アニメ映画のネタバレ

「おさるのジョージ3/ジャングルへ帰ろう」のネタバレあらすじ結末

おさるのジョージ3/ジャングルへ帰ろうの紹介:2015年アメリカ映画。「お猿のジョージ3/ジャングルに帰ろう」はアメリカの人気アニメシリーズ「お猿のジョージ」第3弾の映画です。日本でもディズニーチャンネルやNHK教育テレビで放送されており、子供から大人まで人気のある作品です。色彩が豊かでストーリーが分からやすく、お猿のジョージが可愛く時に賢く、時に失敗して落ち込んだりと親しみの湧くキャラクターを主人公にしているためファンが多いことも納得できます。今回はジョージが宇宙に行ったり、ジャングルに迷い込んだり、テレビシリーズよりもややスケールアップさせてストーリーを進めています。
監督:フィル・ワインスタイン 声の出演:フランク・ウェルカー(ジョージ)、ジェフ・ベネット(テッド)、アンジェラ・パセッダ(クリンダ)、ジョン・グッドマン(ヒューストン)、ほか

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇の紹介:2017年日本映画。2012年から2013年にかけて7部構成で劇場公開やソフト発売、また2013年にテレビ放映された「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編です。西暦2199年、往復33万6千光年に及ぶ大航海に成功し、未知の異星人と死闘を繰り広げた末に地球を滅亡の危機から救ったヤマトが生還した3年後を舞台とした物語です。2199同様に複数に分けて劇場公開等展開されることとなっており、今作はその第一弾です。
監督:羽原信義 声優:小野大輔(古代 進)、桑島法子(森 雪)、鈴村健一(島 大介)、神谷浩史(クラウス・キーマン)、菅生隆之(沖田十三)ほか

「楽園追放 Expelled from Paradise」のネタバレあらすじ結末

楽園追放 Expelled from Paradiseの紹介:2014年日本映画。人類のほとんどが地球を捨て、電脳世界で生きるようになった時代。電脳世界ディーヴァの捜査官アンジェラ・バルザックと地球の調査員ディンゴの生き様を描くCGアニメーション作品。
監督:水島精二 声優:釘宮理恵(アンジェラ・バルザック)、三木眞一郎(ディンゴ/ザリク・カジワラ)、神谷浩史(フロンティアセッター)、ほか

「アイス・エイジ5」のネタバレあらすじ結末

アイス・エイジ5 止めろ!惑星大衝突の紹介:2016年アメリカ映画。ブルースカイ・スタジオが製作する人気CGアニメーション「アイス・エイジ」シリーズの5作品目に当たる本作は、長くこのシリーズの監督を務めてきたカルロス・サルダーニャを製作総指揮に据え、惑星の衝突による生物の滅亡を防ごうと奮闘する氷河期の動物たちが繰り広げる冒険物語。大人になった娘の新たな旅立ちをマニーは心から祝うことができるのか…。おなじみのキャラクターたちが大活躍する楽しい作品に仕上がっている。
監督:マイケル・サーマイヤー 声の出演:レイ・ロマーノ/山寺宏一(マニー)、ジョン・レグイザモ/太田光(シド)、キキ・パーマー/的場加恵(ピーチ)、クイーン・ラティファ/豊口めぐみ(エリー)、サイモン・ペッグ/岩崎ひろし(バック) ほか

「アイス・エイジ4」のネタバレあらすじ結末

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険の紹介:2012年アメリカ映画。「アイス・エイジ」シリーズの第4作目にあたる本作は、公開されるや否や瞬く間に大ヒットし、公開された年のアニメ映画の興行収入ランキングで1位を記録した。エンディングには、歌手としても活動するジェニファー・ロペス、キキ・パーマー、ラッパーのニッキー・ミナージュやドレイクといった、実際に声の出演をしている彼らが歌う「We Are」が使用された。
監督:ゾーイ・サルダーニャ 出演:レイ・ロマーノ/山寺宏一(マニー)、ジョン・レグイザモ/太田光(シド)、デニス・リアリー/石塚運昇(ディエゴ)、ピーター・ディンクレイジ/内田直哉(キャプテン・ガット)、ジェニファー・ロペス/杉村理加(シーラ) ほか

「アイス・エイジ3」のネタバレあらすじ結末

アイス・エイジ3 ティラノのおとしものの紹介:2009年アメリカ映画。「アイス・エイジ」シリーズの第3作品目に当たる本作は、3Dデジタル技術を新たに取り入れ、前作の「アイス・エイジ2」を超える興行収入を叩き出した。マニーとエリーとの間に出来た子供や、ティラノサウルスの家族を通して、子供が生まれることの素晴らしさや、子供を守る母親の強さを描写しており、子どもから大人まで楽しめるエンターテインメント性の高い作品に仕上がっている。
監督:カルロス・サルダーニャ 声の出演:レイ・ロマーノ/山寺宏一(マニー)、ジョン・レグイザモ/太田光(シド)、デニス・リアリー/竹中直人(ディエゴ)、クイーン・ラティファ/豊口めぐみ(エリー)、サイモン・ペグ/岩崎ひろし(バック) ほか

「アイス・エイジ2」のネタバレあらすじ結末

アイス・エイジ2の紹介:2006年アメリカ映画。アメリカのCGアニメーション製作会社ブルー・スカイ・スタジオの代表作である「アイス・エイジ」シリーズの第2弾として公開された本作は、興行収入が前作を超え、全世界で大ヒットした。マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーたちは迫り来る大洪水から生き延びられるのか…?オリジナルを含め、日本語吹き替え版のキャスティングの豪華さも話題になった。
監督:カルロス・サルダーニャ 声の出演:レイ・ロマーノ/山寺宏一(マニー)、ジョン・レグイザモ/太田光(シド)、デニス・リアリー/竹中直人(ディエゴ)、クイーン・ラティファ/優香(エリー)、ジョシュ・ペック/中島知子(エディ)、ショーン・ウィリアム・スコット/久本雅美(クラッシュ) ほか

「アイス・エイジ」のネタバレあらすじ結末

アイス・エイジの紹介:2002年アメリカ映画。アイス・エイジの紹介:氷河期を前にした2万年前の地球。マンモスのマニーとナマケモノのシドは、ひょんなことから人間の赤ん坊を両親に届けることになります。2匹の前に現れたサーベルタイガーのディエゴがガイド役として同行することになります。共通点が全くない3匹が、赤ん坊を通して友情を育んでいく姿を描いたアニメです。劇中とは関係なく登場し、ひたすらドングリに執着するリスが笑いを誘います。
監督:クリス・ウェッジ 共同監督:カルロス・サルダーニャ 出演者:マニー(レイ・ロマーノ)、シド(ジョン・レグイザモ)、ディエゴ(デニス・リアリー)、ロシャン(タラ・ストロング)、スクラット(クリス・ウェッジ)ほか

「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」のネタバレあらすじ結末

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレードの紹介:2015年日本映画。魔女を目指す少女達の奮闘を描いた「リトルウィッチアカデミア(2013年)」の続編。憧れの魔女シャイニィシャリオを目標にルーナノヴァ魔法学校で学ぶアッコは、相変わらず問題を起こしてばかりいた。罰としてふもとの街のパレードに参加することになる。アッコは派手で楽しいパレードを計画するが、事はそう簡単には進まない。
監督:吉成曜 声の出演:潘めぐみ(アツコ・カガリ)、折笠富美子(ロッテ・ヤンソン)、村瀬迪与(スーシィ・マンババラン)、日笠陽子(ダイアナ・キャベンディッシュ)、日高のり子(アーシュラ先生/シャイニィシャリオ)ほか

「リトルウィッチアカデミア」のネタバレあらすじ結末

リトルウィッチアカデミアの紹介:2013年日本映画。新進気鋭のアニメ制作会社TRIGGERによる学園ファンタジーアニメーション。魔女シャイニィシャリオに憧れルーナノヴァ魔法学校に入学したアッコ。しかし失敗続きの上に実際の魔法は地味なものばかり。それでもシャリオを目指して頑張るアッコに試練が次々襲いかかる。2015年には続編「リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード」が制作されている。
監督:吉成曜 声の出演:潘めぐみ(アツコ・カガリ)、折笠富美子(ロッテ・ヤンソン)、村瀬迪与(スーシィ・マンババラン)、日笠陽子(ダイアナ・キャベンディッシュ)、日高のり子(アーシュラ先生/シャイニィシャリオ)ほか

「クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望」のネタバレあらすじ結末

映画クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望(うんこくさいのやぼう)の紹介:1995年日本映画。未来のタイムパトロール隊・リングはタイムパトロール中、20世紀の野原一家の地中に不時着します。リングはシロを通じて野原一家に時間犯罪者の捜査協力を求め、一緒に戦国時代へとタイムスリップします。人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画化第3弾です。
監督:本郷みつる 声優:矢島晶子(野原しんのすけ)、浦和めぐみ(吹雪丸)、真柴摩利(シロ/風間くん)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、加藤精三(雲黒斎)、ほか

「トイ・ストーリー・オブ・テラー」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー・オブ・テラーの紹介:2013年アメリカ映画。ピクサーの名作「トイ・ストーリー」の、ハロウィン用スピンオフ作品です。設定は「トイストーリー3」の後、ウディやバズ達が少女ボニーに引き取られてからのエピソードで、元はアンディのおもちゃだったウディ達が、ボニーに愛されている様子が見られ、非常に微笑ましいです。ハロウィン用ということもあって、ホラーの名作「サイコ」の名場面のパロディなど、良く知られる「怖い場面」が上手に使われています。
監督:アンガス・マクレーン 声の出演:トム・ハンクス(ウディ)、ティム・アレン(バズ)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ほか

「かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち」のネタバレあらすじ結末

かいけつゾロリ うちゅうの勇者たちの紹介:2015年日本映画。原ゆたか原作の劇場版シリーズ第3段の作品です。この「かいけつゾロリシリーズ」は小学生の低学年に人気のあるシリーズで、原作本は学校の図書館や街の図書館で多く見受けられる児童図書です。登場人物は動物を擬人化されており、ゾロリは狐でお供の弟子はイノシシの兄弟です。メインキャラクターを狐とイノシシにしている点が日本人には親しみやすく懐かしさを感じます。ゾロリは毎回恋をし、最後は振られてしまうオチで、どことなく寅さんを彷彿とさせます。
監督:岩崎知子 声優:山寺宏一(ゾロリ)、愛川里花子(イシシ)、くまいもとこ(ノシシ)、関智一(タコ)、茅野芽衣(クララ)、ほか

「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~の紹介:2011年日本映画。映画ドラえもんシリーズの劇場版31作目。宇宙のある星で軍事的なロボットが発展を極め、地球を侵略しようとしますが、それをのび太達が阻止するため奮闘します。軍事ロボットであるリルルが、のび太達と交流していくうちに、温かい心を持つようになり、何が正しいか自分で判断できるようになる過程を丁寧に描いています。この作品はしずかちゃんが一番活躍し、彼女の優しさがたくさん伝わってくる作品です。リルルが温かい心を持つようになるきっかけもしずかちゃんの優しさが大きな一因になっています。1986年に一度公開された映画のリメイク作品となります。
監督:高橋敦史 出演者:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、しずか(かかずゆみ)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、沢木みゆき(リルル)、小林由美子(ピッポ)ほか

「BORUTO NARUTO THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

BORUTO NARUTO THE MOVIE(ボルト ナルトザムービー)の紹介:2015年日本映画。ナルトが火影となり、忙しい毎日を送る中、ナルトは家族と過ごす時間が減っていきます。その寂しさから父親に反発した息子ボルトはナルトを超えるためにサスケに弟子入りします。しかし弟子入りを拒まれ、術もうまく使えないボルトは父親に振り向いてもらいたい一心で自動的に術が出せる科学忍具を使い、「中忍採用試験」に出場します。人気アニメ「NARUTO」で主人公うずまきナルトが火影となり、その息子ボルトを主人公にその活躍を描きます。原作者の岸本斉史氏が製作総指揮、脚本を担当しています。
監督:山下宏幸 声優:三瓶由布子(うずまきボルト)、菊池こころ(うちはサラダ)、竹内順子(うずまきナルト)、杉山紀彰(うちはサスケ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 24
TOP↑