フランス映画一覧

「ヴィオレッタ」のネタバレあらすじ結末

ヴィオレッタの紹介:2011年フランス映画。かつては被写体であったエヴァ・イオネスコが、映画監督となり自身と母の物語を描き出す。かつて少女が見ていた世界とは。
監督/エヴァ・イオネスコ 出演/イザベル・ユペール、アナマリア・バルトロメイ、ジョージェット・リーフ、ドニ・ラヴァン、ジェスロ・ケイヴ、ルイ=ド・ドゥ・ランクザンほか

「屋根裏部屋のマリアたち」のネタバレあらすじ結末

屋根裏部屋のマリアたちの紹介:2010年フランス映画。屋根裏部屋に住むメイドたちとひょんなことから進行を持つようになった雇い主のジャン・ルイ。何の変哲も無く淡々とした日々が明るく変わっていく。
監督:ジャン=クロード・ラリュー 出演:ファブリス・ルキーニ、ナタリア・ベルベケ、サンドリーヌ・キベルラン、カルメン・マウラほか

「サンバ」のネタバレあらすじ結末

映画サンバの紹介:2014年/フランス作品。「最強のふたり」でスラム街の青年を演じたオマール・シー、今回は移民となりフランスの社会事情を浮き彫りにする。ビザ更新を忘れフランスから国外退去を命じられたアフリカ系青年とその窮地を救おうと奮闘する女性と仲間たちの姿を描く。
監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ 出演:オマール・シー、シャルロット・ゲーンズブール、タハール・ラヒム、イジア・イジュランほか

「ルアーヴルの靴みがき」のネタバレあらすじ結末

ル・アーヴルの靴みがきの紹介:2012年フィンランド/フランス/ドイツ映画。アキ・カウリスマキ監督が、北フランスの小さな港町ル・アーヴルの裏通りを舞台に人々を描く人情ドラマの傑作。
監督:アキ・カウリスマキ 出演:アンドレ・ウィルム、カティ・オウティネン、ジャン=ピエール・ダルッサン、ブロンダン・ミゲル、エリナ・サロほか

「カストラート」のネタバレあらすじ結末

1994年フランス作品 監督:ジェラール・コルビオ 出演者:ステファノ・ディオニジ、エンリコ・ロ・ヴェルソ、エルザ・ジルベルスタインほか
映画カストラートの紹介:ボーイソプラノを維持するために去勢された歌手をカストラートという。男性の声変わりを阻止する為主に宮廷につかえるカストラート。カストラートの中でも名が知れたファリネッリをモデルにした残酷かつ甘美な映画作品。周りの豪華なセットにも目が離せません。

「オーケストラ!」のネタバレあらすじ結末

オーケストラ!の紹介:2009年フランス映画。名門オーケストラの元天才指揮者がひょんなことから昔の仲間とともにオーケストラを再結成、かつての栄光を取り戻そうと奮闘する姿をユーモラスに描く。
監督:ラデュ・ミへイレアニュ 出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウほか

「パリよ、永遠に」のネタバレあらすじ結末

2014年フランス・ドイツ合作 監督:フォルカー・シュレンドルフ 出演者:アンドレ・デュソリエ、ニエル・アレストリュプ、チャーリー・ネルソン、ジャン=マルク・ルロほか
ナチス・ドイツ軍占領下のフランスを舞台に、パリ破壊を命じられたドイツ軍将校と、パリを愛するスウェーデン総領事が繰りひろげる攻防を描いた歴史ドラマ。

「パフューム ある人殺しの物語」のネタバレあらすじ結末

パフューム ある人殺しの物語の紹介:2006年ドイツ/フランス/スペイン映画。パトリック・ジュースキントのベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』をトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンスドラマ。第19回東京国際映画祭特別招待作品。東京国際シネシティ フェスティバル特別招待作品。
監督:トム・ティクヴァ キャスト:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)、レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)、アラン・リックマン(リシ)、ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)、ほか

「LUCY ルーシー」のネタバレあらすじ結末

LUCY ルーシーの紹介:2014年フランス作品 リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンとタッグを組んで描くアクションエンターテインメント LUCY ルーシー。覚醒した脳が100%機能して人間離れした能力をもったヒロインの予測不可能な戦いを、アメリカ、フランス、台湾を舞台に描く。モーガン・フリーマン、チェ・ミンシクら出演者が脇を固める。
監督:リュック・ベッソン 出演: スカーレット・ヨハンソン(ルーシー)、モーガン・フリーマン(ノーマン博士)、チェ・ミンシク(マフィアのボス)、アムール・ワケド(ピエール・デル・リオ)、アナリー・ティプトン(キャロライン)ほか

「最強のふたり」のネタバレあらすじ結末

最強のふたり』(原題: Intouchables) は、2011年公開のフランス映画。パリを舞台に、大富豪の障害者フィリップが雇った世話役、スラム街出身のアフリカ系青年ドリスが介護する側、される側という関係を通して、男同士の友情を築いていく心温まるストーリー。実話に基づいており、ユーモアあふれる展開ながらも、貧困、麻薬、移民、病気、死別、養子、障害者のセクシュアリティ、その他さまざまな社会問題について考えさせてくれる秀逸な作品。第24回東京国際映画祭コンペティション部門で上映、最高賞の東京サクラグランプリを受賞。主演の2人は最優秀男優賞受賞。第37回セザール賞で作品・監督・撮影・脚本・編集・音響賞・主演男優・助演女優にノミネート、オマール・シーが主演男優賞を受賞。
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ(フィリップ)、オマール・シー(ドリス)、アンヌ・ル・ニ(イヴォンヌ)、オドレイ・フルーロ(マガリー)、クロティルド・モレ(マルセル)、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ(エリザ)、トマ・ソリヴェレ(バスティアン)、シリル・マンディ(アダマ)、ドロテ・ブリエール・メリット(エレノア)、サリマタ・カマテ、ほか

「戦場でワルツを」のネタバレあらすじ結末

2008年イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ合作映画 監督・脚本・製作: アリ・フォルマン 「戦場でワルツを」は、2009年、アカデミー賞外国英語賞を受賞した戦争ドキュメンタリー映画で、イスラム人監督アリ・フォルマンが自ら、イスラエル国防軍歩兵としての戦争体験を題材としている。

「キャラメル」のネタバレあらすじ結末

映画キャラメルの紹介:2007年レバノン、フランス映画(日本公開:2009年)。レバノン・ベイルートのヘアエステが舞台で、女性たちの感情の交錯を皮肉やユーモアを交えてハートウォーミングに描く。アラブ地域の文化や女性観に縛られ、婚姻や不倫、セクシャルマイノリティや家族の問題などに悩むアラブ社会で生きる女性を描く。
監督:ナディーン・ラバキー 出演:ナディーン・ラバキー(ラヤール)、ヤスミン・アル=マスリー(ニスリン)、ジョアンナ・ムカルゼル(リマ)、ジゼル・アウワード(ジャマル)、シハーム・ハッダード(ローズ)

「愛の記念に」のネタバレあらすじ結末

愛の記念に(原題:A Nos Amours)の紹介:1983年フランス映画。16歳の少女シュザンヌは、恋人がいながらも確かな愛を求め奔放に恋愛を重ねていく。1983年ルイ・デュリュック賞受賞、1984年セザール賞作品賞、有望若手女優賞。
監督:モーリス・ピアラ 出演:サンドリーヌ・ボネール、ドミニク・ベアネール、ほか

「プロミスト・ランド Promised Land」のネタバレあらすじ結末

Promised Land(プロミスランド)の紹介:2004年イスラエル,フランス映画。東京フィルメックス特別招待作品として日本公開。イスラエルの巨匠アモス・ギタイの作品。東欧からイスラエルへやってきた娼婦の目線で人身売買ネットワークの実態に正面から切り込んでいく。
監督:アモス・ギタイ(Amos GITAI) 出演:ロザムンド・パイク、ダイアナ・ベスペンチ、アンヌ・パリロー、ハンナ・シグラ、ほか

「ルルドの泉で」のネタバレあらすじ結末

ルルドの泉で の紹介:2009年オーストリア,フランス,ドイツ映画。ヴェネチア国際映画祭5部門受賞。世界的に有名な聖地フランスのルルドを舞台に、奇跡を求めて各国からルルドに集まる人々が抱える悩みや孤独を鮮明にあぶり出す。
監督:ジェシカ・ハウスナー 出演:シルヴィー・テステュー(クリスティーヌ)、レア・セドゥ(マリア)、ブリュノ・トデスキーニ(クノ)、エリナ・レーヴェンソン(セシル)ほか

1 40 41 42 43 44 45

キーワードから探す

TOP↑