娼年の紹介:2017年日本映画。「僕を、買ってください」石田衣良の同名小説の映画化作品で、2016年に舞台化された際の演出・脚本:三浦大輔と主演:松坂桃李が再びタッグを組んで製作されたR-18指定のエロティック・ドラマです。会員制ボーイズクラブを舞台に、無気力に生きてきた青年が様々な女性と肌を重ねるうちに新たな自分の可能性を見出だしていく姿を、出演者総体当たりの過激な性描写を交えて描きます。
監督:三浦大輔 出演者:松坂桃李(森中領/リョウ)、真飛聖(御堂静香)、冨手麻妙(咲良)、猪塚健太(平戸東)、桜井ユキ(白崎恵)、小柳友(田島進也)、馬渕英里何(イツキ)、荻野友里(主婦)、佐々木心音(紀子)、大谷麻衣(ヒロミ)、階戸瑠李(ギャル風の女)、西岡徳馬(泉川)、江波杏子(老女)ほか