ドラマ映画のネタバレ

「リトル・フォレスト 冬・春」のネタバレあらすじ結末

リトル・フォレスト 冬・春の紹介:2015年日本映画。講談社から出版された一人の女性が小さな北国の自然あふれる村で暮らしていく様子を描いた漫画を原作としています。作者が実際に北国の小さな村で生活した経験を元に漫画を描いています。映画はその原作を忠実に再現しており、豊かな自然、食材を中心として、一人の女性の心理描写を丁寧に描いています。「夏・秋」と「冬・春」に分けて上映されました。「冬・春」は「夏・秋」の続編であり、前作品よりもストーリー展開に動きがあります。
監督: 森淳一 出演: 橋本愛(いち子)、三浦大貴(ユウ太)、松岡茉優(キッコ)、温水洋介(シゲユキ)、桐島かれん(福子)ほか

「リトル・フォレスト 夏・秋」のネタバレあらすじ結末

リトル・フォレスト 夏・秋の紹介:2014年日本映画。講談社から出版された一人の女性が小さな北国の自然あふれる村で暮らしていく様子を描いた漫画を原作としています。作者は男性ですが、実際に北国の小さな村で生活した経験を元に漫画を描いています。「夏・秋・冬・春」の4部作で構成されており、「夏・秋」と「冬・春」に分けて上映されました。「夏・秋」は「冬・春」の前編であり、後作品よりもストーリー展開に動きがなく、自然の美しさや厳しさの方を重点的に描いています。一人の若い女性がなぜ、これほどまでの山奥の田舎で暮らしているのか疑問に思いますが、その謎が物語が進むにつれて明らかになっていきます。
監督: 森淳一 出演: 橋本愛(いち子)、三浦大貴(ユウ太)、松岡茉優(キッコ)、温水洋介(シゲユキ)、桐島かれん(福子)ほか

「地上最大のショウ」のネタバレあらすじ結末

地上最大のショウの紹介:1952年アメリカ映画。1952年のアカデミー賞作品賞に輝く娯楽超大作。一流サーカス団の実際の妙技や観客(カメオ出演のビング・クロスビーとボブ・ホープも観客席に)の興奮を交え、サーカス団に集う人々の誇りと意地と恋と勇気と友情が描かれる。
監督:セシル・B・デミル 出演:チャールトン・ヘストン(ブラッド・ブレイデン)、ベティ・ハットン(ホリー)、ジェームズ・ステュアート(バトンズ)、コーネル・ワイルド(セバスチャン)、グロリア・グレアム(エンジェル)、ドロシー・ラムーア(フィリス)

「バベル」のネタバレあらすじ結末

バベルの紹介:2006年アメリカ映画。時間軸が交差する群像劇で、モロッコでテロリストとして追われる幼い兄弟、その弾丸に撃たれたアメリカ人の夫婦、アメリカで働くメキシコ人の不法就労者、東京で暮らす聾唖の女子高生のストーリーが展開される。言葉や心が通じない世界で生きる人々を描く本作は、カンヌ国際映画祭において監督賞を受賞するなど、多くの栄冠に輝いた。
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演者:ブラッド・ピット (リチャード)、ケイト・ウィンスレット(スーザン)、役所広司(ヤスジロー)、菊地凛子(チエコ)、アドリアナ・バラッザ(アメリア) ほか

「北のカナリアたち」のネタバレあらすじ結末

北のカナリアたちの紹介:2012年日本映画。湊かなえの短編集『往復書簡』の中の「二十年後の宿題」を映画化。北海道の分校で小学校教師だった川島はるは、6人の教え子たちと過ごしていましたが、ある日悲しい事故がきっかけで、はるは北海道を離れます。その後、成人した6人のうちの1人が事件を起こしたことから、はるはもう一度北海道へ戻り、教え子1人1人と再会していきます。
監督:阪本順治 出演:吉永小百合(川島はる)、柴田恭兵(川島行夫)、仲村トオル(阿部英輔)、森山未來(鈴木信人)、満島ひかり(戸田真奈美)、勝地涼(生島直樹)、宮崎あおい(安藤結花)、小池栄子(藤本七重)、松田龍平(松田勇)、里見浩太朗(堀田久)、ほか

「HACHI 約束の犬」のネタバレあらすじ結末

HACHI 約束の犬の紹介:2008年アメリカ映画。お馴染み忠犬ハチ公の話をベースにした、ハリウッド版リメイク作品。「ギルバート・グレイプ」や「サイダーハウス・ルール」など良質なドラマ作りに定評のある、ラッセ・ハルストレム監督が、犬と飼い主の深い愛情を丁寧に描いています。ハチ役を演じた3匹の秋田犬が、やんちゃで、健気で、とても愛しい。表情の切り取り方、犬の視点の演出が、観る人の心を魅了する、とても心温まる作品です。主演・プロデューサーを務めるリチャード・ギアが、愛犬家ならではのリラックスした良い表情を見せています。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:リチャード・ギア(パーカー教授)、ジョーン・アレン(ケイト)、サラ・ローマー(アンディ)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(ケン)、ジェイソン・アレクサンダー(カール)、ハチ(フォレスト/レイラ/チーコ)ほか

「紳士協定」のネタバレあらすじ結末

紳士協定の紹介:1947年アメリカ映画。アメリカ社会の隠れた反ユダヤ感情を暴露したエリア・カザン監督の初期の代表作。アカデミー賞では作品、監督、助演女優賞を受賞。扱われている題材が特殊なため、日本では1987年まで劇場公開されなかった。
監督:エリア・カザン 出演:グレゴリー・ペック(フィル)、ドロシー・マクガイア(キャシー)、ジョン・ガーフィールド(デイヴ)、セレステ・ホルム(アン)ほか

「夜の大捜査線」のネタバレあらすじ結末

夜の大捜査線の紹介:1967年アメリカ映画。アフリカ系アメリカ人への差別がまだ残っており、公民権運動が盛り上がっていた1960年代の作品で、第40回アカデミー賞の各部門を受賞したサスペンス映画です。原作はジョン・ボールのベストセラー小説『夜の熱気の中で』(アメリカ探偵作家クラブ新人賞受賞作品)をスターリング・シリファントが脚色しました。音楽監督はクインシー・ジョーンズで、主題歌は題名の『IN THE HEAT OF THE NIGHT』で、レイ・チャールズのヒット曲の1つです。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演:ロッド・スタイガー(ビル・ギレスピー)、シドニー・ポワチエ(バージル・ティッブス)、ウォーレン・オーツ(サム・ウッド)、リー・グラント(コルバート夫人)、スコット・ウィルソン(ハーヴェイ)、ほか

「カッコーの巣の上で」のネタバレあらすじ結末

カッコーの巣の上での紹介:1975年アメリカ映画。厳しく管理された精神病院の中で、反抗し、患者らに楽しみと気力を与えていった男の姿を通して人間の尊厳を描いたヒューマンドラマ。本作品でアカデミー5部門など数々の賞を受賞。
監督:ミロス・フォアマン 出演:ジャック・ニコルソン(マクマーフィ)、ルイーズ・フレッチャー(ラチェッド)、マイケル・ベリーマン、ブラッド・ドゥーリフ、ウィル・サンプソン、クリストファー・ロイド、ほか

「ゴッドファーザーPART III」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIIの紹介:1990年アメリカ映画。伝説のシリーズ、ゴッドファーザー3作目で最終章。前作から何と16年の時を経て発表されたファン待望作。伝説のマフィア、ドン・マイケル・コルレオーネの最期までを描く。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:アル・パチーノ(ドン・マイケル・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス)、アンディ・ガルシア(ビンセント)、タリア・シャイア(コニー)、ソフィア・コッポラ(メアリー・コルレオーネ)、ほか

「ゴッドファーザーPART II」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIの紹介:1974年アメリカ映画。名作と名高いゴッドファーザーシリーズの第2弾。第1弾で主役であったドン・コルレオーネの幼少期、彼がドンと呼ばれる様になるまで、そして彼の息子マイケルについて描いた一作。1作目に続きアカデミー賞を受賞した作品。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:アル・パチーノ(ドン・マイケル・コルレオーネ)、ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、ロバート・デ・ニーロ(若き日のドン・ヴィトー・コルレオーネ)、ジョン・カザール(フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ)、ほか

「ねこタクシー」のネタバレあらすじ結末

ねこタクシーの紹介:2010年日本映画。永森裕二の小説を原作としたテレビドラマの劇場版。キャッチコピーは「やっかいなこともあるけれど、それでも人生はステキです」で、ある猫たちを飼うことで人付き合いが苦手な主人公が自分の生き方を考え直していく様子を描いたハートフル・ヒューマンドラマです。
監督 :亀井亨 出演:カンニング竹山(間瀬垣勤)、鶴田真由(間瀬垣真亜子)、山下リオ(間瀬垣瑠璃)、芦名星(丹羽仁美)、高橋長英(真泉平)、ほか

「待ち伏せ」のネタバレあらすじ結末

待ち伏せの紹介:1970年日本映画。藤木弓(稲垣浩のペンネーム)と小国英雄、高岩肇、宮川一郎の4人で執筆したオリジナル脚本をもとに、三船プロダクションが製作したアクション時代劇映画。三船敏郎が主演を務め、石原裕次郎、勝新太郎、中村錦之助、浅丘ルリ子などが共演した豪華キャスト時代劇です。
監督:稲垣浩 出演:三船敏郎(用心棒)、石原裕次郎(弥太郎)、勝新太郎(玄哲)、中村錦之助(伊吹兵馬)、浅丘ルリ子(おくに)、ほか

「向田邦子 イノセント きんぎょの夢」のネタバレあらすじ結末

向田邦子 イノセント きんぎょの夢の紹介:2012年日本映画。男女の愛をテーマに、不倫相手との結婚を夢見る女の切ない恋の行方を描いた作品。向田邦子の短編小説を現代風にリメイクしたストーリーとなっており、長年連れ添った妻に勝てない愛人の切ない立場を、中越典子が好演しています。
監督:三原光尋 出演者:中越典子(砂子)、田中哲司(殿村)、富田靖子(みつ子)、金子さやか(砂子の妹)

「向田邦子 イノセント 愛という字」のネタバレあらすじ結末

向田邦子 イノセント 愛という字の紹介:2012年日本映画。男女の愛をテーマに、平凡な主婦の不倫の恋を描いた作品。向田邦子の短編小説を現代風にリメイクしたストーリーとなっており、主人公の出した決断に、夫婦の穏やかな愛情の大切さに気づかされます。
監督:森淳一 出演者:原田美枝子(夕子)、村上淳(新木)、光石研(夕子の夫)、麻生祐未(晴美)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 42
TOP↑