映画のあらすじ

「Mommy マミー」のネタバレあらすじ結末

Mommy/マミーの紹介:2014年カナダ映画。息子を施設から引き取り一緒に暮らすことになったダイアン。そこに家庭教師役のカイラも加わり、息子は未来へ希望を持ち始めたのだが…。
監督:グザヴィエ・ドラン 出演:アンヌ・ドルヴァル(ダイアン・デュプレ / ダイ)、スザンヌ・クレマン(カイラ)、アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン(スティーヴ・デュプレ)、パトリック・ユアール、アレクサンドル・ゴイエット、グザヴィエ・ドラン、ほか

「ヴァチカン美術館 天国への入口」のネタバレあらすじ結末

ヴァチカン美術館4K3D 天国への入口の紹介:2013年イタリア映画。ヴァチカン美術館の成り立ちと歴史、その源流を、所蔵作品をそのエピソードと共に古代美術から現代美術まで解き明かす。
監督:マルコ・ピアニジャーニ 出演:アントニオ・パオルッチ、パオロ・カシラギ ナレーション:石丸謙二郎

「オリエント急行殺人事件 (1974年)」のネタバレあらすじ結末

オリエント急行殺人事件の紹介:1974年イギリス映画。幾度も映画化されてきたアガサ・クリスティーの同名の名作推理小説の映画版の1974年版です。オリエント急行内で起こった殺人事件を巡り、名探偵エルキュール・ポアロが事件の謎に挑んでいきます。2017年にはケネス・ブラナーの監督・主演で再映画化されています。
監督:シドニー・ルメット 出演者:アルバート・フィニー(エルキュール・ポアロ)、リチャード・ウィドマーク(ラチェット・ロバーツ)、アンソニー・パーキンス(ヘクター・マックイーン)、ジョン・ギールグッド(エドワード・ベドーズ)、ショーン・コネリー(アーバスノット大佐)ほか

「リスボンに誘われて」のネタバレあらすじ結末

リスボンに誘われての紹介:2013年ドイツ,スイス,ポルトガル映画。世界的ベストセラーとなった小説『リスボンへの夜行列車』を映画化した作品です。作者のパスカル・メルシエはスイスの作家であり、哲学者です。物語は、スイスで平凡な人生を送る教師グレゴリウスが、橋から飛び降りようとする女性と偶然出会ったことから始まります。彼女が残した一冊の本に深く感銘を受けたグレゴリウスは、これまでの人生を投げ打って、謎の女性と、本の著者であるアマデウを探しにリスボンへ向かいます。
監督:ピレ・アウグスト 出演:ジェレミー・アイアンズ(ライムント・グレゴリウス)、マルティナ・ゲデック(マリアナ)、ジャック・ヒューストン(アマデウ・デ・プラド)、メラニー・ロラン(エステファニア)、ブルーノ・ガンツ(ジョルジェ)、ほか

「探検隊の栄光」のネタバレあらすじ結末

探検隊の栄光の紹介:2015年日本映画。荒木源の同名小説を映画化した冒険コメディ作品です。新境地を開こうと秘境を探検するテレビのバラエティー番組への出演を決めた俳優が、現地での政府軍と反政府軍との抗争に巻き込まれていきます。
監督:山本透 出演者:藤原竜也(杉崎正雄)、ユースケ・サンタマリア(井坂プロデューサー)、小澤征悦(瀬川ディレクター)、田中要次(橋本カメラマン)、川村陽介(小宮山)ほか

「ジェサベル」のネタバレあらすじ結末

ジェサベルの紹介:2014年アメリカ映画。事故で恋人とおなかの子を失い、自らも車椅子生活を余儀なくされた女性が、生家で亡き母が残したビデオテープを見たことから次々と恐怖に襲われる。
監督:ケヴィン・グルタート 出演:セーラ・スヌーク(ジェシー)、マーク・ウェバー(プレストン)、デヴィッド・アンドリュース(レオン)、ジョエル・カーター、アナ・デ・ラ・レゲラ、ほか

「レッド・ムーン」のネタバレあらすじ結末

レッド・ムーンの紹介:1968年アメリカ映画。T・V・オルセンの小説「The Stalking Moon」を映画化した作品で、アメリカ陸軍のスカウトを引退した男が、保護された白人女性とその息子をアパッチ族の襲撃から守るために立ち向かう姿を描いた西部劇です。
監督:ロバート・マリガン 出演者:グレゴリー・ペック(サム・ヴァーナー)、エヴァ・マリー・セイント(サラ・カーヴァー)、ロバート・フォスター(ニック・タナ)、ラッセル・ソーソン(ネッド)、ナサニエル・ナルシスコ(サルヴァヘ)ほか

「マイヤーリング」のネタバレあらすじ結末

マイヤーリングの紹介:1957年アメリカ映画。1889年に実際に起こった、皇太子と男爵令嬢の心中事件を描いた悲劇の恋物語。オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフは、自由と愛の無い人生に不満を抱いていた。そんな彼の前に美しい令嬢マリーが現れる。純真無垢な彼女を通して真実の愛に目覚めるルドルフ。しかし許されぬ恋は2人を悲しい結末へと導いていく。原作はクロード・アネの小説『うたかたの恋』。長らく幻の作品とされてきたが、2014年に約50年の時を経て日本初公開された。
監督:アナトール・リトヴァク 出演:オードリー・ヘプバーン(マリー・ヴェッツェラ)、メル・ファーラー(ルドルフ)、レイモンド・マッセイ(ターフェ首相)、ダイアナ・ウィンヤード(皇后)、ベイジル・シドニー(皇帝)ほか

「ギャンブラー」のネタバレあらすじ結末

ギャンブラーの紹介:1971年アメリカ映画。20世紀初頭のアメリカ西部の炭鉱町を舞台に、この町で賭博場を開いたギャンブラーと売春宿の女将を中心に、ライバルたちとの権力争いを描いた西部劇です。
監督:ロバート・アルトマン 出演者:ウォーレン・ベイティ(ジョン・マッケイブ)、ジュリー・クリスティ(コンスタンス・ミラー)、ルネ・オーベルジョノワ(パトリック・シーハン)、マイケル・マーフィー(ユージーン・シアーズ)、アンソニー・ホーランド(アーネスト・ホランダー)ほか

「PK ピーケイ」のネタバレあらすじ結末

PK ピーケイの紹介:2014年インド映画。「インド映画の3大カーン」とも呼ばれているうちの一人、「アーミル・カーン」主演。ジャンルはSFコメディでありつつも、ラブストーリーあり、社会派な視点ありとテーマ盛りだくさんの映画。そして長編ながらも決して飽きさせないストーリー展開。観終わった後は「宗教とは何か?」と考えたくなる一本。
監督:ラージクマール・ヒラニ 出演:アーミル・カーン(PK)、アヌシュカ・シャルマ(ジャグー)、サンジャイ・ダット、ボーマン・イラニ、サウラブ・シュクラ、ほか

「約束の地」のネタバレあらすじ結末

約束の地の紹介:2014年アルゼンチン,デンマーク,フランス,メキシコ,アメリカ,ドイツ,ブラジル,オランダ映画。娘インゲボルグと共に未開のパタゴニアへやってきたディネセン大尉は、野営地から忽然と姿を消した彼女を捜すため、馬を引き連れ荒野へと駆りだす。ところが裏切り者の軍人、冷酷なインディアン、そして洞窟に住まう不思議な女性と出会う。
監督:リサンドロ・アロンソ 出演:ヴィゴ・モーテンセン(ディネセン大尉)、ヴィールビョーク・マリン・アガー(インゲボルグ)、ギタ・ナービュ(洞窟の女性)、アドリアン・フォンダリ(ピッタルーガ中尉)、ほか

「バタリアン2」のネタバレあらすじ結末

バタリアン2の紹介:1987年アメリカ映画。コメディ要素が盛り込まれた新感覚ゾンビが多数登場する、ホラー作品。日本でも大ヒットした「バタリアン」の続編。シリーズはこれで終了と思われたが1993年「バタリアン リターンズ」が制作された。
監督:ケン・ウィーダーホーン 出演: トム・マシューズ(ジョーイ)、マイケル・ケンワーシー(ジェシー)、ダナ・アッシュブルック(トム)、マーシャ・ディートライン(ルーシー)、ジェームズ・カレン、サリー・スマイス、ほか

「サタデー・ナイト・フィーバー」のネタバレあらすじ結末

サタデー・ナイト・フィーバーの紹介:1977年アメリカ映画。ジョン・トラボルタの出世作にして全世界にディスコブームを巻き起こした青春映画です。週末のダンスだけが人生の全てだった青年が、年上の女性と出会ったことをきっかけに大人の男へと変貌していく姿を描いています。
監督:ジョン・バダム 出演者:ジョン・トラボルタ(アンソニー・“トニー”・マネロ)、カレン・リン・ゴーニイ(ステファニー・マンガーノ)、ドナ・ペスコウ(アネット)、バリー・ミラー(ボビーC)、ポール・ベイブ(ダブルJ)ほか

「忠臣蔵外伝 四谷怪談」のネタバレあらすじ結末

忠臣蔵外伝 四谷怪談の紹介:1994年日本映画。松竹誕生100周年を記念して、「忠臣蔵」のストーリーに「四谷怪談」を絡ませたオリジナルストーリーのホラー時代劇です。高岡早紀の大胆な濡れ場も話題となりました。
監督:深作欣二 出演者:佐藤浩市(民谷伊右衛門)、高岡早紀(お岩)、荻野目慶子(お梅)、石橋蓮司(伊藤喜兵衛)、津川雅彦(大石内蔵助)ほか

「超高層プロフェッショナル」のネタバレあらすじ結末

超高層プロフェッショナルの紹介:1979年アメリカ映画。超高層ビルの建設ラッシュに沸く1970年代後半のニューヨークを舞台に、事故死した建設会社社長の遺志を継いだ作業員らが危険な作業に挑む姿を描いた作品です。
監督:スティーヴ・カーヴァー 出演者:リー・メジャース(マイク・キャットン)、ジェニファー・オニール(キャス・キャシディ)、アート・カーニー(ピグノーズ・モーラン)、ハリス・ユーリン(エディ・キャシディ)、ジョージ・ケネディ(ビッグ・ルー・キャシディ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 350
TOP↑