映画のあらすじ

映画のあらすじと結末を解説している作品一覧です。名作映画から最新作まで人気映画のストーリーを映画の評価、感想、ネタバレとともにラストまで紹介しています。

「乙女の祈り」のネタバレあらすじ結末

乙女の祈りの紹介:1994年ニュージーランド,アメリカ映画。実際に米国で起きた「ポーリーンとジュリエット」の事件に基づく。この作品のモデルとなったミステリー作家、アン・ペリーはジュリエット本人。大人は分かってくれない、私達を引き離さないで!思春期の友情が狂気に変わる瞬間(とき)を描く。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:メラニー・リンスキー(ポーリーン)、ケイト・ウィンスレット(ジュリエット)、ダイアナ・ケント(ジュリエットの母)、クライヴ・メリン(ジュリエットの父、ヘンリー)、サラ・パーズ(ポーリーンの母)、サイモン・オコナ―(ハーバード)

「私は二歳」のネタバレあらすじ結末

私は二歳の紹介:1962年日本映画。赤ん坊の視点で家族の繋がりを描くファミリードラマ。小川家に待望の赤ん坊が生まれた。太郎と名付けた子どもを家族はとても可愛がるが、太郎の心中はとても冷静だった。そうとは知らない家族は太郎の夜泣きや病気に神経をすり減らし、悪戦苦闘の毎日を過ごす。乳幼児の視点で日常を切り取ったユーモラスな作品。
監督:市川崑 出演者:鈴木博雄(ぼく(小川太郎))、船越英二(お父さん(小川五郎))、山本富士子(お母さん(小川千代))、浦辺粂子(おばあさん(小川いの))、中村メイコ(ぼく)ほか

「赤線地帯」のネタバレあらすじ結末

赤線地帯の紹介:1956年日本映画。売春禁止法案が審議されている頃、吉原の「夢の里」では女たちがそれぞれの事情を抱えながら生きているのでした。売春禁止法案の行く末は、そして女たちはどのような道を辿るのでしょうか。
監督:溝口健二 出演者:ミッキー(京マチ子)、やすみ(若尾文子)、ハナヱ(木暮美千代)、ゆめ子(三益愛子)、より江(町田博子)ほか

「屋根裏のエイリアン」のネタバレあらすじ結末

屋根裏のエイリアンの紹介:2009年アメリカ,カナダ映画。理数系高校生トムと姉ベサニー、妹のハンナは両親とともに湖畔の貸別荘にやってきた。祖母に加え伯父といとこのジェイク、双子のアートとリー。ピアソン家総出で過ごす退屈ながらも家族の大事な時間のはずが、突如現れた小さなエイリアン5人によってピアソン家、いや人類は存亡の危機に立たされる!子供たちは大人にバレないようにエイリアンを退治できるのだろうか!?
監督:ジョン・シュルツ 出演:カーター・ジェンキンス(トム・ピアソン)、オースティン・バトラー(ジェイク・ピアソン)、アシュリー・ティスデール(ベサニー・ピアソン)、アシュリー・ボーチャー(ハンナ・ピアソン)、ヘンリー・ヤング(アート・ピアソン)、ほか

「芸術と手術」のネタバレあらすじ結末

芸術と手術の紹介:1925年オーストリア映画。ピアニスト・オルラックは事故に巻き込まれ、両手を失いかけますが、手術によりなんとか回復へと向かいます。ところが、自分の両手が処刑された殺人者のものだと判明し、彼はその事実に苛まれ、事件に巻き込まれていきます。
監督:ロベルト・ヴィーネ 出演者:コンラート・ファイト (オルラック)、アレクサンドラ・ソリナ (イヴォンヌ)、フリッツ・コルトナー (ネラ)、ホーマ(セラール博士)ほか

「恋する輪廻 オームシャンティオーム」のネタバレあらすじ結末

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームの紹介:2007年インド映画。冴えない脇役俳優・オームは大物俳優を夢見て日々を過ごしています。そんな彼が恋い焦がれるのはは人気女優・シャンティプリヤです。ある日、念願かなってシャンティと撮影を共にした日から、彼女との交流が始まりますが、彼女は世間にも秘密にしている事があったのでした。そのことがきっかけで、次々と事件が巻き起こります。
監督:ファラー・カーン 出演者:オーム・プラカーシュ/オーム・カプール(シャー・ルク・カーン)、シャンティ/サンディ(ディーピカー・パードゥーコーン)、パップー(シュレーヤス・タラプテー)、ムケーシュ(アルジュン・ラームパール)、ベラ(キラン・ケール)ほか

「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のネタバレあらすじ結末

ネバーセイ・ネバーアゲインの紹介:1983年アメリカ映画。『007』シリーズ第4作目『007 サンダーボール作戦』(1965年公開)を『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のアーヴィン・カーシュナー監督がリメイクしたシリーズ番外編で、初代ジェームズ・ボンド役のショーン・コネリーが約12年ぶりにシリーズ復帰した作品です。冷戦時代を舞台に、一度は引退を決めた初代ボンドが核ミサイルを巡って国際的犯罪組織“スペクター”と駆け引きを繰り広げます。
監督:アーヴィン・カーシュナー 出演者:ショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、キム・ベイシンガー(ドミノ・ペタチ(ボンドガール))、マックス・フォン・シドー(エルンスト・スタヴロ・プロフェルド/スペクターNo.2)、クラウス・マリア・ブランダウアー(マキシミリアン・ラルゴ/スペクターNo.1)、バーバラ・カレラ(ファティマ・ブラッシュ/スペクターNo.12)、エドワード・フォックス(M)ほか

「蝶の舌」のネタバレあらすじ結末

蝶の舌の紹介:1999年スペイン映画。学校へ上がったモンチョ。好奇心の強い彼をグレゴリオ先生はいくらでも教えた、しかし時代はスペインの動乱期へと突入していく。病弱な少年が優しい先生との交流を通して成長する姿と、スペイン内戦という荒波にもまれて迎える2人の悲劇を描く感動ドラマ。
監督:ホセ・ルイス・クエルダ 出演: フェルナンド・フェルナン・ゴメス、マヌエル・ロサノ、ウシア・ブランコ、アレクシス・デ・ロス・サントス、ゴンサロ・ウリアルテ、タマル・ノバス、ほか

「トリガール!」のネタバレあらすじ結末

トリガール!の紹介:2017年日本映画。鳥人間コンテストの常連出場チームである、芝浦工業大学の人力飛行機チームをモデルにした映画です。部長の圭に一目ぼれして入部したゆきなは部類の脚力があり、犬猿の仲の坂場とコンビを組み鳥人間大会に出場するために奮闘する様子を描いた作品です。
監督:英勉 出演者:土屋太鳳(鳥山ゆきな)、間宮祥太朗(坂場大志)、高杉真宙(高橋圭)、池田エライザ(島村和美)、矢本悠馬(古沢)、前原滉(横原)、佐生雪(メガネ女子)、ナダル(アナウンサー)、羽鳥慎一(ペラ夫)、轟二郎(轟二郎似の住職)、ほか

「エリート・スクワッド」のネタバレあらすじ結末

エリート・スクワッドの紹介:2007年ブラジル映画。ブラジル・リオデジャネイロ州の軍警察に属する特殊警察作戦大隊(BOPE)の闘いを通じて、蔓延する犯罪と暴力を警察や権力の腐敗も交えて描いたクライム・アクションです。ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞、2010年には続編となる『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』が公開されています。
監督:ジョゼ・パジーリャ 出演者:ヴァグネル・モウラ(ロベルト・ナシメント)、アンドレ・ハミロ(アンドレ・マチアス)、カイオ・ジュンケイラ(ネト・ゴウヴェイア)、マリア・ヒベイロ(ローザン・ナシメント)、フェルナンダ・マシャード(マリア)、ミリェム・コルタス(ファビオ・バルボーサ)ほか

「ベン・スティラー 人生は最悪だ!」のネタバレあらすじ結末

ベン・スティラー 人生は最悪だ!の紹介:2010年アメリカ映画。『メリーに首ったけ』『ミート・ザ・ペアレンツ』『ナイト ミュージアム』のベン・スティラーと、鬼才ノア・バームバック監督がタッグを組んだコメディ映画です。精神を患っことのある孤独な40歳の男が、家事手伝いの若い女性との出会いをきっかけに再生していく姿が描かれます。
監督:ノア・バームバック 出演者:ベン・スティラー(ロジャー・グリーンバーグ)、グレタ・ガーウィグ(フローレンス・マー)、リス・エヴァンス(イヴァン・シュランク)、ジェニファー・ジェイソン・リー(ベス)、ブリー・ラーソン(サラ)ほか

「ミスティック・ピザ」のネタバレあらすじ結末

ミスティック・ピザの紹介:1988年アメリカ映画。アメリカ・コネチカット州の田舎町を舞台に、町のピザ屋で働く3人の若い女性の友情や家族愛、そしてそれぞれのひと夏の恋愛模様を描いたラブコメディ作品です。
監督:ドナルド・ペトリ 出演者:アナベス・ギッシュ(キャット・アルージョ)、ジュリア・ロバーツ(デイジー・アルージョ)、リリ・テイラー(ジョジョ・バルボザ)、ヴィンセント・ドノフリオ(ビル・モンティジョ)、ウィリアム・R・モーゼス(ティム・トラヴァース)、アダム・ストーク(チャールズ・ゴードン・ウィンザー・ジュニア)ほか

「クローバーフィールドパラドックス」のネタバレあらすじ結末

クローバーフィールド・パラドックスの紹介:2018年アメリカ映画。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムスが制作を手がける『クローバーフィールド』シリーズの第3作で、Netflixで世界同時公開されたSFスリラーです。シリーズ第1作『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008年公開)の前日譚にあたり、なぜ地球に“怪物”が襲来したのかが明らかになります。
監督:ジュリアス・オナ 出演者:ググ・バサ=ロー(エヴァ・ハミルトン)、デヴィッド・オイェロウォ(キール)、ダニエル・ブリュール(シュミット)、ジョン・オーティス(モンク)、エリザベス・デビッキ(ミーナ・ジェンセン)ほか

「ワーテルロー」のネタバレあらすじ結末

ワーテルローの紹介:1969年イタリア,ソ連映画。イタリアとソ連(当時)の合作による超大作歴史ドラマです。1815年6月18日に行われたフランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍とイギリス軍司令官ウェリントン公率いるイギリス・オランダ連合軍との戦い「ワーテルローの戦い」を圧倒的スケールで描き切っています。
監督:セルゲイ・ボンダルチュク 出演者:ロッド・スタイガー(ナポレオン・ボナパルト1世)、クリストファー・プラマー(ウェリントン公アーサー・ウェルズリー)、ジャック・ホーキンス(トーマス・ピクトン)、オーソン・ウェルズ(ルイ18世)、バージニア・マッケンナ(リッチモンド侯爵夫人)ほか

「夏をゆく人々」のネタバレあらすじ結末

夏をゆく人々の紹介:2014年イタリア,スイス,ドイツ映画。イタリアの小さな村で養蜂業を営む一家が、テレビ番組の取材や少年更生プログラムの一環として少年を居候させたことから生じる変化を、一家の長女の視点から描いたヒューマンドラマです。カンヌ国際映画祭ではグランプリを受賞しています。
監督:アリーチェ・ロルヴァケル 出演者:マリア・アレクサンドラ・ルング(ジェルソミーナ)、サム・ルーウィック(ヴォルフガング)、アリーチェ・ロルヴァケル(アンジェリカ)、ザビーネ・ティモテオ(ココ)、アンドレ・M・ヘンニック(アドリアン)、マルガレーテ・ティーゼル(イルデ)、モニカ・ベルッチ(ミリー・カテナ)ほか

1 2 3 4 5 386
TOP↑