ドラマ映画のあらすじ

「奇跡の海 (1996年)」のネタバレあらすじ結末

奇跡の海の紹介:1996年デンマーク映画。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でも知られる名匠ラース・フォン・トリアー監督により制作されたデンマークの映画。読書しているかのような章仕立てのストーリー展開になっています。本作で、主人公のエミリーワトソンの演技は大変高く評価され、ヨーロッパ映画賞年間女優賞をはじめ数多くの賞を受賞し、1996年のアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされました。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演者:ベス・マクニール(エミリー・ワトソン)、ヤン(ステラン・スカルスガルド)、ドド(カトリン・カートリッジ)、リチャードソン医師(エイドリアン・ローリンズ)、テリー(ジャン=マルク・バール)ほか

「王様のためのホログラム」のネタバレあらすじ結末

王様のためのホログラムの紹介:2016年アメリカ映画。上司に呼び出されたアランは突然海外出張を命じられる。行き先はサウジアラビア、彼の仕事はサウジアラビアの国王に自社のIT技術を売り込むことだった。現地に着いたアランに待ち受けていたのは様々な困難、通信環境も空調も食事すらまともにないその場所でアランは仕事だけでなく自身の人生について考える。「クラウド・アトラス」のトム・ティクヴァ監督最新作。主演は同じく「クラウド・アトラス」出演のトム・ハンクス。
監督:トム・ティクヴァ 出演:トム・ハンクス(アラン・クレイ)、アレクサンダー・ブラック(ユセフ)、サリタ・チョウドリー(ザーラ・ハキム)、シセ・バベット・クヌッセン(ハンナ)、ベン・ウィショー(デイヴ)、ほか

「プリシラ」のネタバレあらすじ結末

プリシラの紹介:1994年オーストラリア映画。オーストラリアのシドニーに住む3人のドラッグ・クイーンが、「プリシラ号」と名づけたバスで地方公演の旅に出る。差別や偏見と闘いながら、それぞれ生きる道を模索する姿をコメディ・タッチに描いたロード・ムービー。第67回アカデミー衣裳デザイン賞に輝いた奇抜なファッションの数々と、全編に流れる70~80年代のヒット曲も堪能できる作品。
監督:ステファン・エリオット 出演者:テレンス・スタンプ(バーナデット)、ヒューゴ・ウィーヴィング(ミッチ)、ガイ・ピアース(フェリシア)、ビル・ハンター(ボブ)、サラ・チャドウィック(マリオン)、マーク・ホルムズ(ベンジー)、ジュリア・コルテス(シンシア)ほか

「アリスのままで」のネタバレあらすじ結末

アリスのままでの紹介:2014年アメリカ映画。50歳という若さで若年性アルツハイマー病を発症した言語学者アリス。記憶が失われていく恐怖と戸惑いに家族とともに立ち向かう。ベストセラー小説「静かなアリス」をもとに自身も筋委縮性側索硬化症を患った監督により製作された作品。
監督リチャード・グラツァー、ワッシュ・ウェストモアランド 出演:ジュリアン・ムーア(アリス)、アレック・ボールドウィン(夫:ジョン)、クリステン・スチュワート(次女:リディア)、ケイト・ボスワース(長女:アナ)、ハンター・パリッシュ(長男:トム)、ほか

「戸田家の兄妹」のネタバレあらすじ結末

戸田家の兄妹の紹介:1941年日本映画。小津安二郎監督が初めて大家族における親子関係を描いた名作。「東京物語」など戦後の作品の先駆けとなった。当時の松竹の看板スターが共演し、大ヒットを記録。キネマ旬報ベストテンでも1位を獲得。
監督:小津安二郎 出演:佐分利信(昌二郎)、高峰三枝子(節子)、葛城文子(母)、斎藤達雄(進一郎)

「ミッドナイト・エクスプレス」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト・エクスプレスの紹介:1978年アメリカ映画。実話を元にトルコの刑務所の酸鼻極まる実態を描く。アラン・パーカー監督の出世作となった。後に監督となるオリバー・ストーンが脚色を担当し、アカデミー賞脚色賞を受賞。
監督:アラン・パーカー 出演:ブラッド・デイヴィス(ビリー)、ランディ・クエイド(ジミー)、ジョン・ハート(マックス)、マイク・ケリン(ビリーの父)

「ベン・ハー(1959年)」のネタバレあらすじ結末

ベン・ハーの紹介:1959年アメリカ映画。今迄幾度となく映画化されてきた名作「ベン・ハー」の3番目の映画化にして最高傑作。アカデミー賞で11部門を獲得するという未だに破られることの無い超記録を打ち立てている。ユダヤの豪族の息子であるベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政やキリストの最期を描く。6年半の年月と54億円の巨費を投じて製作された一大スペクタクル映画。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演:チャールトン・ヘストン(ジュダ=ベン・ハー)、ジャック・ホーキンス(クインタス・アリウス)、ヒュー・グリフィス(族長イルデリム)、スティーヴン・ボイド(メッサラ)、ハイヤ・ハラリート(エスター)、ほか

「秋日和」のネタバレあらすじ結末

秋日和の紹介:1960年日本映画。自身の名作「晩春」の”父娘”を”母娘”に置き換え、結婚の問題を抱えた親子の関係を独自のスタイルで描いた小津安二郎監督の秀作。「晩春」で娘を演じた原節子が今回は母親を演じている。
監督:小津安二郎 出演:原節子(三輪秋子)、司葉子(三輪アヤ子)、佐分利信(間宮宗一)、岡田茉莉子(佐々木百合子)、中村伸郎(田口秀三)

「二十四の瞳 (1954年)」のネタバレあらすじ結末

二十四の瞳の紹介:1954年日本映画。新任女性教師と教え子達の交流と、それを引き裂く戦争の悲惨さを描くヒューマン・ドラマ。小豆島の小さな漁村に赴任した大石先生。彼女は1年生12人を受け持つことになり、その無垢な二十四の瞳を決して濁してはいけないと考える。しかし不況と戦争は子ども達の希望や命を無情に奪い去っていくのだった。1955年のゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞。原作は壺井栄の同名小説「二十四の瞳」で映画は何度もリメイクされている。
監督:木下惠介 出演者:高峰秀子(大石久子)、夏川静江(大石久子の母)、月丘夢路(香川マスノ)、井川邦子(川本松江)、篠原都代子(西口ミサ子)、田村高廣(岡田磯吉)ほか

「臨場 劇場版」のネタバレあらすじ結末

臨場 劇場版の紹介:2012年日本映画。この作品は、『半落ち』『クライマーズ・ハイ』などで有名な横山秀夫の刑事小説『臨場』を原作としたテレビドラマの劇場版です。キャッチコピーは「まだ、根こそぎ拾えてねぇ。想いを拾い尽くさない限り、終われない」「物言わぬ、死者の声を聞く それが彼の使命」という、豪快かつ型破りであるが鋭い観察眼を持つ検視官を中心に描いたヒューマン・サスペンスドラマです。
監督:橋本一 出演:内野聖陽(倉石義男)、松下由樹(小坂留美)、渡辺大(一ノ瀬和之)、平山浩行(永嶋武文)、益岡徹(五代恵一)、高嶋政伸(立原真澄)、ほか

「リトル・チルドレン」のネタバレあらすじ結末

リトル・チルドレンの紹介:2006年アメリカ映画。トム・ペロッタ原作の全米ベストセラー小説を元に映画化。閑静な住宅街で暮らす住人たちが、今の自分を受け入れることが出来ず、新しい自分を手に入れようと模索する様を描く。
監督:トッド・フィールド 出演:ケイト・ウィンスレット(サラ・ピアース)、パトリック・ウィルソン(ブラッド・アダムソン)、ジェニファー・コネリー(キャシー・アダムソン)、ジャッキー・アール・ヘイリー(ロニー・マゴーヴィー)、ノア・エメリッヒ(ラリー・ヘッジス)、ほか

「黒い雨」のネタバレあらすじ結末

黒い雨の紹介:1989年日本映画。第二次世界大戦中、原子爆弾投下後に降る「黒い雨」を浴びた高丸矢須子とその家族の姿を描く。昭和20年8月6日、米軍によって広島に原子爆弾が投下された。その5年後、矢須子は結婚適齢期を迎えるものの被爆を疑われ破談が続いていた。家族は何とか矢須子の縁談をまとめようとするが、その間にも原爆による病は矢須子の体を蝕み続けていくのだった。原作は井伏鱒二の同名小説。日本アカデミー最優秀作品賞に輝くなど、数々の映画賞を受賞した。
監督:今村昌平 出演者:田中好子(高丸矢須子)、北村和夫(閑間重松)、市原悦子(閑間シゲ子)、原ひさ子(閑間キン)、石田圭祐(岡崎屋悠一)ほか

「キッド」のネタバレあらすじ結末

キッドの紹介:2000年アメリカ映画。B・ウィリス主演のハートウォーミング・ドラマ。イメージ・コンサルタントとして仕事ひと筋に生きてきた男が、ある少年と出会い忘れていた大切な思いを取り戻していくさまが、ユーモアを織り交ぜつつ感動的に映し出される。
監督:ジョン・タートルトーブ 出演:ブルース・ウィリス(ラス・デューリッツ)、スペンサー・ブレスリン(ラスティ・デューリッツ)、エミリー・モーティマー(エイミー)、リリー・トムリン(ジャネット)ほか

「フリーター、家を買う。スペシャル」のネタバレあらすじ結末

フリーター、家を買う。スペシャルの紹介:2011年日本。フリーターの息子が、うつ病の母すみこのために家を買おうと奮闘、頑固な父とぶつかり合いながら、お母さんに笑顔が戻ってくる日が来るよう懸命に働きます。
出演:二宮和也(武誠治)、香里奈(千葉真奈美)、井川遥(永田亜矢子)、丸山隆平(豊川哲平)、井上正大(手島信二)、風吹ジュン(千葉小百合)、竹中直人(武誠一)、浅野温子(武寿美子)、ほか

「火垂るの墓 (実写版)」のネタバレあらすじ結末

火垂るの墓 (実写版)の紹介:2008年日本映画。戦争によって一つの家族が破壊されていく、涙ものの物語です。親を亡くし、子供たちだけで生きていこうとする姿、戦争ですべての人が疲弊し皆が生きていくだけで必死な様子から、戦争の悲惨さを描きます。スタジオジブリの長編アニメ映画「火垂るの墓」の実写化。
監督:日向寺太郎 原作:野坂昭如 出演:吉武怜朗(清太)、畠山彩奈(節子)、松坂慶子(未亡人/清太の親戚)、松田聖子(雪子/清太の母)、江藤潤(本城雅夫)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 38
TOP↑