沢尻エリカ映画一覧

沢尻エリカが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「新宿スワン」のネタバレあらすじ結末

新宿スワンの紹介:2014年日本映画。和久井健による日本のベストセラー漫画『新宿スワン』を原作にした映画。和久井はかつて日本一のスカウト会社の元スカウトマンで、この作品は実在したスカウト会社を舞台に作者本人の体験談にフィクションを交えて描く。お金もなく歌舞伎町で彷徨っていた白鳥はチンピラに絡まれ真虎に助けてもらう。スカウトの仕事に誘われ白鳥はバーストに入る。スカウトした女性達に必ず幸せだと言わせると宣言し奮闘する。ハーレムとバーストは敵対するライバル会社。ハーレムはバーストに吸収されるが事件が起きてゆく。風俗嬢アゲハは働き詰めにされ疲れ果てていく。そこに秀吉の魔の手が。白鳥はアゲハと出会い助け出し新しい店を紹介した。次第に距離を縮めるアゲハと白鳥だったが、アゲハの異変に気付く。そしてまた事件が巻き起こる。
監督:園子温 出演:綾野剛(白鳥龍彦)、山田孝之(南秀吉)、沢尻エリカ(アゲハ)、伊勢谷友介(真虎)、金子ノブアキ(葉山豊)、ほか

「ヘルタースケルター」のネタバレあらすじ結末

ヘルタースケルターの紹介:2012年日本映画。岡崎京子原作の同名漫画を沢尻エリカ主演で実写化した作品です。全身に美容整形手術を施し、誰もが羨む美貌と人気を手にしたファッションモデルが、手術の副作用とライバルの出現により精神を蝕まれていく姿が描かれています。
監督:蜷川実花 出演者:沢尻エリカ(りりこ)、水原希子(吉川こずえ)、寺島しのぶ(羽田美知子)、綾野剛(奥村伸一)、大森南朋(麻田誠)ほか

「SHINOBI」のネタバレあらすじ結末

SHINOBI(しのび)の紹介:2005年日本映画。松竹映画が若手俳優を多く集めて作ったファンタジー時代劇。一応原作は小説の甲賀忍法帖ですが、設定やストーリーを変えているため、原作ファンにはあまり好評ではありません。原作が奥が深い分、限られた時間でストーリーを表現するのは難しいと感じます。全体的にエンターテイメント作品としては成り立っています。若くて初々しい、オダギリジョーと仲間由紀恵を見ることができます。最後にとったヒロインの行動に驚かされます。
監督:下山天 出演者: 仲間由紀恵(朧)、オダギリジョー(甲賀弦之助)、黒谷友香(陽炎)、沢尻エリカ(蛍火)、石橋蓮司(天海)、北村和夫(徳川家康)、椎名桔平(天膳)ほか

「クローズド・ノート」のネタバレあらすじ結末

クローズド・ノートの紹介:2007年日本映画。小学校の教員を目指す女子大生の香恵は、引っ越しをする。そこで、以前そこに住んでいた住人の忘れものと思われる一冊のノートを見つける。
監督:行定勲 出演者:沢尻エリカ(堀井香恵)、 伊勢谷友介(石飛リュウ)、 竹内結子(真野伊吹)、 黄川田将也(夏目涼)、 ほか

「パッチギ!」のネタバレあらすじ結末

パッチギ!の紹介:2004年日本映画。名曲「イムジン河」をテーマに、日本人と在日朝鮮人の高校生の友情や恋愛を描いたラブ・ストーリー。恋愛や友情に国籍など関係ないという強いメッセージが込められた作品です。
監督:井筒和幸 出演者:塩谷瞬(康介)、高岡蒼祐(アンソン)、沢尻エリカ(キョンジャ)、湯原京子(桃子)ほか

「シュガー&スパイス 風味絶佳」のネタバレあらすじ結末

シュガー&スパイス 風味絶佳の紹介:2006年日本映画。山田詠美の小説『風味絶佳』を原作とする作品。恋をはじめて知った青年のほろ苦い初恋と失恋を描いたラブストーリー。オアシスが、楽曲を提供した初めての邦画ということでも話題となりました。
監督:中江功 出演者:柳楽優弥(志郎)、沢尻エリカ(乃里子)、高岡蒼甫(乃里子の元彼)、夏木マリ(グランマ)ほか

「手紙(2006年)」のネタバレあらすじ結末

映画 手紙の紹介:2006年日本映画。東野圭吾のロングセラー小説『手紙』を映画化した社会派人間ドラマ。殺人犯の弟という立場、心優しき殺人犯の苦悩、愛が描かれています。また、被害者遺族の苦しみにも焦点があてられていて、悲しく切ない映画です。
監督:生野慈朗 出演:山田孝之(武島直貴)、玉山鉄二(武島剛志)、沢尻エリカ(白石由美子)、吹石一恵(中条朝美)、尾上寛之(寺尾祐輔)、田中要次(倉田)ほか

「間宮兄弟」のネタバレあらすじ結末

間宮兄弟の紹介:2006年日本映画。仲良し兄弟の絆を描いた、ハートフルコメディー。平凡だけど幸せに暮らす兄弟の日常を、温かい目線で描いたほのぼのとした作品です。ベストセラー作家の江國香織の小説が原作となっています。
監督:森田芳光 出演者:佐々木蔵之助(間宮明信)、塚地武雄(間宮徹信)、沢尻エリカ(本間直美)、北川景子(本間夕実)、常盤貴子(葛原依子)ほか

TOP↑