フランス映画一覧

「世にも怪奇な物語」のネタバレあらすじ結末

世にも怪奇な物語の紹介:1967年フランス,イタリア映画。世にも怪奇な物語の紹介:1967年フランス、イタリア映画。エドガー・アラン・ポーの短編小説を原作としたオムニバス作品。高慢な女の歪んだ愛と破滅を描く「黒馬の哭く館」、ドッペルゲンガーの怪奇譚「影を殺した男」、悪魔に魅入られた男の狂気を描く「悪魔の首飾り」の三部構成となっている。
監督:ロジェ・ヴァディム、ルイ・マル、フェデリコ・フェリーニ 出演:ジェーン・フォンダ(フレデリック・メッシェンゲルシュタイン)、アラン・ドロン(ウィリアム・ウィルソン)、テレンス・スタンプ(トビー・ダミット)ほか

「アンチクライスト」のネタバレあらすじ結末

アンチクライストの紹介:2009年デンマーク,ドイツ,フランス,スウェーデン,イタリア,ポーランド映画。デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアーによる、全6章で構成された作品で、息子をなくした母親の悲しみから正気を失っていく妻をセラピストである夫が治療しようとします。森がいという妻と深い森の中にある山小屋へ向かいます。美しいとも呼べる、残酷な暴力シーンと正気を失った妻の凶暴性が問題にもなった作品です。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演者:ウィレム・デフォー(彼)、シャルロット・ゲンズブール(彼女)ほか

「スイミング・プール」のネタバレあらすじ結末

スイミング・プールの紹介:2003年フランス,イギリス映画。中年のイギリス人作家サラは、新作の執筆のために出版社の社長ジョンの別荘を訪れます。別荘で出会ったジョンの娘であるジュリーは性に奔放で若さをもっており、次第に嫉妬をしながらもサラはジュリーを題に新作の執筆に取り組み始めます。
監督:フランソワ・オゾン 出演者:シャーロット・ランプリング(サラ・モートン)、リュディヴィーヌ・サニエ(ジュリー)、チャールズ・ダンス(ジョン)、ジャン=マリー・ラムール(フランク)ほか

「ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のネタバレあらすじ結末

ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!の紹介:2007年イギリス,フランス映画。名作コメディ『ショーン・オブ・ザデッド』の監督とサイモン・ペグが再び脚本を務めたビッグダイトル。アクションとコメディとスゼンスの要素を織り交ぜた意欲作。
監督:エドガー・ライト 出演:サイモン・ペッグ(ニコラス・エンジェル)、ニック・フロスト(ダニー・バターマン)、ジム・ブロードベント(フランク・バターマン)、パディ・コンシダイン(アンディ・ウェインライト刑事)、ティモシー・ダルトン(サイモン・スキナー)、ほか

「パリ猫ディノの夜」のネタバレあらすじ結末

パリ猫ディノの夜の紹介:2010年フランス映画。2012年アカデミー賞アニメーション部門でノミネートされたフランスが送り出す自信作。猫と言葉を失った少女、そしてその周りを取り巻く人間達の優しさを描く何とも美しいアニメーション作品。
監督:アラン・ガニョル、ジャン=ルー・フェリシオリ 声の出演:ドミニク・ブラン(ジャンヌ)、ベルナデット・ラフォン(クロディーヌ)、ジャン・ベンギーギ(ヴィクトル・コスタ)、ブルノ・サロモネ(ニコ)、ほか

「ダゲレオタイプの女」のネタバレあらすじ結末

ダゲレオタイプの女の紹介:2016年フランス,ベルギー,日本映画。ジャンは写真家ステファンの助手となる。ステファンのダゲレオタイプによる撮影は銀盤上でモデルに永遠の命を与えるが、それは非常な苦痛を伴うものだった。青いドレスの幽霊が階段を上り下りするパリ郊外の古い屋敷を舞台とする、ジャンと写真家の娘マリーの恋の物語。
監督:黒沢清 出演者:タハール・ラヒム(ジャン・マラシス)、コンスタンス・ルソー(マリー・エグレー)、オリヴィエ・グルメ(ステファン・エグレー)、マチュー・アマルリック(ヴァンサン)、マリック・ジディ(トマ)ほか

「サウンド・オブ・ノイズ」のネタバレあらすじ結末

サウンド・オブ・ノイズの紹介:2010年スウェーデン,フランス映画。あらゆるものを楽器に見立てて音楽を作り上げる「音楽テロリスト」を追う一人の刑事の物語。個性的だけど腕は確かな6人のドラマーたちが作る音楽と、そのテロリストたちに翻弄されながらも、テロを阻止しようとする音楽コンプレックスを持つ刑事の奮闘ぶりが見どころの本作は、カンヌ国際映画祭にてヤング批評家賞最優秀劇映画賞を受賞した。
監督:オラ・シモンソン、ヨハネス・シェルネ・ニルソン 出演者:ベングト・ニルソン(アマデウス)、サナ・パーション(サナ)、マグナス・ボイエソン(マグナス)、フレデリック・ミア(ミア) ほか

「男と女」のネタバレあらすじ結末

男と女の紹介:1966年フランス映画。夫と死別したアンヌと妻に自殺されたジャン=ルイ。二人の大人の恋をフランシス・レイの音楽に乗せて描き出す。ピエール役のピエール・バルーも自作曲を歌う。1966年のカンヌ国際映画祭でグランプリ(最高賞)受賞。
監督:クロード・ルルーシュ 出演者:アヌーク・エーメ(アンヌ)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジャン・ルイ)、ピエール・バルー(ピエール)ほか

「エトワール」のネタバレあらすじ結末

エトワールの紹介:2000年フランス映画。パリオペラ座のエトワール達をはじめ、ダンサー、振付師、芸術監督のインタビュードキュメント。いかにしてその歴史が維持されてきたのか垣間見る。
監督:ニルス・タヴェルニエ 出演:マニュエル・ルグリ、ニコラ・ル・リッシュ、オーレリ・デュポン、ローラン・イレール、エリザベット・プラテル、マリー=アニエス・ジロー、ほか

「ロックアウト (2012年)」のネタバレあらすじ結末

ロックアウト の紹介:2012年フランス映画。宇宙にある重犯罪者刑務所が囚人たちにのっとられた。人質の中には大統領の娘が・・・。CIA工作員・スノーは救出を命じられる。
監督:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェームズ・マザー 出演:ガイ・ピアース(スノー)、マギー・グレイス(エミリー)、ヴィンセント・リーガン(アレックス)、ジョセフ・ギルガン(ハイデル)、ほか

「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」のネタバレあらすじ結末

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌの紹介:2012年フランス映画。くまのアーネストおじさんとセレスティーヌの作品紹介:ずんぐり太ったくまのアーネストとかわいいねずみの女の子セレスティーヌが出会い、彼らは次第にあたたかく、恋人のような親子のような友情を芽生えさせる。そんな二人の出会いがきっかけで、くまとねずみの世界は大騒ぎに…。
原作:ガブリエル・ヴァンサン 声の出演:アーネスト(玉野井直樹)、セレスティーヌ(宇山玲加)

「誰のせいでもない」のネタバレあらすじ結末

誰のせいでもないの紹介:2015年ドイツ,カナダ,フランス,スウェーデン,ノルウェー映画。雪道の偶然の事故で作家トマスの自動車は一人の子供を死なせてしまう。誰のせいでもないその事故によって人生を変えられた人々の12年間を3Dで表現した野心作。
監督:ヴィム・ヴェンダース 出演者:ジェームズ・フランコ(トマス)、 シャルロット・ゲンズブール(ケイト)、レイチェル・マクアダムズ(サラ)、マリ=ジョゼ・クローズ(アン)、ロバート・ネイラー(クリストファー)ほか

「楽聖ベートーヴェン」のネタバレあらすじ結末

楽聖ベートーヴェンの紹介:1936年フランス映画。「楽聖」と呼ばれ、今や知らない人はいないほど有名な作曲家であるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの伝記物語。2人の女性を軸に展開される本作は、ベートーヴェンにまつわる著名人の実際の手記を紹介しながら、苦悩にあえぐ彼が女性たちの手を借りて偉業を成し遂げていく様を描いている。ベートーヴェンの心境の変化に合わせて流れる彼の作品が、映画により一層の彩を添えている。
監督:アベル・ガンス 出演者:アリ・ボール(ベートーヴェン)、ジャニー・オルト(ジュリエッタ)、アニー・デュコー(テレーゼ)、ジャヌ・マルカン(エステー)、ジャン=ルイ・バロー(カール) ほか

「パリ・ルーヴル美術館の秘密」のネタバレあらすじ結末

パリ・ルーヴル美術館の秘密の紹介:1990年フランス映画。今なお人々をひきつけてやまないルーブル美術館。80年代に改修工事が行われ今の姿になるまでを追う。ルーブルはいかにしてそこにあるのか。今まで撮影が許されなかったルーヴル美術館の裏側を撮影し、フランスやヨーロッパ全土で絶賛されたドキュメンタリー映画。
監督:ニコラ・フィリベール 出演:ルーブル美術館職員

「太陽 (2005年)」のネタバレあらすじ結末

太陽の紹介:2005年ロシア,イタリア,フランス,スイス映画。太平洋戦争終戦前後、最後に残った天皇の処遇。現人神としての天皇が、日本の未来と国の平和を望み下した決断とは。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:イッセー尾形(昭和天皇)、ロバート・ドーソン(マッカーサー将軍)、佐野史郎(侍従長)、桃井かおり(香淳皇后)、つじしんめい(老僕)、田村泰二郎(研究所所長)、ゲオルギイ・ピツケラウリ(マッカーサー将軍の副官)、ほか

1 38 39 40 41 42 43 44 45 46 52

キーワードから探す

TOP↑