大杉漣映画一覧

「ひみつのアッコちゃん」のネタバレあらすじ結末

ひみつのアッコちゃんの紹介:2012年日本映画。赤塚不二夫の大ヒットコミックの『ひみつのアッコちゃん』の実写映画化です。小学生のアッコちゃんが変身した大人を綾瀬はるかさん、トキメキの上司に岡田将生さん、そして豪華キャストが脇を固め、夢のあるファンタジーコメディに仕上がっています。特に綾瀬はるかさんの演技が光っています。
監督:川村泰祐 出演者:綾瀬はるか(加賀美あつ子(アッコ))、岡田将生(早瀬尚人)、谷原章介(熱海専務)、吹石一恵(青山マリ)、塚地武雅(守衛)、大杉漣(中村前社長)、吉田里琴(少女のあつ子(アッコ))、もたいまさこ(大庭鶴子)、鹿賀丈史(鬼頭)香川照之(鏡の精)ほか

「恋愛寫眞」のネタバレあらすじ結末

恋愛寫眞 Collage of Our Lifeの紹介:2003年日本映画。死んだと聞かされたかつての恋人の消息を知るためニューヨークに降り立ったカメラマンの青年が、その足跡を辿った末に行き着いた悲しい真実と、彼女の想いを受け入れるまでを描いた、せつないラブ・ストーリー。
監督:堤幸彦 出演者:広末涼子(里中静流)、松田龍平(瀬川誠人)、小池栄子(アヤ)、ドミニク・マーカス(カシアス)、山崎樹範(白浜)、西山繭子(みゆき)、高橋一生(関口)、原田篤(モテ男)、江藤漢斉(市山教授)、佐藤二朗(医師)、岡本麗(コインランドリーの女)、大杉漣(社長)、ほか

「ROOKIES 卒業」のネタバレあらすじ結末

ROOKIES -卒業-の紹介:2009年日本映画。人気ドラマシリーズの続編という位置付けで映画化されました。テレビドラマ版と同一のキャスティング・スタッフによ製作され、ドラマ版では登場しなかった笹崎戦などを織り込んだオリジナルの内容で構成されています。ブームを巻き起こした人気ドラマの集大成とも言えます。このドラマや映画から、佐藤健などの主役を張るようなスター俳優を数多く生み出しました。
監督:平川雄一朗 出演:佐藤隆太(川藤幸一)、市原隼人(安仁屋恵壹)、小出恵介(御子柴徹)、城田優(新庄慶)、中尾明慶(関川秀太)、高岡蒼甫(若菜智哉)、山本裕典(赤星奨志)、武田航平(川上貞治)ほか

「たそがれ清兵衛」のネタバレあらすじ結末

たそがれ清兵衛の紹介:2002年日本映画。幕末の庄内地方海坂藩の井口清兵衛は妻に先だたれ、老母の世話と二人の娘の養育と借金返済の為、質素な生活をしていた。自身を気遣うことなく、いつしかたそがれ清兵衛とあだ名がつけられていた。そんな清兵衛に藩命に逆らった者への討手の命が下る・・人情剣客時代劇です。
監督:山田洋次 出演:真田広之(井口清兵衛)、宮沢りえ(飯沼朋江)、小林稔侍(久坂長兵衛)、大杉漣(甲田豊太郎)、吹越満(飯沼倫之丞)、伊藤未希(井口萱野)、橋口恵莉奈(井口以登)、田中泯(余五善右衛)、岸恵子(晩年の以登)、丹波哲郎(井口藤左衛門)、ほか

「阪急電車 片道15分の奇跡」のネタバレあらすじ結末

阪急電車 片道15分の奇跡の紹介:2011年日本映画。兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から西宮北口駅(西宮市)までの、15分間の短い区間を往復する電車に乗り降りする人々のそれぞれのエピソードや、人間模様にスポットを当てた、人情ドラマ作品です。
監督:三宅喜重 出演:中谷美紀(高瀬翔子)、戸田恵梨香(森岡ミサ)、南果歩(伊藤康江)、谷村美月(権田原美帆)、宮本信子(萩原時江)、有村架純(門田悦子)、芦田愛菜(萩原亜美)、勝地涼、玉山鉄二、鈴木亮平、大杉漣ほか

「刑務所の中」のネタバレあらすじ結末

刑務所の中の紹介:2002年日本映画。サバイバル好きの花輪は、改造拳銃を作って、銃砲刀剣類不法所持、火薬類取締法違反で逮捕されて刑務所に入れられる。しかし刑務所の中の受刑者の様子や生活を、自分の目線からユーモラスに描いたコミック映画です。
監督:崔洋一 出演:山崎努(花輪かずいち)、香川照之(伊笠)、田口トモロヲ(田辺)、松重豊(小屋)、村松利史(竹伏)、大杉漣(高橋)ほか

「レインツリーの国」のネタバレあらすじ結末

映画レインツリーの国の紹介:2015年日本映画。出会ったことのない君に恋をした… 自分が好きな小説「フェアリーゲーム」のあらすじが書いてある「レインツリーの国」というサイトを見つけた主人公が、難聴を抱える女性と交流を重ねていく。有川浩によるヒット小説『レインツリーの国』を実写化したラブストーリー。
監督:三宅喜重 出演者:玉森裕太(向坂伸行)、西内まりや(人見利香)、森カンナ(ミサコ)、阿部丈(井出広太)、山崎樹範(向坂宏一)、片岡愛之助(澤井徹)、矢島健一(人見健次郎)、麻生祐未(人見由香里)、大杉漣(向坂豊)ほか

「箱入り息子の恋」のネタバレあらすじ結末

箱入り息子の恋の紹介:2013年日本映画。星野源の映画初主演作品。市役所に勤務する真面目な35歳の男性が目が不自由な女性と代理見合いで知り合い、両家の両親から反対されても付き合いを続けていくファンタジーな物語。
監督 市井昌秀 出演:星野源(天雫健太郎)、夏帆(今井奈穂子)、平泉成(天雫寿男)、森山良子(天雫フミ)、大杉漣(今井晃)、黒木瞳(今井玲子)、ほか

「ツレがうつになりまして」のネタバレあらすじ結末

ツレがうつになりましての紹介:2011年日本映画。「ツレがうつになりまして」は現代には多い病気うつ病を題材にした映画です。主演はツレ役に堺雅人・ハル役に宮崎あおいが演じる。キャッチコピーは「頑張らないぞ!」「健やかなる時も、病める時も君と一緒にいたい」です。この映画は全国222スクリーンで公開され、初日2日間で1億2000万以上の興業収入を記録し観客動員ランキング初登場4位を記録した話題の映画です。
監督:佐々部清 出演:宮崎あおい(高崎晴子 / ハルさん)、堺雅人(高崎幹男 / ツレ)、吹越満(杉浦)、津田寛治(高崎和夫)、中野裕太(小畑)、山本浩司(君塚)、大杉漣(栗田保男)、余貴美子(栗田里子)、吉田羊、ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑