青春映画のネタバレ

「武士道シックスティーン」のネタバレあらすじ結末

武士道シックスティーンの紹介:2010年日本映画。誉田哲也原作の同名小説を映画化したものです。剣道をきっかけに出会った正反対の2人の少女。そんな2人が剣道に、相手に本気で向き合い互いに成長して行く青春ストーリーです。
監督:古厩智之 出演:成海璃子(磯山香織)、北乃きい(西荻早苗)、石黒英雄(磯山和晴)、荒井萌(田村咲月)、山下リオ(久野こずえ)、ほか

「ほとりの朔子」のネタバレあらすじ結末

ほとりの朔子の紹介:2013年日本,アメリカ映画。吉野朔子は、大学受験に失敗した浪人生。夏の暑い中、家では勉強する気にはなれずに、叔母・海希江の誘いで、もうひとりの伯母・水帆の家で、2週間を過ごすことになる。そこで忘れられない淡い恋をすることになる。
監督:深田晃司 出演者:二階堂ふみ(吉野朔子)、鶴田真由(若林海希江)、太賀(亀田孝史)、古舘寛治(亀田兎吉)、ほか

「インストール」のネタバレあらすじ結末

インストールの紹介:2004年日本映画。受験戦争に嫌気がさし、不登校になった朝子。ある日、マンションのごみ捨て場で少年と出会う。その少年と仲良くなった朝子は、少年からインターネットで売春婦のアルバイトをやるように誘われる。インターネットで男たちとチャットをしながら、お金を稼いでいく2人だった。「生き甲斐」について、若者たちの視点から切り込んだ、綿矢りさ原作の映画。
監督:片岡K 出演者:上戸彩(野沢朝子)、神木隆之介(青木かずよし)、中村七之助(コウイチ)、菊川怜(モモコ先生)、田中好子(野沢毬恵)ほか

「マジック・マイク」のネタバレあらすじ結末

マジック・マイクの紹介:2012年アメリカ映画。行くあてもなく目的もなくふらふらと生きているアダムはある日一人の男と出会う。マイケルと名乗る彼はアダムに不思議な魅力を感じ自分の仕事場へと誘った。そこは夜な夜な半裸の男性達が踊り明かす男性ストリップ、マイケルはそこで踊るダンサーだった。そしてあるきっかけでそのステージに上がることになったアダム。しかしアダムの姉は唯一の肉親である弟を心配する一方だった。主演のチャニング・テイタムの実体験を基に映画化。製作にも携わる。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:チャニング・テイタム(マジック・マイク)、アレックス・ペティファー(アダム)、マット・ボマー(ケン)、マシュー・マコノヒー(ダラス)、ジョー・マンガニエロ(ビッグ・ディック・リッチー)、ほか

「きっと、星のせいじゃない。」のネタバレあらすじ結末

きっと、星のせいじゃない。の紹介:2014年アメリカ映画。ジョン・グリーンの小説「さよならを待つふたりのために」をもとに映画化した青春ロマンス。ガンを患う患者同士のサポートグループで知り合った男女に、その家族、アルコール依存症の小説家がからみ、恋愛、友情、希望、夢、ユーモアを散りばめて物語が進みます。
監督:ジョシュ・ブーン 出演:シェイリーン・ウッドリー(ヘイゼル・グレース・ランカスター)、アンセル・エルゴート(オーガスタス・ウォーターズ)、ローラ・ダーン(フラニー)、ナット・ウルフ(アイザック)、ほか

「スプリング・ブレイカーズ」のネタバレあらすじ結末

スプリング・ブレイカーズの紹介:2012年アメリカ映画。大学での勉強とこの田舎での生活に退屈を感じるフェイス達4人の女子大生。4人はこの生活から抜け出すため春休みに念願のフロリダへと向かうことにする。ただただ楽しみたい、その思いだけで強盗にまで手を出し旅費を作った。そしてそのフロリダでの毎日は想像以上に楽しいものだった。しかしある男との出会いで4人の想いは次第にばらばらになっていく。ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を争った作品。
監督:ハーモニー・コリン 出演:ジェームズ・フランコ(エイリアン)、ヴァネッサ・ハジェンズ(キャンディ)、セレーナ・ゴメス(フェイス)、アシュレイ・ベンソン(ブリット)、ほか

「ドラッグストア・カウボーイ」のネタバレあらすじ結末

ドラッグストア・カウボーイの紹介:1989年アメリカ映画。ガス・ヴァン・サント監督のポーランド3部作の一つ。カート・コバーンもリスペクトしていた話題性のあるウィリアム・S・バロウズも神父役で参加した作品。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:マット・ディロン(ボブ)、ケリー・リンチ(ダイアン)、ジェームス・レグロス(リック)、ヘザー・グラハム(ナディーン)、トム・マーフィー神父(ウィリアム・S・バロウズ)ほか

「ヤング・ゼネレーション」のネタバレあらすじ結末

ヤング・ゼネレーションの紹介:1979年アメリカ映画。ニートのデイヴは、イタリアかぶれのアメリカ人。進学も就職もしない仲間達とダラダラと過ごすか趣味の自転車を漕いでいる。そんなデイヴ達は希望に満ち溢れている大学生に嫉妬し、衝突してしまう。仲裁に入った大学関係者により、自転車レースで勝負することになる。果たして、社会の負け犬のデイヴたちは、大学生たちに一泡吹かせることができるのか。
監督:ピーター・イェーツ 出演:デニス・クリストファー(デイヴ)、 ダニエル・スターン(シリル)、デニス・クエイド(マイク)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ムーチャー)、ロビン・ダグラス(キャサリン)ほか

「シド・アンド・ナンシー」のネタバレあらすじ結末

シド・アンド・ナンシーの紹介:1986年イギリス映画。実話を基にした映画。セックス・ピストルズの伝説的ペース・プレイヤーであるシド・ヴィシャスと彼の恋人であったナンシー・スパンゲンの短い間の破滅的な愛を描いた作品。真実の愛とは何か?麻薬の恐ろしさとは何か?我々に様々なことをこの作品は投げかけてくる。
監督:アレックス・コックス 出演者:ゲイリー・オールドマン(シド・ヴィシャス)、クロエ・ウェップ(ナンシー・スパンゲン)、ドリュー・スコフィールド(ジョニー・ロットン)、デイヴィッド・ヘイマン(マルコム・マクラレン)、トニー・ロンドン(スティーヴ・ジョーンズ)、ペリー・ベンソン(ポール・クック)

「チェイシング・エイミー」のネタバレあらすじ結末

チェイシング・エイミーの紹介:1997年アメリカ映画。レズの女性と恋に落ちたマンガ家を主人公とするコメディで、ケヴィン・スミスの代表作のひとつ。主演のベン・アフレックにとっても出世作となり、以後彼はスミス監督作品の常連となる。
監督:ケヴィン・スミス 出演:ベン・アフレック(ホールデン)、ジョーイ・ローレン・アダムス(アリッサ)、ジェイソン・リー、ドワイト・ユーウェル、ジェイソン・ミューズ、ほか

「ラスト・ショー」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ショーの紹介:1971年アメリカ映画。ボグダノヴィッチの長編2作目で、生涯の代表作となった。ラリー・マクマートリーの小説が原作で、マクマートリーは監督とともに脚本も執筆。アカデミー賞では、助演男優賞、助演女優賞を受賞。
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ 出演:ティモシー・ボトムズ(ソニー)、シビル・シェパード(ジェイシー)、ジェフ・ブリッジス、ベン・ジョンソン、エレン・バースティン、ほか

「フラッシュダンス」のネタバレあらすじ結末

フラッシュダンスの紹介:1983年アメリカ映画。鉄鋼の町ピッツバーグでダンサーの夢を追う18才の少女アレックス。エキサイティングなダンスに彩られ、アイリーン・キャラの歌う主題歌「ホワット・ア・フィーリング」も大ヒットした青春映画。
監督:エイドリアン・ライン 出演者:ジェニファー・ビールス(アレックス・オーウェンズ)、マイケル・ヌーリー(ニック・ハーレイ)、リリア・スカラ(ハンナ・ロング)、サニー・ジョンソン(ジニー・サボー)、カイル・T・ヘフナー(リッチー)ほか

「ロード・オブ・ドッグタウン」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・ドッグタウンの紹介:2005年アメリカ,ドイツ映画。西海岸で、大人達にサーフィンの居場所を取られて、サーフィンができない少年達は、陸のサーフィンであるスケートボードに夢中になる。ある日、サーフィンショップを営む店主スキップは、商売の嗅覚が働き、地元の子供達をチームにして、自分の作ったスケートボードの宣伝活動をさせることにする。スキップの嗅覚が働き、チームが大会などで、活躍すると、飛ぶようにスケートボートが売れ、巨大なブームになっていく。チームの中で、特に実力がある仲良し3人組は、スケボーを仕事と思う者、スケボーは遊びだと思う者、金儲けの手段だと思う者によって、別々の青春を生きていくことになる。スケボーブーム中で、彼らが行き着く先とは。1970年代のアメリカ西海岸発カルチャーを築いた若者たちの物語。
監督:キャサリン・ハードウィック 出演者:エミール・ハーシュ(ジェイ)、ヴィクター・ラサック(トニー)、ジョン・ロビンソン(ステイシー)、ヒース・レジャー(スキップ)ほか

「ベスト・キッド4」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド4の紹介:1994年アメリカ映画。この作品は『ベスト・キッド』シリーズの第4作目でシリーズ最後の作品です。主人公は、心を閉ざした女子高生ジュリー・ピアースを日系人空手家ミヤギが空手を通して、彼女の心を開いていく青春アクション映画です。監督は『ヤングガン』(1988年)を手がけたクリストファー・ケイン、音楽は第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたビル・コンティです。
監督:クリストファー・ケイン 出演:ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、ヒラリー・スワンク(ジュリー・ピアース)、クリス・コンラッド(エリック)、マイケル・アイアンサイド(ドゥーガン)、マイケル・カヴァリエリ(ネッド)、ほか

「ベスト・キッド3 最後の挑戦」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッド3 最後の挑戦の紹介:1989年アメリカ映画。この作品は、少年ダニエル・ラルーソーが日系人空手家ミヤギから学んだ空手を通して成長していく『ベスト・キッド』シリーズの第3作目で、主人公ダニエルはこの作品で最後となります。監督と音楽は、第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した『ロッキー』(1976年)を手がけたジョン・G・アヴィルドセンとビル・コンティのコンビです。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演:ラルフ・マッチオ(ダニエル・ラルーソー)、ノリユキ・パット・モリタ(ミヤギ)、ロビン・ライヴリー(ジェシカ)、トーマス・イアン・グリフィス(テリー・シルヴァー)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 10
TOP↑