ドラマ映画のネタバレ

「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎の紹介:1982年日本映画。シリーズ第30作目。いつも自分の恋愛には失敗してばかりですが、他人の恋のコーチ役としては超一流ぶりを発揮する寅さんこと車寅次郎。今回は、動物園の飼育係の若者と大手デパートに努める若い娘との恋のキューピット役を買って出ます。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、田中裕子(螢子)、沢田研二(三郎)ほか

「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋の紹介:1982年日本映画。シリーズ第29作目。京都で老陶芸家と知り合った寅さんこと車寅次郎は、陶芸家の身の回りの世話をしていた女性と出会い一目惚れしてしまいます。女性とデートすることになった寅さんは緊張のあまり甥の満男を無理やり同行させるのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、吉岡秀隆(諏訪満男)、いしだあゆみ(かがり)、13代目片岡仁左衛門(加納作次郎)ほか

「男はつらいよ 寅次郎紙風船」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎紙風船の紹介:1981年日本映画。シリーズ第28作目となる今作では、“寅さん”こと車寅次郎が、かつてのテキヤ仲間の未亡人に一目惚れをします。いつも失敗ばかりの寅さんも今度こそは彼女と所帯を持ちたいと考え、心を入れ替えて真面目に働く決意をするのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、音無美紀子(倉冨光枝)、岸本加世子(小田島愛子)、小沢昭一(倉富常三郎)ほか

「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎の紹介:1981年日本映画。シリーズ第27作目となる今作から、寅さんこと車寅次郎の甥・満男役が中村はやとから吉岡秀隆にバトンタッチ。マドンナ役に松坂慶子を迎え、瀬戸内海の小島と大阪を舞台に寅さんと芸者の馴れ初めを描いています。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、吉岡秀隆(諏訪満男)、松坂慶子(浜田ふみ)ほか

「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌の紹介:1980年日本映画。シリーズ第26作となる今作は、寅さんこと車寅次郎がかつてのテキ屋仲間の忘れ形見である一人娘を東京の定時制高校に通わせる手伝いをします。やがて娘のかつての恋人が復縁を申し出に柴又にやってきます。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、伊藤蘭(すみれ)、村田雄浩(貞夫)ほか

「続 雷電」のネタバレあらすじ結末

続 雷電の紹介:1959年日本映画。江戸時代の最強大関雷電(横綱が相撲の番付の最高位になったのは明治時代)。若き日の雷電を主人公とした二部作の後編。相撲取りとしての出世の志と一人の女への愛情とに引き裂かれる若き日の雷電。
監督:中川信夫 出演者:宇津井健(太郎吉=白根山=雷電)、北沢典子(おきん)、沼田曜一(大田蜀山人)、池内淳子(お八重)、坂東好太郎(谷風)、江見俊太郎(本多中務大輔)ほか

「雷電(1959年)」のネタバレあらすじ結末

雷電の紹介:1959年日本映画。江戸時代の最強大関雷電(横綱が相撲の番付の最高位になったのは明治時代)。若き日の雷電を主人公とした二部作の前編。相撲取りとしての出世の志と、親孝行や一人の女への愛情とに引き裂かれる若き日の雷電。
監督:中川信夫 出演者:宇津井健(太郎吉=白根山)、北沢典子(おきん)、林幹(浦風)、江見俊太郎(本多中務大輔)、舟橋元(江戸嵐)、中村虎彦(一木左門太)

「月と雷」のネタバレあらすじ結末

月と雷の紹介:2016年日本映画。作家・角田光代の小説を『海を感じるとき』の安藤尋監督により映画化。主演を初音映莉子が演じ、静かな生活を望んでいた主人公の前に、父の愛人の息子が現れることで、徐々に変化が現れていきます。
監督:安藤尋 出演:初音映莉子(泰子)、高良健吾(智)、藤井武美(佐伯亜里砂)、黒田大輔(山本信太郎)、市川由衣(吉村)、村上淳(泰子の父)、木場勝己(岡本)、草刈民代(直子)、ほか

「コーチ・カーター」のネタバレあらすじ結末

コーチ・カーターの紹介:2005年アメリカ映画。実在するケン・カーターの体験した実話。アフリカ系アメリカ人の未来を心配するカーターのバスケットボール以外の熱い指導にも感動します。バスケットの試合のシーンは思わず拍手してしまうほど本物の試合を観ているようです。
監督:トーマス・カーター 出演者:サミュエル・L・ジャクソン(コーチ・カーター)、デニース・ダウス(校長)リック・ゴンザレス(クルーズ)、ロバート・リチャード(ダミアン)、チャニング・テイタム(ライル)ほか

「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」のネタバレあらすじ結末

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章の紹介:2015年イギリス,アメリカ映画。映画界の至宝ばかりを集結させた、超豪華映画の第2弾。マリーゴールド・ホテルの個性的な住人たちから目が離せない。インドを舞台にしているだけあり、その色彩や音楽も魅力。
監督:ジョン・マッデン 出演:ジュディ・デンチ(イヴリン・グリーンスレイド)、マギー・スミス(ミュリエル・ドネリー)、ビル・ナイ(ダグラス・エインズリー)、デヴ・パテル(ソニー・カプー)、ペネロープ・ウィルトン(ジーン・エインズリー )、デヴィッド・ストラザーン(タイ・バーリー)、リチャード・ギア(ガイ・チェンバース)、ほか

「太秦ライムライト」のネタバレあらすじ結末

太秦ライムライトの紹介:2013年日本映画。“5万回斬られた男”の異名を持ち、時代劇での斬られ役を生業としてきた福本清三が55年(映画製作当時)のキャリアで初めて主演を果たした作品です。時代の波に揺れる京都・太秦撮影所を舞台に、時代劇に情熱を注いできた人々を描いています。
監督:落合賢 出演者:福本清三(香美山清一)、山本千尋(伊賀さつき)、萬田久子(田村美鶴)、小林稔侍(先代の尾上清十郎)、松方弘樹(尾上清十郎)ほか

「花咲く港」のネタバレあらすじ結末

花咲く港の紹介:1943年日本映画。一儲けを企んで、ある島に潜り込んだペテン師。しかし、同じ考えを起こしたペテン師がもう一人いました。現地ではち会わせてしまった二人は、協力してペテンをしようとしますが、いつしか島の人たちの善良さに感化されて、島の人たちを助けることになってしまいます。
監督:木下恵介 出演者:修三(小沢栄太郎)、留吉(上原謙)、おかの(東山千栄子)、ゆき(村瀬幸子)、ゆきの子(井上妙子)ほか

「妻への家路」のネタバレあらすじ結末

妻への家路の紹介:2014年中国映画。文化大革命によって多くの人々が弾圧されていた。ルー・イエンシーは護送途中で脱出して、追求をかわし妻・フォン・ワンイーに合おうと待ち合わせのメモを渡す。しかし、駅でフォン・ワンイーの目の前で囚われてしまう。
文化大革命が終結して、ルー・イエンシーは20年ぶりに帰宅するが、フォン・ワンイーは彼が夫だと認識できなくなっていた。彼をファンと思い込む。ルー・イエンシは手紙を呼んだり、ピアノの調律師になって近づくが、妻に判ってもらえない。妻は毎日夫を迎えに駅に行く、その状体が幾年も続く・社会派映画。
監督:チャン・イーモウ 出演者:ルー・イエンシー(チェン・ダオミン)、フォン・ワンイー(コン・リー)、タンタン(チャン・ホエウェン)、コン・スーチン(チェン・シャオイー)、リ主任(イエン・ニー)他

「なんだかおかしな物語」のネタバレあらすじ結末

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間の紹介:2010年アメリカ映画。精神的症状を持ち自殺願望を持つ治療中の男子高校生クレイグ。自分の足で日曜の早朝に精神科に入院。様々な人々を見て自分を振り返り退院するまでの5日間を描いた話です。原作者でヤングアダルト小説家のネッド・ヴィジーニさんが自らの入院生活を描いた作品で、その後ネッド・ヴィジーニさんはニューヨークにある両親の家の屋根から飛び降り自殺をし、32歳で亡くなりました。
キーア・ギルクリスト(クレイグ)、エマ・ロバーツ(ノエル)、ヴィオラ・デイヴィス(ミネルバ先生)、ゾーイ・クラヴィッツ(ニア)、ザック・ガリフィナーキス(ボビー)、ほか

「無宿 やどなし」のネタバレあらすじ結末

無宿 やどなしの紹介:1974年日本映画。勝新太郎と高倉健の唯一の共演となった任侠冒険ロマン作品です。刑務所で知り合った対照的な性格の男二人が、足抜けさせた女郎と共に沈没船からお宝を探しだそうとするのですが…。
監督:斎藤耕一 出演者:勝新太郎(駒形玄造)、高倉健(穴吹錠吉)、梶芽衣子(サキエ)、安藤昇(斐川仙蔵)、藤間紫(板東梅之丞)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 74
TOP↑