アニメ映画のネタバレ

「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のネタバレあらすじ結末

9<ナイン> 9番目の奇妙な人形の紹介:2009年アメリカ映画。9が目を覚ました世界は既に人間の滅びた荒廃した世界だった。街は荒れ果て所々で息絶えた人の姿が見える。そんな誰もいないと思われていたこの世界で9はある出会いをする。それは自分と同じ、まるで誰かに作られたかのような人形の姿をした仲間達だった。その出会いに喜ぶ9、しかしそれはすぐに絶望へと変わっていく。シェーン・アッカー監督の短編アニメーション「9<ナイン>」をティム・バートン製作シェーン・アッカー監督で長編アニメーション映画化。短編版「9<ナイン>」はアカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート。
監督:シェーン・アッカー 出演:9(イライジャ・ウッド) 8(フレッド・タタショア) 7(ジェニファー・コネリー) 6(クリスピン・グローヴァー) 5(ジョン・C・ライリー) 2(マーティン・ランドー) 1(クリストファー・プラマー)

「リトルプリンス 星の王子さまと私」のネタバレあらすじ結末

リトルプリンス 星の王子さまと私の紹介:2015年フランス映画。少女は完璧な人生を送るためある街へと越してきた。そして母親による一分一秒も無駄にしない人生設計がスタートする。しかし越してきた矢先邪魔が入る。隣に住む変わり者の老人だった。近隣住民に邪見に扱われる変わり者の男性。しかしそんな存在が少女の人生を大きく変える。それは彼が過去に出会ったある”王子”との話。有名児童文学「星の王子さま」、その話の後日談を少女を中心に3DCGとモーションストップで描いた作品。
監督:マーク・オズボーン 声の出演:ジェフ・ブリッジス(飛行士)、レイチェル・マクアダムス(お母さん)、ポール・ラッド(王子)、マリオン・コティヤール(バラ)、ライリー・オズボーン(星の王子)、ほか

「コープスブライド」のネタバレあらすじ結末

ティム・バートンのコープスブライドの紹介:2005年イギリス映画。結婚式の予行演習で大失態をしでかしたヴィクター。失意の底で森の中をさ迷いながら誓いの言葉を練習していた。そして木の枝を結婚相手ヴィクトリアとみたて指輪をはめ誓いの言葉を発する。すると彼の言葉と指環に反応した花嫁の死体が地面から飛び出してきた。彼はその花嫁エミリーに連れられ地下にある死者の世界へと連れて行かれる。ティム・バートン製作モーションストップアニメーション。アカデミー賞長編アニメーションノミネート。
監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン 声の出演:ジョニー・デップ(ビクター)、ヘレナ・ボナム=カーター(コープス・ブライド)、エミリー・ワトソン(ビクトリア)、ほか

「ダイナソー」のネタバレあらすじ結末

ダイナソーの紹介:2000年アメリカ映画。キツネザルによって育てられた草食恐竜のアラダーを主人公に「命の大地」と呼ばれる場所を目指して旅をする恐竜たちの物語。ディズニー社はこの作品を作るために制作会社を作ってしまうほど力を入れており、当時では最新のCG技術や背景の実写を組み合わせて製作された。恐竜たちはリアルさを保ちつつも愛嬌たっぷりに描かれており、子供でも観やすい作品に仕上がっている。
監督エリック・レイトン、ラルフ・ゾンダグ 声優:D・B・スウィーニー、ジュリアナ・マルグリーズ、ジョーン・プロウライト、オシー・デイヴィス、ほか

「ラマになった王様」のネタバレあらすじ結末

ラマになった王様の紹介:2000年アメリカ映画。自分勝手でわがままな南米の王様が魔女によってラマにされてしまい、農村の村長らと力を合わせて共に元の人間の姿に戻ろうとするコメディ映画。ディズニーが製作した40作品目の長編アニメーション。ギャグの要素が豊富に詰まっているが楽曲の質も高く、エンドロールに流れるスティング作曲の「My Funny Friend and Me」はその年のアカデミー歌曲賞にノミネートされた。
監督:マーク・ディンダル 声優:デヴィッド・スペード(クスコ)、ジョン・グッドマン(パチャ)、アーサー・キット(イズマ)、パトリック・ウォーバートン(クロンク) ほか

「ファンタジア 2000」のネタバレあらすじ結末

ファンタジア 2000の紹介:1999年アメリカ映画。1940年公開された映画「ファンタジア」の続編として製作され、シカゴ交響楽団の演奏するクラシック音楽をバックに、8つのアニメーション作品が描かれる構成になっている。それぞれの物語には台詞がないものの、アニメーターが曲のイマジネーションを膨らませてオリジナルのストーリーを作っているため、音楽と映像の両方を存分に楽しむことが出来る作品に仕上がっている。
監督:ドン・ハーン 製作総指揮:ロイ・エドワード・ディズニー 声優:ミッキーマウス(英語版:ウェイン・オルウィン/日本語版:青柳隆志)、ドナルド・ダック(英語版:トニー・アンセルモ/日本語版:山寺宏一)ほか

「ふしぎの国のアリス」のネタバレあらすじ結末

ふしぎの国のアリスの紹介:1951年アメリカ映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作した13番目の長編作品であり、ルイス・キャロルが書いた児童小説「不思議の国のアリス」やその続編の「鏡の国のアリス」の世界を描いている。公開当初は酷評されていたものの、リバイバル上映されると、その独特な映像が再評価された。
総監督:ベン・シャープスティーン 監督:ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロミニ、ウィルフレッド・ジャクソン 出演者:キャサリン・ボーモント(アリス)、スターリング・ホロウェイ(チェシャ猫)、ビル・トンプソン(白うさぎ/ドードー)、エド・ウィン(マッドハッター)、ヴェルナ・フェルトン(ハートの女王) ほか

「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のネタバレあらすじ結末

スポンジ・ボブ/スクエアパンツの紹介:2004年アメリカ映画。カーニバーガー2号店のオープンの日。店長になれるとばかり思っていたスポンジ・ボブだったがその張り切りも虚しく子供だという理由でイカルドが新たに店長へと昇格した。しかしそんな時、海を支配するネプチューン王の王冠が盗まれるという事件が発生する。意気消沈するスポンジ・ボブだったが濡れ衣を着せられ凍らされてしまったカーニを救うため親友パトリックと王冠を探す旅に出る。人気アニメシリーズの劇場版。声優にはスカーレット・ヨハンソン等豪華俳優陣も参加。
監督:ステファン・ヒーレンバーグ 声優:スポンジ・ボブ(トム・ケニー/松野太紀)、パトリック・スター(ビル・ファッガーバッケ/長嶝高士)、カーニ(クランシー・ブラウン/奥田啓人)、イカルド(ロジャー・バンパス/納谷六郎)ほか

「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」のネタバレあらすじ結末

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズの紹介:2008年日本映画。監督・高橋良輔が『装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端』(1994年~1995年)から12年ぶりに監督した『装甲騎兵ボトムズ』シリーズの作品です。キャッチコピーは「すべては、振り出しに戻る」で、OVA『装甲騎兵ボトムズ~レッドショルダードキュメント~野望のルーツ』とテレビアニメ『装甲騎兵ボトムズ』の本編第1話との間のエピソードとなるアニメ映画です。
監督:高橋良輔 原作:矢立肇高橋良輔 声優:郷田ほづみ(キリコ・キュービィー)、長嶝高士(ノル・バーコフ)、江川央生(ガリー・ゴダンン)、矢部雅史(ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ)、後藤哲夫(ダレ・コチャック)、ほか

「ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~の紹介:2014年日本映画。1982年3月13日に公開された映画「ドラえもん のび太の大魔境」のリメイク作品です。リメイク作品としてはクオリティが高く、前回のキャラクターに加えて新しいキャラクターを増やしていくという作り方ではなく、前回作り上げたキャラクターを原作に沿って深く掘り下げていくという職人気質な作風を感じます。
監督:八鍬新之介 原作:藤子・F・不二雄 声の出演: 水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(野比のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、小林ゆう(ペコ / クンタック王子)ほか

「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」のネタバレあらすじ結末

妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!の紹介:2015年日本映画。人気アニメ「妖怪ウォッチ」の第2作目の劇場版作品です。今回は5つのストーリーのオミニバス形式になっています。最初の4作品目まではギャグ要素満載の短編で、5作目が本編になります。ストーリーテラーとして、「世にも奇妙な物語」のタモリさんに扮したウィスパーが案内人になっています。「妖怪ウォッチ」はレベルファイブというゲーム会社が制作したアニメです。
監督:高橋滋春、ウシロシンジ 声の出演:南出凌嘉(ケータ)、渡辺優奈(フミカ)、澤部佑(クマ)、福田徠冴(カンチ)、山崎賢人(エンマ大王)、斎藤工(ぬらりひょん)、小桜エツコ(ジバニャン)、遠藤綾(コマさん)ほか

「009 RE:CYBORG」のネタバレあらすじ結末

009 RE:CYBORGの紹介:2012年日本映画。石ノ森章太郎原作『サイボーグ009』をリスタートする、というコンセプトの元再構築された作品。登場人物は引き継がれているが、時代設定を現代に移し、世界各地に分散していたメンバーが地球の危機に再び終結する過程を描いている。
監督:神山健治 声の出演:宮野真守(サイボーグ009:島村ジョー)、小野大輔(サイボーグ002:ジェット・リンク役)、斎藤千和(サイボーグ003:フランソワーズ・アルヌール)、大川透(サイボーグ004:アルベルト・ハインリヒ)、吉野裕行(サイボーグ007:グレート・ブリテン)、杉山紀彰(サイボーグ008:ピュンマ)、増岡太郎(サイボーグ006:張々湖)、丹沢晃之(サイボーグ005:ジェロニモ・ジュニア)、玉川砂記子(サイボーグ001:イワン・ウイスキー)、ほか

「劇場版あしたのジョー2」のネタバレあらすじ結末

劇場版あしたのジョー2の紹介:1981年日本映画。高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画のボクシングを題材にしたスポーツマンガ『あしたのジョー』を原作にしたアニメの劇場版映画です。1980年(昭和55年)10月13日から1981年(昭和56年)8月31日に日本テレビ系アニメとして全47話で放映された作品をベースに、前半はテレビシリーズを再編集し、終盤は放映中であったテレビシリーズに先行して制作・公開された映画です。
監督:出崎統 原作:ちばてつや 声の出演:あおい輝彦(矢吹丈)、藤岡重慶(丹下段平)、檀ふみ(白木葉子)、岡田真澄(ホセ・メンドーサ)、細川俊之(力石徹)、ほか

「あしたのジョー劇場版」のネタバレあらすじ結末

あしたのジョー劇場版の紹介:1980年日本映画。高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画のボクシングを題材にしたスポーツマンガ『あしたのジョー』を原作にしたアニメ映画です。1970年にフジテレビ系で放映されたテレビアニメに力石戦までを再編集したストーリーとなっています。
監督:福田陽一郎 原作:高森朝雄、ちばてつや 声の出演:あおい輝彦(矢吹丈)、藤岡重慶(丹下段平)、岸部シロー(マンモス西)、細川俊之(力石徹)、檀ふみ(白木葉子)、ほか

「ボルト」のネタバレあらすじ結末

ボルトの紹介:2008年アメリカ映画。ハリウッドでアクション番組に出演しているタレント犬のボルト。番組での出来事を本物だと思い込むボルトは、アクシデントが重なりニューヨークに行ってしまいます。野良猫のミトン、ハムスターのリノと大陸横断をすることで、ボルトは、本物の世界を体感し、普通の犬として自覚していきます。愛らしいボルトに思わず笑みがこぼれるディズニー作品です。
監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード 声の出演:ジョン・トラヴォルタ(ボルト)、マイリー・サイラス(ペニー)、スージー・エスマン(ミトンズ)、マーク・ウォルトン(ライノ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 19
TOP↑