西田敏行映画一覧

「遺体 明日への十日間」のネタバレあらすじ結末

遺体 明日への十日間の紹介:2012年日本映画。2011年3月11日午後2時46分31秒、東日本大震災で大津波が発生、東北の広範囲に多大な被害と多くの死者が出ました。岩手県釜石市も多くの人が亡くなり、ご遺体が公民館に集められました。そのご遺体の保存、送り出しのお世話に関わりあった人々の苦悩を通じて、自然の力の恐ろしさと人間の尊厳と儚さを現実的に描いたヒューマン映画です。
監督:君塚良一 出演:西田敏行(民生委員・相葉常夫)、緒形直人(葬儀社社員・土門健一)、勝地涼(釜石市職員・及川裕太)、國村隼(住職・芝田慈人)、酒井若菜(歯科助手・大下孝江)、佐藤浩市(医師・下泉道夫)、佐野史郎(市長・山口武司)、沢村一樹(釜石市職員・松田信次)、志田未来(釜石市職員・照井優子)、筒井道隆(釜石市職員・平賀大輔)、柳葉敏郎(歯科医師・正木明)、ほか

「THE 有頂天ホテル」のネタバレあらすじ結末

THE 有頂天ホテルの紹介:2006年日本映画。THE 有頂天ホテルは、大晦日に起こるホテルマンとそこに泊まる数多くの訳アリ客たちとのトラブル劇。年が明けるその瞬間まで宿泊支配人(役所広司)の心労は止まない。稀に見る豪華キャスト陣と演劇舞台作家三谷幸喜がメガホンをとったリアルタイムストーリー。
監督:三谷幸喜 キャスト:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、唐沢寿明、西田敏行、篠原涼子、戸田恵子、生瀬勝久、麻生久美子、YOU、オダギリジョーほか

「ザ・マジックアワー」のネタバレあらすじ結末

ザ・マジックアワーの紹介:2008年日本映画。三谷幸喜が監督を務め、佐藤浩一、妻夫木聡、深津絵里などをはじめとした豪華キャストが演じる爆笑コメディー。売れない役者が、ひょんなことから、裏社会の抗争に巻き込まれていく様子をコミカルに描いています。
監督:三谷幸喜 出演者:佐藤浩市(村田大樹)、妻夫木聡(備後登)、深津絵里(高千穂マリ)、西田敏行(天塩幸之助)ほか

「ステキな金縛り」のネタバレあらすじ結末

ステキな金縛りの紹介:2010年日本映画。失敗続きの弁護士エミに最後のチャンスとしてやってきたのはある殺人事件の弁護だった。弁護する容疑者は妻殺しで逮捕された男。しかし男は断固として無罪を主張する。彼にはアリバイがあった。事件の起こった夜男はある宿に泊まっていた。そしてそこで一晩中金縛りにあっていたという。事件を調べるべくその宿へ行くエミの前にその渦中の人物が現れる。「有頂天ホテル」などのヒットメーカーとして人気の三谷幸喜監督映画作品。
監督・脚本:三谷幸喜 出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、ほか

「マエストロ!」のネタバレあらすじ結末

映画マエストロ!の紹介:2015年日本映画。名門オーケストラの再結成をめぐり舞台裏で繰り広げられる若きバイオリニストと謎の中年指揮者の真剣勝負を描く。「コドモのコドモ」「神童」などのさそうあきら原作コミック「マエストロ」を実写映画化。
監督:小林聖太郎 原作:さそうあきら 出演:松坂桃李(香坂真一 / 第1ヴァイオリン/コンサートマスター)、miwa(橘あまね / フルート)、古舘寛治(阿久津健太朗 / ヴィオラ)、大石吾朗(村上伊佐夫 / 第1ヴァイオリン)、濱田マリ(谷ゆきえ / 第2ヴァイオリン)、河井青葉(榊涼子 / チェロ)、池田鉄洋(今泉徹 / コントラバス)、モロ師岡(鈴木稔 / フルート)、村杉蝉之介(可部直人 / クラリネット)、小林且弥(伊丹秀佳 / オーボエ)、中村倫也(丹下浩 / ティンパニ)、斉藤暁(一丁田薫 / ホルン)、嶋田久作(島岡脩三 / ホルン)、松重豊(相馬宏明 / オペラハウスのマネージャー)、西田敏行(天道徹三郎 / 指揮者)、ほか

「天国の駅 HEAVEN STATION」のネタバレあらすじ結末

1984年日本映画 監督:出目昌伸 出演:吉永小百合、西田敏行、三浦友和、津川雅彦ほか
昭和45年6月11日。死刑執行の日を迎えた林葉かよは独房で紅をさしていた。「私、きれいでしょうか」死刑執行の前、彼女は神父にそう尋ねた。紅だけをさした彼女の顔には不安や恐怖というより、行くべき場所にこれから行く期待感もあるように見えた。そしてかよは死刑台の階段を上っていく。

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑