アクション映画のネタバレ

「バリーシール/アメリカをはめた男」のネタバレあらすじ結末

バリー・シール/アメリカをはめた男の紹介:2017年アメリカ映画。CIA、麻薬王までも欺いた実在の男、バリー・シールの半生をトム・クルーズ主演で映画化。監督はトム・クルーズとは二度目のタッグとなる「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン。
監督:ダグ・リーマン 出演:トム・クルーズ(バリー・シール)、ドーナル・グリーソン(モンティ・シェイファー)、サラ・ライト・オルセン(ルーシー・シール)、ジェシー・プレモンス(ダウニング保安官)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(JB)、アレハンドロ・エッダ(ホルヘ・オチョア)、マウリシオ・メヒア(パブロ・エスコバル)、ほか

「ソルジャーズ・アイランド」のネタバレあらすじ結末

ソルジャーズ・アイランドの紹介:2012年アメリカ,ロシア映画。「安全な戦争体験ができる」との触れ込みで孤島を訪れた富豪たちと警護を務める元米軍特殊部隊の男が、何者からの攻撃を受け本当の戦闘に巻き込まれていく姿を描いたミリタリーアクション映画です。
監督:マキシム・コロスティシェフキー 出演者:クリスチャン・スレイター(クレイグ)、ショーン・ビーン(ジョン)、ヴィング・レイムス(グリモー)、ドミニク・モナハン(シン)、ジェームズ・クロムウェル(ハウスマン)ほか

「スリー・リバーズ」のネタバレあらすじ結末

スリー・リバーズの紹介:1993年アメリカ映画。アルゲイニー川とモノンガヘイラ川が合流してできるオハイオ川の合流地点(スリー・リバーズ)に位置するペンシルベニア州ピッツバーグを舞台に、5代続けて警察官の家系である刑事が連続殺人事件の真相に迫るサスペンスです。
監督:ローディー・ヘリントン 出演者:ブルース・ウィリス(トム・ハーディ)、サラ・ジェシカ・パーカー(ジョー・クリスマン)、デニス・ファリーナ(ニック・テディロ)、トム・サイズモア(ダニー・テディロ)、ロバート・パストレリ(ジミー・テディロ)、ジョン・マホーニー(ヴィンス・ハーディ)ほか

「グロリア」のネタバレあらすじ結末

グロリアの紹介:1999年アメリカ映画。1980年に公開された同名映画「グロリア」のリメイクとなるサスペンス作品です。マフィアの一員である恋人の罪を被って服役、仮出所した女性グロリアが、マフィアに命を狙われた少年と共に逃避行を繰り広げます。
監督:シドニー・ルメット 出演者:シャロン・ストーン(グロリア)、ジーン・ルーク・フィゲロア(ニッキー)、ジェレミー・ノーサム(ケヴィン)、キャシー・モリアーティ(ダイアン)、ジョージ・C・スコット(ルビー)ほか

「アトミック・ブロンド」のネタバレあらすじ結末

アトミック・ブロンドの紹介:2017年アメリカ映画。主人公ローレン・ブロートンの素性は謎のベールに覆われている。イギリスの諜報部MI6に所属し、極限状況における情報収集、戦闘技術、脱出のハイレベルな特殊スキルを持っている。美しいブロンドヘアにクールな美貌、そして強靭な肉体を兼ね備える最強のスパイ。ドイツを分断し、東西冷戦の象徴ベルリンの壁が崩壊へ向かう転換期。イギリスのMI6、アメリカのCIA、ソ連のKGBが展開する”リスト”争奪戦のため、ローレンは異国の地へ送り込まれ容赦のない殺し屋たちと死闘を繰り広げる。ローレンを演じるのはシャーリーズ・セロン。鮮烈な色彩と陰影にこだわったスタイリッシュな映像と、ニュー・オーダーの「ブルー・マンデー」、クイーン&デヴィッド・ボウイの「アンダー・プレッシャー」など1980年代のヒット曲も映画を盛り立てる。
監督:デヴィッド・リーチ 出演:シャーリーズ・セロン(ローレン・ブロートン)、ジェームズ・マカヴォイ(デヴィッド・パーシヴァル)、ジョン・グッドマン(エメット・カーツフェルド)、ティル・シュヴァイガー(時計屋)、トビー・ジョーンズ(エリック・グレイ)、ほか

「エグゼクティブ・デシジョン」のネタバレあらすじ結末

エグゼクティブ・デシジョンの紹介:1996年アメリカ映画。化学兵器を搭載した航空機が、テロリスト達にハイジャックされた。アメリカ合衆国政府は、選りすぐりのメンバーを集め、テロリストから航空機を奪還する作戦を取ろうとする。政府の特殊部隊は、テロリストから航空機を奪還できるか?
監督:スチュアート・ベアード 出演:カート・ラッセル(フィル・デイヴィッド・グラント)、ハル・ベリー(ジーン)、スティーブン・セガール(トラヴィス中佐)、デヴィッド・スーシェ(ナジ・ハッサン)、オリヴァー・プラット(デニス・ケイヒル)、ほか

「ダブルヘッド・ジョーズ」のネタバレあらすじ結末

ダブルヘッド・ジョーズの紹介:2012年アメリカ映画。頭が二つある巨大サメによる脅威を描いたB級パニックスリラー映画です。太平洋を舞台に、学校の課外授業のため出航した教授や生徒たちがサメの脅威に遭遇していきます。大物プロレスラーのハルク・ホーガンの娘ブルック・ホーガンらが出演しています。
監督:クリストファー・レイ 出演者:カーメン・エレクトラ(アン・バビッシュ)、チャーリー・オコンネル(フランクリン・バビッシュ)、ブルック・ホーガン(ケイト)、デビッド・ガイエゴス(ポール)、ジェフ・ワード(コール)ほか

「サバイバーズ」のネタバレあらすじ結末

サバイバーズ(原題:The Mountain)の紹介:2012年トルコ映画。反政府武装組織と高原地帯で戦うトルコ軍。圧倒的な劣勢の中に取り残された兵士2人に焦点を絞り、彼らの過去を織り交ぜ、過酷な状況下で任務を遂行し生き延びる姿を描いています。エンディングテロップに出てくる、実際に戦死した兵士の名前の多さに鮮烈な印象を残します。2017年10月、WOWOWでの放送が日本初公開となります。
監督:アルペール・カグラル 出演者:カグラル・エルトゥグルール(オーズ)、ウフク・バイラクターシュ(ベキール)、フィラット・ドグルローグ(デミール中尉)ほか

「鮫肌男と桃尻女」のネタバレあらすじ結末

鮫肌男と桃尻女の紹介:1998年日本映画。望月峯太郎の同名漫画を鬼才石井克人がスタイリッシュに映画化。ハードボイルドなサメハダと冴えない女トシコの危険な逃走劇。過激なバイオレンスに加えて独特のファッションや音楽も秀逸なオフビートのアクション映画。この世界観に酔いしれろ!
監督:石井克人 出演:浅野忠信(サメハダ)、小日向しえ(桃尻トシコ)、岸部一徳(田抜)、我修院達也(殺し屋・山田)、島田洋八(叔父ソネザキ道夫)、ほか

「あずみ」のネタバレあらすじ結末

あずみの紹介:2003年日本映画。原作は、小山ゆうの同名漫画。2005年には、続編「あずみ2 Death or Love」が公開されました。時は戦国時代。秀吉亡き後、家康が勢力を拡大。天下取りの障害となっているのは、豊臣家の存続を図ろうとする、浅野長政や加藤清正らです。小幡月斎に育てられた孤児達の暗殺集団が、彼らの首を獲るべく密かに動き出します。
監督:北村龍平 出演者:上戸彩(あずみ)、小橋賢児(ひゅうが)、成宮寛貴(うきは)、金子貴俊(あまぎ)、石垣佑磨(ながら)、オダギリジョー(最上美女丸)、岡本綾(やえ)、北村一輝(井上勘兵衛)、竹中直人(加藤清正)、原田芳雄(小幡月斎)

「忍びの国」のネタバレあらすじ結末

忍びの国の紹介:2017年日本映画。のぼうの城で一躍、人気作家の一人になった和田竜の同名原作小説を、中村義洋監督によって実写映画化。大人気アイドル嵐の大野智が時代劇初主演!史実にある「天正伊賀の乱」を基にした一大戦国エンターテイメント。織田家VS戦国忍者軍団逆転劇の幕が開く。
監督:中村義洋 出演:大野智(無門)、石原さとみ(お国)、鈴木亮平(下山平兵衛)、知念侑李(織田信雄)、マキタスポーツ(長野左京亮)、平祐奈(北畠凛)、満島真之介(下山次郎兵衛)、伊勢谷友介(日置大膳)、ほか

「レクイエム 最後の銃弾」のネタバレあらすじ結末

レクイエム -最後の銃弾-の紹介:2013年中国,香港映画。香港を舞台に、麻薬組織撲滅に全力を注ぐ幼馴染の3人の警察官と麻薬王との壮絶な抗争を、彼らの友情や裏切りなど人間模様を交えて描き上げたクライム・サスペンス作品です。
監督:ベニー・チャン 出演者:ラウ・チンワン(マー・ホーティン)、ルイス・クー(ソー・ギンチャウ)、ニック・チョン(チョン・チーワイ)、ベン・ラム(ハク)、ロー・ホイパン(ブッダ)ほか

「レッド・ダイヤモンド」のネタバレあらすじ結末

レッド・ダイヤモンドの紹介:2016年アメリカ映画。裏切りが日常茶飯事の悪党だらけの世界を舞台に、時価総額 5 億ドルの希少なレッド・ダイヤモンドを巡り、凄腕の泥棒とその元恋人、マフィアのボスが争奪戦を繰り広げるクライム・アクションです。
監督:マックス・アダムス 出演者:マーク=ポール・ゴスラー(ジャック)、ブルース・ウィリス(エディ・フィローサ)、クレア・フォーラニ(カレン)、ダニエル・バーンハード(サイモン)、ジェナ・B・ケリー(ローガン)ほか

「ルーキー」のネタバレあらすじ結末

ルーキーの紹介:1990年アメリカ映画。少年時代、弟を救えず事故死させてしまったデヴィット。大企業令息ながら彼は、そのトラウマを払拭するように一介の刑事となり車両窃盗課に志願、ベテラン刑事ニックとコンビを組む事になる。そのニックは、ある大物窃盗団を捜査中相棒を殺され、復讐のように彼等を追っていた。反目し合う新人警官とベテラン警官によるコンビがいつしか息を合わせて犯人を追い詰めていくバディームービー。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:ニック(クリント・イーストウッド)、デヴィット(チャーリー・シーン)、ストロム(ラウル・ジュリア)、リースル(ソニア・ブラガ)、ユージン(トム・スケリット)、サラ(ララ・フリン・ボイル)、ガルシア(ペペ・セルナ)、ロコ(マルコ・ロドリゲス)

「亜人」のネタバレあらすじ結末

亜人の紹介:2017年日本映画。桜井画門の大ヒットコミック「亜人」を実写映画化。研修医の永井系は交通事故で死亡するが、即座に蘇生する。これをきっかけに、圭は死んでも生き返る事の出来る新人類「亜人」であることが発覚する。圭は人類虐殺を目論む亜人の佐藤を止め、元の平穏な生活を取り戻す為に佐藤との闘いに挑むのだった。監督は「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。主演のを圭を佐藤健が演じる。
監督:本広克行 出演:佐藤健(永井圭)、玉山鉄二(戸崎優)、城田優(田中)、千葉雄大(奥山)、川栄李奈(下村泉)、山田裕貴(高橋)、浜辺美波(永井慧理子)、綾野剛(佐藤)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 42
TOP↑