アニメ映画のネタバレ

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」のネタバレあらすじ結末

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!の紹介:2005年アメリカ,イギリス映画。イギリス発信の、世界中にファンがいるクレイアニメーション。今作が初の長編アニメーションとなり、発明家のウォレスと賢い彼の飼い犬、グルミットが大暴れする名作。
監督:ニック・パーク、スティーヴ・ボックス 声優:ピーター・サリス(ウォレス)、レイフ・ファインズ(ヴィクター・クォーターメイン)、ヘレナ・ボナム・カーター(レディ・トッティントン)、ピーター・ケイ(PCマッキントッシュ)、ニコラス・スミス(クレメント・ヘッジ)、ほか

「ドラえもん のび太の宇宙小戦争」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スターウォーズ)の紹介:1985年日本映画。ドラえもんとのび太が映画の撮影と称して遊んでいた最中、親指ほどの小さな宇宙人・パピに出会います。パピは故郷が反乱によりロケットに乗り逃げてきたといいます。パピを助けることを決めたドラえもんたちですが、パピを追ってきた独裁者ギルモアの軍によりスモールライトで小さくなったしずかちゃんが人質としてさらわれてしまい、スモールライトも取られてしまいます。映画ドラえもんシリーズの第6弾です。
監督:芝山努 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、肝付兼太(スネ夫)、たてかべ和也(ジャイアン)、潘恵子(パピ)、三ツ矢雄二(ロコロコ)、八名信夫(ギルモア)、ほか

「河童のクゥと夏休み」のネタバレあらすじ結末

河童のクゥと夏休みの紹介:2007年日本映画。原恵一監督が制作期間5年をかけて完成させた大作。作家木暮正夫の「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」を原作としたアニメ映画で、現代に現れた河童と少年が出会い、美しい日本の風景の中で交流していく様を描く。自然、友情や家族との絆など現代社会の課題を作中に盛り込み考えさせられる作品となっている。
監督:原恵一 声優:田中直樹(上原保雄)、西田尚美(上原友佳里)、なぎら健壱(クゥの父親)、ゴリ(キジムナー)、冨沢風斗(クゥ)、ほか

「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁の紹介:2010年日本映画。ある日しんのすけの元にタイムマシンに乗って未来からタミコがやってきます。彼女は未来のしんのすけの花嫁で彼を救うには5歳のしんのすけの力が必要であると言われ、やってきたといいます。しんのすけは半信半疑ながらもカスカベ防衛隊と共に未来の春日部にタイムスリップします。劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズの第18作目です。
監督:しぎのあきら 出演:矢島晶子(しんのすけ)、ならはしみき(みさえ)、藤原啓治(ひろし)、こおろぎさとみ(ひまわり)、真柴摩利(シロ/風間くん)、近藤春菜(花嫁(希望)軍団・春菜)、黒沢かずこ(花嫁(希望)軍団・黒沢)、はるな愛(花嫁(希望)軍団・愛)、いとうあさこ(花嫁(希望)軍団・あさこ)、椿鬼奴(花嫁(希望)軍団・椿)、ほか

「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の紹介:1991年日本映画。地球にスラッグという名の異星人が現れ、地球の侵略を始める。その侵略を食い止めるために悟空達、Z戦士たちが反撃を試みるがスラッグの正体は何とスーパーナメック星人だった。
監督:橋本光夫 声優:野沢雅子(孫悟空、孫悟飯)、古川登志夫(ピッコロ)、田中真弓(クリリン)、鶴ひろみ(ブルマ)、屋根有作(スラッグ)ほか

「ミニオンズ:アルバイト大作戦」のネタバレあらすじ結末

ミニオンズ:アルバイト大作戦の紹介:2016年アメリカ映画。黄色い体に目玉が可愛いミニオンズがアルバイト?!ジューサーミキサーを買う為に彼らがハチャメチャに可愛く奮闘する。アニメ映画『ペット』と同時上映されたミニオンズの短編アニメ。
監督:グレン・マッコイ 声優:ピエール・コフィン(ミニオンズ→ボブ、スチュアート、ケビン、ジェリー、他)、ジョディ・ゲルヴ(老婦人)、デイブ・ローセンバウム(ミニオンズ→デイブ)ほか

「ユーリー・ノルシュテインのアニメ映画傑作選」のネタバレあらすじ結末

ユーリー・ノルシュテインのアニメ映画傑作選の紹介:1968年ほかロシア(ソ連)映画。普遍的な世界をアニメーションで丹念に作り上げ、世界中にファンが多いユーリー・ノルシュテインの短編アニメーション6作品。「25日・最初の日」「ケルジェネツの戦い」「キツネとウサギ」「アオサギとツル」「霧の中のハリネズミ」「話の話」。作品それぞれにノルシュテインの錬金術的とも言える美しい感覚が瑞々しく反映されており、長年評価が高い作品集です。
監督:ユーリー・ノルシュテインほか

「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と緑の巨人伝の紹介:2008年日本映画。ドラえもんシリーズの劇場版28作目。今作は過去シリーズのリメイクでなく、新ドラえもんシリーズ初のオリジナル作品。人間たちの植物への仕打ちに怒った植物星人たちが暮らす世界が舞台で、ドラえもん、のび太たちが冒険を繰り広げる。緑の大切さ、エコロジー、戦争が無意味であり悲劇以外何も生み出さないことを訴えています。
監督:渡辺歩 声優:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずかちゃん)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、堀北真希(リーレ)、有田哲平(パルナ)、三宅裕司(長老ジィ)、ほか

「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の海底鬼岩城の紹介:1983年日本映画。「映画 ドラえもん のび太の海底鬼岩城」は映画ドラえもんシリーズの劇場版4作目の作品。夏休みに海底でキャンプを楽しむドラえもん達が巨大イカに襲われたところを海底人に助けられ、そこからのび太たちの冒険が始まる。脚本がよくできており、今見てもドキリとするようなセリフがちりばめられています。特にドラえもんの道具であるバギーが言った言葉「人間なんて偉そうにしているけれど弱いものですね。」というセリフは考えさせられます。
監督:芝山努 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、小原乃梨子(のび太)、野村道子(しずか)、肝付兼太(スネ夫)、たてかべ和也(ジャイアン)、喜多道枝(エル)、三ツ矢雄二(バギー)、ほか

「リロ&スティッチ」のネタバレあらすじ結末

リロ&スティッチの紹介:2002年アメリカ映画。違法な遺伝子実験により生み出されたエイリアンが人間の女の子と出会ったことで、自分の家族や居場所を探す物語。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズによるアニメーション作品で、予想以上のヒット作となり、その後続編やテレビシリーズが多数製作され、スティッチはディズニーのキャラクターの中でも上位に入る人気を獲得した。
監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア 声優:クリス・サンダース/山寺宏一(スティッチ・試作品626号)、デイヴィ・チェイス/山下夏生(リロ・ペレカイ)、ティア・カレル/田畑智子(ナニ・ペレカイ)、デイヴィッド・オグデン・ステアーズ/飯塚昭三(ジャンバ・ジュキーバ博士)、ケビン・マイケル・リチャードソン/石塚運昇(ガントゥ大尉) ほか

「メアリと魔女の花」のネタバレあらすじ結末

メアリと魔女の花の紹介:2017年日本映画。スタジオジブリで活躍した米林宏昌監督のスタジオポノック移籍後作品第一弾。大叔母シャーロットの住む土地へと越して来たメアリはある晩森の中で不思議な出会いを果たす。それは青く光る美しい花「夜間飛行」。それは不思議な力を持つ花でメアリに一晩だけ魔法の力を授けるものだった。同時に目覚めた魔法の箒と共に大空へと飛び立ったメアリは魔法大学へと辿り着く。しかしその大学の校長には裏の顔があった。主題歌はSEKAI NO OWARI 「RAIN」。
監督:米林宏昌 声優: 杉咲花(メアリ)、神木隆之介(ピーター)、天海祐希(マダム・マンブルチューク)、小日向文世(ドクター・デイ)、満島ひかり(赤毛の魔女)、佐藤二朗(フラナガン)、遠藤憲一(ゼベディ)、渡辺えり(バンクス)、大竹しのぶ(シャーロット)、ほか

「ハッピー・フィート2」のネタバレあらすじ結末

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊の紹介:2011年オーストラリア映画。「ハッピー・フィート」の続編として製作された本作は、タップダンスの名手であるペンギンの息子が、父の姿を見て成長していく物語。アメリカでヒットしているポップ音楽をふんだんに盛り込んでおり、映像の美しさは前作を超えるものに仕上がっている。サイドストーリーとして出演するオキアミの声はブラッド・ピットやマット・デイモンが務めた。
監督:ジョージ・ミラー 声優:イライジャ・ウッド(マンブル)、ロビン・ウィリアムズ(ラモン/ラブレイス)、ハンク・アザリア(スヴェン)、アレシア・ムーア(グローリア)、ブラッド・ピット(ウィル)、マット・デイモン(ビル)、ほか

「怪盗グルーのミニオン危機一発」のネタバレあらすじ結末

怪盗グルーのミニオン危機一発の紹介:2013年アメリカ映画。怪盗グルーの月泥棒の続編。グルーは悪事から足を洗い、里子の3人の女の子達のシングルファーザーとして生きている。グルーと可愛いミニオン、そして彼の子供たちの心温まるファミリー映画。
監督:ピエール・コフィン、クリス・ルノー 声優:スティーヴ・カレル(グルー)、クリステン・ウィグ(ルーシー)、ベンジャミン・ブラット(エドアルド/アル・マッチョミランダ・コスグローヴ)、(マーゴ)、ラッセル・ブランド(ネファリオ博士)、スティーヴ・クーガン(サイラス)、ほか

「たまこラブストーリー」のネタバレあらすじ結末

たまこラブストーリーの紹介:2014年日本映画。餅屋「たまや」の娘、高校生の白北川たまこと同級生大路もち蔵は幼馴染。もち蔵はたまこに想いを寄せているが鈍感なたまこは気づかず過ごしていた。それぞれが進路で悩む中、もち蔵は東京に進学することを決意する。離れ離れになってしまうたまこに東京行きを伝えようとするが、なかなか伝えられなかった。覚悟を決めたもち蔵はたまこに想いを伝えるのであった。
監督:山田尚子 声優: 洲崎綾(北白川たまこ)、田丸篤志(大路もち蔵)、山崎たくみ(デラ・モチマッヅィ)、金子有希(常盤みどり)、長妻樹里(牧野かんな)、山下百合恵(朝霧史織)、ほか

「ももへの手紙」のネタバレあらすじ結末

ももへの手紙の紹介:2012年日本映画。宮浦ももと母親のいく子は瀬戸内海の汐島の叔父と叔母の元へ引っ越してきた。ももの父親は事故で亡くなっている。引っ越した家の倉庫で箱に入った古い妖怪の本を見つけた。島に馴染めないもも。そんなある日いく子が出かける時に妙な影を見てしまう。それから天井の物音、話し声が聞こえ妙な影に追いかけられた。次第に姿を表す妖怪3人。妖怪達の目的とは何なのか。
監督:沖浦啓之 声優:美山加恋(宮浦もも)、優香(宮浦いく子)、坂口芳貞(大おじ・貞浜サチオ)、谷育子(大おば・貞浜サエ)、チョー(マメ)、山寺宏一(カワ)、西田敏行(イワ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 27
TOP↑