池松壮亮映画一覧

「デスノート Light up the NEW world(詳解版)」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW worldの紹介:2016年日本映画。デスノートシリーズの前作から10年経った、正統続編としての新作デスノートは、原作にある、「人間世界に持ち込める死神ノートは6冊のみ」を使って、デスノート保有者同士のバトルロワイアルが行なわれる?そんな予感のする映画です。東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演、夜神月とLの死から10年後の情報社会が舞台となる。
監督:佐藤伸介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、ほか

「デスノート Light up the NEW world」のネタバレあらすじ結末

デスノート Light up the NEW world(デスノート ライトアップザニューワールド)の紹介:2016年日本映画。大ヒットを記録したジャンプ漫画原作の「デスノート」実写映画最新作。キラを名乗る大量殺人から10年、平和を取り戻したと思われたこの地上に再び惨劇が繰り返されることになる。繁華街で起きたデスノートによる大量殺人、その容疑者は犯行の途中で死んでしまった。そしてそのデスノートに付く一人の死神から伝えられたのは今地上にデスノートが6冊存在する、ということだった。
監督:佐藤信介 出演:東出昌大(三島創)、池松壮亮(竜崎)、菅田将暉(紫苑優輝)、川栄李奈(青井さくら)、松山ケンイチ(L・竜崎)、中村獅童(リューク)、藤原竜也(夜神月)、戸田恵梨香(弥海砂(ミサミサ))、船越英一郎(御厨賢一)、松坂桃李(ベポ)、ほか

「ぼくたちの家族」のネタバレあらすじ結末

ぼくたちの家族の紹介:2013年日本映画。母の余命1週間という突然の病気で試される本当の家族愛。母を救うために兄弟が奮闘します。バラバラだった家族に隠された、さまざまな問題が噴出し、そして関係を見つめなおす。家族の再生していくさまを描く。
監督:石井裕也 出演者:妻夫木聡(若菜浩介)、原田美枝子(若菜玲子)、池松壮亮(若菜俊平)、長塚京三(若菜克明)、黒川芽以、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾、板谷由夏、市川実日子、ほか

「海よりもまだ深く」のネタバレあらすじ結末

海よりもまだ深くの紹介:2016年日本映画。台風のおかげで、売れない小説家の良多(阿部寛)が、母と元妻と息子と久しぶりに家で過ごす。その中で、自分がかつて思い描いた未来と現在の違いを見つめて、新たなる日常に向けて歩き始める物語。『海街diary』の是枝裕和監督が阿部寛と樹木希林とのタッグを組み、なかなか大人になれない男の姿を描く感動の家族ドラマ。「海よりもまだ深く」というタイトルはテレサ・テンの「別れの予感」の歌詞が由来。
監督:是枝裕和 出演:阿部寛(篠田良多)、真木よう子(白石響子)、小林聡美(中島千奈津)、リリー・フランキー(山辺康一郎)、池松壮亮(町田健斗)、吉澤太陽(白石真悟)、橋爪功(仁井田満)、樹木希林(篠田淑子)、ほか

「ディストラクション・ベイビーズ」のネタバレあらすじ結末

ディストラクション・ベイビーズの紹介:2016年日本映画。喧嘩に明け暮れる泰良、彼の野獣のような生き方に魅せられた高校生 裕也、キャバクラで働く少女 那奈。三人の出会いにより加速する暴力。愛媛県松山市で過激なロケーション撮影がされた。
監督:真利子哲也 出演者:柳楽優弥(芦原泰良)、菅田将暉(北原裕也)、小松菜奈(那奈)、村上虹郎(芦原将太)、池松壮亮(三浦慎吾)、北村匠海(健児)、ほか

「わたしのハワイの歩きかた」のネタバレあらすじ結末

わたしのハワイの歩きかたの紹介:2014年日本映画。日本での煩わしい日々に悩む主人公が、ハワイに行ったことをきっかけに、素敵な人達と出会い、いきいきと輝く姿を描いたラブ・コメディ。ハワイの豊かな自然や、素敵なお店などがたくさん登場し、まるでハワイに行ったかのような楽しさを味わえるハワイ好き必見の作品です。
監督:前田弘二 出演:榮倉奈々(小山田みのり)、高梨臨(吉村茜)、瀬戸康史(鎌田勉)、宇野祥平(本間忠義)、池松壮亮(田嶋祐一)、上原美佐(エミ姐)、吉永淳(マコちゃん)、佐藤みゆき(遠藤加代子)、中村ゆり(早川愛子)、安田顕(塚原聡)、鶴見辰吾(大橋社長)、加瀬亮(阿部知哉)、ほか

「砂時計」のネタバレあらすじ結末

砂時計(2008年)の紹介:2008年日本映画。ヒロインの杏は家庭に事情を抱えて東京から島根県に引っ越し、そこで大悟と出会う。二人が様々な困難を乗り越えて行くラブストーリーとなっています。
監督:佐藤信介 出演:夏帆(中高生時代の杏)、松下奈緒(大人の杏)、池松壮亮(中高生時代の大悟)、井坂俊哉(大人の大悟)、塚田健太(中高生時代の藤)、岡本杏理(中高生時代の月島椎香)、伴杏里(大人の月島椎香)、母・美和子(戸田菜穂)、父・正弘(風間トオル)、祖母・美佐代(藤村志保)、佐倉圭一郎(高杉瑞穂)ほか

「紙の月」のネタバレあらすじ結末

紙の月の紹介:2014年日本映画。直木賞作家である角田光代の長編小説「紙の月」が原作。宮沢りえが演じる一見小心者で控えめな印象の主婦が、契約社員の銀行員となり、年下の男性との関係に溺れていき、最初は少しずつだが、徐々に巨額の横領に手を染めていってしまうサスペンス。
監督:吉田大八 キャスト:宮沢りえ(梅澤梨花)、池松壮亮(平林光太)、石橋蓮司(平林孝三)、田辺誠一(梅澤正文)、大島優子(相川恵子)、近藤芳正(井上祐司)、小林聡美(隅より子)、中原ひとみ(名護たまえ)、平祐奈(中学時代の梅澤梨花)、ほか

「ラストサムライ」のネタバレあらすじ結末

ラスト サムライの紹介:2003年アメリカ作品。明治維新後、政府は急速な西洋化を求め、様々な文化を取り入れようとしていました。しかし、旧武士たちは立場の存続が危ぶまれ、また、古き良き日本の伝統をも破棄されるような気配を感じ、新政府の動きに抵抗を見せます。その混乱のなか、主人公のアメリカ軍人、ネイサン・オールグレンが軍隊育成のために来日し、政府の指示で軍隊を育てます。育成途中の軍を率いて侍達の一掃を命ぜられますが失敗。ネイサンは捕虜の身になります。しかし、そこから村人達とのふれあいを通じ、日本における文化、また武士道を目の当たりにし、次第に考え方が変わり、自ら侍達の味方につき、新政府との最後の戦いに挑みます。
監督:エドワード・ズウィック 出演:トム・クルーズ(ネイサン・オールグレン大尉)、ティモシー・スポール(サイモン・グレアム)、渡辺謙(勝元盛次)、ビリー・コノリー(ゼブロン・ガント軍曹)、トニー・ゴールドウィン(ベンジャミン・バグリー大佐)、真田広之(氏尾)、小雪(たか)、ほか

「横道世之介」のネタバレあらすじ結末

映画 横道世之介の紹介:2013年日本映画。1980年代の東京を舞台に、大学進学のため長崎から上京した、お人よしの横道世之介。持ち前の明るさで周囲の人を幸せにする世之介と、その周囲の人たちの青春像を、16年後の後日談を交えて切なく描いた力作。
監督:沖田修一 出演:高良健吾(横道世之介)、吉高由里子(与謝野祥子)、池松壮亮(倉持一平)、伊藤歩(片瀬千春)、綾野剛(加藤雄介)、朝倉あき(阿久津唯)、黒川芽以(大崎さくら)、柄本佑(小沢)、佐津川愛美(戸井睦美)、大水洋介(石田健次)、田中こなつ(清寺由紀江)、ムロツヨシ(前原)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑