フランス映画一覧

「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」のネタバレあらすじ結末

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)の紹介:2013年フランス,アメリカ,ベルギー映画。スパニッシュ・アパートメントから始まった群像劇三部作、ここにフィナーレ。グザヴィエは幸せを手に入れることが出来るのか。
監督:セドリック・クラピッシュ 出演:ロマン・デュリス(グザヴィエ)、オドレイ・トトゥ(マルティーヌ)、セシル・ドゥ・フランス(イザベル)、ケリー・ライリー(ウェンディ)、サンドリーヌ・ホルト(ジュー)、ほか

「サイレントヒル(2006)」のネタバレあらすじ結末

サイレントヒルの紹介:2006年アメリカ,日本,カナダ,フランス映画。日本のゲーム会社コナミから発売された同名ゲームをハリウッドで映画化した作品で、多少原作との違いは見られますが、独特の世界観を作り出したホラー映画となりました。
監督:クリストフ・ガンズ 出演者:ローズ・ダシルヴァ(ラダ・ミッチェル)、クリストファー・ダシルヴァ (ショーン・ビーン)、シャロン・ダシルヴァ アレッサ・ギレスピー (ジョデル・フェルランド)ほか

「わかれ路」のネタバレあらすじ結末

わかれ路の紹介:1994年アメリカ映画。妻と恋人、2人の女性の間で迷う男。どっちつかずの不安定な状態に下した決断の行方が、意外な結果を残す。フランス映画「過ぎ去りし日の…」のリメイク。
監督:マーク・ライデル 出演:リチャード・ギア、シャロン・ストーン、ロリータ・ダヴィドヴィッチ、マーティン・ランドー、デヴィッド・セルビー、ジェニー・モリソンほか

「薔薇の名前」のネタバレあらすじ結末

薔薇の名前の紹介:1986年フランス,イタリア,西ドイツ映画。修道士とその弟子が中世イタリアの修道院で起こった連続怪死事件の謎解きに挑む。ウンベルト・エーコの同名小説「薔薇の名前」を映画化。
監督:ジャン=ジャック・アノー 出演:ショーン・コネリー(バスカヴィルのウィリアム)、F・マーレイ・エイブラハム(ベルナール・ギー異端審問官)、クリスチャン・スレイター(メルクのアドソ)、エリヤ・バスキン(セヴェリナス)、フェオドール・シャリアピン・Jr(ブルゴスのホルヘ)ほか

「フィフス・エレメント」のネタバレあらすじ結末

フィフス・エレメントの紹介:1997年フランス,アメリカ映画。ある学者がエジプトで地球を救う至高の存在「フィフスエレメント」の存在を発見した。それははるか未来くるであろう未曽有の危機に対抗する唯一の存在だった。それから300年後。ある日コーベンが運転するタクシーに若い女性が落ちてきた。どうやら彼女は政府から追われているよう。そしてその正体こそフィフスエレメントであった。
監督:リュック・ベッソン 出演:ブルース・ウィリス(コーベン・ダラス)、ゲイリー・オールドマン(ゾーグ)、イアン・ホルム(コーネリアス神父)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(リールー)、クリス・タッカー(ルビー・ロッド)ほか

「天才スピヴェット」のネタバレあらすじ結末

天才スピヴェットの紹介:2013年フランス,カナダ映画。ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を実写映画化。天才的なIQを持つスピヴェットは、モンタナの牧場で暮らすカウボーイの父、昆虫博士の母、女優志望の姉と暮らしています。スピヴェットには双子の弟・レイトンがいたのですが、1年前に銃の暴発事故で無くなってしまいました。弟が亡くなってから、心の距離が開いてしまった家族を残して、スピヴェットは家出をします。スミソニアン博物館での素晴らしい発明に送られるベアード賞の授賞式に出掛けるため、1人大陸を横断します。

「仕立て屋の恋」のネタバレあらすじ結末

仕立て屋の恋の紹介:1989年フランス映画。向かいの部屋に住むアリスに想いを寄せる仕立て屋に、ピエレット殺しの嫌疑が掛けられる。真犯人を知る彼が立てた計画はうまくいくのか?
監督:パトリス・ルコント 出演:ミシェル・ブラン(イール氏)、サンドリーヌ・ボネール(アリス)、リュック・テュイリエ(エミール)、アンドレ・ウィルム(刑事)、ほか

「クリムゾン・リバー」のネタバレあらすじ結末

クリムゾン・リバーの紹介:2000年フランス映画。フランス、アルプスの麓で、近くにあるゲルノンの大学図書館司書が変死体で発見される。捜査を横目に関係者が次々と殺され、それにはこの周辺で行われていた忌まわしい因習が深く関わってきていた。その頃遠く離れたのザルザックでは少女の墓が荒される。捜査を進めるとその先にはゲルノンで起きた忌まわしい何かが関わっている事が判り、担当する刑事はゲルノンに向かう。二つの事件、二人の刑事が合流するとき、事件の全容が解明される。ジャン・レノ主演のサスペンス・ミステリー映画。
監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ジャン・レノ(ピエール・ニーマンス警視)、ヴァンサン・カッセル(マックス・ケルケリアン警部補)、ナディア・ファレス(フェニー・フェレイラ)、ドミニク・サンダ(アンドレ)ほか

「ユキとニナ」のネタバレあらすじ結末

ユキとニナの紹介:2009年フランス,日本映画。両親の離婚問題で、日本へ帰らなくてはいけなくなってしまったユキはオマセな友達ニナ、家出を決行。踏み入った森がユキを導いたのはどこへ?
監督 :諏訪敦彦、イポリット・ジラルド 出演:ノエ・サンピ(ユキ)、アリエル・ムーテル(ニナ)、ツユ(ジュン(ユキの母))、イポリット・ジラルド(フレデリック(ユキの父))、マリリン・カント(カミーユ(ニナの母))、森康子(老女)ほか

「ふたつの名前を持つ少年」のネタバレあらすじ結末

ふたつの名前を持つ少年の紹介:2013年ドイツ・フランス映画。8歳のユダヤ人少年が、ナチスの手から逃れるために、ポーランド人の名前を名乗り、3年間終戦まで生き延びた実話。全編を実際のロケーションで撮影した真実味に迫る感動作。
監督: ペペ・ダンカート 出演: アンジェイ・トカチ&カミル・トカチ(スルリック/ユレク)、エリザベス・デューダ(マグダ・ヤンチック)、ジャネット・ハイン(ヘルマン夫人)、ライナー・ボック(SS将校)、イタイ・ティラン(モシェ・フレンケル)ほか

「髪結いの亭主」のネタバレあらすじ結末

髪結いの亭主の紹介:1990年フランス映画。とある街角の床屋で、思い出にふける男。彼の胸に去来するのは初恋の床屋の夫人と妻マチルド。アントワーヌの切ない語りが始まる。
監督:パトリス・ルコント 出演者:ジャン・ロシュフォール(アントワーヌ)、アンナ・ガリエナ(マチルド)、ロラン・ベルタン(アントワーヌの父)、フィリップ・クレヴノ(モルヴォワシュー(常連客))、ジャック・マトゥー(妻にぶたれる男)ほか

「サイレントヒル」のネタバレあらすじ結末

サイレントヒルの紹介:2006年アメリカ,日本,カナダ,フランス映画。夢遊病で毎晩歩き回る少女、シャロン。彼女の養母ローズは彼女が「サイレントヒル」とつぶやきながら苦しむのを見て、実在の町サイレントヒルに2人だけで向かうことを決意する。サイレントヒルを間近に控えた真夜中の道中、突然飛び出してきた黒髪の少女を轢きそうになり、車は電柱に衝突。ローズが目を覚ますとそこは、白く灰の降る廃墟と化した町サイレントヒルだった。シャロンは車中から失踪、ローズはこの町の異形に襲われながらも懸命にシャロンを捜し、そして町でかつて起きた恐ろしい事件を知ることとなる…。
監督:クリストフ・ガンズ 出演者:ローズ・ダシルヴァ(ラダ・ミッチェル)、クリストファー・ダシルヴァ (ショーン・ビーン)、シャロン・ダシルヴァ アレッサ・ギレスピー (ジョデル・フェルランド)、シビル・ベネット(ローリー・ホールデン)ほか

「ロシアン・ドールズ」のネタバレあらすじ結末

ロシアン・ドールズの紹介:2005年フランス,イギリス映画。作家を志すグザヴィエは再びスペインで共同生活をしていた面々と、些細なきっかけでかかわり始め、再び運命の歯車が回り出す。『スパニッシュ・アパートメント』の続編。
監督 :セドリック・クラピッシュ 出演:ロマン・デュリス(グザヴィエ)、ケリー・ライリー(ウェンディ)、オドレイ・トトゥ(マルティーヌ)、セシル・ドゥ・フランス(イザベル)、ケヴィン・ビショップ(ウィリアム)、アイサ・マイガ(カッシア)ほか

「スパニッシュ・アパートメント」のネタバレあらすじ結末

スパニッシュ・アパートメントの紹介:2001年フランス・スペイン映画。バルセロナにある国籍の異なる若者がシェアするアパートメント、そこで起こる日常の様々な事件をクラピッシュ監督が切り取る群像劇。
監督:セドリック・クラピッシュ 出演:ロマン・デュリス(グザヴィエ)、ジュディット・ゴドレーシュ(アンヌ=ソフィ)、オドレイ・トトゥ(マルティーヌ)、セシル・ドゥ・フランス(イザベル)、ケリー・ライリー(ウェンディ)ほか

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブルーベリー・ナイツの紹介:2007年香港,中国,フランス映画。失恋から立ち直れず旅に出た女性が、様々な人の愛、人生に触れ立ち直り、新しい愛へ踏み出すまでのラブストーリー。ノラ・ジョーンズの映画デビュー作品。
監督 :ウォン・カーウァイ 出演:ノラ・ジョーンズ(エリザベス)、ジュード・ロウ(ジェレミー)、デヴィッド・ストラザーン(アーニー)、レイチェル・ワイズ(スー・リン)、ナタリー・ポートマン(レスリー)ほか

1 36 37 38 39 40 41 42 43 44 46

キーワードから探す

TOP↑