ドラマ映画のあらすじ

「奇跡」のネタバレあらすじ結末

奇跡の紹介:2011年日本映画。「あなたもきっと、誰かの奇跡」。是枝裕和監督が九州新幹線全線開通をきっかけに製作した傑作。両親の離婚が原因で離れ離れになった兄弟が新幹線がすれ違う場所で再び会おうと冒険に出るが…。
監督:是枝裕和 出演:前田航基(大迫航一(兄))、前田旺志郎(木南龍之介(弟))、林凌雅(福元佑)、永吉星之介(太田真)、内田伽羅(有吉恵美)、橋本環奈(早見かんな)、磯邊蓮登(磯邊蓮登)、大塚寧々(大迫のぞみ)、オダギリジョー(木南健次)、夏川結衣(有吉恭子)、長澤まさみ(三村幸知先生)、阿部寛(坂上守先生)、原田芳雄(山本亘)、樹木希林(大迫秀子)、橋爪功(大迫周吉)、ほか

「マエストロ!」のネタバレあらすじ結末

映画マエストロ!の紹介:2015年日本映画。名門オーケストラの再結成をめぐり舞台裏で繰り広げられる若きバイオリニストと謎の中年指揮者の真剣勝負を描く。「コドモのコドモ」「神童」などのさそうあきら原作コミック「マエストロ」を実写映画化。
監督:小林聖太郎 原作:さそうあきら 出演:松坂桃李(香坂真一 / 第1ヴァイオリン/コンサートマスター)、miwa(橘あまね / フルート)、古舘寛治(阿久津健太朗 / ヴィオラ)、大石吾朗(村上伊佐夫 / 第1ヴァイオリン)、濱田マリ(谷ゆきえ / 第2ヴァイオリン)、河井青葉(榊涼子 / チェロ)、池田鉄洋(今泉徹 / コントラバス)、モロ師岡(鈴木稔 / フルート)、村杉蝉之介(可部直人 / クラリネット)、小林且弥(伊丹秀佳 / オーボエ)、中村倫也(丹下浩 / ティンパニ)、斉藤暁(一丁田薫 / ホルン)、嶋田久作(島岡脩三 / ホルン)、松重豊(相馬宏明 / オペラハウスのマネージャー)、西田敏行(天道徹三郎 / 指揮者)、ほか

「ヒア アフター」のネタバレあらすじ結末

ヒア アフターの紹介:2010年アメリカ映画。巨匠クリント・イーストウッド監督がスティーヴン・スピルバーグを製作総指揮に迎えて贈るヒューマンドラマです。霊能力者、津波で臨死体験をした女性ジャーナリスト、双子の兄を失くした弟、死後の世界に囚われた3人の物語が展開されます。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:マット・デイモン(ジョージ・ロネガン)、セシル・ドゥ・フランス(マリー・ルレ)、フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン(マーカス/ジェイソン)、ジェイ・モーア(ビリー・ロネガン)、ブライス・ダラス・ハワード(メラニー)ほか

「天国の駅 HEAVEN STATION」のネタバレあらすじ結末

1984年日本映画 監督:出目昌伸 出演:吉永小百合、西田敏行、三浦友和、津川雅彦ほか
昭和45年6月11日。死刑執行の日を迎えた林葉かよは独房で紅をさしていた。「私、きれいでしょうか」死刑執行の前、彼女は神父にそう尋ねた。紅だけをさした彼女の顔には不安や恐怖というより、行くべき場所にこれから行く期待感もあるように見えた。そしてかよは死刑台の階段を上っていく。

「フォレスト・ガンプ 一期一会」のネタバレあらすじ結末

フォレスト・ガンプ 一期一会の紹介:1994年アメリカ映画。ウィンストン・グルームの小説『フォレスト・ガンプ』を映画化したヒューマンドラマで、アカデミー賞作品賞やゴールデングローブ賞のドラマ部門作品賞などの栄冠に耀いた大ヒット作品です。知能指数は劣るも真っ直ぐな心と脚力を生かして時代を駆け抜けた主人公フォレスト・ガンプの半生を、アメリカの歴史を織り交ぜながら描きます。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:トム・ハンクス(フォレスト・ガンプ)、ロビン・ライト(ジェニー・カラン)、サリー・フィールド(ミセス・ガンプ)、ゲイリー・シニーズ(ダン・テイラー)、ミケルティ・ウィリアムソン(ベンジャミン・“バッバ”・ブルー)、ハーレイ・ジョエル・オスメント(フォレスト・ガンプ・Jr.)ほか

「オーケストラ!」のネタバレあらすじ結末

オーケストラ!の紹介:2009年フランス映画。名門オーケストラの元天才指揮者がひょんなことから昔の仲間とともにオーケストラを再結成、かつての栄光を取り戻そうと奮闘する姿をユーモラスに描く。
監督:ラデュ・ミへイレアニュ 出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウほか

「パリよ、永遠に」のネタバレあらすじ結末

2014年フランス・ドイツ合作 監督:フォルカー・シュレンドルフ 出演者:アンドレ・デュソリエ、ニエル・アレストリュプ、チャーリー・ネルソン、ジャン=マルク・ルロほか
ナチス・ドイツ軍占領下のフランスを舞台に、パリ破壊を命じられたドイツ軍将校と、パリを愛するスウェーデン総領事が繰りひろげる攻防を描いた歴史ドラマ。

「偽りなき者」のネタバレあらすじ結末

偽りなき者の紹介:2012年デンマーク映画。少女の何気ない嘘で人生を壊された男が理不尽な迫害を受けながらも、自らの尊厳を守るため周囲のいわれなき疑惑や憎悪に立ち向かっていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。2012年に第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞、エキュメニカル審査員賞、ヴァルカン賞を受賞した、トマス・ヴィンターベア監督作品。
監督:トマス・ヴィンターベア 出演者:マッツ・ミケルセン(ルーカス)、トマス・ボー・ラーセン(テオ)、アニカ・ヴィタコプ(クララ)、ラセ・フォーゲルストラム(マルクス)、スーセ・ウォルド(グレテ)、ラース・ランゼ(ブルーン)、ほか

「海の上のピアニスト」のネタバレあらすじ結末

海の上のピアニストの紹介:1998年イタリア,アメリカ映画。大西洋を横断する豪華客船で生まれ、生涯船を降りることのなかったあるピアニストの物語。音楽をエンニオ・モリコーネが担当し、ゴールデン・グローブ賞最優秀作曲賞の他、数多くの映画賞を受賞した。ピアニストが船を降りようとしない理由を話すシーンは涙なしでは観られないと話題である。
監督:ジュゼッペトルナトーレ 音楽:エンニオモリコーネ 出演:ティム・ロス(1900)、プルイット・テイラー・ヴィンス(マックス)、メラニー・ティエリー(少女)、ビル・ナン(ダニー)、クラレンス・ウィリアムズ3世(ジェリー・ロール・モートン)、ピーター・ヴォーン(店主)、ニール・オブライエン(港長)、アルベルト・ヴァスケス(機械工のメキシコ人)、ガブリエレ・ラヴィア(農夫)、ほか

「フィールド・オブ・ドリームス」のネタバレあらすじ結末

フィールド・オブ・ドリームスの紹介:1989年アメリカ映画。ウイリアム・パトリック・キンセラの小説『シューレス・ジョー』を原作としたファンタジー映画の傑作です。本作は野球を通じて夢や希望、家族の絆を描き上げ、この年のアカデミー賞では作品賞、脚色賞、作曲賞にノミネート、日本でもブルーリボン賞や日本アカデミー賞で最優秀外国語作品賞を受賞するなど高い評価を得ました。
監督:フィル・アルデン・ロビンソン 出演:ケビン・コスナー(レイ・キンセラ)、エイミー・マディガン(アニー・キンセラ)、ギャビー・ホフマン(カリン・キンセラ)、レイ・リオッタ(シューレス・ジョー・ジャクソン)、ティモシー・バスフィールド(マーク)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(テレンス・マン)、バート・ランカスター(Dr.アーチボルト・ムーンライト・グラハム)、フランク・ホエーリー(若き日のアーチボルト・ムーンライト・グラハム)、ドワイヤー・ブラウン(ジョン・キンセラ)、マイケル・ミルホーン(バック・ウィーヴァー)、スティーヴ・イースティン(エディ・シーコット)、チャールズ・ホイエス(スウィード・リスバーグ)、アート・ラフルー(チック・ギャンディル)ほか

「リバー・ランズ・スルー・イット」のネタバレあらすじ結末

リバー・ランズ・スルー・イットの紹介:1992年アメリカ映画。ノーマン・マクリーンの小説「マクリーンの川」を名優ロバート・レッドフォードの監督・製作により映画化したヒューマンドラマです。20世紀初頭のアメリカ・モンタナ州の雄大な自然を舞台に、フライ・フィッシングを通じて心を通わせ合う親子・兄弟の絆を描きます。第65回アカデミー賞で撮影賞を受賞しています。
監督:ロバート・レッドフォード 出演:クレイグ・シェイファー(ノーマン・マクリーン)、ブラッド・ピット(ポール・マクリーン)、トム・スケリット(マクリーン牧師)、ブレンダ・ブレッシン(マクリーン夫人)、エミリー・ロイド(ジェシー・バーンズ)、ニコール・バーデット(メイベル)、エディ・マクラーグ(バーンズ夫人)、スティーヴン・シェレン(ニール・バーンズ)、マイケル・カドリッツ(チャブ)ほか

「永遠の0(ゼロ)」のネタバレあらすじ結末

映画 永遠の0(永遠のゼロ)の紹介:2013年日本映画。百田尚樹のベストセラー小説「永遠の0」をV6岡田准一主演で映画化したヒューマンドラマ。現代に生きる青年が太平洋戦争の特攻で亡くなった零戦パイロットの祖父のことを調べていくうちに祖母への思いを知るようになっていく姿が描かれる。
監督:山崎貴  原作:百田尚樹 キャスト:岡田准一(宮部久蔵)、三浦春馬(佐伯健太郎)、井上真央(松乃)、濱田岳(井崎)、新井浩文(景浦)、染谷将太(大石)、三浦貴大(武田)ほか

「クライアント・リスト ザ・ムービー」のネタバレあらすじ結末

2010年アメリカ映画 監督: エリック・レーンウービル 出演:ジェニファー・ラブ・ヒューイット、テディ・シアーズ、ソニヤ・ベネット、リンダ・ボイド他
『クライアント・リスト ザ・ムービー』は2004年にテキサス州オデッサで実際に起こった売春スキャンダルを基にしている。その後テレビドラマ、クライアント・リスト シーズン1の原作となった作品。

「ツレがうつになりまして」のネタバレあらすじ結末

ツレがうつになりましての紹介:2011年日本映画。「ツレがうつになりまして」は現代には多い病気うつ病を題材にした映画です。主演はツレ役に堺雅人・ハル役に宮崎あおいが演じる。キャッチコピーは「頑張らないぞ!」「健やかなる時も、病める時も君と一緒にいたい」です。この映画は全国222スクリーンで公開され、初日2日間で1億2000万以上の興業収入を記録し観客動員ランキング初登場4位を記録した話題の映画です。
監督:佐々部清 出演:宮崎あおい(高崎晴子 / ハルさん)、堺雅人(高崎幹男 / ツレ)、吹越満(杉浦)、津田寛治(高崎和夫)、中野裕太(小畑)、山本浩司(君塚)、大杉漣(栗田保男)、余貴美子(栗田里子)、吉田羊、ほか

「さすらい」のネタバレあらすじ結末

1976年 西ドイツ映画 
ヴィム・ヴェンダース監督のロードー・ムービー3部作の最終作品。大型ワゴンに乗り小さい街の映画館をまわってフィルム運びや映写機の修理などをしているブルーノ。ある朝彼は川に突っ込む車を目撃する。その車から脱出したロベルトという男を自分の旅に同行させることにするのだが。

1 193 194 195 196 197 198 199

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑