遺体 明日への十日間の紹介:2012年日本映画。2011年3月11日午後2時46分31秒。に巨大地震による大津波が発生、東北の広範囲に多大な被害と多くの死人が出ました。岩手県釜石市も多くの人が無くなり、その遺体が公民館に集められました。その遺体の保存、送り出しのお世話に関わりあった人々の苦悩を通じて、自然の力の恐ろしさと人間の尊厳と儚さを現実的に描いたヒューマン映画です。
監督:君塚良一 出演:西田敏行(相葉常夫)、筒井道隆(平賀大輔)、佐藤浩市(下泉道夫)、柳葉敏郎(正木明)、酒井若菜(大下孝江)、佐野史郎(山口 武司)ほか