アクション映画のネタバレ

「イップ・マン 序章」のネタバレあらすじ結末

イップ・マン 序章の紹介:2008年香港映画。実在の武術家であるイップマン(葉問)を主人公にしたアクション映画。日本人俳優の池内博之も日本兵として作品に参加しています。ドニー・イェンのアクションの素晴らしさは必見です。
監督:ウィルソン・イップ 出演者:ドニー・イェン(イップ・マン)、サイモン・ヤム(チンチュン)、池内博之(三浦)、ルイス・ファン(カム・サンチャウ)、チェン・チーフイ(リュウ師匠)

「キラー・エリート」のネタバレあらすじ結末

キラー・エリートの紹介:2011年オーストラリア,アメリカ映画。この作品は、エベレスト登頂に成功したこともある元SAS(英国特殊部隊)隊員のラナルフ・ファインズ自身が実際に暗殺されかけたエピソードを元に執筆した小説『The Feather Men』を原作にした映画です。キャッチコピーは「彼らは、実在する」で、引退を決心した凄腕殺し屋が、昔の相棒を助け出すために新たな作戦に挑むサスペンス・アクション映画です。
監督:ゲイリー・マッケンドリー 出演:ダニー・ブライス(ジェイソン・ステイサム)、スパイク・ローガン(クライヴ・オーウェン)、ハンター(ロバート・デ・ニーロ)、デイヴィス(ドミニク・パーセル)、マイアー(エイデン・ヤング)ほか

「ラストスタンド」のネタバレあらすじ結末

ラストスタンドの紹介:2013年アメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガー主演作品。脱走した麻薬王を、地方の保安官が追いつめ撃破するアクション映画。年齢を重ねたシュワルツェネッガーの変わらないアクションと、映画の世界に戻ってきたことを随所に称えている作品。
監督:キム・ジウン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(レイ・オーウェンズ保安官)、フォレスト・ウィテカー(ジョン・バニスター)、ジョニー・ノックスヴィル(ルイス・ディンガム)、ロドリゴ・サントロ(フランク・マルチネス)、ほか

「暴走車 ランナウェイ・カー」のネタバレあらすじ結末

暴走車 ランナウェイ・カーの紹介:2015年スペイン映画。ある朝、銀行支店長のカルロスは子供達を車に乗せて出勤しますが、その車には座席から離れると作動する爆弾が仕掛けられていて・・。犯人からの執拗な脅迫を受けながら家族を守る男を描いたサスペンス・アクション。
監督:ダニ・デ・ラ・トレ 出演者: ルイス・トサル(カルロス)、エルビラ・ミンゲス(ベレン)、ポーラ・デリ・リオ(サラ)、マルコ・サンズ(マルコス)ほか

「座頭市」のネタバレあらすじ結末

座頭市の紹介:2003年日本映画。盲目の剣客である男が復讐に燃える二人の姉弟や農民たちと出会い、やくざに立ち向かう姿を描いた時代劇・アクション映画。出演者が下駄を履いてタップダンスを踊るシーンが注目を集め、多くの映画祭で多数の賞を受賞した。なお、CG技術を使って流血シーンを多く描いているため、R-15に指定されている。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(座頭市)、浅野忠信(服部源之助)、夏川結衣(おしの)、ガダルカナル・タカ(新吉)、柄本明(店主)、岸部一徳(銀蔵) ほか

「アサシン クリード」のネタバレあらすじ結末

アサシン クリードの紹介:2016年イギリス,フランス,アメリカ,香港映画。優秀なアサシンを先祖に持つ死刑囚カラム・リンチは何者かに誘拐され遺伝子操作をされてしまう。そして自分の先祖の記憶を自ら体験することによって重大な秘密を見つけ出すのだった。果たして彼は人類の未来を救うことができるのだろうか。
監督:ジャスティン・カーゼル 出演:マイケル・ファスベンダー(カラム/アギラール)、マリオン・コティヤール(ソフィア・リッキン)、ジェレミー・アイアンズ(アラン・リッキン)ほか

「メダリオン」のネタバレあらすじ結末

メダリオンの紹介:2003年アメリカ、香港映画。キャッチフレーズは「このメダルには謎がある。このメダルには敵がいる。だから、このメダルには命を賭ける」で、超人的パワーをもたらすメダリオン(メダル)を巡って、熱血刑事と恋人とちょっと間抜けな同僚が、悪の組織と激闘する、少しコメディタッチのアクション映画です。主演はジャッキー・チェン、アクション監督は『燃えよデブゴン』シリーズで有名なサモ・ハン・キンポーです。
監督:ゴードン・チャン 出演:ジャッキー・チェン(エディ・ヤン)、クレア・フォーラニ(ニコル・ジェームス)、リー・エヴァンス(アーサー・ワトソン)、ジュリアン・サンズ(スネークヘッド)、ジョン・リス=デイヴィス(スマイス)、ほか

「バイオハザード ダムネーション」のネタバレあらすじ結末

バイオハザード ダムネーションの紹介:2012年日本映画。今まさに交戦中の都市に潜入したレオン。しかし潜入してすぐサポートのハニガンから任務の中止を伝えられる。バイオテロの脅威に脅かされているこの地を見捨てることのできないレオンはハニガンとの通信を切除、単独で任務の続行に挑んだ。しかし突如生物兵器リッカーの襲撃を受け気絶。気づいたはどこかの地下へと捕らわれていた。そこには数人のテロリストがいた。人気ゲームシリーズ「バイオハザード」の日本製作CG映画第二弾。主人公は前作同様レオン、物語はゲーム版バイオハザード5と6の間となっている。
監督:神谷誠 出演:マシュー・マーサー(レオン・S・ケネディ)、デイヴ・ウィッテンバーグ(アレクサンドル・“サーシャ”・コザチェンコ/バディ)、コートニー・テイラー(エイダ・ウォン)、ほか

「さらば あぶない刑事」のネタバレあらすじ結末

さらば あぶない刑事の紹介:2015年日本映画。テレビドラマで人気を博した『あぶない刑事』の劇場版第7作。10年ぶりの作品であり完結作でもある。定年を5日後に控えた2人の刑事の活躍を描く。
監督:村上透 出演者:舘ひろし(鷹山敏樹・タカ)、柴田恭兵(大下勇次・ユージ)、浅野温子(真山薫)、仲村トオル(町田透)、ベンガル(田中文男)ほか

「タイタンの戦い」のネタバレあらすじ結末

タイタンの戦いの紹介:2010年アメリカ映画。人々が神への祈りを忘れ始めたのは神への不信感が現れたからだった。そしてアルゴスの兵士達がゼウスの像を倒したことにより神々と人間との戦争が始まる。神に対応する王ケーペウスの元に現れたのハデスは数日後クラーケンを放すことを伝える。それを止めるためには王の娘アンドロメダの血が必要となる。それを阻止するため神殺しの旅に遣わされたのは一人の半神、ペルセウスだった。1981年に製作された同名映画のリメイク。主演は「アバター」でも主演を務めたサム・ワーシントン。
監督:ルイ・ルテリエ 出演:サム・ワーシントン(ペルセウス)、ジェマ・アータートン(イオ)、マッツ・ミケルセン(ドラコ)、アレクサ・ダヴァロス(アンドロメダ)、ジェイソン・フレミング(カリボス/アクリシオス王)、ほか

「レザボア・ドッグス」のネタバレあらすじ結末

レザボア・ドッグスの紹介:1991年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノの監督デビュー作。低予算ながら反響を呼び、次作「パルプ・フィクション」でのブレイクにつながった。カルト監督として知られるモンテ・ヘルマンが製作総指揮を担当している。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ハーヴェイ・カイテル(ミスター・ホワイト)、ティム・ロス(ミスター・オレンジ)、マイケル・マドセン(ミスター・ブロンド)、クリス・ペン(エディ・キャボット)、スティーヴ・ブシェミ(ミスター・ピンク)

「リベリオン」のネタバレあらすじ結末

リベリオンの紹介:2002年アメリカ映画。低予算で作られた為宣伝費が足りず、上映当時は1ヶ月で打ち切りとなった。しかしその後口コミで話題となり、人気作となる。
監督:カート・ウィマー 出演:クリスチャン・ベイル(ジョン・プレストン)、エミリー・ワトソン(メアリー・オブライエン)、テイ・ディグス(ブラント)、アンガス・マクファーデン(デュポン)、ショーン・ビーン(パートリッジ)、ほか

「スペシャリスト」のネタバレあらすじ結末

スペシャリストの紹介:1994年アメリカ映画。元CIA特殊工作員レイの特殊技能は、卓越した爆破技術である。そんな彼に、両親を殺されその復讐を誓う女性から依頼が入る。彼はその依頼を受け、次々とターゲットを抹殺していくが、その裏には因縁ある元上官の陰謀があった。爆弾という面の殺傷兵器を使ってターゲットのみを暗殺する爆破スペシャリストをスタローンが演じ、シャロン・ストーンと共演するサスペンスアクション映画。
監督:ルイス・ロッサ 出演:シルヴェスター・スタローン(レイ・クイック)、シャロン・ストーン(メイ・マンロー)、ジェームズ・ウッズ(ネッド・トレント)、ロッド・スタイガー(ジョー・レオン)、エリック・ロバーツ(トマス・レオン)、ほか

「デイライト」のネタバレあらすじ結末

デイライトの紹介:1996年アメリカ映画。ニューヨークとニュージャージーを繋ぐホランドトンネルで事故が起き、出口両側が落盤する。火災、浸水、崩落に怯える生存者達、偶然居合わせた元緊急医療班チーフの男は生還すら困難と思われる救出任務に挑む。監督自身が関わった古い海洋パニック作品のオマージュが散見される、スタローン主演のパニック映画。
監督:ロブ・コーエン 出演:シルヴェスター・スタローン(キット・ラトゥーラ)、エイミー・ブレネマン(マデリン・トンプソン)、スタン・ショウ(ジョージ・タイレル)、ヴィゴ・モーテンセン(ロイ・ノード)、クレア・ブルーム(エレノア・トリリング)、ほか

「セイント」のネタバレあらすじ結末

セイントの紹介:1997年アメリカ映画。変装を得意とし、キリスト教聖人を偽名に騙る盗賊、通称セイント。彼はロシアの実業家から依頼され、新エネルギーに関する方程式を盗み出す事になった。しかし実業家の狙いは政府転覆と支配であり、セイントは科学者と共にその陰謀に巻き込まれていく。主人公が幾つもの人物に変装し、華麗に盗みを働く同名ドラマをリメイクしたクライム・アクション映画。
監督:フィリップ・ノイス 出演:ヴァル・キルマー(サイモン・テンプラー)、エリザベス・シュー(エマ・ラッセル)、ラデ・シュベッジア(イワン・トレティアック)、ヴァレリー・ニコラエフ(イリア・トレティアック)、ヘンリー・グッドマン(レフ・ボトビン)ほか

1 2 3 4 5 6 7 30
TOP↑