Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セクシー映画一覧

セクシー映画のネタバレあらすじ一覧です。セクシャリティ、エロティシズムなどの官能的でパーソナルなテーマを美しく映画に落とし込み、性に関する認識に挑戦した作品が揃っています。人気の話題作から、ホラー作品やコメディ作品まで、オススメのセクシー映画のあらすじを結末まで解説します。

「ミステリアス・サマー」のネタバレあらすじ結末

ミステリアス・サマーの紹介:2002年アメリカ映画。保険会社の営業部長スコットとその妻コリは、バカンスとスコットのビジネスを兼ねてハワイへと飛んだ。そこでスコットは殺害されてしまう。コリは警察に正直に自白を始めるが…。
監督:マイク・セダン 出演:カーラ・スタイラー(コリ)、エディ・ジェイ(スコット)、クリストファー・ケリー(ビク)、ナオミ・ネクターレ(クリスティーナ)、ジェイス・パネビアンコ(マカナヘレ)、ほか

「跪く女」のネタバレあらすじ結末

跪く女(ひざまずくおんな)の紹介:2013年スウェーデン映画。スウェーデンを舞台に、訳ありな学校教師同士の同棲カップルの激しく欲望に満ちた性愛を、同僚の女性教師との関係も交えて描いたエロティックラブストーリーです。
監督:マニ・モータセット 出演者:グスタフ・スカルガルド(クリステル)、アンナ・オーストレム(イダ・カールソン)、レベッカ・ファーガソン(リンダ)、ステン・リュングレン(マクラーレン)、ケビン・バズ(少年)ほか

「カサノバ(1976年)」のネタバレあらすじ結末

カサノバの紹介:1976年イタリア映画。18世紀のヴェネチアと周辺地域を舞台に、波乱とエクスタシーに満ちた生涯を送った資産家ジャコモ・カサノバの生涯を追う。いかにして彼は多くの女性とロマンスに至ったのか。
監督:フェデリコ・フェリーニ 出演:ドナルド・サザーランド(ジャコモ・カサノバ)、ティナ・オーモン(アンリエット)、マルガレート・クレマンティ(マッダレーナ)、サンドラ・エレーン・アレン(アンジェリーナ)、シシリー・ブラウン(マダム・デルフェ)、カルメン・スカルピッタ(マダム・シャルピヨン)、クララ・アルグランティ(マルコリーナ)、ダニエラ・ガッティ(ジゼルダ)、オリンピア・カルリシ(イザベラ)、シルヴァーナ・フサッキア(イザベラの妹)、クラリッサ・メアリー・ロール(アンナ・マリア)、ダニエル・エミルフォルク(デュ・ボワ)、ほか

「殺人鬼を飼う女」のネタバレあらすじ結末

殺人鬼を飼う女の紹介:2019年日本映画。「リング」「スマホを落としただけなのに」を手掛けた中田秀夫監督が解離性同一性障害で4人の人格を持つ主人公キョウコの身に起きる出来事を描いた作品。それぞれの人格を異なる女優が演じているという構成が実に大胆で面白く出来ています。
監督:中田秀夫 出演:飛鳥凛(櫻木京子 / キョウコ)、大島正華(直美)、松山愛里(ゆかり)、中谷仁美(ハル)、水橋研二(田島冬樹)、根岸季衣(櫻木友香里)、ほか

「やるっきゃ騎士」のネタバレあらすじ結末

やるっきゃ騎士(ナイト)の紹介:2015年日本映画。エロ大好きの豪介が転校してきた聖愛学園は、女尊男卑の制度があり、男子は奴隷のように扱われていました。この学園を元に戻すべく豪介は立ち上がりますが、女子の自治クラブの会長の静香に一目ぼれしてしまいます・・・という内容の1980年代にヒットしたお色気学園コメディアニメの映画化です。
監督:平林克理 出演者:中村倫也(誠豪介)、遠藤新菜(美崎静香)、柾木玲弥(山田たかし)、柳英里紗(星チカコ)、アレクサンダー大塚(嵐鉄美)ほか

「キャット・ピープル(1981年)」のネタバレあらすじ結末

キャット・ピープルの紹介:1981年アメリカ映画。人間と交わることで黒豹に変身するキャット・ピープルの娘と人間との悲恋。1942年製作のホラー映画の古典名作「キャット・ピープル」を現代のニューオリンズを舞台にエロティックかつ血まみれにリメイク。監督は『ザ・ヤクザ』、『タクシードライバー』等の脚本家で近作『魂のゆくえ』等監督作も多いポール・シュレイダー。主題歌はデヴィッド・ボウィが歌う。
監督:ポール・シュレイダー 出演者:ナスターシャ・キンスキー(アイリーナ・ガリエ)、ジョン・ハード(オリヴァー・イェーツ)、マルコム・マクダウェル(ポール・ガリエ)、アネット・オトゥール(アリス)、ルビー・ディー(フェモーリ)、エド・べグリー・Jr(ジョー)その他

「ブルー・イグアナの夜」のネタバレあらすじ結末

ブルー・イグアナの夜の紹介:2000年アメリカ映画。ストリップクラブ「ブルー・イグアナ」で働くダンサーたちそれぞれが抱える人生を描く。制作において台本がなく、主演女優らが自ら作り出したキャラクターでできあがったという異色作。
監督:マイケル・ラドフォード 出演:ダリル・ハンナ(エンジェル)、シーラ・ケリー(ストーミー)、ジェニファー・ティリー(ジョー)、サンドラ・オー(ジャスミン)、シャーロット・アヤナ(ジェシー)、ほか

「牝猫たち」のネタバレあらすじ結末

牝猫たち(めすねこたち)の紹介:2016年日本映画。日活ロマンポルノの45周年を記念した“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の一環であり、『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督による作品です。ネットカフェ難民、シングルマザー、不妊症とそれぞれの事情を抱えた3人の風俗嬢と、彼女たちに群がる男たちとの人間模様が描かれます。
監督:白石和彌 出演者:井端珠里(雅子)、真上さつき(結依)、美知枝(里枝)、音尾琢真(野中)、郭智博(高田)、村田秀亮(とろサーモン)(谷口)ほか

「迷宮のヴェニス」のネタバレあらすじ結末

迷宮のヴェニスの紹介:1990年アメリカ映画。休暇でヴェニスを訪れた若い男女が、謎の中年夫婦の術中にはまっていくエロティック・サスペンス。イギリス人観光客のコリンとメアリーは恋人同士だが、最近はすれ違いも多く冷めていく愛を感じていた。迷宮のようなヴェニスの街で道に迷った彼らは、ミステリアスな男ロバートと知り合う。彼とその妻キャロラインは親切にしてくれるが、どことなく気味の悪い雰囲気を纏っていた。
監督:ポール・シュレイダー 出演者:クリストファー・ウォーケン(ロバート)、ルパート・エヴェレット(コリン)、ナターシャ・リチャードソン(メアリー)、ヘレン・ミレン(キャロライン)ほか

「ホテル」のネタバレあらすじ結末

ホテルの紹介:1977年イタリア,西ドイツ映画。裕福な人妻が飛行機に乗り遅れたことで宿泊したホテルで、隣室にいた反政府活動家の青年の情事を見てしまう。欲望に駆られた人妻は彼とのひとときの情事に溺れていく。
監督:カルロ・リッツァーニ 出演:コリンヌ・クレリー(パスカル)、ブルース・ロビンソン(カール)、ペーター・カーン(ミュラー)、ミケーレ・プラチド、ウェルナー・ポチャス、ほか

「ラストタンゴ・イン・パリ」のネタバレあらすじ結末

ラストタンゴ・イン・パリの紹介:1972年フランス,イタリア映画。アパートの空室。パリの孤独なアメリカ人と若い女の情事。性描写によって公開当時にセンセーションを巻き起こす。ベルトルッチの名声を決定的にした傑作だが、マリア・シュナイダーはアナルセックスのシーンの撮影で彼女の同意を得ずにバターが使われたことに傷ついていた。シュナイダーの没後、ベルトルッチの晩年にこれがレイプと誤解されインターネットでの炎上騒ぎになる。R18+作品。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演者:マーロン・ブランド(ポール)、マリア・シュナイダー(ジャンヌ)、ジャン=ピエール・レオー(トム)、マッシモ・ジロッティ(マルセル)、マリア・ミーキ(ローザの母)その他

「エマの瞳」のネタバレあらすじ結末

エマの瞳の紹介:2017年イタリア,スイス映画。『ベニスで恋して』などで知られるイタリアの名匠シルビオ・ソルディーニ監督が贈る大人のラブストーリーです。目が不自由ながらも自分らしく自立して生きる女性と、家族や恋人とまともに向き合ってこなかったプレイボーイの男との恋愛とその顛末を描きます。
監督:シルビオ・ソルディーニ 出演者:アドリアーノ・ジャンニーニ(テオ・モスコーニ)、バレリア・ゴリノ(エマ)、アンナ・フェルツェッティー(グレタ)、バレンティーナ・カーネッティ(ステファニア)、ローラ・アドリアーニ(ナディア)ほか

「白蛇抄」のネタバレあらすじ結末

白蛇抄(はくじゃしょう)の紹介:1983年日本映画。情欲に翻弄される女の悲劇を描いた文芸エロス作品。夫を失い自殺しようとしたうたは、寺の住職に助けられそのまま内縁の妻となった。老齢で体の自由が利かない和尚は夜毎うたの体を求める。和尚の息子昌夫も妖艶なうたに惹かれていた。やがてうたと昌夫は愛し合うようになり、破滅の道を進んでいく。原作は水上勉の同名小説。
監督:伊藤俊也 出演者:小柳ルミ子(石立うた)、杉本哲太(加波島昌夫)、仙道敦子(鵜藤まつの)、鈴木光枝(さわ)、宮口精二(慈観)ほか

「柔らかな肌」のネタバレあらすじ結末

柔らかな肌の紹介:2009年スペイン映画。ひとりの女子大生が初めて同性に惹かれ、戸惑いながらも自分に正直になっていく姿を描く。相手が同性でも異性でも変わらない、恋をする時の純粋な心の機微を好演しています。
監督:ヘスース・ガライ 出演:ディアナ・ゴメス(アジア)、アリアドナ・カブロル(エロイーズ)、ベルナート・サウメル(ナサニエル)、カロリーナ・モントーヤ(エリカ)、ラウラ・コネヘーロ、ほか

「名前のない女たち」のネタバレあらすじ結末

名前のない女たちの紹介:2010年日本映画。22歳の純子は内向的で冴えないOL。たまたま出てきた渋谷でセクシー女優にスカウトされ“桜沢ルル”としてデビューすることになる。コスプレ路線があたり人気女優となるが、ストーカーにより会社にもバレ、更に彼女自身にもその手が伸びようとしていた・・。セクシー女優の浮き沈みや母親との確執を経て純子が向かう先とは。原案はフリーライター中村淳彦によるノンフィクション書籍。
監督:佐藤寿保 出演:安井紀絵(小倉純子/桜沢ルル)、佐久間麻由(栗原綾乃)、新井浩文(裕也)、渡辺真紀子(小倉恵子)、鳥肌実(井川)、河合龍之介(隆)、草野イニ(三宅)、木口亜矢(青木リエ)、鎌田奈津美(春奈)、ほか

1 2 3 4 5 9
TOP↑