フランス映画一覧

「赤い風船」のネタバレあらすじ結末

赤い風船の紹介:1956年フランス映画。ある日、パスカル少年は街で赤い風船を見つける。パスカルが風船を大切に扱っていると、風船は意思を持ちパスカルの後を追いかけるようになった。少年と風船の友情をファンタスティックに描いたフランス短編映画の傑作。1956年のカンヌ国際映画祭で短編パルム・ドールに輝くなど、複数の映画賞を受賞した。
監督:アルベール・ラモリス 出演者:パスカル(パスカル・ラモリス)、青い風船を持った少女(サビーヌ・ラモリス)、シュザンヌ・クルーティエ、ジョルジュ・セリエほか

「死刑台のエレベーター」のネタバレあらすじ結末

死刑台のエレベーターの紹介:1957年フランス映画。ルイ・マルが25歳で作ったサスペンス映画。劇映画としてはデビュー作となる。完全犯罪の計画がエレベーターが停止することによって狂ってゆく様子をカットバックを駆使して描く。
監督:ルイ・マル 出演:モーリス・ロネ(ジュリアン・タヴェルニエ)、ジャンヌ・モロー(フロランス・カララ)、ジョルジュ・プージュリイ(ルイ)、ヨリ・ベルタン(ベロニク)、ほか

「ラスト・ボディガード」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ボディガードの紹介:2015年フランス,ベルギー映画。PTSDに悩まされて軍隊を離れている軍人のヴァンサンが、友人に紹介されて豪邸に住む一家の警備の仕事をします。そこには美しい妻ジェシーがいて・・・。ジェシーを守りながらも惹かれていくラブ・サスペンス。
監督:アリス・ウィンクール 出演者:マティアス・スーナールツ(ヴァンサン)、ダイアン・クルーガー(ジェシー)、ポール・アミ(ドゥニ)、サイード・エルーギ=ドゥモンサン(アリ)、ペルシー・ケンプ(ワリード)、ほか

「ベニスに死す」のネタバレあらすじ結末

ベニスに死すの紹介:1971年イタリア,フランス映画。究極の美を求めた芸術家は、それに出会った時、世界中の時が止まる。イタリア映画界の巨匠ルキノ・ヴィスコンティが、美少年への想いを募らせる老作曲家の苦悩を格調高く描くドラマ。ノーベル文学賞を受賞した著名なドイツの作家トーマス・マンの同名小説を映画化した作品。グスタフ・マーラーの交響曲が全編を通して使用されており、主人公の名前の一部にもなっているが、これはトーマス・マンがグスタフ・マーラーと親交があったためである。他にも、フランツ・レハール作曲の「メリー・ウィドウ」やヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲の「エリーゼのために」など、クラシックの名曲が使われている。ルキノ・ヴィスコンティ監督の代表作としても知られ、英国アカデミー賞では美術賞や撮影賞など4つの賞を受賞した。
監督ルキノ・ヴィスコンティ 出演:ダーク・ボガード(グスタフ・アシェンバッハ)、ビョルン・アンドレセン(タジオ)、シルヴァーナ・マンガーノ(タジオの母)、ロモロ・ヴァリ(ホテルのマネージャー)、マーク・バーンズ(アルフレッド)、ノラ・リッチ(家庭教師)、マリサ・ベレンソン(アシェンバッハ夫人)、キャロル・アンドレ(エスメラルダ)、フランコ・ファブリッツィ(床屋)、ほか

「顔のない眼」のネタバレあらすじ結末

顔のない眼の紹介:1959年フランス,イタリア映画。フランスで制作された心理描写を巧みに使ったストーリーが特徴を持つホラー映画で、顔の移植に執念を持つ一人の医師とその娘の関係が描かれます。
監督:ジョルジュ・フランジュ 出演:ピエール・ブラッスール、アリダ・ヴァリ、エディット・スコブ、ジュリエット・メニエル、シャルル・ブラヴェット

「トールマン」のネタバレあらすじ結末

トールマンの紹介:2012年アメリカ,カナダ,フランス映画。鉱山が閉鎖された街コールド・ロック。仕事もお金もなくなった人々はただ静かに過ごしていた。しかしそんな街でいつからか子供の行方不明が急増、その数十数人にも及んだ。音もなくいなくなってしまうその事件にいつからか街ではある噂が囁かれ始める。”トールマン”、子供をさらい、どこかへ連れ去ってしまうという古くから伝わる伝承だった。はたしてそれは本当に存在するのか。
監督:パスカル・ロジェ 出演:ジュリア(ジェシカ・ビール) ジェニー(ジョデル・フェルランド) ドッド(スティーヴン・マクハティ) デヴィッド(ジェイコブ・デイヴィーズ) トレイシー(サマンサ・フェリス) ジョンソン夫人(コリーン・ウィーラー)

「エレニの旅」のネタバレあらすじ結末

エレニの旅の紹介:2004年フランス,ギリシャ,イタリア映画。物心ついたときから難民のエレニは愛する者と土地を転々としていた。やがて否応ない時代の奔流に飲まれた彼女に訪れた結末とは。テオ・アンゲロプロス監督の「20世紀三部作」の一作目。
監督:テオ・アンゲロプロス 出演:アレクサンドラ・アイディニ(エレニ)、ニコス・プルサディニス(アレクシス)、ヴァシリス・コロヴォス(スピロス)、ヨルゴス・アルメニス(ニコス)、エヴァ・コタマニドゥ(カッサンドラ)、ほか

「レッドタートル ある島の物語」のネタバレあらすじ結末

レッドタートル ある島の物語の紹介:2016年日本,フランス,ベルギー映画。スタジオジブリとして初の海外との共同制作作品。第69回カンヌ国際映画祭・「ある視点」部門特別賞の受賞作品。吹き荒れる嵐によって海に放り出されて無人島に漂着した男、その後どのような運命をたどるのかを描く。高畑勲監督やプロデューサーの鈴木敏夫が制作サイドに名を連ねる。作中、叫び声などを除いて明確なセリフが無いという斬新な作品となっている。
監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

「ニュー・シネマ・パラダイス」のネタバレあらすじ結末

ニュー・シネマ・パラダイスの紹介:1989年イタリア,フランス映画。ローマに住むサルヴァトーレの元に一本の電話が入る。それは長年離れていた故郷の母親からだった。知らされたのはサルヴァトーレの幼い頃からの友であり恩師でもあるアルフレードの死。彼は若い頃の記憶を思い出していた。まだトトと呼ばれていた小さな頃、彼は運命的な出会いをする。小さな村の映画館で出会った少年と映写技師の友情を描く。
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:フィリップ・ノワレ(アルフレード)、ジャック・ペラン(サルヴァトーレ)、サルヴァトーレ・カシオ(トト(サルヴァトーレ・少年時代))、マルコ・レオナルディ(サルヴァトーレ(青年時代))、アニェーゼ・ナーノ(エレナ)、プペラ・マッジオ(サルヴァトーレの母)、レオポルド・トリエステ(司祭)、エンツォ・カナヴァレ(パラダイス座支配人)、レオ・グロッタ(劇場の案内人)ほか

「マラヴィータ」のネタバレあらすじ結末

マラヴィータの紹介:2013年アメリカ,フランス映画。北仏、ノルマンディー地方の片田舎にある一家が突然引っ越してきた。彼等は父親がゴットファーザーを密告した事で命を狙われ、FBIの証人保護プログラムで隠れ続ける一家である。元マフィアで皆一癖二癖もある一家であるが、彼等は逃亡生活に疲れ始めていた。反社会的なれど強い絆で繋がる家族を描いたクライム・コメディ映画。
監督:リュック・ベッソン 出演:フレッド・ブレイク/ジョヴァンニ・マンゾーニ(ロバート・デ・ニーロ)、マギー・ブレイク(ミシェル・ファイファー)、ベル・ブレイク(ディアナ・アグロン)、ウォレン・ブレイク(ジョン・デレオ)、ロバート・スタンスフィールド(トミー・リー・ジョーンズ)

「クリフハンガー」のネタバレあらすじ結末

クリフハンガーの紹介:1993年アメリカ,フランス,イタリア映画。親友の恋人を救えなっかたことに苛まれる元山岳救助隊員である シルヴェスター・スタローン(ゲイブ・ウォーカー)が、国際犯罪者の策略に飲み込まれ、広大なロッキー山脈を舞台に死闘を繰り広げるアクション映画。
監督:レニー・ハーリン 出演者:シルヴェスター・スタローン(ゲイブ・ウォーカー)、ジョン・リスゴー(エリック・クウェイラン)、マイケル・ルーカー(ハル・タッカー)、ジャニーン・ターナー(ジェシー・ディーガン)ほか

「ホーリー・モーターズ」のネタバレあらすじ結末

ホーリー・モーターズの紹介:2012年フランス,ドイツ映画。アポイントにそって『誰か』を演じるオスカー。物乞い、少女の父、病床の老人、ect。彼を乗せたリムジンはどこへ向かうのか。
監督 :レオス・カラックス 出演:ドニ・ラヴァン(オスカー)、エディット・スコブ(セリーヌ)、エヴァ・メンデス(ケイ・M)、カイリー・ミノーグ(ジーン/エヴァ)、エリーズ・ロモー(レア/エリーズ)、ミシェル・ピッコリ(あざのある男)、ほか

「グランド・イリュージョン」のネタバレあらすじ結末

グランド・イリュージョンの紹介:2013年フランス,アメリカ映画。四人組のスーパーイリュージョン集団「フォー・ホースメン」が次々と起こす不思議なトリックで巻き上げられていく大金。彼らを追いかけるFBI捜査官は彼らを捕らえることができるのか?そして彼らの本当の目的とは何か?2016年9月に続編となる『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』も公開された作品の第1弾。
監督・ルイ・レテリエ 出演:ジェシー・アイゼンバーグ(J・ダニエル・アトラス)、マーク・ラファロ(ディラン・ローズ)、ウディ・ハレルソン(メリット・マッキニー)、メラニー・ロラン(アルマ・ドレイ)、アイラ・フィッシャー(ヘンリー・リーブス)、モーガン・フリーマン(サディアス・ブラッドリー)、ほか

「フライト・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

フライト・ゲームの紹介:2014年アメリカ,フランス映画。家庭の問題から酒に溺れるビルの仕事は航空保安官である。人生に苛立ちながらも彼は任務の為に飛行機に搭乗するが、彼の携帯電話に奇妙なメッセージが届く。ハイジャックとも取れるそのメッセージを探る内にビルはハイジャック犯に仕立て上げられ、飛行機は未曾有の危機と混乱に襲われる。飛行機という密室でショートメッセージが不気味に不安を掻き立てるサスペンス映画。
監督:ジャウマ・コレット=セラ 出演者:ビル・マークス(リーアム・ニーソン)、ジェン・サマーズ(ジュリアン・ムーア)、ベッカ(クイン・マッコルガン)、ナンシー(ミシェル・ドッカリー)、マレニック(シェー・ウィガム)、ジャック・ハモンド(アンソン・マウント)、ザック・ホワイト(ネイト・パーカー)、トム・ボーウェン(スクート・マクネイリー)ほか

「ベル&セバスチャン」のネタバレあらすじ結末

ベル&セバスチャンの紹介:2013年フランス映画。二次大戦ドイツ占領下のフランス、スイスへ逃げ延びるために越える峠に住みついた野獣が恐れられていた。フランスの名作文学、ついに映画化!
監督 :ニコラ・ヴァニエ 出演:フェリックス・ボッスエ(セバスチャン)、チェッキー・カリョ(セザール)、メーディ(アンドレ)、マルゴ・シャトリエ、ディミトリ・ストロージュ

1 40 41 42 43 44 45 46 47 48 51

キーワードから探す

TOP↑