アクション映画のネタバレ

「キル・コマンド」のネタバレあらすじ結末

キル・コマンドの紹介:2015年イギリス映画。労働力や軍隊が人間からロボットに取って代わられた近未来を舞台にしたイギリス発の低予算SFアクション・スリラーです。最新鋭の人工知能を搭載した軍事用ロボットが暴走を始め、訓練中の海兵隊員に襲い掛かります…。
監督:スティーブン・ゴメス 出演者:ヴァネッサ・カービー(キャサリン・ミルズ)、トゥーレ・リントハート(ダミアン・ビュークス)、デヴィッド・アジャラ(ドリフター)、ベントレー・カル(ロリー・ロビンソン)、トム・マッケイ(ロバート・カットビル)ほか

「刑事ニコ/法の死角」のネタバレあらすじ結末

刑事ニコ/法の死角の紹介:1988年アメリカ映画。『沈黙シリーズ』でおなじみスティーヴン・セガールの記念すべき映画初主演作です。麻薬事件を追う元CIA工作員の刑事が組織の腐敗を知り、法で裁けない巨悪に立ち向かいます。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者:スティーヴン・セガール(ニコ・トスカーニ)、パム・グリア(ドロレス・ジャクソン)、シャロン・ストーン(サラ・トスカーニ)、チェルシー・ロス(ネルソン・フォックス)、ヘンリー・シルヴァ(カート・ゼーガン)ほか

「スネーク・フライト」のネタバレあらすじ結末

スネーク・フライトの紹介:2006年アメリカ映画。殺人事件の目撃者を乗せた飛行機。そこには事件の黒幕が口封じのため密かに乗せていた大量の毒蛇が潜んでいました。上空で繰り広げられるFBI捜査官や乗客たちの極限の闘いを描いたアクション・スリラー作品です。
監督:デイヴィッド・R・エリス 出演者:サミュエル・L・ジャクソン(ネヴィル・フリン)、ネイサン・フィリップス(ショーン・ジョーンズ)、ジュリアナ・マルグリーズ(クレア・ミラー)、ボビー・カナヴェイル(ハンク・ハリス)、バイロン・ローソン(エディ・キム)ほか

「バトル・ハザード」のネタバレあらすじ結末

バトル・ハザードの紹介:2013年アメリカ,シンガポール映画。バイオ工場から流出したウイルスによって関した市民がゾンビになった街から、この企業の会長の娘を救出せよと言う任務を受けたマックス少佐がゾンビ相手に大暴れするゾンビアクション映画です。主役のマックスには肉体派俳優のドルフ・ラングレンが演じています。
監督:クリストファー・ハットン 出演者:ドルフ・ラングレン(マックス・ガトリング少佐)、メラニー・サネッティ(ジュード)、マット・ドーラン(リース)、デビッド・フィールド(デューク)、リディア・ルック(リン)、ジェン・クオサン(エルビス)、オダ・マリア(アンナ)、エステバン・クエト(ヘルナンデス)ほか

「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦の紹介:2017年日本映画。『仮面ライダー』シリーズと『スーパー戦隊』シリーズのコラボレーション作品第5弾です。今回は平成仮面ライダー第18作『仮面ライダーエグゼイド』とスーパー戦隊第41作『宇宙戦隊キュウレンジャー』をメインとして総勢100名に及ぶ歴代ヒーローが登場、現実世界とゲーム世界を股にかけて激戦を繰り広げます。
監督:金田治 出演者:飯島寛騎(宝生永夢(仮面ライダーエグゼイド))、岐洲匠(ラッキー(シシレッド))、丸山敦史(空蝉丸(キョウリュウゴールド))、松本岳(加藤・クラウド・八雲(アオニンジャー))、松本寛也(陣マサト(ビートバスター))、小田井涼平(北岡秀一(仮面ライダーゾルダ))、ダイアモンド☆ユカイ(ショッカー首領三世(大蜘蛛大首領))ほか

「拳銃無頼帖 電光石火の男」のネタバレあらすじ結末

拳銃無頼帖 電光石火の男の紹介:1960年日本映画。刑務所を出所して3年ぶりに四日市に帰って来た丈二でしたが、自分をハメたハイライト興業がのさばり、恩義を持つ大津組はじり貧になっていました。再びハイライト興業が丈二を利用し、大津組を潰そうとしたため、足を洗う決心をしていた丈二は、再び闘う決意をしました・・・というアクション映画です。日活の若手スターの赤木圭一郎主演の拳銃無頼帖シリーズの2作目です。
監督:野口博志 出演者:赤木圭一郎(丈二)、二谷英明(大津昇)、浅丘ルリ子(圭子)、白木万理(ジーナ・中川)、宍戸錠(五郎)ほか

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」のネタバレあらすじ結末

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団の紹介:2010年アメリカ,イギリス,カナダ映画。ブライアン・リー・オマリー原作のコミック『スコット・ピルグリム』 を実写映画化したアクション・コメディです。ある女性に一目惚れしてしまった売れないバンドマンが、ひょんな事から女性の元恋人たちと対決することに…。
監督:エドガー・ライト 出演者:マイケル・セラ(スコット・ピルグリム)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ラモーナ・フラワーズ)、エレン・ウォン(ナイブス・チャウ)、キーラン・カルキン(ウォレス・ウェルズ)、ジェイソン・シュワルツマン(ギデオン・グレイヴズ)ほか

「殺人者たち」のネタバレあらすじ結末

殺人者たちの紹介:1964年アメリカ映画。アーネスト・ヘミングウェイの短編小説を原作とする1946年の映画『殺人者』のリメイク。当初テレビ用映画として製作されたがテレビで放送するには暴力的すぎるという理由で劇場公開される。後のアメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンが俳優として最後に出演した映画になった。
監督:ドン・シーゲル 出演者:リー・マーヴィン(チャーリー・ストロム)、アンジー・ディキンソン(シーラ・ファー)、ジョン・カサヴェテス(ジョニー・ノース)、クルー・ギャラガー(リー)、ロナルド・レーガン(ジャック・ブラウニング)

「ガッチャマン」のネタバレあらすじ結末

ガッチャマンの紹介:2013年日本映画。タツノコプロの人気テレビアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』の実写映画版です。地球侵略を目論む謎の勢力に唯一対抗できる力を持つガッチャマンたちの戦いを描きます。
監督:佐藤東弥 出演者:松坂桃李(鷲尾健/大鷲の健)、綾野剛(ジョージ浅倉/コンドルのジョー)、剛力彩芽(大月ジュン/白鳥のジュン)、濱田龍臣(大月甚平/燕の甚平)、鈴木亮平(中西竜/みみずくの竜)ほか

「ザ・ヤクザ」のネタバレあらすじ結末

ザ・ヤクザの紹介:1974年アメリカ映画。国籍も考え方も違う2人の男が、義理人情で結ばれていく姿を描いたサスペンス・アクション。私立探偵キルマーは、旧友から日本の暴力団に監禁されている娘を救出して欲しいと頼まれる。キルマーは20年ぶりに日本へ向かい、暴力団幹部の田中健に助力を求めた。健は既に足を洗っていたが、昔キルマーから受けた恩を返すため、刀を手に巨悪に立ち向かう。後に製作されたアメリカ映画「イントゥ・ザ・サン(2005年)」は、本作のリメイクである。
監督:シドニー・ポラック 出演者:ロバート・ミッチャム(ハリー・キルマー)、高倉健(田中健)、ブライアン・キース(ジョージ・タナー)、岸恵子(田中英子)、ハーブ・エデルマン(オリヴァー・ウィート)ほか

「キングスマン:ゴールデン・サークル」のネタバレあらすじ結末

キングスマン:ゴールデン・サークルの紹介:2017年イギリス映画。ド派手なアクションと斬新なカメラワークで世界的大ヒットを記録したスパイ映画『キングスマン』の続編。世界中の人間を人質にするサイコな麻薬王から世界を救う為に立ち上がったキングスマンの闘いを描く。主演は前作に引き続きタロン・エガートン。
監督:マシュー・ボーン 出演:タロン・エガートン(エグジー)、コリン・フォース(ハリー)、ジュリアン・ムーア(ポピー)、マーク・ストロング(マーリン)、ハル・ベリー(ジンジャー)、チャニング・テイタム(テキーラ)、ジェフ・ブリッジス(シャンパン)、エルトン・ジョン、ほか

「ブライト」のネタバレあらすじ結末

ブライトの紹介:2017年アメリカ映画。ロサンゼルス、そこでは黒人、白人、アジア系、中南米系など多様な人種、そして人間とは別の種族、白人のような容貌の裕福なエルフ、貧しく差別された緑色の顔のオーク、そして空を飛ぶモンスターの嫌われ者フェアリーが共存していました。黒人警官ニックは激しい性格、真面目で優しいオークの警官ニックと働くことになります。エルフ女性、レイラは魔法の杖を使い悪の世界を復活させようとします。『ブライト』はウィル・スミス演じる警官が、オークの警官とともにロスを、エルフの悪の力から救うために戦うストーリーです。「ブライト」は、輝く(bright)の意味です。映画では、「ブライト」は一般人が触ると爆発する、魔法の杖(Wand)を、万能の目的に使うことのできる、神に選ばれた人間、種族を意味します。
監督:デイビッド・エアー 出演:ウィル・スミス(ダリル・ウォード)、ジョエル・エドガートン(ニコラス・”ニック”・ジャコビー )、ノオミ・ラパス(レイラ )、ルーシー・フライ(ティッカ)他

「セットアップ」のネタバレあらすじ結末

セットアップの紹介:2011年アメリカ映画。主人公のサニーを、人気ラッパーの50セントが演じます。主人公のサニーは、大人になり強盗をしています。強盗仲間に裏切られるサニー。裏切った仲間を見つけ出し復讐をしようとするサニー。ライアン・ヒィリップやブルース・ウィリスなどキャストが豪華。
監督:マイク・ガンサー 出演:カーティス・“50 Cent”・ジャクソン(サニー)、ブルース・ウィリス(ビグズ)、ライアン・フィリップ(ビンス)、ジェナ・ディーワン(ミア)、ランディ・クートゥア(ピーティ)、ほか

「ベン・ハー」のネタバレあらすじ結末

ベン・ハーの紹介:2016年アメリカ映画。歴史に残る大名作、『ベン・ハー』が再びスクリーンに!現代の技術をフル活用したその圧倒的な映像美に心奪われること間違いなし。1959年版とはまた違った解釈で描かれる新たなベン・ハー、ここに誕生。
監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:ジャック・ヒューストン(ジュダ・ベン・ハー)、トビー・ケベル(メッサラ)、ロドリゴ・サントロ(イエス)、ナザニン・ボニアディ(エスター)、アイェレット・ゾラー(ナオミ・ベン・ハー)、ピルー・アスベック(ポンティウス)、ソフィア・ブラック=デリア(ティルザ・ベン・ハー )、モーガン・フリーマン(イルデリム)、ほか

「K-9 はみだしコンビ大復活!」のネタバレあらすじ結末

K-9 はみだしコンビ大復活!の紹介:2002年アメリカ映画。刑事ドゥーリーと愛犬ジェリー・リーのコンビによるコメディアクション映画シリーズ第二弾です。定年を迎えたドゥーリーは偶然出くわした事件により、元刑事として元上司やFBIに邪魔されながらも事件解決に活躍する話です。
監督:リチャード・J・ルイス  出演者:ジェームズ・ベルーシ(マイク・ドゥーリー)、ゲイリー・バサラバ(ピート・ティモンズ)、ケヴィン・デュランド(ヴェルナー)、ジェイソン・ションビング(カルロス・クエスタ)、マシュー・ベネット(ヘンリー)、ジョディ・ラシコット(モーリス)、キム・ハフマン(ローラ・フィールド)、バーバラタイソン(キャサリン)ほか

1 2 3 4 5 6 7 48
TOP↑