映画のあらすじ

映画のあらすじと結末を解説している作品一覧です。名作映画から最新作まで人気映画のストーリーを映画の評価、感想、ネタバレとともにラストまで紹介しています。

「愛を乞うひと」のネタバレあらすじ結末

愛を乞うひとの紹介:1998年日本映画。主人公、照恵を演じた原田美枝子が鬼のような照恵の実母と幼少のトラウマと闘う母となった照恵を巧みに演じている。母と子の壮絶な愛憎劇と再生の物語。
監督: 平山秀幸 出演者:原田美枝子(山岡照恵/陳豊子)、中井貴一(陳文夫)、小池沼愛(照恵5歳時)、牛島ゆうき(照恵10歳時)、野波真帆(山岡深草)、ほか

「ミュンヘン」のネタバレあらすじ結末

ミュンヘンの紹介:2005年アメリカ映画。1972年、ミュンヘン五輪の最中に発生したイスラエル選手団襲撃事件に対して、イスラエル政府が報復のために差し向けた暗殺チームの暗躍を描いた、スティーヴン・スピルバーグ監督によるサスペンス映画です。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演者:エリック・バナ(アヴナー)、ダニエル・クレイグ(スティーブ)、キーラン・ハインズ(カール)、マチュー・カソヴィッツ(ロバート)、ジェフリー・ラッシュ(エフライム)ほか

「ミケランジェロ・プロジェクト」のネタバレあらすじ結末

ミケランジェロ・プロジェクトの紹介:2013年アメリカ映画。ナチスが奪った美術品を奪還すべく、芸術はプロ・戦争は素人の男7人の特殊部隊「モニュメンツ・メン」の実話を基にした作品。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:ジョージ・クルーニー(フランク・ストークス)、マット・デイモン(ジェームズ・グレンジャー)、ケイト・ブランシェット(クレール・シモーヌ)、ビル・マーレイ(リチャード・キャンベル)、ジョン・グッドマン(ウォルター・ガーフィールド)、ジャン・デュジャルダン(ジャン=クロード・クレルモン)、ボブ・バラバン(プレストン・サヴィッツ)、ヒュー・ボネヴィル(ドナルド・ジェフリーズ)

「ワールド・オブ・ライズ」のネタバレあらすじ結末

ワールド・オブ・ライズの紹介:2008年アメリカ映画。デヴィッド・イグネイシャスの小説をレオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウの二大スターのW主演で映画化したサスペンス作品です。生き方の違う二人のCIAエージェント、ヨルダン情報局、そしてテロリストによる嘘で塗り固められた頭脳戦が展開されます。
監督:リドリー・スコット 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)、ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)、マーク・ストロング(ハニ・サラーム)、ゴルシフテ・ファラハニ(アイシャ)、オスカー・アイザック(バッサーム)ほか

「息子の部屋」のネタバレあらすじ結末

息子の部屋の紹介:2001年イタリア映画。最愛の息子を失った家族が、悲しみから這い上がろうとする姿を描いたヒューマンドラマです。カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞しています。
監督:ナンニ・モレッティ 出演者:ナンニ・モレッティ(ジョヴァンニ)、ラウラ・モランテ(パオラ)、ジャスミン・トリンカ(イレーネ)、ジュゼッペ・サンフェリーチェ(アンドレア)、ソフィア・ヴィジリア(アリアンナ)ほか

「最後の恋のはじめ方」のネタバレあらすじ結末

最後の恋のはじめ方の紹介:2005年アメリカ映画。デートドクターと言われる、モテない男性の恋を実らせるという仕事をしているヒッチは、ある日見るからに冴えない男性から相談を受けます。男性が思いを寄せるのはみんなの高嶺の花の有名人でした。
監督:アンディ・テナント 出演:ウィル・スミス(アレックス・ヒッチ)、エヴァ・メンデス(サラ・ミラス)、ケヴィン・ジェームズ(アルバート・ブレナマン)、アンバー・ヴァレッタ(アレグラ・コール)、ジュリー・アン・エメリー(ケイシー)、ほか

「きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」のネタバレあらすじ結末

きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたちの紹介:2016年イギリス映画。子供に大人気のCGアニメきかんしゃトーマスの長編シリーズ第12作目。今回は世界から集まった個性豊かな機関車達がグレートレイルウェイショーに出場する物語です。ゲスト声優に渡辺直美が登場しています。
監督:デヴィッド・ストーテン 声優:比嘉久美子(トーマス)、渡辺直美(アシマ)、三宅健太(ゴードン、フライング・スコッツマン)、江原正士(ジェームス)、金丸淳一(ヘンリー)、神代知衣(パーシー)、山崎依里奈(エミリー)、田中完(トップハムハット卿)ほか

「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」のネタバレあらすじ結末

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃の紹介:2001年日本映画。ゴジラシリーズ第25作目にして第3期(ミレニアムシリーズ)3作目となる今作は、平成ガメラシリーズを手掛けた金子修介監督を迎え、ゴジラ・モスラ・キングギドラという東宝を代表する大人気怪獣同士の壮絶な死闘が描かれます。
監督:金子修介、神谷誠 出演者:新山千春(立花由里)、宇崎竜童(立花泰三)、小林正寛(武田光秋)、佐野史郎(門倉春樹)、天本英世(伊佐山嘉利)ほか

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」のネタバレあらすじ結末

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグの紹介:2015年イタリア映画。過激派による爆破テロや暴力が蔓延するローマ。エンツォは強盗を繰り返しその日暮らしを送っていたが、ある出来事をきっかけに超人的パワーを身に付ける。父親のような存在セルジオを失い、鋼鉄ジーグに熱をあげている娘のアレッシアのために正義に目覚める。ルパン三世をモチーフにした短編「Basette(もみあげの意味)」(2008年日本未公開)や、タイガーマスクの覆面を被った少年が主人公の短編「Tiger Boy」(2012年日本未公開)など、ジャパンアニメを愛するマイネッティ監督初の長編作品。イタリアのアカデミー賞と言われているダヴィド・ディ・ドナテッロ賞で最多16部門にノミネート、新人監督部門など最多7部門を受賞し、現代イタリア映画を代表する作品になった。
監督:ガブリエレ・マイネッティ 出演:クラウディオ・サンタマリア(エンツォ・チェッコーティ)、ルカ・マリネッリ(ジンガロ)、イレニア・パストレッリ(アレッシア)、ステファノ・アンブロージ(セルジオ)ほか

「2ガンズ」のネタバレあらすじ結末

2ガンズの紹介:2013年アメリカ映画。片田舎の銀行で強盗を企む二人組み。だが二人にはお互いが知らない秘密の素顔があった。それは潜入捜査官。二人は別々の組織から送り込まれ、ある犯罪組織を捜査していた。だがその命令には裏があり、二人は大金を巡る大きな陰謀に巻き込まれていく。デンゼル・ワシントン、マーク・ウォールバーグ競演のバディムービー。
監督:バルタザ-ル・コルマウクル 出演者:ボビー・トレンチ(デンゼル・ワシントン)、マイケル・スティグマン(マーク・ウォールバーグ)、デビー(ポーラ・パットン)、ハロルド・クインズ(ジェームズ・マースデン)、パピ・グレコ(エドワード・ジェームズ・オルモス)、アール(ビル・パクストン)ほか

「カウボーイ&エイリアン」のネタバレあらすじ結末

カウボーイ&エイリアンの紹介:2011年アメリカ映画。西部開拓時代のアメリカ、謎の飛行物体が町を襲い、人を攫う事件が起きる。その飛行物体に対抗できたのは記憶を失っていた男の嵌めた腕輪だけだった。男は仲間達と大切なものを取り戻す為にその飛行物体、宇宙からの侵略者と戦う。ハリソン・フォード、ダニエル・クレイグ共演の異色西部劇。
監督:ジョン・ファブロー 出演者:ジェイク・ロネガン(ダニエル・クレイグ)、ウッドロー・ダラーハイド(ハリソン・フォード)、エラ・スウェンソン(オリヴィア・ワイルド)、ドグ(サム・ロックウェル)、ナット・コロラド(アダム・ビーチ)ほか

「湯を沸かすほどの熱い愛」のネタバレあらすじ結末

湯を沸かすほどの熱い愛の紹介:2016年日本映画。銭湯「幸の湯」を営む幸野双葉は夫が蒸発し、1人娘の安澄を育てながらパートで働く主婦です。しかしある日、体調不良で仕事中倒れてしまい、病院で診察を受けるとステージ4の末期がんであることがわかり、余命2ヶ月という宣告をされてしまいます。治療の施しようもない中、双葉はやっておくべきことをやると決めて動き出します。主演は宮沢りえさんで、娘役が杉咲花さんです。杉咲さんはこの映画で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しています。
監督:中野量太 出演:宮沢りえ(幸野双葉)、杉咲花(幸野安澄)、篠原ゆき子(酒巻君江)、駿河太郎(滝本)、伊東蒼(片瀬鮎子)、松坂桃李(向井拓海)、オダギリジョー(幸野一浩)、ほか

「油断大敵」のネタバレあらすじ結末

油断大敵の紹介:2003年日本映画。「油断大敵」はベテラン俳優、役所広司と柄本明主演による、刑事と大泥棒の友情を描いた作品。「追うもの」と「追われるもの」という全く立場が違う二人が、なぜか互いに惹かれあい友情を育んで行きます。最初は刑事役の役所広司の方が、泥棒役の柄本明に押され気味ですが、後半になるに連れて人情味のある立派な刑事に成長し、泥棒役の柄本明を包み込むような器の大きさを出しています。
監督: 成島出 出演者: 役所広司(関川仁)、柄本明(猫田貞吉、通称ネコ)、夏川結衣(牧子先生)、菅野莉央(関川美咲 子供時代)、前田綾花(関川美咲 大人時代)、ほか

「ブロークン・フラワーズ」のネタバレあらすじ結末

ブロークン・フラワーズの紹介:2005年アメリカ映画。冴えない中年男性がかつての恋人達を訪ね歩くコメディ&ロードムービー。無気力に暮らすドン・ジョンストンの元に、昔の恋人から手紙が届いた。ドンに息子がいると知らせる手紙だったが具体的な差出人は不明。友人ウィンストンは、差出人を探し出せとドンを強引に旅立たせる。2005年のカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:ビル・マーレイ(ドン・ジョンストン)、ジェフリー・ライト(ウィンストン)、シャロン・ストーン(ローラ)、フランセス・コンロイ(ドーラ)、ジュリー・デルピー(シェリー)ほか

「ビッグ・フィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・フィッシュの紹介:2003年アメリカ映画。アラバマ出身のある男の物語をファンタジックに描いた作品です。父と仲違い中であったウィルは病に倒れた父の元を3年ぶりに訪れます。父エドワードは自分の過去の物語をよくウィルにきかせていましたが、奇想天外な内容であるため父がウソの話をしていると考えていたウィルは彼の物語の地を訪れます。
監督:ティム・バートン 出演者:ユアン・マクレガー(若い頃のエドワード・ブルーム)、アルバート・フィニー(エドワード・ブルーム)、ビリー・クラダップ(ウィル・ブルーム)、ジェシカ・ラング(サンドラ・ブルーム)

1 2 3 4 5 238
TOP↑