アクション映画のネタバレ

「アイアン・フィスト2」のネタバレあらすじ結末

アイアン・フィスト2の紹介:2015年アメリカ映画。RZAが立案した映画を元に制作されたカンフー映画の第二弾で、今作ではある村に流れ着いたものが村人たちのために戦う姿が描かれます。
監督:ロエル・レイネ 脚本:ジョン・ジャレル、The RZA 出演:RZA、ダスティン・ヌエン、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、ユージニア・ユアン、カール・ン、ほか

「アイアン・フィスト」のネタバレあらすじ結末

アイアン・フィストの紹介:2012年アメリカ映画。鍛冶屋と中国にやってきた西洋人が一緒になって悪党と戦うというアメリカ発のカンフー映画として話題をさらった作品の映画となります。
監督:RZA 出演:ラッセル・クロウ(ジャック・ナイフ)、カン・リー(ブロンズ・ライオン)、ルーシー・リュー(マダム・ブロッサム)、バイロン・マン(シルヴァー・ライオン)、RZA(ブラック・スミス)、ほか

「ブルース・リー/死亡遊戯」のネタバレあらすじ結末

ブルース・リー/死亡遊戯の紹介:1978年香港映画。シンジケートの首領、ドクター・ランドはビリーを勧誘するも断られてしまったため、あの手この手で殺害を図る。ついに撮影中に銃弾を浴び死んだと思われたが、それは表向きでシンジケートを壊滅させるため、ビリーはひとり戦いを挑む。
監督:ロバート・クローズ 出演:ブルース・リー(ビリー・ロー)、ギグ・ヤング(ジム・マーシャル)、ディーン・ジャガー(ドクター・ランド)、コリーン・キャンプ(アン・モリス)、ヒュー・オブライアン(スタイナー)ほか

「アンタッチャブル」のネタバレあらすじ結末

アンタッチャブルの紹介:1987年アメリカ映画。実在の酒類取締局捜査官エリオット・ネスの自伝を元に、暗黒街の顔役アル・カポネに対決を挑んだ捜査官チームの活躍を描く。ブライアン・デ・パルマ監督が作風をガラリと変え、正攻法の演出で優れたサスペンス・ドラマに仕上げた。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ケヴィン・コスナー(エリオット・ネス)、ショーン・コネリー(ジム・マローン)、アンディ・ガルシア(ジョージ・ストーン(ジョゼッペ・ペトリ))、チャールズ・マーティン・スミス(オスカー・ウォーレス)、ロバート・デ・ニーロ(アル・カポネ)、ほか

「47RONIN」のネタバレあらすじ結末

47RONINの紹介:2013年アメリカ映画。東洋の国日の本に将軍徳川が君臨した時代、緑豊かな地赤穂の藩主浅野内匠頭が長門の藩主吉良上野介の姦計はまり、切腹を命じられた。大石内蔵助は、その仇を討つ決意をするが、吉良は妖孤に守られて居た為、天狗の縁者である鬼子カイの力を借り、討ち入りに挑む。三大仇討ちの一つ忠臣蔵をモチーフに作られたオリンエントファンタジーのアクション映画。
監督:カール・リンシュ 出演:真田広之(大石内蔵助)、浅野忠信(吉良上野介)、菊地凛子(ミヅキ)、柴咲コウ(ミカ)、赤西仁(大石主税)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(徳川綱吉)、ほか

「トロイ」のネタバレあらすじ結末

トロイの紹介:2004年アメリカ映画。古代ギリシャの詩人ホメロスの叙事詩「イリアス」を原案に、古代ギリシャの伝説的戦争“トロイ戦争”を描いた歴史スペクタクル映画。神話上の神々は登場せず、重厚な人間ドラマが描かれています。トロイ王子の弟パリスと、スパルタ王の妻ヘレンとの禁断の恋により両国は再び戦争へと突入します。スパルタは王妃奪還のめ、千隻もの船団でトロイに乗り込みます。その船団の中には、無敵の兵士と誉れ高いアキレスがいます。ギリシャ彫刻のように鍛えられた体で古代戦を体現する、B・ピットはじめキャスト陣の熱演は一見の価値ありです。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演者:ブラッド・ピット(アキレス)、オーランド・ブルーム(パリス)、エリック・バナ(ヘクトル)、ダイアン・クルーガー(ヘレン)、 ショーン・ビーン(オデュッセウス)ほか

「キッスで殺せ!」のネタバレあらすじ結末

キッスで殺せ!の紹介:1955年アメリカ映画。当時エロチックな暴力小説として大ベストセラーとなっていたミッキー・スピレイン作品のひとつを映画化。何と言っても取り扱われているのが放射性物質ということで、色々と議論が絶えない作品となっている。
監督:ロバート・アルドリッチ 出演:ラルフ・ミーカー(マイク・ハマー)、マキシン・クーパー(ヴェルダ)、ギャビー・ロジャース、クロリス・リーチマン、アルバート・デッカー、ポール・スチュワート、ほか

「ブリット」のネタバレあらすじ結末

ブリットの紹介:1968年アメリカ映画。ハードボイルドなマックイーンが堪能できる一本で、カーチェイスのアングルなども面白い。カーアクション映画の傑作。
監督:ピーター・イエーツ 出演:スティーヴ・マックィーン(フランク・ブリット)、ジャクリーン・ビセット(キャシー)、ロバート・ヴォーン(ウォルター・チャルマース上院議員)、ドン・ゴードン(デルゲッティ刑事)、サイモン・オークランド(サム・ベネット警部)、ほか

「ステルス」のネタバレあらすじ結末

ステルスの紹介:2005年アメリカ映画。近未来戦闘機アクション映画。人工知能を搭載した戦闘機“エディ”が暴走。3人のパイロットはエディを止めて無事に帰れるのか!
監督:ロブ・コーエン 出演:ジョシュ・ルーカス(ベン・ギャノン)、ジェシカ・ビール(カーラ・ウェイド)、ジェイミー・フォックス(ヘンリー・パーセル)、サム・シェパード(ジョージ・カミングス)、ほか

「狼よさらば」のネタバレあらすじ結末

狼よさらばの紹介:1974年アメリカ映画。アクションスターとしてのチャールズ・ブロンソンのイメージを決定づけた自警団ものの古典。大ヒットし、「ロサンゼルス」「スーパー・マグナム」などの続編が作られた。
監督:マイケル・ウィナー 出演:チャールズ・ブロンソン(ポール・カージー)、ホープ・ラング(ジョアンナ・カージー)、ヴィンセント・ガーディニア(フランク・オコア)、スティーヴン・キーツ(ジャック・トビー)、ほか

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のネタバレあらすじ結末

ジャックリーチャー NEVER GO BACK(ネバーゴーバック)の紹介:2016年アメリカ映画。2012年に公開されたジャックリーチャーの続編。元アメリカ軍秘密捜査官のジャック・リーチャーは自分と連絡を取った直後に元同僚が逮捕された事から、軍内に不審な動きがある事を察し、自分の命を狙われながらも同僚を助け出しこの一連の黒幕を暴こうと奮闘する。
監督:エドワード・ズウィック 出演:トム・クルーズ(ジャック・リーチャー)、コビー・スマルダース(ターナー少佐)、アルディス・ホッジ(エスピン)ほか

「フレンチ・コネクション」のネタバレあらすじ結末

フレンチ・コネクションの紹介:1971年アメリカ映画。新鋭ウィリアム・フリードキン監督がはみ出し者の刑事の活躍を荒々しいドキュメンタリータッチで描く。凄まじいカーチェイス場面は映画史に残る見事さ。アカデミー賞では作品、監督、主演男優賞など5部門を受賞。
監督:ウィリアム・フリードキン 出演:ジーン・ハックマン(ジミー・ドイル (ポパイ))、ロイ・シャイダー(バディ・ルッソ (クラウディ))、フェルナンド・レイ(アラン・シャルニエ)、トニー・ロー・ビアンコ(サル・ボカ)、マルセル・ボズフィ(ピエール・ニコリ)、ほか

「ダーティハリー5」のネタバレあらすじ結末

ダーティハリー5の紹介:1988年アメリカ映画。サンフランシスコの刑事ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)を主人公にしたアクション映画『ダーティハリー』シリーズの第5作目で最後の作品。前作から5年、ハリーは愛用の44マグナム・S&W-M29を手にし、死亡予想ゲーム「デッド・プール」に則り展開される連続殺人事件の解決に挑戦します。
監督:バディ・ヴァン・ホーン 出演:クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン)、パトリシア・クラークソン(サマンサ・ウォーカー)、エヴァン・C・キム(アル・クアン)、リーアム・ニーソン(ピーター・スワン)、デヴィッド・ハント(ハーラン・ルーク)、ジム・キャリー(ジョニー・スクエアーズ)、ほか

「ダーティハリー4」のネタバレあらすじ結末

ダーティハリー4の紹介:1983年アメリカ映画。サンフランシスコの刑事ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)を主人公にしたアクション映画『ダーティハリー』シリーズの第4作目です。クリント・イーストウッド自らが監督・主演し、シリーズで最大のヒットを飛ばしました。キャチコピーは「さあ、撃ってみな…、俺はいつでも真剣勝負」で、本作品内での決め台詞「Go ahead, Make my day」は、American Film Instituteが2005年に発表した「映画の名台詞100」で100位中第6位となりました。なお、『ガントレット』(1977年)で共演してからクリント・イーストウッドの愛人であったソンドラ・ロックが共演しています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン)、ソンドラ・ロック(ジェニファー・スペンサー)、パット・ヒングル(ジャニングス)、ブラッドフォード・ディルマン(ブリッグス)、ポール・ドレイク(ミック)、ほか

「ダーティハリー3」のネタバレあらすじ結末

ダーティハリー3の紹介:1976年アメリカ映画。サンフランシスコの刑事・ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)を主人公にしたアクション映画『ダーティハリー』シリーズの第3作目です。キャッチコピーは、「シスコ市長を誘拐した過激派軍団に、バズーカ砲を引っ下げて、ダーティハリーが挑む!」です。監督は、スティーヴン・スピルバーグの代表作の一つ『激突!』(1971年)でアシスタント・ディレクターを務めたジェームズ・ファーゴ、脚本は『夜の大捜査線』(1968年)、『ポセイドン・アドベンチャー』(1972年)、『タワーリング・インフェルノ』(1974年)など数々のヒット作品を手がけたスターリング・シリファントです。
監督:ジェームズ・ファーゴ 出演:クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン)、タイン・デイリー(ケイト・ムーア)、ハリー・ガーディノ(ブレスラー)、ブラッドフォード・ディルマン(マッキー)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 24
TOP↑