ドラマ映画のあらすじ

「エルミタージュ幻想」のネタバレあらすじ結末

エルミタージュ幻想の紹介:2002年ロシア,ドイツ,日本映画。ロシアの至宝エルミタージュ。幾たびも歴史の移ろいを見てきたその建物の中に眠る記憶を、語り部と案内人が紡ぎだす。
監督:アレクサンドル・ソクーロフ 出演:セルゲイ・ドレイデン(キュイスティーヌ)、マリヤ・クズネツォーワ(エカテリーナ大帝)、レオニード・モズゴヴォイ(間謀)、ダヴィッド・ギオルゴビアーニ(オルベリ)、ほか

「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼けの紹介:1976年日本映画。「男はつらいよ」シリーズの17作目。キネマ旬報ベストテンで第2位となり、このシリーズ中最も高位の作品となった。ソ連への亡命事件で有名な岡田嘉子が久しぶりに日本映画に出演したことでも話題を呼んだ。
監督:山田洋次 出演:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(さくら)、太地喜和子(芸者ぼたん)、下絛正巳(竜造)、三崎千恵子(つね)、前田吟(博)、太宰久雄(社長)、ほか

「青い鳥(2008年)」のネタバレあらすじ結末

青い鳥の紹介:2008年日本映画。東ヶ丘中学校は、かつていじめを苦に自殺未遂をした生徒の事件から立ち直ろうとしていた。新学期、その生徒がいた学級に吃音症の村内先生が転任してきた。村内先生は生徒たちに自分たちがしたことを忘れないように説いていく。重松清の小説を基にした人間ドラマ。
監督:中西健二 出演者:阿部寛(村内先生)、伊藤歩(島崎先生)、井上肇(石野先生)、重松収(宮崎先生)、岸博之(小泉先生)、本郷奏多(園部真一)、太賀(井上武志)、山崎和也(野口哲也)ほか

「UDON」のネタバレあらすじ結末

UDONの紹介:2006年日本映画。松井香助は「世界中を笑わせるコメディアンになる」という夢を持って、アメリカへ向かった。しかし、アメリカのニューヨークでクビになり、借金を背負ったまま、帰国する。香川に戻った香助はタウン誌の編集者・宮川恭子と運命的な出会いを果たす。香助はタウン誌に就職することになった。タウン誌の売り上げを伸ばすため、香助はうどんの特集記事を企画する。そのコラムにより、うどんの一大ブームが起こる。香川県の「うどんブーム」を作るきっかけになった意欲作。
監督:本広克行 出演:ユースケ・サンタマリア(松井香助)、小西真奈美(宮川恭子)、トータス松本(鈴木庄介)、鈴木京香(藤元万里)、要潤(青木和哉)、小日向文世(藤元良一)、ほか

「幸せの教室」のネタバレあらすじ結末

幸せの教室の紹介:2011年アメリカ映画。コメディタッチのヒューマン・ドラマ。1996年公開の『すべてをあなたに』以来、久々にトム・ハンクスが自身で監督、主演、脚本を手がけています。仕事をクビになり大学に通う事になった男性と、教師という職と自分の結婚生活に喜びを見いだせなくなった女性が出会い、ふたりの人生がみるみる変わっていく様子を、ユーモアを交えながら描いたハートフルな作品。
監督:トム・ハンクス 出演:ラリー・クラウン(トム・ハンクス)、メルセデス・テイノー(ジュリア・ロバーツ)、ディーン・テイノー(ブライアン・クランストン)、ラマー (セドリック・ジ・エンターテイナー)、デル・ゴード(ウィルマー・バルデラマ)、タリア(ググ・バサ=ロー)、エド・マツタニ教授(ジョージ・タケイ)ほか

「しあわせのかおり」のネタバレあらすじ結末

しあわせのかおりの紹介:2008年日本映画。小さな中華料理店を舞台に、高齢の中華料理店のオーナーと、人生に迷うシングルマザーが織りなす温かな心の触れあいを描いた作品。人の温かい心と、美味しそうな数々の料理に、しあわせを感じる作品となっています。
監督:三原光尋 出演:中谷美紀(山下貴子)、藤竜也(王慶国)、田中圭(高橋明)、八千草薫(永田百合子)、ほか

「ネバーランド」のネタバレあらすじ結末

ネバーランドの紹介:2004年イギリス,アメリカ映画。劇作家ジェームズ・マシュー・バリと、心に傷を負ったデイヴィズ一家の交流を繊細に描くヒューマンドラマ。新作が失敗に終わり落ち込むジェームズは、ある日美しい未亡人シルヴィアとその4人の息子達に出会う。父を亡くし心を閉ざした少年にジェームズは信じることの大切さを教える。そして一家との交流を深める中で、ジェームズは名作「ピーター・パン」を作り上げるのだった。
監督:マーク・フォスター 出演者:ジョニー・デップ(ジェームズ・マシュー・バリ)、ケイト・ウィンスレット(シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ)、フレディ・ハイモア(ピーター・ルウェリン・デイヴィズ)、ジュリー・クリスティ(デュ・モーリエ夫人)、ラダ・ミッチェル(メアリー・アンセル・バリ)ほか

「赤めだか」のネタバレあらすじ結末

赤めだかの紹介:2015年日本。歌舞伎の世界を描いた、立川談志のエッセイ。出演しておられる俳優さんも、ビートたけしや香川照之など、歌舞伎に携わっておられる方が出演されていて、豪華な作品です。
出演:二宮和也(立川談春)、ビートたけし(立川談志)、濱田岳(立川志らく)、宮川大輔(立川関西)、清野菜名(女将の娘)、香川照之(立川志の輔)、リリー・フランキー(林修一)、ほか

「ツリー・オブ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

ツリー・オブ・ライフの紹介:2011年アメリカ映画。テレンス・マリック監督による、ある家族の40年を描いた人間ドラマ。撮影に使用された巨木は、映画のために移植されたというエピソードもあります。聖書の『ヨブ記』の一節から始まる本作は、登場人物のセリフは少なく、作品の途中で大自然のカットが挿入される特徴的な手法で、評価は賛否両論に分かれました。
監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット(オブライエン)、ショーン・ペン(ジャック)、ジェシカ・チャステイン(オブライエン夫人)、フィオナ・ショウ(祖母)、ほか

「ビリディアナ」のネタバレあらすじ結末

ビリディアナの紹介:1960年スペイン映画。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したものの、製作国スペインでは長く上映禁止となったいわく付きの作品。ブニュエルらしい反教会反ブルジョア的な描写に満ち、その代表作のひとつとなった。「最後の晩餐」のパロディシーンが有名。
監督:ルイス・ブニュエル・出演:シルヴィア・ピナル(ビリディアナ)、フェルナンド・レイ(ハイメ)、フランシスコ・ラバル、マルガリータ・ロサーノ、ほか

「シュトロツェクの不思議な旅」のネタバレあらすじ結末

シュトロツェクの不思議な旅の紹介:1977年西ドイツ映画。「カスパー・ハウザーの謎」に続き、ブルーノ・Sを起用して作られたヘルツォーク7作目の劇映画。ロック・バンド、ジョイ・ディヴィジョンのボーカリストであるイアン・カーティスが自殺直前に見た映画としても知られている。
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク 出演:ブルーノ・S(シュトロツェク)、エヴァ・マッテス(エーファ)

「我等の生涯の最良の年」のネタバレあらすじ結末

我等の生涯の最良の年の紹介:1946年アメリカ映画。復員兵の戦後の苦難を正面から描いた大作で、批評的にも興行的にも大成功した。アカデミー賞でも作品、監督、主演男優、脚色、助演男優などの計9部門で大量受賞。これは当時の記録となった。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演:フレデリック・マーチ(アル・スティーブンソン)、ダナ・アンドリュース(フレッド・デリー)、マーナ・ロイ、テレサ・ライト、ほか

「普通の人々」のネタバレあらすじ結末

普通の人々の紹介:1980年アメリカ映画。郊外の中流家庭が崩壊してゆく様をドラマチックに描いたロバート・レッドフォードの監督処女作。批評家からの絶賛を浴び、アカデミー賞では作品、監督、助演男優、脚色の4部門で受賞した。
監督:ロバート・レッドフォード 出演:ドナルド・サザーランド(カルビン)、メアリー・タイラー・ムーア(ベス)、ティモシー・ハットン(コンラッド)、ジャド・ハーシュ(バーガー医師)、ほか

「夫たち、妻たち」のネタバレあらすじ結末

夫たち、妻たちの紹介:1992年アメリカ映画。2組の夫婦の関係を皮肉な目で描いたコメディ・ドラマ。この映画の公開間際にアレンの浮気が発覚、おかげで1982年の「サマー・ナイト」以来続いてきたミア・ファローとのコンビ関係はこれで終わりとなった。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(ゲイブ)、ミア・ファロー(ジュディ)、ジュディ・デイヴィス、ジュリエット・ルイス、リーアム・ニーソン、ほか

「ウディ・アレンの 重罪と軽罪」のネタバレあらすじ結末

ウディ・アレンの 重罪と軽罪の紹介:1989年アメリカ映画。のちのアレン作品「マッチ・ポイント」を思わせるシリアスなドラマ。「ハンナとその姉妹」同様、2つの物語が平行して語られる。それまでテレビで活動していたマーティン・ランドーが初めてアカデミー賞にノミネートされ、のちに「エド・ウッド」で受賞するきっかけとなった。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(クリフ・スターン)、マーティン・ランドー(ジュダー・ローゼンタール)、ミア・ファロー、アラン・アルダ、キャロライン・アーロン、ほか

1 2 3 4 5 6 7 33
TOP↑