劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンの紹介:2020年日本映画。「第5回京都アニメーション大賞」大賞を受賞した暁佳奈の小説をアニメ化した作品で、テレビシリーズ(2018年放映)および劇場版作品「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」(2019年公開)に続くシリーズ最終章として制作されました。手紙代筆業“自動手記人形”として様々な人々の想いを伝えていくうちに“愛”の意味を知っていった主人公ヴァイオレット・エヴァーガーデン。その最後の仕事と“愛”を巡る旅路の果てを、かつてヴァイオレットのお世話になった女性の孫が足跡を辿るという形で浮き彫りにしていきます。
監督:石立太一 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子 世界観設定:鈴木貴昭 声優:石川由依(ヴァイオレット・エヴァーガーデン)、浪川大輔(ギルベルト・ブーゲンビリア)、子安武人(クラウディア・ホッジンズ)、木内秀信(ディートフリート・ブーゲンビリア)、遠藤綾(カトレア・ボードレール)、内山昂輝(ベネディクト・ブルー)、茅原実里(エリカ・ブラウン)、戸松遥(アイリス・カナリー)、水橋かおり(ユリス)、佐藤利奈(リュカ)、諸星すみれ(デイジー・マグノリア)ほか