジャンヌ・モロー(アマンド)、ジャン・レノ(掃除人ヴィクトル)ほか

「メルシィ!人生」のネタバレあらすじ結末

メルシィ!人生の紹介:2000年フランス映画。長年働いた会社をクビになりそうな中年男が取った道は、ゲイになったフリをすることだった。男がゲイだと知った家族や同僚の反応は?コメディ映画の巨匠フランシス・ヴェベールが贈る社会派コメディ。
監督:フランシス・ヴェベール 出演:ダニエル・オートゥイユ(フランソワ・ピニョン)、ジェラール・ドパルデュー(フェリックス・サンティニ)、ジャン・ロシュフォール(コペル)、ミシェル・ラロック(メユ・ベルトラン)、ミシェル・オーモン(ベロン)ほか

「大統領の料理人」のネタバレあらすじ結末

大統領の料理人の紹介:2012年フランス映画。仏大統領の専属料理人として大統領官邸に入り、しきたりや制約と戦いながらも自分の料理を作り続けた女料理人の葛藤を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。
監督:クリスチャン・ヴァンサン 出演:カトリーヌ・フロ、ジャン・ドルメッソン、イポリット・ジラルド、アルチュール・デュポンほか

「6階のマリアたち」のネタバレあらすじ結末

6階のマリアたちの紹介:2010年フランス映画。別題「屋根裏部屋のマリアたち」。1960年代のパリを舞台に、中流階級夫婦の夫ジャン=ルイと彼に雇われたマリア、その仲間であるメイドたちとの交流をメインに繰り広げられるコメディ。2012年に日本でも上映されている。フランス映画賞の第37回セザール賞で、助演女優賞・美術賞・衣装デザイン賞の3部門にノミネートされた。
監督 :フィリップ・ル・ゲ 出演:ファブリス・ルキーニ(ジャン=ルイ・ジュベール)、サンドリーヌ・キベルラン(シュザンヌ・ジュベール)、ナタリア・ベルベケ(マリア)、カルメン・マウラ(コンセプシオン)ほか

1 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52

キーワードから探す

TOP↑