フランス映画一覧

「エヴォリューション(2015年)」のネタバレあらすじ結末

エヴォリューションの紹介:2015年フランス,スペイン,ベルギー映画。美しい海辺の集落に住む、少年と女性たち。少年たちは海辺で遊び、病院で奇妙な施術を受ける。美しくもグロテスクなフレンチホラー。少年と女性しかいない島を舞台に、そこに隠された秘密を知る少年の姿を描く。
監督:ルシール・アザリロヴィック 出演:マックス・ブレバン(ニコラ)、ロクサーヌ・デュラン(ステラ)、ジュリー=マリー・パルマンティエ(母親)

「ノスフェラトゥ」のネタバレあらすじ結末

ノスフェラトゥの紹介:1978年西ドイツ,フランス映画。F・W・ムルナウのサイレント映画の名作「吸血鬼ノスフェラトゥ」をリメイク。監督のヘルツォークはわざとオリジナルと同じような白塗りのメーキャップを使い、ハリウッドやイギリスのドラキュラものとは違ったホラー映画に仕上げている。
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク 出演:イザベル・アジャーニ(ルーシー・ハーカー)、クラウス・キンスキー(ドラキュラ伯爵)、ブルーノ・ガンツ、ローランド・トパー、ほか

「女優マルキーズ」のネタバレあらすじ結末

女優マルキーズの紹介:1997年フランス,イタリア,スイス,スペイン映画。17世紀フランス。貧困の中、体目当ての客たち相手に踊り続けるマルキーズ。有名劇団の看板役者グロ・ルネとの結婚を境に、女優を夢見ていたマルキーズの波乱万丈な女優人生がスタートします。実在した伝説的女優マルキーズ・デュ・パルクの半生をS・マルソーが熱演します。
監督:ヴェラ・ベルモン 出演者:ソフィー・マルソー(マルキーズ)、ベルナール・ジロドー(モリエール)、ランベール・ウィルソン(ラシーヌ)、パトリック・ティムシット(グロ・ルネ)、ティエリー・レルミット(ルイ14世)ほか

「暗くなるまでこの恋を」のネタバレあらすじ結末

暗くなるまでこの恋をの紹介:1969年フランス映画。ウィリアム・アイリッシュのミステリー「暗闇へのワルツ」を映画化。ヒッチコックを敬愛するトリュフォーは、「裏窓」の原作者であるアイリッシュの小説をこの作品ともう一本(「黒衣の花嫁」)映画化している。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ジャン=ポール・ベルモンド(ルイ・マエ)、カトリーヌ・ドヌーヴ(マリオン/ユリー)、ミシェル・ブーケ、ネリー・ボルゴー、ほか

「華氏451」のネタバレあらすじ結末

華氏451の紹介:1966年イギリス,フランス映画。一切の読書を禁じられた未来社会を描くレイ・ブラッドベリの名作をトリュフォーが映画化。彼にとって唯一の英語による映画となった。音楽をヒッチコック作品で知られるバーナード・ハーマンが担当。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演:オスカー・ウェルナー(モンターグ)、ジュリー・クリスティ(クラリス/リンダ)、シリル・キューザック、アントン・ディフリング、ジェレミー・スペンサー、ほか

「ぜんぶ、フィデルのせい」のネタバレあらすじ結末

ぜんぶ、フィデルのせいの紹介:2006年イタリア,フランス映画。共産主義にかぶれてしまった父親と革新的な母、今までの生活に戻りたいアンナだったが、やがて自分で考え始める。そして行き着いた答えは?
監督:ジュリー・ガヴラス 出演:ニナ・ケルヴェル(アンナ)、ジュリー・ドパルデュー(マリー)、ステファノ・アコルシ(フェルナンド)、バンジャマン・フイエ(フランソワ)、ほか

「パリ、テキサス」のネタバレあらすじ結末

パリ、テキサスの紹介:1984年西ドイツ,フランス映画。ヴェンダース監督としては「都会のアリス」以来となる、アメリカを舞台にしたロード・ムービー。オリジナル脚本をサム・シェパードが執筆。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。
監督:ヴィム・ヴェンダース 出演:ハリー・ディーン・スタントン(トラヴィス)、ナスターシャ・キンスキー(ジェーン)、ハンター・カーソン(ハンター)、ディーン・ストックウェル(ウォルト)、オーロール・クレマン(アン)、ほか

「マーターズ」のネタバレあらすじ結末

マーターズの紹介:2007年フランス,カナダ映画。フランス製作のスプラッター・ホラー。理由もわからずに監禁される女性たちへの執拗な拷問を描き、センセーショナルな話題を呼んだ。2015年アメリカでリメイクされている。
監督:パスカル・ロジェ 出演:モルジャーナ・アラウィ(アンナ)、ミレーヌ・ジャンパノイ(リュシー)、カトリーヌ・ベジャン、イザベル・シャス、エミリー・ミスクジャン、ほか

「昼顔(1967年)」のネタバレあらすじ結末

昼顔の紹介:1967年フランス映画。ジョゼフ・ケッセルの原作を元に鬼才ブニュエルが主婦売春という題材を扱った問題作。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞。ブニュエル晩年の、フランス製作作品の中でも傑作となった。
監督:ルイス・ブニュエル 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(セブリーヌ)、ジャン・ソレル(ピエール)、ジュヌヴィエーヴ・パージュ(アナイス)、ミシェル・ピッコリ(アンリ)、フランソワーズ・ファビアン(シャルロット)、ほか

「柔らかい肌」のネタバレあらすじ結末

柔らかい肌の紹介:1963年フランス映画。客室乗務員と不倫関係に陥った文芸評論家がその妻に復讐されるまでをトリュフォーらしいオフビートなタッチで描いたドラマ。公開当時ヨーロッパでは不評だったが、日本でのみ高く評価された。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ジャン・ドザイー、フランソワーズ・ドルレアック、ネリー・ベネデッティ、サビーヌ・オードパン、ジャン・ラニエ、ほか

「ネオン・デーモン」のネタバレあらすじ結末

ネオン・デーモンの紹介:2016年フランス・アメリカ・デンマーク映画。両親を失った16歳の自立したモデル、ジェシーはトップモデルを目指して、華やかな世界へと足を踏み入れた。名女優、ダコタ・ファニングの妹エル・ファニングがダークな世界に飛び込んだ小悪魔で自立心ある少女を熱演!
監督ニコラス・ウィンディング・レフン 出演:エル・ファニング(ジェシー)、キアヌ・リーブス(ハンク)、カール・グルスマン(ディーン)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ロバータ・ホフマン)、ジェナ・マローン(ルビー)、ほか

「暗殺の森」のネタバレあらすじ結末

暗殺の森の紹介:1970年イタリア,フランス,西ドイツ映画。モラヴィアの小説をベルナルド・ベルトルッチ監督が自ら脚色、彼の出世作となった。ヴィットリオ・ストラーロの撮影が見事で、映画撮影技術の教科書とされている。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演:マルチェロ・クレリチ(ジャン=ルイ・トランティニャン)、アンナ・クアドリ(ドミニク・サンダ)ほか

「ブリジット・ジョーンズの日記3 ダメな私の最後のモテ期」のネタバレあらすじ結末

ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の紹介:2016年イギリス,フランス,アメリカ映画。仕事ではテレビ局のプロデューサーとして充実しているがプライベートでは一人身のブリジット、ある日ジャックと運命的な出会いをするが同じ頃にマークとも再会する。二人と同時に関係を持っていたブリジットだがしばらくして妊娠していることが発覚し、二人の父親候補の間で揺れ動く。2001年の映画ブリジットジョーンズの日記シリーズ3作目。
監督:シャロン・マグワイア 出演:レニー・ゼルウィガー(ブリジット)、コリン・ファース(マーク)、パトリック・デンプシー(ジャック)ほか

「赤い風船」のネタバレあらすじ結末

赤い風船の紹介:1956年フランス映画。ある日、パスカル少年は街で赤い風船を見つける。パスカルが風船を大切に扱っていると、風船は意思を持ちパスカルの後を追いかけるようになった。少年と風船の友情をファンタスティックに描いたフランス短編映画の傑作。1956年のカンヌ国際映画祭で短編パルム・ドールに輝くなど、複数の映画賞を受賞した。
監督:アルベール・ラモリス 出演者:パスカル(パスカル・ラモリス)、青い風船を持った少女(サビーヌ・ラモリス)、シュザンヌ・クルーティエ、ジョルジュ・セリエほか

「死刑台のエレベーター」のネタバレあらすじ結末

死刑台のエレベーターの紹介:1957年フランス映画。ルイ・マルが25歳で作ったサスペンス映画。劇映画としてはデビュー作となる。完全犯罪の計画がエレベーターが停止することによって狂ってゆく様子をカットバックを駆使して描く。
監督:ルイ・マル 出演:モーリス・ロネ(ジュリアン・タヴェルニエ)、ジャンヌ・モロー(フロランス・カララ)、ジョルジュ・プージュリイ(ルイ)、ヨリ・ベルタン(ベロニク)、ほか

1 38 39 40 41 42 43 44 45 46 50

キーワードから探す

TOP↑