Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セクシー映画一覧

セクシー映画のネタバレあらすじ一覧です。セクシャリティ、エロティシズムなどの官能的でパーソナルなテーマを美しく映画に落とし込み、性に関する認識に挑戦した作品が揃っています。人気の話題作から、ホラー作品やコメディ作品まで、オススメのセクシー映画のあらすじを結末まで解説します。

「牝猫たち」のネタバレあらすじ結末

牝猫たち(めすねこたち)の紹介:2016年日本映画。日活ロマンポルノの45周年を記念した“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の一環であり、『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督による作品です。ネットカフェ難民、シングルマザー、不妊症とそれぞれの事情を抱えた3人の風俗嬢と、彼女たちに群がる男たちとの人間模様が描かれます。
監督:白石和彌 出演者:井端珠里(雅子)、真上さつき(結依)、美知枝(里枝)、音尾琢真(野中)、郭智博(高田)、村田秀亮(とろサーモン)(谷口)ほか

「迷宮のヴェニス」のネタバレあらすじ結末

迷宮のヴェニスの紹介:1990年アメリカ映画。休暇でヴェニスを訪れた若い男女が、謎の中年夫婦の術中にはまっていくエロティック・サスペンス。イギリス人観光客のコリンとメアリーは恋人同士だが、最近はすれ違いも多く冷めていく愛を感じていた。迷宮のようなヴェニスの街で道に迷った彼らは、ミステリアスな男ロバートと知り合う。彼とその妻キャロラインは親切にしてくれるが、どことなく気味の悪い雰囲気を纏っていた。
監督:ポール・シュレイダー 出演者:クリストファー・ウォーケン(ロバート)、ルパート・エヴェレット(コリン)、ナターシャ・リチャードソン(メアリー)、ヘレン・ミレン(キャロライン)ほか

「ホテル」のネタバレあらすじ結末

ホテルの紹介:1977年イタリア,西ドイツ映画。裕福な人妻が飛行機に乗り遅れたことで宿泊したホテルで、隣室にいた反政府活動家の青年の情事を見てしまう。欲望に駆られた人妻は彼とのひとときの情事に溺れていく。
監督:カルロ・リッツァーニ 出演:コリンヌ・クレリー(パスカル)、ブルース・ロビンソン(カール)、ペーター・カーン(ミュラー)、ミケーレ・プラチド、ウェルナー・ポチャス、ほか

「ラストタンゴ・イン・パリ」のネタバレあらすじ結末

ラストタンゴ・イン・パリの紹介:1972年フランス,イタリア映画。アパートの空室。パリの孤独なアメリカ人と若い女の情事。性描写によって公開当時にセンセーションを巻き起こす。ベルトルッチの名声を決定的にした傑作だが、マリア・シュナイダーはアナルセックスのシーンの撮影で彼女の同意を得ずにバターが使われたことに傷ついていた。シュナイダーの没後、ベルトルッチの晩年にこれがレイプと誤解されインターネットでの炎上騒ぎになる。R18+作品。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演者:マーロン・ブランド(ポール)、マリア・シュナイダー(ジャンヌ)、ジャン=ピエール・レオー(トム)、マッシモ・ジロッティ(マルセル)、マリア・ミーキ(ローザの母)その他

「エマの瞳」のネタバレあらすじ結末

エマの瞳の紹介:2017年イタリア,スイス映画。『ベニスで恋して』などで知られるイタリアの名匠シルビオ・ソルディーニ監督が贈る大人のラブストーリーです。目が不自由ながらも自分らしく自立して生きる女性と、家族や恋人とまともに向き合ってこなかったプレイボーイの男との恋愛とその顛末を描きます。
監督:シルビオ・ソルディーニ 出演者:アドリアーノ・ジャンニーニ(テオ・モスコーニ)、バレリア・ゴリノ(エマ)、アンナ・フェルツェッティー(グレタ)、バレンティーナ・カーネッティ(ステファニア)、ローラ・アドリアーニ(ナディア)ほか

「白蛇抄」のネタバレあらすじ結末

白蛇抄(はくじゃしょう)の紹介:1983年日本映画。情欲に翻弄される女の悲劇を描いた文芸エロス作品。夫を失い自殺しようとしたうたは、寺の住職に助けられそのまま内縁の妻となった。老齢で体の自由が利かない和尚は夜毎うたの体を求める。和尚の息子昌夫も妖艶なうたに惹かれていた。やがてうたと昌夫は愛し合うようになり、破滅の道を進んでいく。原作は水上勉の同名小説。
監督:伊藤俊也 出演者:小柳ルミ子(石立うた)、杉本哲太(加波島昌夫)、仙道敦子(鵜藤まつの)、鈴木光枝(さわ)、宮口精二(慈観)ほか

「柔らかな肌」のネタバレあらすじ結末

柔らかな肌の紹介:2009年スペイン映画。ひとりの女子大生が初めて同性に惹かれ、戸惑いながらも自分に正直になっていく姿を描く。相手が同性でも異性でも変わらない、恋をする時の純粋な心の機微を好演しています。
監督:ヘスース・ガライ 出演:ディアナ・ゴメス(アジア)、アリアドナ・カブロル(エロイーズ)、ベルナート・サウメル(ナサニエル)、カロリーナ・モントーヤ(エリカ)、ラウラ・コネヘーロ、ほか

「名前のない女たち」のネタバレあらすじ結末

名前のない女たちの紹介:2010年日本映画。22歳の純子は内向的で冴えないOL。たまたま出てきた渋谷でセクシー女優にスカウトされ“桜沢ルル”としてデビューすることになる。コスプレ路線があたり人気女優となるが、ストーカーにより会社にもバレ、更に彼女自身にもその手が伸びようとしていた・・。セクシー女優の浮き沈みや母親との確執を経て純子が向かう先とは。原案はフリーライター中村淳彦によるノンフィクション書籍。
監督:佐藤寿保 出演:安井紀絵(小倉純子/桜沢ルル)、佐久間麻由(栗原綾乃)、新井浩文(裕也)、渡辺真紀子(小倉恵子)、鳥肌実(井川)、河合龍之介(隆)、草野イニ(三宅)、木口亜矢(青木リエ)、鎌田奈津美(春奈)、ほか

「友だちのパパが好き」のネタバレあらすじ結末

友だちのパパが好きの紹介:2015年日本映画。大学生の妙子の家に遊びに来ていたマヤが突然、妙子のお父さんの恭介が好きだと言いました。冗談半分だと思っていた妙子と母でしたが、やがてマヤが恭介に執拗に迫り、浮気癖のある恭介はマヤと関係を持ってしまいました。やがて妻のミドリ、娘の妙子、愛人のハヅキを巻き込み大騒動となっていきました・・・というふしだらな父親と家族のエロスが交錯した人間ドラマです。
監督:成瀬巳喜男 出演者:吹越満(箱崎恭介)、岸井ゆきの(箱崎妙子)、安藤輪子(吉川マヤ)、石橋けい(箱崎ミドリ)、平岩紙(生島ハヅキ)、宮崎吐夢(川端惣一)、 金子岳憲(田所陸夫)ほか

「ザ・トライブ」のネタバレあらすじ結末

ザ・トライブの紹介:2014年ウクライナ映画。出演者全員に聾唖者を起用、全編に渡って登場人物全員の台詞が手話のみ・音楽なし・字幕なしという今までにない実験的な作風で、聾唖者の寄宿学校で暗躍する不良学生たちの暴力と犯罪、セックスを描いたウクライナ発の衝撃作です。
監督:ミロスラヴ・スラボシュピツキー 出演者:グレゴリー・フェセンコ(セルゲイ)、ヤナ・ノヴィコァヴァ(アナ)、ロザ・バビィ、オレクサンダー・ドジャデヴィチ、ヤロスラヴ・ビレツキーほか

「After Sex アフターセックス」のネタバレあらすじ結末

After Sex アフターセックスの紹介:2007年アメリカ映画。8組のカップルの事後をオムニバス形式で描くロマンス&ドラマ作品。体だけの関係、ゲイ、レズビアン、行きずりの2人など、様々な事情を抱えた16人の恋愛模様をユーモラスに描き出す。
監督:エリック・アマディオ 出演者:タリン・マニング(アラナ)、ゾーイ・サルダナ(キャット)、キーア・オドネル(デヴィッド)、エマニュエル・シュリーキー(ジョーディ)、ジャネット・オコナー(トルーディ)ほか

「花芯」のネタバレあらすじ結末

花芯(かしん)の紹介:2015年日本映画。瀬戸内寂聴が新進気鋭の女流作家瀬戸内晴美として発表した同名小説の映画化作品。夫との暮らしに愛を見いだせない人妻が恋を知り、やがて愛欲の世界に身を投じていく様を官能的に描いていきます。清純派女優村川絵梨の体当たりの熱演が光ります。
監督:安藤尋 出演者:村川絵梨(古川園子)、林遣都(雨宮清彦)、安藤政信(越智泰範)、藤本泉(古川蓉子)、毬谷友子(北林未亡人)、ほか

「スキャンダル (1976年)」のネタバレあらすじ結末

スキャンダルの紹介:1976年フランス映画。情欲の果てに身を滅ぼす女性を描いたエロティック・サスペンス。大学教授の妻であり、自らも薬局を営む上流階級のエリアーヌ。ある日雑用係のアルマンから人違いで抱きつかれ、以来彼を男として意識してしまうようになった。エリアーヌの欲望を見抜いたアルマンは彼女を性の奴隷にし、非情な仕打ちを繰り返す。
監督:サルヴァトーレ・サンペリ 出演者:リザ・ガストーニ(エリアーヌ・ミシュー)、フランコ・ネロ(アルマン)、レイモン・ペルグラン(アンリ・ミシュー)、クラウディア・マルサーニ(ジュスティーヌ・ミシュー)、アンドレア・フェレオル(ジュリエット)ほか

「マルティナは海」のネタバレあらすじ結末

マルティナは海の紹介:2001年スペイン映画。夫を亡くした後、富豪と再婚して不自由ない生活を送る女性に、ある日突然死んだと思われていたかつての夫が現れる。しかし互いの愛を取り戻した2人を待つものは悲しい結末だった。
監督ビガス・ルナ 出演:レオノール・ワトリング、ジョルディ・モリャ、エドゥアルド・フェルナンデス、セルジオ・キャバレロ、ほか

「メビウス(2013年)」のネタバレあらすじ結末

メビウスの紹介:2013年韓国映画。父の不倫現場を見た母親が怒りに任せ、父親の性器を切り取ろうとするも、抵抗され、代わりに息子の性器を切り取ってしまいます。この日から息子の為に自分の性器を移植しようとする父と、母親に似た駄菓子屋の女に好意を抱く息子との二人の生活が始まります・・・というセリフの全くない韓国発、衝撃の問題作です。
監督:キム・ギドク 出演者:チョ・ジェヒョン(父)、ソ・ヨンジュ(息子)、イ・ウヌ(母、駄菓子屋の女)ほか

1 2 3 4 5 8
TOP↑