ロバート・デ・ニーロ映画一覧

ロバート・デ・ニーロが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ジョーカー」のネタバレあらすじ結末

ジョーカーの紹介:2019年アメリカ映画。『バットマン』の悪役として有名なジョーカーの誕生物語。大都会ゴッサム・シティで道化師として暮らしていた一人の孤独な男アーサー・フレック。ピエロメイクの大道芸人として、病弱な母を支える心優しい面もあり、同じアパートに住むソフィーに好意を抱いている。どんな時も笑顔で人々を楽しませなさいと言う母の言葉通り、コメディアンを目指してドン底から抜け出そうとするアーサーが、なぜ巨大な悪のカリスマ『ジョーカー』へと変貌したのか。切なくも衝撃的真実の物語。「ジョーカー」はヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得。リヴァー・フェニックスの弟で、8歳で俳優デビューを飾ったホアキン・フェニックスは本作で「キャリア史上最高の演技」と称賛された。
監督:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック/ジョーカー)、ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン)、ザジー・ビーツ(ソフィー・デュモンド)、フランセス・コンロイ(ペニー・フレック)、ブレット・カレン(トーマス・ウェイン)、ダグラス・ホッジ(アルフレッド・ペニーワース)、ダンテ・ペレイラ=オルソン(ブルース・ウェイン)ほか

「ザ・ダイバー」のネタバレあらすじ結末

ザ・ダイバーの紹介:2000年アメリカ映画。貧しい小作農の家に生まれたカール・ブラシアは、海に憧れて海軍を志望する。ところが黒人にはコックの仕事しか与えられない。ある日カールは上司に泳ぎの速さを見込まれるが…。アメリカ海軍で黒人初のマイスター・ダイバーとなるまでの伝説の男の栄光と苦難の道程を描く。
監督:ジョージ・ティルマン・Jr 出演:ロバート・デ・ニーロ(ビリー・サンデー)、キューバ・グッディング・Jr(カール・ブラシア)、シャーリーズ・セロン(グウェン・サンデー)、アーンジャニュー・エリス、ハル・ホルブルック、マイケル・ラパポート、パワーズ・ブース、デヴィッド・キース、ジョシュア・レナード、ほか

「ワンスアポンアタイムインアメリカ」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの紹介:1984年アメリカ映画。1920年代にニューヨークで友情を結んだユダヤ人の少年たちが暗黒街でのしあがっていく。彼らの40年にわたる、友情と裏切りと喪失の物語。10年以上の構想の末に完成し1984年にカンヌ映画祭において上映時間3時間49分版でプレミア上映されたこの作品がセルジオ・レオーネ監督の遺作となった。音楽は『荒野の用心棒』以来のレオーネの協力者であるエンニオ・モリコーネ。マーティン・スコセッシ監督が設立した「フィルム・ファンデーション」がイタリアのブランドGUCCIのサポートによって2012年に修復した、レオーネの本来意図した形にいっそう近い4時間11分版が、2019年に「午前十時の映画祭9」の1本として日本各地で延べ4週間上映される。
監督:セルジオ・レオーネ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ヌードルス)、ジェームズ・ウッズ(マックス)、エリザベス・マクガヴァン(デボラ)、チューズデイ・ウェルド(キャロル)その他

「ミッドナイト・ラン」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト・ランの紹介:1988年アメリカ映画。孤独な元刑事のバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)と、運悪く賞金首になってしまった少し変わり者な会計士がひょんなことからFBIやマフィアに追われることになり、アメリカ大陸を股にかけた逃走劇を繰り広げるコメディ調のロード・ムービーです。
監督:マーティン・ブレスト 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ジャック・ウォルシュ)、チャールズ・グローディン(ジョナサン・“デューク”・マデューカス)、ヤフェット・コットー(アロンゾ・モーズリー)、ジョン・アシュトン(マーヴィン・ドーフラー)、デニス・ファリーナ(ジミー・セラノ)、ジョー・パントリアーノ(エディ・モスコーネ)、リチャード・フォロンジー(トニー・ダーボ)、ロバート・ミランダ(ジョーイ)、ジャック・ケホー(ジェリー・ガイスラー)、ダニエル・デュクロス(デニース・ウォルシュ)、フィリップ・ベイカー・ホール(シドニー)ほか

「嘘の天才~史上最大の金融詐欺~」のネタバレあらすじ結末

嘘の天才~史上最大の金融詐欺~の紹介:2017年アメリカ映画。元NYタイムズ紙の記者ダイアナ・ヘンリケスのノンフィクション小説を基に、2008年に世界の金融界を揺るがした史上最高額の金融詐欺事件「バーニー・マドフ事件」の全貌を描いたクライムドラマです。監督は『レインマン』(1988年)などの名匠バリー・レヴィンソン、主演は名優ロバート・デ・ニーロ、共演は『アイ・アム・サム』(2001年)などのミシェル・ファイファーです。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:ロバート・デ・ニーロ(バーニー・マドフ)、ミシェル・ファイファー(ルース・マドフ)、アレッサンドロ・ニボラ(マーク・マドフ)、ネイサン・ダロウ(アンドリュー・マドフ)、クリステン・コノリー(ステファニー・マドフ)、ほか

「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」のネタバレあらすじ結末

ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグの紹介:1997年アメリカ映画。大統領選で再選を目指す現職大統領のスキャンダルを国民の目からそらせるため、側近とともに揉み消し屋、映画プロデューサーが奔走するブラックコメディ。ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:
ダスティン・ホフマン(スタンリー・モッツ)、ロバート・デ・ニーロ(コンラッド・ブリーン)、アン・ヘッシュ(ウィニフレッド・エームス)、ウディ・ハレルソン(ウィリアム・シューマン軍曹)、デニス・リアリー(ファド・キング)、ウィリー・ネルソン(ジョニー・グリーン)、キルステン・ダンスト(トレイシー・ライム)、ウィリアム・H・メイシー(CIAエージェント)、ほか

「ジャッキー・ブラウン」のネタバレあらすじ結末

ジャッキー・ブラウンの紹介:1997年アメリカ映画。エルモア・レナードの小説『ラム・パンチ』を土台に、クエンティン・タランティーノが監督・脚本したクライム・サスペンス映画です。「すべてのカタは彼女がツケる。」というキャッチで、中年CAが武器密売人と警察を騙し、一獲千金を夢見て大博打に出る姿を描いた物語です。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:パム・グリア(ジャッキー・ブラウン)、サミュエル・L・ジャクソン(オデール・ロビー)、ロバート・フォスター(マックス・チェリー)、ブリジット・フォンダ(メラニー・ラルストン)、マイケル・キートン(レイ・ニコレット)、ロバート・デ・ニーロ(ルイス・ガーラ)、ほか

「ニューヨーク・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク・ニューヨークの紹介:1977年アメリカ映画。戦後のニューヨークを舞台に音楽に身を捧げる男女の恋愛模様をドラマチックに描いた恋愛映画です。テーマ曲の「ニューヨーク・ニューヨーク」はその後フランク・シナトラによってカバーされ、大ヒットしました。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ライザ・ミネリ(フランシーン・エヴァンス)、ロバート・デ・ニーロ(ジミー・ドイル)、ライオネル・スタンダー(トニー・ハーウェル)、 バリー・プリマス(ポール・ウィルソン)、 メアリー・ケイ・プレイス(バーニス・ベネット)、ほか

「スターダスト」のネタバレあらすじ結末

スターダストの紹介:2007年アメリカ,イギリス映画。N・ゲイマンのファンタジー小説を原作とした映画。片思いの女性の心を射止めるため、流れ星を取ってくる決心したトリスタンは、壁を越えて魔法の王国ストームホールドに行きます。そこで、トリスタンは思わぬ大冒険をすることになります。見終わった後に、幸せな気分に浸れるファンダジー映画です。脇を固めるR・デ・ニーロやM・ファイファーのノリノリの怪演は、一見の価値があります。
監督:マシュー・ヴォーン 出演者:クレア・デインズ(イヴェイン)、チャーリー・コックス(トリスタン)、ミシェル・ファイファー(ラミア)、ロバート・デ・ニーロ(キャプテン・シェイクスピア)、シエナ・ミラー(ヴィクトリア・フォレスター)ほか

「タイム・トゥ・ラン」のネタバレあらすじ結末

タイム・トゥ・ランの紹介:2015年アメリカ映画。娘の医療費のためにカジノ強盗に手を染め、バスをジャックして逃走するカジノの元ディーラーと武装強盗団。マフィアと特殊部隊SWATも絡んだ三つ巴の逃走劇を描いたクライム・アクションです。
監督:スコット・マン 出演者:ジェフリー・ディーン・モーガン(ルーク・ヴォーン)、ロバート・デ・ニーロ(フランシス・“ザ・ポープ”・シルヴァ)、デイヴ・バウティスタ(ジェイソン・コックス)、ジーナ・カラーノ(クリツィア・“クリス”・バボス)、ケイト・ボスワース(シドニー・シルヴァ)ほか

「大いなる遺産 (1998年)」のネタバレあらすじ結末

大いなる遺産の紹介:1998年アメリカ映画。イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの同名長編小説の映画化作品で、数度映画化された作品の1998年版です。舞台を1998年当時のアメリカに置き換え、画家を志す青年と幼馴染との恋、脱獄囚との心の交流などを描いています。
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:イーサン・ホーク(フィネガン・“フィン”・ベル)、グウィネス・パルトロー(エステラ・ディンズモア)、アン・バンクロフト(ノーラ・ディンズモア)、クリス・クーパー(ジョー・コールマン)、ロバート・デ・ニーロ(アーサー・ラスティグ)ほか

「レッド・ライト」のネタバレあらすじ結末

レッド・ライトの紹介:2012年アメリカ,スペイン映画。一切の超能力や超常現象を否定し、科学の力でその嘘を暴こうとする科学者たちと、かつて一世を風靡した伝説の超能力者との対決を描いたサイコスリラー映画です。
監督:ロドリゴ・コルテス 出演者:キリアン・マーフィー(トム・バックリー)、シガニー・ウィーバー(マーガレット・マシスン)、ロバート・デ・ニーロ(サイモン・シルバー)、エリザベス・オルセン(サリー・オーウェン)、クレイグ・ロバーツ(ベン)ほか

「トラブル・イン・ハリウッド」のネタバレあらすじ結末

トラブル・イン・ハリウッドの紹介:2008年アメリカ映画。映画プロデューサーとして知られるアート・リンソンの著書「What Just Happened? Bitter Hollywood Tales from the Front Line」を原作とする映画作品。映画を制作する側に焦点が当てられています。敏腕映画プロデューサーである主人公が、カンヌ映画祭に出品する映画作品の試写会をきっかけに騒動に巻き込まれるストーリーです。試写会で上映された作品の観客の反応が良くなく、確かにあんなラストの映画は嫌だなと思える作品で、試写会の観客の反応で実際このようなトラブルが起こるんだなと納得させられる映画です。作り手側の苦労が伝わります。
監督:バリー・レヴィンソン 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ベン)、ショーン・ペン(本人)、キャサリン・キーナー(ルー)、ジョン・タートゥーロ(ディック)、ロビン・ライト・ペン(ケリー)、スタンリー・トゥッチ(スコット)、クリステン・スチュワート(ゾーイ)、ほか

「アーサーとミニモイの不思議な国」のネタバレあらすじ結末

アーサーとミニモイの不思議な国の紹介:2006年フランス映画。リュック・ベッソン監督・原作による三部作の第1部。冒険好きな10歳の少年が家族と家を守るために小さな部族ミニモイ族に会いに行き、セレニア王女と恋に落ちるというほのぼのとした夢の世界を堪能できる作品です。吹き替えではおじいちゃんの声を永井一郎さんが行っており、「ハリーポッター」のダンブルドア校長の声の主でもあります。
監督:リュック・ベッソン 出演:フレディ・ハイモア(アーサー)、ミア・ファロー(アーサーのおばあちゃん)、ペニー・バルフォー(アーサーのお母さん)、ダグ・ランド(アーサーのお父さん)、マドンナ(セレニア)、デヴィッド・ボウイ(マルタザール)、ほか

「ナイト・アンド・ザ・シティ」のネタバレあらすじ結末

ナイト・アンド・ザ・シティの紹介:1992年アメリカ映画。1950年公開の映画『街の野獣』のリメイクとなる作品で、ボクシングに魅了されたしがない弁護士が、ボクシングの興行を成功させようと仕掛ける様子とその顛末を描いた人間ドラマです。
監督:アーウィン・ウィンクラー 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ハリー・フェビアン)、ジェシカ・ラング(ヘレン・ナゼロス)、ジャック・ウォーデン(アル・グロスマン)、クリフ・ゴーマン(フィル・ナゼロス)、アラン・キング(アイラ・“ブーン・ブーン”・グロスマン)ほか

1 2 3 4
TOP↑