加瀬亮映画一覧

「アウトレイジビヨンド」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジビヨンドの紹介:2012年日本映画。北野武監督が手掛ける、登場人物が全員悪人の映画シリーズ、アウトレイジ2作目の映画。2010年公開の前作アウトレイジから5年後を舞台に、関東最大の暴力団・山王会と関西最大の暴力団・花菱会が絡む権力抗争が描かれたバイオレンスヤクザ映画です。前作のラストで死んだはずだった大友組組長の大友が実は生きており、東西の抗争に巻き込まれていく。ヤクザ同士の言い争いシーンは迫力があり見ものです。2017年10月にはアウトレイジビヨンドの続編となる「アウトレイジ最終章」が公開。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(大友)、西田敏行(西野)、三浦友和(加藤)、加瀬亮(石原)、小日向文世(片岡)ほか

「永遠の僕たち」のネタバレあらすじ結末

永遠の僕たちの紹介:2011年アメリカ映画。子供の頃の事故がきっかけで死にとらわれた少年が、不治の病に冒された少女に出会い、彼女の死を看取るまでの心の機微を描く。主人公の唯一の“友人”役に日本の加瀬亮が共演。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ヘンリー・ホッパー(イーノック)、ミア・ワシコウスカ(アナベル)、加瀬亮(ヒロシ)、シュイラー・フィスク(エリザベス)、ほか

「わたしのハワイの歩きかた」のネタバレあらすじ結末

わたしのハワイの歩きかたの紹介:2014年日本映画。日本での煩わしい日々に悩む主人公が、ハワイに行ったことをきっかけに、素敵な人達と出会い、いきいきと輝く姿を描いたラブ・コメディ。ハワイの豊かな自然や、素敵なお店などがたくさん登場し、まるでハワイに行ったかのような楽しさを味わえるハワイ好き必見の作品です。
監督:前田弘二 出演:榮倉奈々(小山田みのり)、高梨臨(吉村茜)、瀬戸康史(鎌田勉)、宇野祥平(本間忠義)、池松壮亮(田嶋祐一)、上原美佐(エミ姐)、吉永淳(マコちゃん)、佐藤みゆき(遠藤加代子)、中村ゆり(早川愛子)、安田顕(塚原聡)、鶴見辰吾(大橋社長)、加瀬亮(阿部知哉)、ほか

「ストロベリーショートケイクス」のネタバレあらすじ結末

ストロベリーショートケイクスの紹介:2006年日本映画。フリーターの里子、デリヘル嬢の秋代、OLのちひろ、イラストレーターの塔子の4人の女性の日常をつづるストーリー。
監督:矢崎仁司  出演者:池脇千鶴(里子)、中越典子(ちひろ)、中村優子(秋代)、岩瀬塔子(塔子)、加瀬亮(永井)、安藤政信(菊池)、ほか

「海街diary」のネタバレあらすじ結末

海街diary(海街ダイアリー)の紹介:2015年日本映画。吉田秋生のベストセラーコミック「海街diary」を是枝裕和監督が実写映画化。14年前に家を出ていった父が残した娘すず。鎌倉に暮らす三姉妹は父と母が家を出て行ってから祖母と3人で暮らしてきたが、父の葬式でもう一人の妹すずに出会う。そして3人ではなく4人になった姉妹の新たな生活が始まり、家族の絆を深めていく姿を描く。2016年の第39回日本アカデミー賞では最優秀作品賞を含めて4つの最優秀賞と、12の優秀賞を受賞した。
監督:是枝裕和 キャスト:綾瀬はるか(香田幸)、長澤まさみ(香田佳乃)、夏帆(香田千佳)、広瀬すず(浅野すず)、加瀬亮(坂下美海)、鈴木亮平(井上泰之)、池田貴史(浜田三蔵)、坂口健太郎(藤井朋章)、
樹木希林(菊池史代)、リリー・フランキー(福田仙一)、風吹ジュン(二ノ宮さち子)、堤真一(椎名和也)、大竹しのぶ(佐々木都)、ほか

「グーグーだって猫である」のネタバレあらすじ結末

グーグーだって猫であるの紹介:2008年日本映画。アメリカンショートヘアの猫、「グーグー」を始めとする猫たちと作者との生活を綴ったエッセイ漫画を原作に作られた映画。
監督:犬童一心 出演者:小泉今日子(小島麻子)、上野樹里(ナオミ)、加瀬亮(沢村青白)、大島美幸(加奈子)、村上知子(咲江)、黒沢かずこ(美智子)、田中哲司(編集長・近藤)、村上大樹(編集者・田中)、でんでん(梶原)、山本浩司(小林)、楳図かずお(UMEZU氏)、マーティ・フリードマン(ポール・ウェインバーグ)、大後寿々花(人間のサバ)、江口のりこ(高梨)、松原智恵子(麻子の母)、ほか

「めがね」のネタバレあらすじ結末

映画 めがねの紹介:2007年日本映画。海辺の町を訪れた女性と、そこで旅館を経営する宿の主人、そこに集う人々などの人間模様をつづるヒューマンドラマ。都会から来た女性が島の人々と触れ合いの中で落ち着きを取り戻していく。
監督:荻上直子 出演:小林聡美(タエコ)、市川実日子(ハルナ)、加瀬亮(ヨモギ)、光石研(ユージ)、もたいまさこ(サクラ)ほか

「硫黄島からの手紙」のネタバレあらすじ結末

硫黄島からの手紙の紹介:2006年アメリカ映画。第二次世界大戦での硫黄島の戦いを日本側からの視点で描いた作品です。アメリカ側の視点で描いた作品に「父親たちの星条旗」という映画があります。監督やスタッフはそのときのメンバーのままで制作されています。硫黄島で死闘を繰り広げた日本軍将兵たちと、祖国に残された家族らの想いが描かれています。ストーリーは彼らが家族へと向けた手紙を基に展開されています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙(栗林忠道)、二宮和也(西郷昇)、加瀬亮(清水洋一)、中村獅童(伊東海軍大尉)、谷田陸軍大尉(坂東工)ほか

「重力ピエロ」のネタバレあらすじ結末

重力ピエロの紹介:2009年日本映画。伊坂幸太郎の同名小説『重力ピエロ』を原作とした作品。仙台市に住む奥野家には弟・春の出生に関わる秘密がありました。兄の泉水は春とともに街で頻発している放火犯を捕まえようとしますが、春がその犯人ではないかという疑惑が持ち上がります。
監督:森淳一 出演:奥野泉水(加瀬亮)、奥野春(岡田将生)、奥野正志(小日向文世)、奥野梨江子(鈴木京香)、葛城(渡辺篤郎)、夏子さん(吉高由里子)ほか

「FOUJITA フジタ」のネタバレあらすじ結末

FOUJITA フジタの紹介:2015年日本,フランス映画。乳白色の使い手としてパリの名をはせた日本人画家、藤田嗣治。戦時下の日本においては戦争画家となった。その波乱の人生をフランスと日本二つの視点で描く。
監督:小栗康平 出演:オダギリジョー(藤田嗣治)、中谷美紀(君代)、アナ・ジラルド(ユキ)、アンジェル・ユモー(キキ)、マリー・クレメール(フェルナンド)、加瀬亮(寛治郎)ほか

「誰も知らない」のネタバレあらすじ結末

誰も知らないの紹介:2004年日本映画。1988年に実際に発生した「巣鴨子供置き去り事件」をモチーフに、是枝裕和監督が15年の構想を経て完成させたヒューマンドラマです。母の失踪により置き去りにされた子供たちの困窮する生活とその顛末を描き、主演の柳楽優弥は史上最年少および日本人として初のカンヌ国際映画祭の最優秀主演男優賞を受賞した作品です。
監督:是枝裕和 出演者:柳楽優弥(福島明)、YOU(福島けい子)、北浦愛(福島京子)、清水萌々子(福島ゆき)、木村飛影(福島茂)、韓英恵(水口紗希)、加瀬亮(広山潤)、平泉成(中延司)、串田和美(吉永忠志)、岡元夕紀子(吉永江理子)、タテタカコ(宮嶋さなえ)、木村祐一(杉原)、遠藤憲一(京橋)、寺島進(少年野球の監督)ほか

「ハチミツとクローバー」のネタバレあらすじ結末

映画 ハチミツとクローバーの紹介:2006年日本映画。美大に通う5人の大学生の、甘酸っぱい恋と友情を描いた青春ラブストーリー。登場人物全員が片思いをしているといっても過言ではなく、片思いをしている人必見のキラキラしたラブストーリーです。
監督:高田雅博 出演者:櫻井翔(竹本)、蒼井優(はぐみ)、伊勢谷友介(森田)、加瀬亮(真山)、関めぐみ(山田)、堺雅人(花本先生)ほか

「アウトレイジ」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジの紹介:2010年日本映画。アウトレイジシリーズ1作目。欲望と裏切り渦巻くヤクザ社会を舞台に豪華キャストの競演で描くバイオレンスアクション。ヤクザの世界で生き残りを賭けた男たちの壮絶な権力闘争が描かれる。全員悪人!とタイトルが銘打たれているほど出演者は全員悪人、性格も悪人のキャラクターしか出てこない。2017年10月にシリーズ3作目「アウトレイジ 最終章」が公開。
監督:北野武 出演:ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、小日向文世、北村総一朗、塚本高史、中野英雄、杉本哲太、石橋蓮司、三浦友和、國村隼ほか

「それでもボクはやってない」のネタバレあらすじ結末

それでもボクはやってないの紹介:2007年日本映画。突然痴漢の疑いをかけられ、自らの濡れ衣を晴らそうと立ち向かっていく主人公の話です。実際にあった話を元にして「Shall we dance?」の周防監督が11年ぶりに作り上げた意欲作です。痴漢冤罪に対して鋭く切り込んだ社会派ドラマです。現代の刑事裁判における問題点に焦点を当て、痴漢の冤罪事件裁判に立ち向かう厳しい現実を非常にリアルに描いた作品となっています。
監督:周防正行 製作:亀山千広 出演:加瀬亮(金子徹平)、瀬戸朝香(須藤莉子)、山本耕史(斉藤達雄)、もたいまさこ(金子豊子)、田中哲司(浜田明)、光石研(佐田満)、尾美としのり(新崎孝三)、大森南朋(山田好二)、鈴木蘭々(土井陽子)、野間口徹(小倉繁)、山本浩司(北尾哲)、田山涼成(和田精二)、大和田伸也(広安敏夫)、田口浩正(月田一郎)、竹中直人(青木富夫)、小日向文世(室山省吾)、役所広司(荒川正義)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑