くちづけの紹介:2013年日本映画。2010年に初演された宅間孝行の脚本による舞台劇を映画化したものです。舞台劇では「舞台史上一番泣ける」という話題を呼びました。この物語のモチーフは宅間が実際にあった新聞の小さな記事で、映画のキャッチコピーは「神さま、もう少しだけ、一緒にいさせてー」です。マコを演じた貫地谷しほりは、この作品で第56回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞しました。そして、この作品はイタリア・ウディネ・ファーイースト映画祭で、2013年4月20日に”ANGELHOME”という英題で上映されました。
監督:堤幸彦 出演:貫地谷しほり(阿波野マコ)、竹中直人(愛情いっぽん/阿波野幸助)、宅間孝行(うーやん)、田畑智子(宇都宮智子)、橋本愛(国村はるか)、ほか