ムロツヨシ映画一覧

「ボス・ベイビー」のネタバレあらすじ結末

ボス・ベイビーの紹介:2017年アメリカ映画。アメリカは愛犬社会で、犬は赤ちゃんのように愛されています。ティムは7歳の少年、パパとママと幸せに暮らし、いろいろなキャラクターに変身できます。ある日、弟として生まれた見かけは赤ちゃんでも年上のボスのように振る舞うボス・ベイビーが誕生、そこにはペット会社とベイビー会社の熾烈なライバル戦争がありました。激しい企業競争のためティムのパパとママは危険にさらされます。二人を救おうとするティムはどうなるのでしょうか?『ボス・ベイビー』は赤ちゃんと少年を主人公にしたかなり笑える映画です。
監督:トム・マクグラス 声優:ボス・ベイビー(ムロツヨシ)、ティム(芳根京子)、パパ(石田明)、ママ(乙葉)、フランシス(山寺宏一)、他

「斉木楠雄のΨ難」のネタバレあらすじ結末

斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)の紹介:2017年日本映画。ピンクの頭に不思議なアンテナ、生まれた時から超能力を操る青年斉木楠雄。ただ普通の生活を送りたいだけなのに、彼の周りは常に騒々しく様々な災難に巻き込まれていく。そんな彼の生活に追い打ちをかけるように文化祭が始まろうとしていた。週刊少年ジャンプで人気の漫画『斉木楠雄のΨ難』が同じく漫画原作「銀魂」で大ヒットを飛ばしたの福田雄一監督が実写映画化。脱力系超能力コメディとしてスクリーンに登場する。
監督:福田雄一 出演:山崎賢人(斉木楠雄)、橋本環奈(照橋心美)、新井浩文(燃堂力)、吉沢亮(海藤瞬)、笠原秀幸(灰呂杵志)、賀来賢人(窪谷須亜蓮)、ムロツヨシ(蝶野雨緑)、佐藤二朗(神田品助)、内田有紀(斉木久留美)、田辺誠一(斉木國春)、ほか

「金メダル男」のネタバレあらすじ結末

金メダル男の紹介:2016年日本映画。ウッチャンナンチャンの内村光良が2011年に上演した一人舞台『東京オリンピック生まれの男』をベースに自ら監督・脚本・主演を務めて映画化した作品で、あらゆるもの全てで“一等賞”を目指した男の半生を描いています。
監督:内村光良 出演者:内村光良(秋田泉一)、知念侑李(若き日の秋田泉一)、木村多江(亀谷頼子)、ムロツヨシ(村田俊太郎)、土屋太鳳(横井みどり)、平泉成(秋田留一)、宮崎美子(秋田房江)、笑福亭鶴瓶(難波寅太)ほか

「明烏(アケガラス)」のネタバレあらすじ結末

明烏 あけがらすの紹介:2015年日本映画。一千万の借金を追ったホストアキラが借金返済のため周りの人間を巻き込み奮闘するコメディ映画です。、アキラは様々な手段を使って借金返済を試みるがどれも失敗します。とうとう借金返済のリミット翌朝6時になり覚悟を決めるアキラでしたが、ラストは意外な結末が待っていました。
監督:福田雄一 出演者:菅田将暉(ナオキ)、城田優(アオイ)、若葉竜也(ノリオ)、吉岡里帆(山本明子)、ムロツヨシ(アキラ)、新井浩文(山崎)、ほか

「HK変態仮面 アブノーマルクライシス」のネタバレあらすじ結末

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスの紹介:2016年日本映画。大学生になった色丞狂介は最愛の姫野愛子に変態じゃない狂介が好きと言われ変態仮面をやめ愛子にパンティーを返した。ある日大学の女子生徒のパンティーが全部消えた。愛子は狂介を疑ったが盗んだのは狂介ではなかった。そんな時教師の彩田先生から告白される。全国からパンティーがどんどん消えていき変態仮面をやめた狂介の元に大金玉男の魔の手が忍び寄るのであった。
監督:福田雄一 出演:鈴木亮平(色丞狂介)、清水富美加(姫野愛子)、柳楽優弥(真琴正)、ムロツヨシ(大金玉男)、水崎綾女(彩田椎)、ほか

「銀魂」のネタバレあらすじ結末

銀魂(ぎんたま)の紹介:2017年日本映画。週刊少年ジャンプの大人気漫画「銀魂」初の実写映画化。カブト狩りから戻った銀時達を待っていたのは桂の連れであるエリザベス。彼(?)が言うには桂が突如姿を消してしまったということだった。その時同時に銀時宛てにある依頼が入る。刀鍛冶の村田からの依頼であり盗まれた妖刀「紅桜」を取り戻してほしいとのこと。その頃街には辻斬りが横行しておりかぶき町によからぬ風が吹き荒れていた。監督は「勇者ヨシヒコ」でお馴染みの福田雄一が務め、笑って泣ける最高のエンターテインメントが誕生する。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、新井浩文(岡田似蔵)、吉沢亮(沖田総悟)、早見あかり(村田鉄子)、ムロツヨシ(平賀源外)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、山田孝之(エリザベス)、山寺宏一(吉田松陽)、佐藤二朗(武市変平太)、菜々緒(来島また子)、安田顕(村田鉄矢)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「ヒメアノ~ル」のネタバレあらすじ結末

ヒメアノ~ルの紹介:2015年日本映画。古谷実の同名漫画をV6の森田剛主演で映画化した衝撃の問題作。元いじめられっ子が次々と殺人やストーカー行為に手を染める姿を描いています。タイトルの「ヒメアノ~ル」とは体長10cmほどのヒメトカゲのことで、強者の餌となる弱者を意味しています。
監督:吉田恵輔 出演者:森田剛(森田正一)、濱田岳(岡田進)、佐津川愛美(阿部ユカ)、ムロツヨシ(安藤勇次)、駒木根隆介(和草浩介)ほか

「HK/変態仮面」のネタバレあらすじ結末

HK/変態仮面の紹介:2013年日本映画。ジャンプ史上に名を残す問題作、「変態仮面」のまさかの実写化。主演を務める鈴木亮平の鍛え上げられた筋肉と、安田顕の変態性が大きな話題を呼んだ迷作。
監督:福田雄一 出演:鈴木亮平(色丞狂介/変態仮面)、清水富美加(姫野愛子)、ムロツヨシ(大金玉男)、安田顕(謎の教師 戸渡)、片瀬那奈(色丞魔喜)、ほか

「サマータイムマシン・ブルース」のネタバレあらすじ結末

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年日本映画。劇団ヨーロッパ企画の舞台作品を基にした青春SFコメディ。大学のSF研究会に所属する甲本は、仲間と共にだらしなく愉快な日々を送っていた。ある夏の日、SF研究会の部室に突然タイムマシンが現れる。興奮した甲本達は気軽に過去を変えようとするが、それは思わぬ危険性を孕んでいた。
監督:本広克行 出演:瑛太(甲本拓馬)、上野樹里(柴田春華)、与座嘉秋(新見優)、川岡大次郎(小泉俊介)、ムロツヨシ(石松大悟)、ほか

「大洗にも星はふるなり」のネタバレあらすじ結末

大洗にも星はふるなりの紹介:2009年日本映画。憧れのマドンナに恋い焦がれる男達5人が、マドンナをめぐって妄想バトルを繰り広げる様子をコミカルに描いた恋愛エンターテイメント・ドラマ。最後に発覚する思いがけない展開と、憎めない男達の友情に、どこか温かい気持ちになれる作品です。
監督:福田雄一 出演:山田孝之(杉本)、山本裕典(松山)、ムロツヨシ(猫田)、小柳友(仁科)、白石隼也(林)、ほか

「呪怨 白い老女」のネタバレあらすじ結末

呪怨 白い老女の紹介:2009年日本映画。呪怨シリーズ3作目。じゅおん【呪怨】つよい怨みを抱いて死んだモノの呪い。それは、死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。7年前の一家惨殺事件を元にあかねたちに呪いが連鎖する。
監督:三宅隆太 出演:南明奈(柏木あかね)、大久保英一(磯部健太郎)、あらいすみれ(美保)、中村愛美(淳子)、星野晶子(磯部ハル)、ムロツヨシ(篤)、岩本千波(未来)、ほか

「UDON」のネタバレあらすじ結末

UDONの紹介:2006年日本映画。松井香助は「世界中を笑わせるコメディアンになる」という夢を持って、アメリカへ向かった。しかし、アメリカのニューヨークでクビになり、借金を背負ったまま、帰国する。香川に戻った香助はタウン誌の編集者・宮川恭子と運命的な出会いを果たす。香助はタウン誌に就職することになった。タウン誌の売り上げを伸ばすため、香助はうどんの特集記事を企画する。そのコラムにより、うどんの一大ブームが起こる。香川県の「うどんブーム」を作るきっかけになった意欲作。
監督:本広克行 出演:ユースケ・サンタマリア(松井香助)、小西真奈美(宮川恭子)、トータス松本(鈴木庄介)、鈴木京香(藤元万里)、要潤(青木和哉)、小日向文世(藤元良一)、池松壮亮(水沢翔太)、ムロツヨシ(石松)、ほか

「疾風ロンド」のネタバレあらすじ結末

疾風ロンドの紹介:2016年日本映画。2013年に発表され、あっという間に100万部を超える大ヒットとなった作品。主人公の主任研究員が働く医科学研究所で開発されてしまった、危険な違法生物兵器「K-55」が同研究所から盗みだされてしまう。それを4日間で探し出すことができるだろうか。ドキドキがとまらないスリル満点?!とコメディが交じり合う「笑撃?!サスベンス」 原作は、数多くのミステリー作品を書かれている作家・東野圭吾の長編小説「疾風ロンド」。主人公の泰鵬医科学研究所主任「栗林和幸」を演じるのは「テルマエ・ロマエ」など数々の作品に出演し個性的で存在感大な俳優、阿部寛、舞台となるスキー場でパトロール隊員・根津昇平には、関ジャニ∞の大倉忠義。その根津と共に栗林をサポートするのがスノーボード選手、瀬利千晶を元AKB48の大島優子が演じる。
監督:吉田照幸 原作:東野圭吾 出演:阿部寛(栗林和幸)、大倉忠義(根津昇平)、大島優子(瀬利千晶)、ムロツヨシ(ワダハルオ)、堀内敬子(折口真奈美)、戸次重幸(葛原克也)、濱田龍臣(栗林秀人)、志尊淳(高野誠也)ほか

「俺はまだ本気出してないだけ」のネタバレあらすじ結末

俺はまだ本気出してないだけの紹介:2013年日本映画。自分探しのため、会社を辞めたバツイチ子持ちの主人公が、漫画家になるという夢を実現するため奮闘する様子をコメディタッチで描いた作品。青野春秋の漫画が原作となっています。
監督:福田雄一 出演者:堤真一(大黒シズオ)、橋本愛(大黒鈴子)、生瀬勝久(宮田修)、山田孝之(市野沢秀一)、濱田岳(村上政樹)、指原莉乃(宇波綾)、蛭子能収(クニさん)、村松利史(キャバクラの新人・ホクロ)、尾上寛之(キャバクラのヒゲ)、川久保拓司(田中)、秋元黎(宮田正男)、小柳心(キャバクラの黒服)、ドナルド・アッシュ(ボブ)、池田成志(小室武士)、賀来賢人(本物の店長)、ムロツヨシ(不動産屋)、佐藤二朗(占い師)、水野美紀(宮田の妻)、石橋蓮司(大黒志郎)、ほか

「蛇のひと」のネタバレあらすじ結末

蛇のひとの紹介:2010年日本映画。第2回WOWOシナリオ大賞受賞作。その人は出会った人をすこし不幸にする~人間の血と業、哀しいひとの物語。今までにない新しい展開。よくできた脚本と俳優陣の演技力。
監督:森淳一 出演:三辺陽子(永作博美)、今西由起夫(西島秀俊)、今西の幼なじみ(板尾創路)、島田剛(劇団ひとり)、田中一(田中圭)、里中(勝村政信)、柴田(河井)、のりこ(ふせえり)、里中の妻(佐津川愛美)、原田(北村有起哉)、原田の妻(奥貫薫)功太夫(河原崎建三)、今西の母(遠山景織子)、伊東部長(國村隼)、伊東牧子(石野真子)、陽子の婚約者(ムロツヨシ)

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑